1/19ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.7Mb)

パーツフィーダ(自動部品供給装置) ガイドブック

製品カタログ

FAをサポートします

生産ラインや組立システムを自動化するうえで重要なのが部品の自動供給ですが、この分野で圧倒的に数多く使われているのがパーツフィーダです。NTNのパーツフィーダは独自の水平加振方式、分離底を採用し、高速供給能力および振動安定性に大変すぐれています。

◆詳細はカタログをダウンロードしてご覧下さい。

このカタログについて

ドキュメント名 パーツフィーダ(自動部品供給装置) ガイドブック
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1.7Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 NTNテクニカルサービス株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

パーツフィーダ(自動部品供給装置) 製品カタログ
製品カタログ

NTNテクニカルサービス株式会社

このカタログの内容

Page1

For New Technology Network パーツフィーダ R ガイドブック CAT. No. 7019/J
Page2

FAをサポートします 生産ラインや組立システムを自動化するうえで重要なのが部品の自動供給ですが、 この分野で圧倒的に数多く使われているのがパーツフィーダです。 NTNのパーツフィーダは独自の水平加振方式、分離底を採用し、 高速供給能力および振動安定性に大変すぐれています。 NTNでは、このパーツフィーダだけでなくその周辺の関連装置にいたるまで 幅広くシリーズ化を展開し、生産ラインや組立システムの省力化と高速化に貢献しています。 補助ホッパ ボウル 分離底 上部振動体 マグネット 板ばね 下部振動体 ベース板
Page3

1 NTN パーツフィーダ ガイドブック パーツフィーダのはたらき アプリケーションの紹介 ボウルと本体の選定 シリーズの紹介 組合せレイアウト エスケープメント・周辺装置 お問い合わせは
Page4

NTN Parts Feeder Guide Book パーツフィーダのはたらき How Works? パーツフィーダには、大きくわけて アタッチメント整列方式とは、ボウルの内外に色々な 2 形の送路や仕掛けを設けてワークを整列させる方法です。貯 蔵 整 列 供 給 の3つのはたらきがあります。 NTNのすぐれた本体と、個々のワークの特性に合った 最適な整列方法との組合せによって、自動化ラインの品 この中で特に大切なのは〔整列〕で、整列方法には最 質を安定に保ちます。 も一般的なアタッチメント整列方式のほか、センサや画 像処理を用いた方法があります。 ★★ヨーロッパ生まれの日本育ち★★ 「軸受メーカのNTNが、どうしてパーツフィーダ を作っているの?」 こんな疑問をお持ちのあなたにNTNパーツフィー ダの生い立ちをお話ししましょう。 パーツフィーダは今から50年ほど前、アメリカの シントロンという会社で発明されました。小さな電 磁石と数枚の板ばねでできた簡単な仕掛けでしたが、 斜め上方への振動を巧みに発生させて次々と部品を 送っていくことができたのです。世界中の物を作る 工場でこれほどたくさん使われるようになろうとは いました。そこでこの高性能なパーツフィーダを 当時の発明者も予想できなかったことでしょう。 NTNの社内設備だけではなく、日本国内の一般市場 シントロン方式のパーツフィーダは、まずアメリ において使って貰えないかと考え、製造と販売を始 カで普及しました。日本には1955年頃上陸し、次第 めたのです。 に広がっていきました。 その後、NTNパーツフィーダは日本市場において、 一方この頃、シントロン方式のパーツフィーダの たくさんのユーザに育てられ、数々の改良とシリー 供給速度と安定性に満足できなかった欧州の軸受メ ズの拡充、周辺器材の整備を進め、今日では日本有 ーカが、新方式の高性能パーツフィーダを開発しま 数のパーツフィーダとなりました。 した。NTNでは当時ニードルベアリングの製造販売 このようないきさつから、シントロン方式は米国 に関して提携関係にあったこの会社から、種々のプ 生まれ、NTN方式は欧州生まれの日本育ちというこ ラントを購入しており、社内使用実績を積み上げて とが言えるでしょう。
Page5

NTN Parts Feeder Guide Book バラバラの部品をきれいに並べ、一定の姿勢で送りだしてくれるパーツフィーダ。 まるで魔法の箱のようですが、実は精巧な仕掛けが隠されています。 貯 蔵 一定量のワークを自由な 3 姿勢で貯めておきます。 ホッパ ボウル 供 給 姿勢を保持したまま 次の工程へ送りだし ていきます。 振動本体 シュート 直進フィーダ 整 列 ボウルのトラック上をランダムに 登ってきたワークをある特定の姿 勢に整えます パーツフィーダシステムの標準的構成
Page6

NTN Parts Feeder Guide Book アプリケーションの紹介 Applications... ●金属部品 一般的なビス、ナットなどはもとより、さまざまな業種に使われている多様な金属部品の整列 4 供給が可能です。また絡みやすいコイルスプリングについては、ばねほぐし機構を内蔵した専用の パーツフィーダもシリーズ化しています。 ●ゴ ム やわらかくしかも摩擦係数が大きく供給が難しいとされるゴム製部品ですが、ゴムの特性にマ ッチした振動特性やボウルの特殊加工などこれまでに蓄積した技術をもとに整列供給を可能にして います。
Page7

NTN Parts Feeder Guide Book 一般的な部品から、「あっ」と驚くような部品まで、 パーツフィーダのアプリケーションは多岐に渡っています。 ●プラスチック 各種部品のプラス 5 チック成形化が進む につれ形状も複雑化 する傾向にあります。 NTNでは、さまざま な形状の部品に対し て最適な整列供給方 法を実現します。 ●食 品 キャンデー、アイスクリーム、 煎餅などのお菓子から、形状の ばらつきが大きいカップ麺の具 や粉状のものまで、それぞれの 性状に合わせた供給が可能で す。 ●医療機器 錠剤などの医薬品から薬品容 ●電子部品 器、注射器などの医療機器まで、 清浄度を要求される環境におい トランジスタ、コンデンサ部品 てもNTNのパーツフィーダは活 から超小型チップ部品まで、さま 躍しています。 ざまなご要望におこたえします。 特に超小型チップ部品の高速供給 には専用の高周波運転の本体を用 意しています。
Page8

NTN Parts Feeder Guide Book ボウルと本体の選定 Which Choice? パーツフィーダを選ぶとき、まず行うのが使用するボ 実際にはワークの寸法、形状、材質、重量や供給能力、 6 ウルのサイズ・種類と本体の選定です。以下に代表的な 供給姿勢、投入量等々、さまざまな要素を考慮して総合 ワーク形状3種類について、ワークの大きさからボウル 的に判断する必要がありますので、あくまでも目安とし のサイズ及び本体を簡易的に選定するグラフを円筒ボウ てお使いください。 ル、段付きボウルそれぞれの場合について示します。 引用文献:部品供給装置の導入のために /日本部品供給装置工業会('94.10) ボウルのサイズ及び本体選定のめやす φA ■円筒ボウルの場合 ■段付きボウルの場合 1000 1000 ボウル径 能力大 ボウル径 能力大 mm 能力小 mm 能力小 900 900 A:基準寸法 800 G63・G50 800 G63 700 700 G50 600 N40 600 N40 500 500 N32 N32 400 400 N25 N25 300 K20 300K20 K16 200 K16 200 K14 K14 K10 K10 100 100 0 0 1 3 5 10 20 30 50 100 1 3 5 10 20 30 50 100 A:基準寸法 mm A:基準寸法 mm
Page9

NTN Parts Feeder Guide Book NTNのパーツフィーダなら、 豊富なシリーズの中から最適なシステムを選ぶことができます。 □A ■円筒ボウルの場合 ■段付きボウルの場合 1000 1000 7 ボウル径 能力大 ボウル径 能力大 L mm 能力小 900 mm 能力小 900 L=5A 800 G63・G50 800 A:基準寸法 G63 700 700 G50 600 N40 600 N40 500 500 N32 N32 400 400 N25 N25 300 K20 300 K20 K16 200 K16 200 K14 K14 K10 K10 100 100 0 0 0.1 0.5 1 3 5 10 30 50 100 0.1 0.5 1 3 5 10 30 50 100 φA A:基準寸法 mm A:基準寸法 mm L ■円筒ボウルの場合 ■段付きボウルの場合 1000 1000 ボウル径 能力大 ボウル径 能力大 mm 能力小 mm 能力小 900 900 L=A 800 G63・G50 800 A:基準寸法 G63 700 700 G50 600 N40 600 N40 500 500 N32 N32 400 400 N25 N25 300 K20 300 K20 K16 200 K16 200 K14 K14 100 K10K10 100 0 0 0.1 0.5 1 3 5 10 30 50 100 0.1 0.5 1 3 5 10 30 50 100 A:基準寸法 mm A:基準寸法 mm
Page10

NTN Parts Feeder Guide Book シリーズの紹介 What Kinds? ●ボウルフィーダシリーズ 8 Kシリーズ Nシリーズ 電子部品を始めとする小型部品の整列搬送 中型部品の整列搬送用 用 ・伝統の分離底と水平駆動方式を採用し、安定した作動と ・微小部品の整列に最適な全波振動を、安定して維持でき 高い耐久性を誇るNTNを代表するベストセラーシリーズ ます。 です。 ・シンプルなカバーレス構造のため、ばね調整が容易にで ・ボウル内への補助ホッパの設置により、簡単に貯蔵量を きます。 増やせます。 Fシリーズ Gシリーズ 小型部品の高速搬送用 大型で重量のある部品の整列搬送用 ・小型機種としては他に類のない水平駆動方式と最適な板 ・強力なWばねユニットの採用により、大型ボウルの大振 ばね角度の設定により、Kシリーズより一段と高速かつ 幅運転にも余裕をもって対応できます(G63形)。 滑らかな部品供給が可能です。 ・Nシリーズと同様に分離底が設置可能、重量ワークを投 入しても安定した供給速度を維持します。 HFシリーズ チップ電子部品など超小型部品の精密搬送 用 ・水平駆動方式と高周波運転の組合せにより、高速でかつ 精密な部品供給が可能です。 ●ボウルシリーズ 精密削り出しボウル 円すいボウル 微小部品の整列供給に最適 一般用 ・精密な機械加工により各種のトラック形状を高精度に作 ・ボウル内でワークの詰まりを生じることがありません。 り出すことができます。 ・外形が一様な円周のためアタッチメントの設置が容易に できます。 段付きボウル 皿ボウル 一般用(万能形) 薄物部品の高速供給用 ・ボウル内でワークの詰まりを生じることがありません。 ・細いトラックを設けることにより、平たい部品を無理な ・材質は大変軽量なアルミニウム合金鋳物製とアタッチメ く高速度で供給します。 ントの設置が容易にできるステンレス製の2種類を用意 しています。 円筒ボウル 一般用途の他に特殊用途にも対応 ・複雑で全長の長いアタッチメントの取り付けが可能で す。 ・外形が一様な円周のためアタッチメントの設置が容易に できます。
Page11

NTN Parts Feeder Guide Book 多種多様なワークに対応するため、パーツフィーダにもいろんな種類があります。 ●コントローラシリーズ 9 周波数可変コントローラ SMDコントローラ 電源の周波数に関係なく運転可能 SMDフィーダに最適な駆動電源を安定供給 ・板ばね調整が不要です。 ・ツインタイプはボウルフィーダと直進フィーダを1台で制御 ・デジタル表示で設定が簡単です。 ・デジタルスイッチで設定値を直読 ・大形パーツフィーダG63にも適用できます。 ・広い周波数可変範囲 ・高機能型は,選別・オーバフロウ等のI/O制御も内蔵 汎用定電圧コントローラ 定振幅コントローラ 電源電圧の変動が激しい場所や24時間連続 自動車部品など、重量物の供給装置に最適 稼働の設備に最適 ・負荷変動を高精度に自動補正します。 ・電源電圧の変動を自動補正します。 ・大形パーツフィーダにも適用できます。 ・大形パーツフィーダに適用できます。 ・豊富な付属機能 ・ツインタイプはボウルフィーダと直進フィーダを1台で 制御できます。 I/O制御ユニット オプションユニット プログラムナンバーの指定と、タイマ設定 各種コントローラの機能と適用範囲を拡大 のみでパーツフィーダをシステム制御 ・後付けによる機能と適用範囲の拡大 ・プログラムナンバーとタイマ設定のみで使用できます。 ・豊富な適用センサ ・設置スペースを大幅に削減できます。 ・低価格・短納期 ●直進フィーダシリーズ ●ホッパシリーズ Sシリーズ 別置ホッパ 一般用(NTNボウルフィーダシリーズとの 小型部品から大型部品までの貯蔵と補給をボウル 組合せによる自動機械等への搬送用) フィーダシリーズに合わせ広範にカバー ・軽量ワークから重量ワークまで安定した供給が可能。 ・剛性の高い振動本体と頑丈なばね回りの設計により、送 り速度ムラが少なく、長期にわたり動作が安定。 ・取付けベースにより据付け及び位置決め調整が容易にで 省スペース型ホッパ きます。 設置スペースのコンパクト化に最適 HSシリーズ ・ワーク貯蔵用のタンクをパーツフィーダの真上に配置、設置スペースのコンパクト化が可能。 ・タンクは上下及び回転方向に簡単に移動でき、アタッチメント チップ電子部品など超小型部品の精密搬送 やパーツフィーダの保守・点検が容易。 用 ・NTNボウルフィーダHFシリーズとの組合せにより、高 オート補助ホッパ 速でかつ精密な部品供給が可能です。 従来の補助ホッパでは扱えないワーク(軽量・複 雑形状)の貯蔵と補給用 ・オールエア制御によりホッパを昇降させているので、制御のた めの電気工事は不要。 Lシリーズ ・従来のボウル内補助ホッパと同様に、省スペースで取り外しも 簡単。 薄物部品の高速搬送に最適 ・全く新しい原理に基づく水平駆動方式により、踊りの少 回転式ホッパ ない滑らかな高速供給が可能です。 微粉粒体から小物部品までの供給が可能な別置形 ・シュートの設計が容易‥‥シュートの重心位置を、上部 ストレージホッパ 振動体の中央に合わせるだけでOKです。 ・微小な部品を一つ残らず排出でき、しかも排出量のばらつきが ほとんどありません。 ・ドラムの回転によって排出する構造のため、振動形ホッパのよ
Page12

NTN Parts Feeder Guide Book 組合せレイアウト <代表的な製品組合せ例と、主要組合せ寸法図> 形式 K10 K14 組合せ 210 380 20 170 (20) 20 340 (20) パーツフィーダ 10 + 120 100 直進フィーダ (250) (5) (300) (20) C1501 C2001 S05 S08 (100) (130) K10 K14 650 20 305 305 (20) パーツフィーダ + 100 直進フィーダ Layouts... (300) (20) + V71 別置ホッパ C2001 S08 (100) K14 310 450 20 270 (20) 20 410 (20) パーツフィーダ + 直進フィーダ + 120 100 省スペース型 (250) (5) (300) (20) ホッパ UV003 C1501 UV001 C2001 (回転式ホッパ) S05 S08 (130) K10 (100) K14 16 (160) 40 16 (160) 40 (175) 20 190 (20) 20 140 (20) (310) 230 (175) 180 12 (235) 50 12 (235) 50 12 (235) 50 (250) 20 260 (20) (250) 20 290 (20) (250) 20 260 (20) (450) 300 (560) 330 300
Page13

NTN Parts Feeder Guide Book 注※パーツフィーダは段付きボウル仕様としています。 ※N25, 40及びG50はフリーセットベース仕様としています。 スペースの確保が困難なお客様には、省スペース型もご用意しております。 形式 K16 N25 組合せ 450 390 20 410 (20) 20 350 (20) パーツフィーダ + 100 11185 直進フィーダ (300) (20) (400) (20) C2601 CD39 S08 S10 (100) K16 (160) N25 900 680 20 430 430 (20) 20 320 320 (20) パーツフィーダ + 185 直進フィーダ 100 (400) (20) + (300) (20) V71 V03 別置ホッパ C2601 CD39 S08 S10 (100) K16 (160) N25 700 550 20 660 (20) 20 510 (20) パーツフィーダ + 直進フィーダ 45 + 100 (400) (20) 省スペース型 (300) (20) SV01 ホッパ UV004 C2601 (回転式ホッパ) CD39 S08 (100) K16 S10 (160) N25 12 (225) 50 12 (225) 50 12 (225) 50 (280) 20 310 (20) (280) 20 310 (20) (280) 20 310 (20) (520) 350 (600) 350 350 16 (325) 70 12 (325) 70 16 (325) 70 (385) 20 460 (20) (760) 500 (385) 20 510 (20) 20 460 (20) (770) 550 (385) 500
Page14

NTN Parts Feeder Guide Book 形式 N32 N40 組合せ 550 20 510 (20) 700 20 660 (20) パーツフィーダ 12 + 185 直進フィーダ 265 (400) (50) (620) (50) SD49 S10 (160) S20 CD64 N32 (260) N40 1050 1350 20 505 505 (20) 20 655 655 (20) パーツフィーダ + 185 直進フィーダ 265 + (400) (50) V04 (620) (50) V06 別置ホッパ CD64 SD49 S10 S20 (160) (260) N40 N32 800 850 20 760 (20) 20 810 (20) パーツフィーダ + 直進フィーダ 65 115 + (400) (50) (620) (50) 省スペース型 SV03 ホッパ SV06 CD64 SD49 S10 (160) (260) S20 N40 N32 19 (375) 70 19 (375) 70 16 (375) 70 20 610 (20) 20 610 (20) (430) (430) 650650 (430) 20 610 (20) (830) (950) 650 19 (385) 90 16 (385) 90 19 (385) 90 20 760 (20) (495) 20 760 (20) (495) 800 (980) 800 (495) 20 760 (20) 1017 800
Page15

NTN Parts Feeder Guide Book 注※パーツフィーダは段付きボウル仕様としています。 ※N25, 40及びG50はフリーセットベース仕様としています。 形式 G50 G63 組合せ 950 850 20 910 (20) 20 810 (20) パーツフィーダ + 13 直進フィーダ 265 550 (620) (50) (1000) (50) S20 CD83 CD83 (260) S30G50 (455) G63 1450 1700 (20) 20 705 705 (20) 20 830 830 パーツフィーダ + 直進フィーダ 550265 + V08 (1000) (50) V12 別置ホッパ (620) (50) CD83 CD83 S20 S30 (260) G50 (455) G63 1000 20 960 (20) パーツフィーダ + 直進フィーダ 115 + (620) (50) 省スペース型 SV06 ホッパ S20 CD83 G50 (260) SV06の支柱は特殊仕様です。 19 (500) 90 19 (500) 90 19 (500) 90 (640) 20 960 (20) (640) 20 960 (20) (1120) 1000 (20) (640) 20 960 1000 (1270) 1000 22 (570) 150 19 (570) 150 (710) 20 1110 (20) 1150 (710) 20 1110 (20) (1410) 1150
Page16

NTN Parts Feeder Guide Book エスケープメント・周辺装置 Escapements... エスケープメント 14 パーツフィーダで整列され連続的に送られてきた部品 NTNでは豊富な実績をもとに個々のお客様のご要望に を、1個または数個ずつに分離し切り離すことをエスケ 対して最適なエスケープメントを提案します。 ープメントといいます。 ●1個分離 ●組合せ シリンダを使い、1個分離します。 別々に供給されたワークをメカ的に組合わせます。 ●リフトアップ ●ホースクランプ組付け 穴をガイドにして上昇します。 ホースクランプ金具を緩め、ホースに装填します。 ●3列エア圧送 ●積み重ね 1列に整列したワークを、3列に分配し圧送します。 切欠け部を同一方向に整列し、マガジンに挿入します。
Page17

NTN Parts Feeder Guide Book エスケープメント、周辺装置の充実は、 お客様に最も適したフレキシブルな対応を可能にします。 周辺装置 パーツフィーダで培った豊富な供給技術を 15 生かして、部品組付け装置、整列供給装置、 検査選別機等お客様のニーズに対応した自動 化・省力化装置を提案します。
Page18

NTN Parts Feeder Guide Book お問い合わせは Contact us ●技術相談は下記営業技術へ 16 東 京 地 区: 大 阪 地 区: 名古屋地区: 03(5487)2867 06(6449)6716 052(261)1241 FAX. 03(5487)2713 FAX. 06(6448)7296 FAX. 052(261)2697 【自動車商品本部】 西 関 東 支 店 4042(757)1011 6042(758)2150 〒229-0039 神奈川県相模原市中央3丁目14番7号 関東自動車支店 403(5487)2847 603(5487)2936             (セントラルビル2階) 〒141-0031 東京都品川区西五反田7丁目22番17号               (TOCビル6階) 沼 津 営 業 所 40559(62)7573 60559(51)6427 〒410-0861 静岡県沼津市真砂町4丁目6番地 宇都宮自動車支店 4028(632)0511 6028(632)0576 〒320-0026 栃木県宇都宮市馬場通り2丁目1番1号 甲 府 営 業 所 4055(232)2301 6055(232)2252            (NOF宇都宮ビル6階) 〒400-0043 山梨県甲府市国母7丁目5番17号           (サンライン甲府ビル3階) 北関東自動車支店 40276(22)4231 60276(25)5379 〒373-0026 群馬県太田市東本町22番31号 名 古 屋 支 店 4052(261)1231 6052(261)2697 〒460-0008 名古屋市中区栄3丁目2番3号 熊 谷 営 業 所 4048(524)8800 6048(525)3538               (日興證券ビル7階) 〒360-0024 埼玉県熊谷市問屋町3丁目2番7号 大 阪 支 店 406(6449)6712 606(6448)7296 東海自動車支店 40566(72)2030 60566(72)2420 〒550-0003 大阪市西区京町堀1丁目3番17号 〒446-0056 愛知県安城市三河安城町1丁目4番地4              (カリツービル6階) 神 戸 営 業 所 4078(917)1201 6078(917)1205 〒673-0892 兵庫県明石市本町2丁目2番20号 浜松自動車支店 4053(454)2586 6053(454)2589            (朝日生命明石ビル6階) 〒430-0928 静岡県浜松市中区板屋町110番地の5          (浜松第一生命日通ビル7階) 水 島 営 業 所 4086(425)6311 6086(425)6322 〒710-0057 岡山県倉敷市昭和2丁目4番6号 大阪自動車支店 406(6449)6711 606(6443)1578            (住友生命倉敷ビル3階) 〒550-0003 大阪市西区京町堀1丁目3番17号 北 陸 営 業 所 4076(263)8673 6076(263)8628 広島自動車支店 4082(568)5912 6082(568)5913 〒920-0024 石川県金沢市西念2丁目37番18号 〒732-0824 広島市南区的場町1丁目2番19号              (アーバス広島7階) 広 島 支 店 4082(568)1470 6082(568)5913 〒732-0824 広島市南区的場町1丁目2番19号              (アーバス広島7階) 【産機商品本部】 福 山 営 業 所 4084(925)2202 6084(926)2593 東 北 支 店 4022(262)6201 6022(262)6205 〒720-0811 広島県福山市紅葉町2番35号 〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町1丁目5番28号                       (福山DSビル11階)       (カーニープレイス仙台駅前通9階) 九 州 支 店 4093(571)6581 6093(571)6180 東 京 支 店 403(5487)2859 603(5487)2941 〒803-0845 北九州市小倉北区上到津2丁目4番19号 〒141-0031 東京都品川区西五反田7丁目22番17号               (TOCビル6階) 北 海 道 駐 在 4011(822)8788 6011(822)8835 【精機商品事業部】セールスエンジニアリング部 〒003-0809 札幌市白石区菊水九条2丁目2番37号 東 日 本 地 区 403(5487)2867 603(5487)2713 茨 城 営 業 所 4029(823)3528 6029(824)7633 〒141-0031 東京都品川区西五反田7丁目22番17号 〒300-0037 茨城県土浦市桜町1丁目15番11号                (TOCビル6階)                (M・Yビル6階) 西 日 本 地 区 406(6449)6716 606(6443)1578 宇都宮営業所 4028(632)0553 6028(632)0576 〒550-0003 大阪市西区京町堀1丁目3番17号 〒320-0026 栃木県宇都宮市馬場通り2丁目1番1号 中 部 地 区 4052(261)1241 6052(261)2697            (NOF宇都宮ビル6階) 〒460-0008 名古屋市中区栄3丁目2番3号               (日興證券ビル7階) URL http://www.ntn.co.jp 本社 0 6(6443)5001 〒550-0003 大阪市西区京町堀1丁目3番17号
Page19

NTN Parts Feeder Guide Book NTN パーツフィーダ 検討依頼書 ●以下の空欄に必要事項をご記入の上、NTNにFAXでお送りください。 日  付 貴社御担当者名刺貼り付け欄 見積納期 (または下記に御記入ください。) 貴社名 部署名 御担当者名 御連絡先 Tel.          Fax. 17 ワーク名称/ワーク材質/状態         /         /ドライ・洗浄液・油・他 (  )個/分/列 (   )列 供給個数 供給列数 サイクルタイム(  )秒/(  )個 (   )列 組 立 機  ・  加 工 機  ・  検 査 機 接 続 機 械 そ の 他(                  ) 出口側面図 出口正面図 パーツフィーダ出口ワーク姿勢 (できましたらワーク図面を  ご支給願います) 進行方向に矢印を付けてください。 特記及び要望事項 お問い合わせは カタログの内容については、技術的進歩及び改良に対応するため製品の外観や仕様などは予告なしに変更すること 無断転載を禁ずる ©NTN株式会社 2009 があります。また、内容の正確さを維持するため、細心の注意を払っておりますが、万が一、誤記及び製本上の落 I 09 CAT.NO. 7019/J 09. 10.01 N 丁を起因とする損害が発生した場合の保証責任については負いかねます。