産業用ボックスPC Automation PC 910

Automation PC 910で競争力を

B&R株式会社

Automation PC 910は最新のマシン・ビジョンシステムなど、複雑な作業に最大の処理能力を発揮します。 ベースとなる最新のCore iシリーズプロセッサは、PCアーキテクチャにおけるトップ・パフォーマンスのベンチマークとなっています。
インテルはチップのサイズをなんと22ナノメートルまで削減しました。 新しいマイクロアーキテクチャではグラフィックユニットがCPUに直接組み込まれ、Core2Duoプロセッサはもちろん、Core i プロセッサの第2世代からも飛躍的にパフォーマンスが向上しました。 Core i3、Core  i5、Core  i7 CPUは最大クァッドコアまで可能であり、産業用PCマーケットでは現時点で最大のパフォーマンスを実現し、しかも電力消費は最小にとどめています。

もっと見る 閉じる

ハイ・パフォーマンス

PCインフラストラクチャの他の部分も処理能力を最大にし、データ処理を最適化するために効率化がはかられています。 例えば、Automation PC 910では以前はコンパクトフラッシュが使われていましたが、現在ではシリアルATAベースのCFastカードに変更されています。 CFastカードを使えばコンパクトフラッシュのフォームファクターとSATAインターフェースを合わせて使うことができます。 同時に、CFastカードは非常に丈夫であるなど、コンパクトフラッシュの長所をすべて持ち合わせています。

マルチコア

Core Duoプロセッサの登場以来、マルチコアはCPUテクノロジーの継続的な開発のための基礎となりました。 シングルコアプロセッサは物理的な限界に達しており、消費電力をかなり上げなければパフォーマンスの向上は望めません。 マルチコアテクノロジーはこの利害の衝突を解決し、エネルギー効率のよさとパフォーマンスの向上を同時に実現できます。 Automation PC 910システムで使われている最新世代のCore i シリーズではハイパフォーマンスなデュアルコア、クァッドコアを豊富な選択肢から選べます。 中には、Core i7を使ってもファンレスで稼動可能な低電力バージョンもあります。

高い要求にも合ったファンレスオペレーション

Automation PC 910ではファンレス稼動のオプションがある機種を多くご用意しています。 CFastカードと半導体ドライブと合わせれば、PCシステムは回転部分をまったく必要としなくなり、メンテナンスフリーで稼動させるのに非常に大きなメリットとなります。 Automation PC 910の冷却システムは筐体の熱伝導を最適化するため完全に見直しされました。 ファンレス稼動の際に対流を最大化できるよう、Automation PC 910のヒートシンク設計はシミュレーションモデルを使用した詳しい評価プロセスを行って、最適化されています。
ファン付きのハイエンドシステムでは、気流は組込み型冷却ファンを通るようになっています。 プロセッサのサイズが縮小されているので、熱はより小さい面積から発生します。 これを処理するには、ヒートパイプが放熱を最大化するため、もっともよい方法といえます。

空気循環の最適化

新しい筐体パネルのハニカム開口部により、空気循環と構造的な堅牢さのどちらも実現が可能になりました。
CeleronプロセッサとCore i シリーズプロセッサはファンレス稼動を可能にします。 ファンがなくても、Automation PC 910旧世代のファン付きPCと同じパフォーマンス結果を出すことが可能です。 ハイエンドシステムでは、クァッドコアCPUとファン冷却を使って、少し前まではこんなに小型のフォームファクターではありえなかったような性能値を出すことが可能です。

B&R株式会社

B&Rはオーストリア・エッゲルスベルクに本社を置くB&R Industrial Automation G.m.b.Hの日本法人です。”PERFECTION IN AUTOMATION”をモットーに、産...

〒 220-0011
神奈川県横浜市西区高島1-1-2 横浜三井ビル23階

産業用ボックスPC Automation PC 910へのお問い合わせ

*の項目は入力必須です。
お問い合わせ内容をご記入ください

ご要望*

この内容をご存知でしたか?*

導入予定時期を教えて下さい*

あなたの立場を教えて下さい*

お客様情報
お名前*
電話番号*
ハイフン付き電話番号をご入力ください。
会社名*

公開中の特集