日本ビジネスロジスティクス メーカー公式情報

JIS Z 0202_片支持稜落下試験 | 【輸送包装試験】 片支持稜落下試験

梱包・包装貨物の自由落下試験はJBLへお任せください。 大型貨物の自由落下試験、ユニットロードの片支持落下試験

【輸送包装試験】 片支持稜落下試験 の販売情報

【輸送包装試験】 片支持稜落下試験 サイト一覧

現在登録されている販売元はございません

販売元の皆様、お取扱製品を掲載しませんか?

Aperzaに登録する

【輸送包装試験】 片支持稜落下試験の製品概要

梱包・包装貨物の自由落下試験はJBLへお任せください。 大型貨物の自由落下試験、ユニットロードの片支持落下試験

輸送中に発生する落下衝撃に対して、包装貨物がどの程度耐えられるのかを評価します。 この受託試験サービスでは、懸垂式の落下試験機を用いて輸送中の荷扱いによる落下衝撃を再現します。

包装・製品試験の御用命・ご相談は下記の電話番号またはメールにてお問い合わせください。
■□■TEL:0466-41-0267(小俣) / 0466-41-0262(石井)
■□■ E-mail: omata.kazunori@jbl.yasuda-soko.co.jp ■□■

この製品の利用用途

◆JIS Z 0202 :
包装貨物-落下試験方法 JBLが保有する懸垂式自由落下試験は、大型の重量貨物に対する落下試験に適しています。最大荷重 1.5トンのホイストクレーンで試験品を所定の高さまで 吊り上げ、遠隔操作でホイストのフックを切り離すことで、試験品を自由落下させます。
加速度波形の測定用に、衝撃専用の波形記録装置を装備し、三軸加速度センサーの衝撃波形から瞬時に合成された ピーク加速度や 作用時間の値を、波形と一緒にPC画面上ですぐに確認できます。
懸垂式落下試験機を用いて、ユニットロードの片支持落下試験をおこなうこともできます。

包装評価試験をご希望の方は、直接お電話いただくか、e-meilにてお問い合わせください。
■□■TEL:0466-41-0267(小俣) / 0466-41-0262(石井)
■□■ E-mail: omata.kazunori@jbl.yasuda-soko.co.jp ■□■
***** JBL包装試験場:ISTA(国際安全輸送協会)認定 _ 2010年12月より *****

【輸送包装試験】 片支持稜落下試験の製品仕様

用途 輸送包装評価試験
規格 JIS

【輸送包装試験】 片支持稜落下試験の詳細情報

メーカー 日本ビジネスロジスティクス
発売日 2018年5月24日
メーカー製品情報ページ http://info.jbl.co.jp/service_menu4
登録カテゴリ
このページのトップへ