日本ビジネスロジスティクス メーカー公式情報

ISO 11607_DYE PENETRATION | 【ISO11607-1 附属書B】  ASTM F1929 (ダイペネトレーション試験)

ASTM F1929に規定されたダイペネトレーション試験が実施可能です。

【ISO11607-1 附属書B】  ASTM F1929 (ダイペネトレーション試験) の販売情報

【ISO11607-1 附属書B】  ASTM F1929 (ダイペネトレーション試験) サイト一覧

現在登録されている販売元はございません

販売元の皆様、お取扱製品を掲載しませんか?

Aperzaに登録する

【ISO11607-1 附属書B】  ASTM F1929 (ダイペネトレーション試験)の製品概要

ASTM F1929に規定されたダイペネトレーション試験が実施可能です。

●この試験は染色浸透液を使用し医療包装のシール漏れを検出するため、ASTMによって制定された試験方法です。
●この試験の目的は、透明な材料と多孔質シート材とのシール部分に染料を浸しチャネル(導通)の欠陥の有無(漏れ)を目視で確認する事です。
●ISO 11607-1 では、包装システム性能試験として、「滅菌及びその後の性能試験後に滅菌バリアシステムの完全性を実証しなければならない。」と記載されており、その附属書Bでは、医療包装のシール完全性を評価するための標準試験方法としてASTM F1929が記載されています。
●FDAから、コンセンサス規格として認められている試験方法です。

評価試験をご希望の方は下記へ問い合わせ下さい。
■□■TEL:0466-41-0267(小俣) / 0466-41-0262(石井)
■□■ E-mail: omata.kazunori@jbl.yasuda-soko.co.jp ■□■

この製品の利用用途

[ASTM F1929 試験手順]

・Method A:インジェクション法 (injection Method) フィルム部分のおおよそ中央部に穴を開け、長辺に対して深さ5mm程度となるように染色浸透液を流し込みます。1辺あたり最大5秒とし全ての辺にいきわたるように回しながらチャネルの有無を目視確認します。

・Method B:エッジディップ法 (Edge Dip Method) 容器に3-6mm程度の深さになるよう染色浸透液を入れ、医療包装の各辺をディップし、素早く引き上げます。同様に各辺も行い、チャネルの有無を目視確認します。 *シェブロンなどの余計な余白部分は事前にカットして取り除く事。

・Method C: アイドロッパー法 (Eyedropper Method) 各辺の透明な材料と多孔質シート材がシールされていない余白部分を開き、透明なシートを手前にしてスポイトなどでその間に染色浸透液を流し込みます。同様に各辺も行い、チャネルの有無を目視確認します。

評価試験をご希望の方は、直接お電話いただくか、e-meilにてお問い合わせください。
■□■TEL:0466-41-0267(小俣) / 0466-41-0262(石井)
■□■ E-mail: omata.kazunori@jbl.yasuda-soko.co.jp ■□■
***** JBL包装試験場:ISTA(国際安全輸送協会)認定 _ 2010年12月より *****

【ISO11607-1 附属書B】  ASTM F1929 (ダイペネトレーション試験)の製品仕様

用途 輸送包装評価試験
規格 ISO

【ISO11607-1 附属書B】  ASTM F1929 (ダイペネトレーション試験)の詳細情報

メーカー 日本ビジネスロジスティクス
発売日 2018年5月24日
メーカー製品情報ページ http://info.jbl.co.jp/service_menu4
登録カテゴリ
このページのトップへ