日本ビジネスロジスティクス メーカー公式情報

ASTM D999 | 【輸送包装試験】 Fixed Displacement Vibration (固定変位振動試験)

ASTM D999 (Method A1)に規定された振動試験が実施可能です。

【輸送包装試験】 Fixed Displacement Vibration (固定変位振動試験) の販売情報

【輸送包装試験】 Fixed Displacement Vibration (固定変位振動試験) サイト一覧

現在登録されている販売元はございません

販売元の皆様、お取扱製品を掲載しませんか?

Aperzaに登録する

【輸送包装試験】 Fixed Displacement Vibration (固定変位振動試験)の製品概要

ASTM D999 (Method A1)に規定された振動試験が実施可能です。

ASTM D999試験の概要:

包装された製品および包装容器が、流通過程で受ける繰り返し衝撃に対し、どの程度耐えられるかを確認するための振動試験です。
試験手順としては、初めに、メタルシムを使用して包装貨物が跳ね上がる周波数を探査します。次に、その周波数で固定し、微小な跳ね上がりを数十分継続する手順です。
包装の内装設計によっては、内容製品が大きく挙動してしまう場合もあり、緩衝材が緩衝設計通りに機能しているかを確認する為に実施する耐久性試験の要素が強い試験と言えます。
ASTM D4169や、ISTA 1シリーズに幅広く規定されています。

包装評価試験をご希望の方は下記へ問い合わせ下さい。
■□■TEL:0466-41-0267(小俣) / 0466-41-0262(石井)
■□■ E-mail: omata.kazunori@jbl.yasuda-soko.co.jp ■□■

この製品の利用用途

包装評価試験をご希望の方は、直接お電話いただくか、e-meilにてお問い合わせください。
■□■TEL:0466-41-0267(小俣) / 0466-41-0262(石井)
■□■ E-mail: omata.kazunori@jbl.yasuda-soko.co.jp ■□■
***** JBL包装試験場:ISTA(国際安全輸送協会)認定 _ 2010年12月より *****

【輸送包装試験】 Fixed Displacement Vibration (固定変位振動試験)の製品仕様

用途 輸送包装評価試験
規格 ASTM

【輸送包装試験】 Fixed Displacement Vibration (固定変位振動試験)の詳細情報

メーカー 日本ビジネスロジスティクス
発売日 2018年5月24日
メーカー製品情報ページ http://info.jbl.co.jp/service_menu4
登録カテゴリ
このページのトップへ