日本ビジネスロジスティクス メーカー公式情報

ASTM D5265 | 【輸送包装試験】 Bridge Impact 試験

ASTM D5265に規定されている「Bridge Impact試験」の対応が可能です。

【輸送包装試験】 Bridge Impact 試験 の販売情報

【輸送包装試験】 Bridge Impact 試験 サイト一覧

現在登録されている販売元はございません

販売元の皆様、お取扱製品を掲載しませんか?

Aperzaに登録する

【輸送包装試験】 Bridge Impact 試験の製品概要

ASTM D5265に規定されている「Bridge Impact試験」の対応が可能です。

1.試験の概要

●「Bridge Impact」試験は、自社貨物に他の貨物その他の物体がぶつかったり落下したりすることで、 箱の穴あきや内容物のダメージを生じないかどうかを検証する試験ですが、この試験は主に長尺貨物向けに規定された試験になります。
●ASTM D4169、ASTM D7386、ISTA-3A、ISTA-3Bなどの試験規格で規定されており、どの規格も、使用機器や基本的な手順に関しては、ASTM D5265を参照する ように説明されています。
●試験では、長尺貨物をその両端下に配置した「下駄の歯」のようなサポートブロック の上に載せ、規定の材質、質量と形状を持った「Impactor」または「Hazard Box」と呼ばれる 「衝突体」を既定の落下高さから試験体に落下させる少し変わった試験になります。

包装評価試験をご希望の方は下記へ問い合わせ下さい。
■□■TEL:0466-41-0262(小俣) / 0466-41-0262(石井)
■□■ E-mail: omata.kazunori@jbl.yasuda-soko.co.jp ■□■

この製品の利用用途

JBLでは、「Bridge Impact」試験が要求される各試験規格に対応しています。

◆ASTM D4169試験 http://premium.ipros.jp/jbl/product/category/15654/
◆ASTM D7386試験 http://premium.ipros.jp/jbl/product/detail/2000137373/
◆ISTA 3A、ISTA 3Bなどの3シリーズ試験 http://premium.ipros.jp/jbl/product/category/25987/

包装評価試験をご希望の方は、直接お電話いただくか、e-meilにてお問い合わせください。
■□■TEL:0466-41-0267(小俣) / 0466-41-0262(石井)
■□■ E-mail: omata.kazunori@jbl.yasuda-soko.co.jp ■□■
***** JBL包装試験場:ISTA(国際安全輸送協会)認定 _ 2010年12月より *****

【輸送包装試験】 Bridge Impact 試験の製品仕様

用途 輸送包装評価試験
規格 ASTM

【輸送包装試験】 Bridge Impact 試験の詳細情報

メーカー 日本ビジネスロジスティクス
発売日 2018年5月24日
メーカー製品情報ページ http://info.jbl.co.jp/service_menu4
登録カテゴリ
このページのトップへ