日本システム企画 メーカー公式情報

NMRPT | NMRパイプテクター

配管内の赤錆防止装置

NMRパイプテクター の販売情報

NMRパイプテクター サイト一覧

現在登録されている販売元はございません

販売元の皆様、お取扱製品を掲載しませんか?

Aperzaに登録する

NMRパイプテクターの製品概要

配管内の赤錆防止装置

この製品の利用用途

マンション・病院などの配管内の新たな赤錆発生を防止し、既存の赤錆を水に溶けない黒錆に還元する装置。 配管更新を不要にし、配管を建物寿命まで延命します。 配管内の水に装置が接触せず、衛生的で安心・安全。 また、断水不要で設置できます。

2020年の世界の防錆技術トップ10に選ばれ、2020年3月に米国の製造技術誌「MANUFACTURING TECHNOLOGY INSIGHTS」へ掲載されました!

テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」、ディスカバリーチャンネル「Beyond Future」、TOKYO MX「企業魂」、BS12「賢者の選択 Leaders」などテレビ番組や、産業経済新聞、東京新聞マンション管理新聞など多くの有名紙や業界紙にて紹介されています。

NMRパイプテクターの製品特長

圧倒的な実績

2020年3月現在、累計導入実績4,200棟突破!そのうち、3000棟程がマンション給水配管への導入です。

その他にも行政施設、公共施設、商業施設などあらゆる建物の配管に導入されております。
製品が適応可能な配管系統は主に給水配管、空調冷温管、冷却水配管、給湯配管の4種類あり、配管サイズにも幅広くご対応しております。

全ての導入先で防錆効果を検証しています。

イギリスの皇室住居として有名なあの「バッキンガム宮殿」でも導入!

<国内実績一部ご紹介>
広尾ガーデンヒルズ(G~K棟)、車返西住宅(3街区)、椿峰ニュータウン、コーシン菊名第2、ライオンズマンション小机第2、港南台三和プラザ、六本木スリースターズマンション、読売ランドシティハウス、新海マンション、グランドールアリス戸田、箱崎ダイヤマンション、シャンボール山手、近藤ビル、一光ハイツ七宝マンション、砦公園パークマンション、ピアパレス美原などのマンションや団地へ多数導入。

そのほか、米海軍横須賀基地病院などの病院・介護施設。ホテル東山閣などの宿泊施設。国土交通大学校、川西市久代小学校などの学校施設。東宝ツインタワービル、GSKビルなどのオフィスビル、工場などへも導入。

<海外実績一部ご紹介>
ウィンザー城、ウェストミンスター宮殿(英国国会議事堂)、BBC(英国放送協会)、ウィッティントン病院、アッデンブルックス病院、聖トーマス病院、英国国立病院機構ハマースミス病院、モーズレー病院、ロイヤルガーデンホテルロンドン、マンダリン・オリエンタル・ハイドパーク・ロンドン、マリオットホテル ボーンマスハイクリフ、ミレニアム・ロンドン・メイフェア、ヒルトンホテル ポーツマス、ホリデイ・イン・ロンドン・ヒースロー、ソシエテジェネラル銀行、ロンドン市立大学、ハロッズ・デパート、フェンチャーチ・ビル、シェパートン映画スタジオ、芝柏大厦(台湾)

導入実績詳細については公式サイトをご確認ください。
▼導入実績|日本システム企画株式会社
https://www.jspkk.co.jp/jp/results/

コストパフォーマンス

◆導入費用は配管更新の5分の1~10分の1
配管更新をされる場合はマンション1戸あたり60~100万円程の費用が掛ります。それに比べNMRパイプテクターは配管更新の5分の1~10分の1の費用で導入が可能です。つまり80~90%程のコスト削減ができます。※マンション給水配管へ導入の場合

◆断水不要!
断水工事が必要ないため、不要なリスクを回避できます
通常配管更新の際には必要になってくる断水工事にも費用は掛かります。
しかし、NMRパイプテクターであれば断水工事は必要ありません。
導入先がマンションや団地等の住居である場合、住民の方へ断水による仮設トイレに並ぶ等の煩わしい思いをさせることもありません。
さらに、商業施設や病院などの施設では断水による施設の運休は不可避であり、大きな損失になります。
それらを回避するだけでも、大きな利益となります。

◆メンテナンス・ランニングコストゼロ!
NMRパイプテクター?は消耗する部品や薬剤などの使用がないため、ランニングコストは掛りません。
また、製品自体のメンテンス作業も必要なく、保守管理に掛る人件費や負担を削減する事にも繋がります。
配管寿命を建物寿命まで延命させ、その長年の間、メンテナンス費用やランニングコストが一切不要であり、お客様にとって大きな利益です。

◆建物の資産価値向上に貢献
NMRパイプテクターを導入することで、配管更新や配水管の保守管理のための予算を余らせる事ができます。
例えばマンションであれば配管用の積立金を利用して、建物の資産価値の向上に充てることができます。
外壁塗装や屋上防水に活用したり、マンション住民の高齢化に伴いエレベーターを新設できた例もあります。

詳細については公式サイトをご確認ください。
▼コストパフォーマンス|日本システム企画株式会社
https://www.jspkk.co.jp/jp/products/reason/02/

優れた製品の性能

◆配管内の赤錆問題を解決します
配管は使用されていくうちに、内部に赤錆(あかさび)という錆が付着します。
赤錆は水に溶け、鉄をボロボロに腐食していく性質を持つため、様々な配管問題を引き起こします。
具体的には赤水や赤錆閉塞、漏水や配管接合部のネジ山の脱落などに繋がります。
NMRパイプテクターは、今現在お悩みの赤錆によるあらゆる配管問題を総合的に解決することができます。

◆NMRパイプテクターが赤錆を黒錆に変化させます
NMRパイプテクターは、水の自由電子(水和電子)を利用することで、配管内の赤錆を黒錆という別の物質に還元することができます。
これにより赤錆による配管問題を解決するだけでなく、配管を更生し続けていくことができます。

◆黒錆とは?
黒錆は水に溶けず、赤錆と比較すると体積が1/10以下の針状の固い結晶です。
南部鉄瓶や中華鍋など、鉄のコーティングに黒錆が使用されているのをご存知でしょうか?
黒錆は鉄の表面に緻密な皮膜を形成し、鉄を腐食する赤錆から守ることができます。
奈良平安時代の神社や寺の釘や蝶番にも使用され、何百年も鉄を赤錆から守ります。
NMRパイプテクター?により赤錆を黒錆にすることで、水に溶け出していた鉄が減少し赤水を止めます。
また、体積が小さいため赤錆閉塞を改善させることができます。

◆配管洗浄との比較
従来の主な赤錆除去方法の配管洗浄では、赤錆を除去する際に配管自体が傷つき、劣化してしまいます。
しかし、NMRパイプテクター?が赤錆をより体積の小さな黒錆に変化することで、
配管を傷つけることなく、配管自体を強化しながらも赤錆閉塞を改善していきます。

◆配管寿命を建物寿命まで延命
日常的な水の使用量(約1蛇口あたり200L~300L/日)があれば、NMRパイプテクターの赤錆防止・更生効果は40年以上持続されるものです。
つまり、現在ご使用されている既存の配管を、建物の寿命まで延命し活用し続けることができます。
実際に配管の寿命を40年~50年以上延命することができた事例が多数あります。

◆防錆だけでなく活水機能もあります
NMRパイプテクターは配管の外側に設置するだけで恒久的に雑菌の発生を防ぎ、それによるぬめりや腐敗物、水垢などの汚れの発生を防ぐことができます。
従来の赤錆除去方法である配管洗浄では、洗浄後2、3年でぬめりや雑菌の繁殖が再発するため、3~4年毎に繰り返し洗浄をする必要があります。
その都度コストが掛り、さらに配管洗浄は赤錆腐食した部分をこそぎ落とすために配管の劣化を早めてしまいます。

製品のしくみについては公式サイトをご確認ください。
▼優れた機能|日本システム企画株式会社
https://www.jspkk.co.jp/jp/products/reason/03/

わかりやすい製品効果

◆比較的短期で効果を確認できます
NMRパイプテクターは導入後、最短およそ1ヶ月以内という短期間で効果を確認できます。
既に赤水や赤錆閉塞にお悩みで、今すぐ問題を解決したいお客様には最適な製品です。
※正確な所要期間は効果検証方法などにより異なりますので、まずはお問い合わせください。

◆効果測定方法
物件種類や配管系統などによって、一番適した効果測定方法を選定いたします。
当社では主に内視鏡・フィルター・採水・抜管の4種類の効果測定方法を取り扱っています。

◆第三者の公的機関でも効果を検証済み
北海道立工業試験場にて北海道大学の勇田名誉教授により、試験設置が行われNMRパイプテクター?の効果が証明されています。
導入前の水中の鉄分値0.786㎎/?が導入1ヶ月後より徐々に減少し、導入4ヶ月後には0.262㎎/?と大幅に減少しました。
これは水道法水質基準値の鉄分値0.3㎎/?以下の安全な水に該当します。

詳細については公式サイトをご確認ください。
▼一目瞭然の効果|日本システム企画株式会社
https://www.jspkk.co.jp/jp/products/reason/04/

NMRパイプテクターの製品仕様

配管防錆

NMRパイプテクターの詳細情報

メーカー 日本システム企画
製品ブランド
NMRパイプテクター
発売日 1995年8月1日
メーカー製品情報ページ https://www.jspkk.co.jp/jp/products/
登録カテゴリ
このページのトップへ