WEINTEK

MT8092XE | タッチパネル(9.7インチ)

Best Price : ¥106,700  

Purchasable

9.7インチ タッチパネル表示器、リモート接続が可能なEasyAccess2.0機能内蔵

タッチパネル(9.7インチ) Sales Info

タッチパネル(9.7インチ) EC Site List

Notes on the displayed price
Prices marked with * are converted on 06:58 using exchange rate information (Yahoo! Finance). Please note that it may differ from the actual price.
Prices marked with * are converted on 06:58 using exchange rate information (Yahoo! Finance). Please note that it may differ from the actual price.
C Supplier Product Info Cur Supplier Comment
Intl Shipping Stock Delivery Price
FA Products Inc. Aperza Branch
MT8092XE In Stock (Manufacturer) ASK View purchase page Inquiry JPY Best 106,700  

EC SKU

MT8092XE

C Stock Delivery Intl Shipping
In Stock ASK
Lot Price
1 JPY 106,700  

タッチパネル(9.7インチ) Product Description

9.7インチ タッチパネル表示器、リモート接続が可能なEasyAccess2.0機能内蔵

年間生産台数、世界トップクラスのグローバル標準タッチパネル。
三菱電機、オムロン、キーエンス、シーメンスなどのPLCはもちろん、Modbus、CANなど300種類以上のプロトコルに対応。
マクロ作成機能でタッチパネル側で高度な演算処理、条件作成を実現。
作画・設定ソフト「Easy Builder Pro」はHPから無料ダウンロード可能。
http://www.weintek.com/globalw/Software/EasyBuilderPro.aspx

Main Usage

設備・機器の操作パネル
設備・機器の状態表示

タッチパネル(9.7インチ) Highlights

世界で培った高い実績と信頼性

マザーボードにPCBコーティングを施し、防湿・防塵・防腐食機能を強化、さらにサージ保護対策を施すなど生産現場の激しい作業環境に適応。IP65対応(パネル取付時)、CE認証も取得しています。産業用タッチパネル表示器生産数で、世界トップクラスの実績と信頼性を誇ります。

作画・設定ソフトはライセンスフリー

作画・設定ソフトはライセンスフリー。対応ドライバ追加を含む作画ソフトのバージョンアップも基本的に無料です。日本語はもちろん、英語・中国語(繁体・簡体)・韓国語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・スペイン語・ロシア語・ポーランド語・トルコ語に対応(インストール時に選択)、現地エンジニアが自然に理解できるため、海外展開する装置にも安心して採用していただけます。

300機種以上のプロトコルに対応し、多くの機器とプログラムレスで簡単接続

対応機器は三菱電機、オムロン、キーエンス、IDECといった日本メーカーはもちろん、シーメンス、シュナイダーエレクトリック、サムスンといった海外メーカーのPLCにも対応。Modbus、Ethernet/IP、CANなどにも対応し、サーボ、インバータ、温調器、リモートI/Oなど多くの機器とシームレスに通信が可能。対応機器は順次拡張予定。

携帯回線を使った遠隔監視に対応(Easy Access 2.0)

Android端末のテザリング機能を活用し、USBケーブルでタッチパネルとスマートフォンを接続することで携帯回線経由での作画・設定データの管理が可能です。タッチパネルに接続されたPLCの遠隔監視、プログラム変更も実現。ネットバンクでも使われる高度なセキュリティ機能を実装し、安全に遠隔監視が可能です。スマートフォンの通信料以外に費用は必要ありません。

Ethernetポートを2ポート内蔵、生産現場側と情報システム側とで異なるIPのグループでネットワーク構築可能

ギガビット対応イーサネットポートを2ポート搭載。生産現場側でローカルでIPアドレスのグループを作成して運用している場合も、もう一つのポートとIPアドレスのグループを分けることができます。上位側情報システムでは現場側のIPを管理する必要がないため、既存システムとの連携が容易です。

Scroll to top