このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(2.2Mb)

XR20-W 回転軸割り出し角度計測システム

製品カタログ

XR20-W 回転軸割り出し角度計測システムのカタログです。

このカタログについて

ドキュメント名 XR20-W 回転軸割り出し角度計測システム
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 2.2Mb
関連製品
登録カテゴリ
取り扱い企業 レニショー株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログ(XR20-W 回転軸割り出し角度計測システム)の内容


Page 1:XL-80 レーザーシステムXR20-W 回転軸割り出し角度計測システムシンプルな操作ワイヤレス技術、自動キャリブレーション、シンプルなテストセットアップとデータ取得精度と柔軟性あらゆるオリエンテーションの回転軸で ±1 arc秒の検証を実現。様々な固定方法オプション高速でテストを実施短時間でのシステムとテストセットアップ、データ取得を最高速度で実施

Page 2:回転軸計測の重要性かつては工作機械の回転軸といえば、単にロータリーテーブルを指していました。しかし現在では、トラニオン、スイベルヘッド、複合旋盤などの機械設計が増加していることで、回転軸の性質だけでなく、測定に関連する課題も変化しています。工作機械の直線軸と同様に、回転軸にも位置決め誤差がつきまといます。これは通常、機械の取り付け、衝突、一般的な磨耗が原因で引き起こされます。割り出し角度の精度または軸の位置決めの誤差により、製作するパーツに深刻な不良が発生する可能性があります。2XR20-W をお使いいただく理由ac* 詳細は 7 ページを参照。XR20-W のご紹介レニショーでは、これらの課題に対応するために、XR20-W 回転軸割り出し角度計測システムと Axiset™ チェックアップ*を開発しました。XR20-W はレニショー XL-80 レーザー計測システムと共に機能します。XR20-W は、高精度のサーボ制御軸に統合された角度反射鏡から構成されます。この軸と、本体のハウジングに対する光学部品の角度位置決めは、メインベアリングにスケールが直接刻みこまれた超高精度エンコーダシステムにより制御されています。XR20-W はマウンティングリング(キットに同梱)を使用してテストする軸に取り付けます。XR20-W とレーザー干渉計を組み合わせて使用することで、±1 arc秒内の精度(1m の距離で 5 ミクロン未満の動きに相当)で軸の回転を測定することができます。既存の回転軸キャリブレーションシステムと比較すると、XR20-W は、より多くの軸でより簡単かつ短時間に ±1 arc 秒のトレーサブルな軸測定を行うことができるように設計されています。

Page 3:3軽量かつコンパクト • 取り扱いや機械上への取り付けを片手で行うことができます• コスト効果に優れた簡単な輸送• 機械上のクリアランス問題を低減フレキシブルなマウンティングシステム• 広範囲なロータリーテーブル、旋盤、既存の回転軸割り出し角度計測システムとは異なる回転軸に取り付けが可能• 簡単で素早いセットアップワイヤレス操作 • リチウム電池とBluetooth® コミュニケーションにより、真のワイヤレス操作を実現• セットアップを短時間で簡単に行えるようにし、ケーブルの引きずりなどの問題を排除して、安全性を向上ターゲット光学部品を統合• ベースユニットに対して出荷時に位置合わせされているため、位置合わせが最低限で済み、測定誤差を低減アライメント調整用のターゲットを組み込み• 光学部品をレーザーに位置合わせするためのシンプルなアライメントエイドにより、測定誤差を低減。光学部品の調整がソフトウェアでも行えるため、オペレータが素早く安全に作業できます自動キャリブレーションとプリテストサイクル• 測定前のキャリブレーションサイクルにより、残りの角度位置合わせ誤差が補正されます• テストオーバーランサンプリングにより、軸の方向認識と送り速度の検出と設定が行われますレニショーレーザーシステムの使用• テスト中の軸から分離された整合性の高い非接触式測定を実現トレーサビリティ • すべての XR20-Wシステムは出荷時に校正されており、トレーサブルな証明書をつけてお届けします。サーボ制御ドライブ • 大きな角度(5°以上)の回転軸の測定速度は10rpmです。• 独自の統合ロータリーエンコーダ技術を使用しています。新しいデータ取得ソフトウェア• 一貫したテストのセットアップを短時間で行えるため、信頼性の高いテスト結果を素早く取得できますXR20-W の特徴とメリットBluetooth 表示およびロゴは、Bluetooth SIG, Inc が所有するもので、Renishaw plc はこれら商標を使用する許可を受けています。.その他の商標および商標名は、各オーナの商標および商標名です。軸のテスト次の手順で一般的なテスト(ステップサイズ 5°)を実施します。1. XR20-W をテストする軸に配置し、レーザーシステムの位置決めを行います(右図の通り)。2. 軸の開始位置にレーザーを基準設定し、PCでデータ取得を開始してCNCプログラムを実行します。3. オーバーランの後、軸が最初のターゲット位置に到達し(レーザー読み取り値が 0)、レーザーの読み取りが行われます。4. その後、テスト中の軸が 5° 移動して 2 番目のターゲットに移り、XR20-Wが反対方向に 5° 移動します。5. システムでは、XL-80とXR20-Wの値を組み合わせて、テスト中の軸の位置決め誤差を記録します。6. 連続した目標値に回転軸を駆動することにより、軸の全般的な精度に関するデータを蓄積することができます。USBマウンティングリングレーザー角度干渉計角度反射鏡XR20

Page 4:XR20-W を回転軸に取り付ける際に様々なアプリケーションに合わせて様々なモジュラーマウントを用意しています。これらのすべてを、XR20-W とは別にテストする軸に取り付けることができます。標準的な取り付け標準マウンティングリング(a)は、テスト面に直接ボルト固定するか、トークランプなどを使用して固定することができます。このため、XR20-W を機械から離してケース内に入れたまま、より簡単にシステムのセンタリングを行うことができます。軸のセンタリングは通常、円周上の目盛りと、マウンティングリングに一時的に固定する個別のプラスチック製センタリングエイド(b)を使用して簡単に行うことができます。リングは通常目視で軸にセンタリングでき、ダイヤルゲージを使用する必要がありません。マウンティングリングをセンタリングした状態で、XR20-W を挿入し、カムレバーを使用して定位置にロックできます。フレキシブルなオプション上述の標準取り付けに加え、アダプタプレート(c)を使用して、取り付けにくい中央にくぼみのあるロータリーテーブルに取り付けることができます。このアダプタには、XR20-W キットに提供されているチャック(旋盤)アダプタ(d)の取り付けポイントがあります。チャックアダプタの硬化スチールシャフトは、最も一般的なチャックサイズに合うサイズになっています。さらに、これら両方のアクセサリを使用して、客先のカスタムマウントにXR20-Wを固定することができます。XR20-W を固定し、センタリングした状態で、組み込みアライメントエイドを使用して測定レーザーにより位置合わせを行うことができます。これにより、レーザーが鏡面に直角にターゲットに当たり、適切な場所になるように保証することができます。測定誤差を低減するためには、この点が重要になります。リモートアライメントでは、機械のカバー内の光学部品に触れなくても位置合わせを行うことができます。位置合わせを完了したら、ターゲットを180°回転して(ソフトウェアにより)、データ取得を開始することができます。4テストのセットアップとデータ取得(a)(c)(d)(b)

Page 5:ソフトウェアRotaryXLソフトウェアでは、テストのセットアップを簡素化することに重点が置かれています。ソフトウェアは、XR20-W の Bluetooth デバイスの接続手順に加えて、ユニットのシリアル番号とテスト中の接続ステータスを表示します。メイン画面には、測定レーザーのデータと、レニショーのXC-80環境モニタリングシステムを接続した場合にはそのデータも表示されます。「テストを開く」機能により、以前のテストセットアップを使用して新しいテストを作成することができます。もちろん、パラメータを編集することも可能です。テストの前には、自動キャリブレーションを行うことで、反射鏡の製造誤差とレーザーに対するミスアライメントによる誤差を排除します。最初のオーバーラン中のサンプリングでは、軸の方向認識と回転速度(送り速度)が計算されます。これにより、送り速度と同じ速度に XR20-W が設定されます(これによりレーザービームが常にレーザーに戻り、ターゲット間隔が大きい場合でも高速回転が可能になります)。システムが最初のターゲット位置への軸の移動を検出すると、データ取得が自動的に開始されます。データの取得にともないデータが直接画面に表示されます。ここでは、個々のテストの実行を選択して表示することができます(複数のターゲット/実行テストが存在する場合)。さらに、完了したデータを保存して、さまざまな国際規格に準じた標準レポートの作成などの、後の分析に使用することができます。完全に新しいテストを設定する場合でも、合理化されたプロセスを使用することができます。「新規テスト」オプションには、3 つのオプションがあります。• ISO 230 または ASME B5.54 テスト用の「クイック実行」オプション。最低限必要なデータを指定するだけで、それに応じたテストターゲットとパラメータが設定されます• 開始と終了位置およびターゲットステップのサイズによりターゲットを定義する「カスタム」オプション• カスタムファイルを編集してランダムターゲットを入力する「マニュアル」オプション5

Page 6:XR20-W の仕様重量と寸法高さ130mm直径 100mm(マウンティングプレート上では 150mm)重量 (XR20-W) 1.2 kg (キット) 6.25 kg性能測定精度(0°でゼロ) ±1 arc 秒ターゲットの角度範囲 最高 25 回転軸の最高回転速度(5°未満の軸回転) 無制限軸の最高回転速度(5°以上の軸回転) 10 rpmBluetooth 通信範囲 平均 5~10 メートル互換性PC: Windows XP SP3 または Windows 7 オペレーティングシステム。Bluetooth 対応または USB Bluetooth アダプタを使用(Microsoft スタックのみ)。PCの完全な要件については、弊社までお問い合わせください。レーザー: 現在 XL-80 レーザーのみ(ML10への対応を計画中)6電源と接続XR20-W には、3 つの充電式高出力リチウム電池と充電装置を提供しています。平均的なバッテリー寿命は 3 時間で、ほとんどのテストプログラムに充分な電力を提供します。XR20-W の LED および RotaryXL ソフトウェアにローバッテリー警告が表示されます。充電済みのバッテリーがない場合には、キットに提供されているUSBケーブルと電源アダプタから電源を供給することができます。XR20-W と RotaryXL ソフトウェア間の通信はBluetoothを使用しています(仕様を参照してください)。テストと校正すべてのXR20-Wシステムの製品校正は、レニショーにより実施されており、英国国立物理研究所(NPL)とのトレーサビリティがあります。すべてのXR20-Wシステムには、グラフィック形式の完全なテストデータ、仕様の詳細、計算結果、使用されている校正規格、国際規格へのトレーサビリティを示した総合的な校正証書を発行しています。証書の形式と内容は ISO17025 の規定に準拠しています。Calibration certificate仕様とサポート情報

Page 7:関連製品Renishaw の AxiSet™ Check-Up システムを使用すると、工作機械ユーザは回転軸の旋回中心(ピボット点)および位置合わせを迅速かつ正確にチェックすることができます。これはマグネットベースにキャリブレーション基準球を固定したもので、これを工作機械のプローブおよびプローブ測定マクロソフトウェアと使用します。XR20-W は、UK、欧州、米国用の電源アダプタを含む完全キットとして提供されます。• XR20-W• マウンティングリング• アダプタプレート• センタリングエイド• チャックアダプタ• バッテリーチャージャ• 電池(3 本)• USBケーブルとメインアダプタ• RotaryXL ソフトウェア(システムマニュアルを含む)*• PeliシステムケースXR20-W キット7*RotaryXL では、Windows の「地域設定」に応じて、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、中国語、日本語、韓国語、ロシア語がサポートされています。

Page 8:©2012 Renishaw plc. All rights reserved.仕様は予告無く変更される場合があります。RENISHAW® および RENISHAW ロゴに使われるプローブシンボルは、英国および各国において Renishaw plc の商標として登録されています。apply innovationは、Renishaw plcの商標です。Windows®は、Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。本文書内で使用されているその他のブランド名、製品名は全て各々のオーナーの商品名、標章、商標、または登録商標です。 発行: 02 2012 パーツ No. L-9920-0107-03-A英国本社T 44 1453 524524E uk@renishaw.comオーストラリアT 61 3 9521 0922E australia@renishaw.comオーストリアT 43 2236 379790E austria@renishaw.comブラジルT 55 11 4195 2866E brazil@renishaw.comカナダT 1 905 828 0104E canada@renishaw.com中華人民共和国T 86 21 6180 6416E china@renishaw.comチェコ共和国T 420 548 216 553E czech@renishaw.comフランスT 33 1 64 61 84 84E france@renishaw.comドイツT 49 7127 9810E germany@renishaw.com香港T 852 2753 0638E hongkong@renishaw.comハンガリーT 36 23 502 183E hungary@renishaw.comインドT 91 80 6623 6000E india@renishaw.comインドネシアT 62 21 2550 2467E indonesia@renishaw.comイスラエルT 972 4 953 6595E israel@renishaw.comイタリアT 39 011 966 10 52E italy@renishaw.com日本T 81 3 5366 5315E japan@renishaw.comマレーシアT 60 3 5631 4420E malaysia@renishaw.comオランダT 31 76 543 11 00E benelux@renishaw.comポーランドT 48 22 577 11 80E poland@renishaw.comロシアT 7 495 231 16 77E russia@renishaw.comシンガポールT 65 6897 5466E singapore@renishaw.comスロベニアT 386 1 527 2100E mail@rls.si大韓民国T 82 2 2108 2830E southkorea@renishaw.comスペインT 34 93 663 34 20E spain@renishaw.comスウェーデンT 46 8 584 90 880E sweden@renishaw.comスイスT 41 55 415 50 60E switzerland@renishaw.com台湾T 886 4 2473 3177E taiwan@renishaw.comタイT 66 2 746 9811E thailand@renishaw.comトルコT 90 216 380 92 40E turkiye@renishaw.com米国T 1 847 286 9953E usa@renishaw.comその他の国T 44 1453 524524E international@renishaw.comレニショー ワールドワイドネットワークレニショーについてレニショーは、エンジニアリング技術をリードする企業で、製品の開発と製造の革新技術において優秀な歴史を築いてきました。1973年の創業以来、プロセスの生産性および製品品質を向上し、コストパフォーマンスに優れたオートメーションソリューションを提供する最先端の製品を提供してきした。系列会社と販売代理店の世界的なネットワークを利用し、お客さまに格段のサービスとサポートをご提供させていただきます。取り扱い製品:• 歯科用 CAD/CAM スキャニングおよびフライス加工システム• 高精度の位置決めおよび角度位置決めフィードバック用エンコーダシステム• 機械の高精度計測および校正用レーザーシステムおよびボールバーシステム• 神経外科用医療機器• CNC 工作機械の作業設定、工具設定、および検査用プローブシステムおよびソフトウェア• 材料非破壊分析用ラマン分光システム• CMM(三次元測定機)測定用センサーシステムおよびソフトウェア• CMM および工作機械のプローブアプリケーション用スタイラスレニショー株式会社〒160-0004東京都新宿区四谷4-29-8レニショービルT 03-5366-5315F 03-5366-5320名古屋支社〒461-0005愛知県名古屋市東区東桜1-4-3大信ビル2階T 052-961-9511F 052-961-9514Ejapan@renishaw.comwww.renishaw.jpレニショーでは、本書作成にあたり細心の注意を払っておりますが、誤記等により発生するいかなる損害の責任を負うものではありません。