1/12ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(2.9Mb)

IEPシステム【爆発抑制装置/緊急遮断システム】

製品カタログ

爆発を抑制するFENWAL IEPシステム

フェンオールのIEPシステムは、圧力上昇を伴うスピードの速い燃焼として適宜づけられる爆発現象に対して、その初期の立ち上がりをとらえて消化抑制し、隣接区域の二次学発をも防止するものです。

◆詳細はカタログをダウンロードしてご覧下さい。

このカタログについて

ドキュメント名 IEPシステム【爆発抑制装置/緊急遮断システム】
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 2.9Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 日本フェンオール株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

火花検知消化システム GreCon(R)
製品カタログ

日本フェンオール株式会社

このカタログの内容

Page1

1 1 IEPシステム 爆発抑制装置 緊急遮断システム  ̄ 刀 露一 F冤麺囚壷宍= …-= 1 型 壷=d M9AOA 可 、 b、宙 uKF 砦■ 』 ■ 篭鑿謬壽:醤鶚 一寸ロー ̄~■。■ 胚■’45.河 ̄ Industrial ExpIosion Protection System 鐘ii動; 厨j面アエコ〆”‐'n.鰯副書麺、 -1I
Page2

爆発を抑制するFENWArIEPシステム 爆発に伴うリスク lEPシステムの歴聖 高密度化し、複雑に展開した産業界にとって、 1950年代にフェンオール社では爆発事故の脅威 潜在するリスクを最小限に抑え、さらに万が一の をなくす画期的な爆発抑制装置を開発しました。 事態にそなえて事前の回避を促すこと、つまりリ 「IndustrialExplosionProtectio、(lEP)システム」 スクマネジメントが重要な課題となっています。 と呼ぶこのシステムは、第2次世界大戦中に英国 爆発も潜在するリスクの一つです。プラントの 空軍が行なった航空機用燃料タンクの爆発防止研 爆発事故は、火災と比べると発生する可能性は非 究から始まり、その後、アメリカで産業用に改良 常に少ないものですが、その被害は数十倍~数千 を加え、大陸横断旅客機に設置されました。 倍にも及びます。プラントの損傷はもとより、何 さらに、プラントの粉じんプロセス等にも適用 よりも大切な人命を失ったり、操業停止による経 され、現在8000以上のシステムに及ぶlEPシス  ̄■、 」 済的損失、企業イメージの低下等、平常には考え テムが世界で採用されています。1年間に200件以 も及ばないほど重大なダメージとなります。この 上の爆発をこのIEPシステムは検知・抑制して ようなプラントプロセスの爆発に伴うリスクは産 おり、導入したプラントでは、事故のない安全な 業界のいたるところに存在しているのです。 操業が.約束されております。 、 1
Page3

泊ロ 麗業易!爆発i圏臓と危腫なプロ醤ブ L <産業別爆発性物質〉 プラスチック フェノール樹脂 ユリア樹脂 ポリスチレン 1 」 I ABS樹脂 ポリフプ・ロロピピレン 邸 」 ボポリ)エエチチレン 塩化ヒビビニニール樹脂 曰 スチレン'樹樹脂脂 ■ 」 」 ASS樹樹11脂 MBS植樹脂上白 アクリル/樹樹脂 F メタクリル樹脂 セルロース系樹脂 塗料 粉体塗料 トナー 燃料 石炭 ガソリン・灯油 飼料 穀類粉 薬品 各種医薬品 各種農薬 染料・顔料 各種染料 無水フタル酸 食料 コーンスターチ でんぷん 小麦粉 四童 」 ココア、チョコレート I 砂糖 。 天然高分子 コルク ■ (木材等) パルプ 木粉 『 紙粉 矛 ローカス|ト、ビービンーコン鰯ゴム ガス・蒸気 メタノール、エタノール 11 溶剤 』 その他 廃棄物 炭化水素 ■ 】 I = ! 『、 ---■■ ■ユ 艮一 <爆発危険のあるプロセス〉  ̄、 粉砕工程 粉砕機、シュレッダー、 集じん分離工程 集じん機、サイクロン、分級機 ! -」 P 乾燥工程 乾燥機、ロータリードライヤー、 凸●I  ̄ … ul ■ - スプレードライヤー、 ■■ コーダードライヤー バケットエレベーター 貯蔵ピン、サイロ、 塗装ブース、ミキサー、 エァロゾル充填室 2 薗…I .■ロ』■q8け08■■■■■■■■■一 エニ 口■ 柵輌 程程他 エエ の 送蔵 輸貯そ