1/24ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(2.5Mb)

放射線・超音波など従来測定技法の代替えに最適!【インライン対応】反射型小型テラヘルツセンサのご提案〜 T-Rayシリーズ〜

製品カタログ

不透明体やフォーム材、その他ゴム素材など、従来の技術ではインライン・非接触測定が難しかった材質の多層膜厚測定、坪量・密度測定、内部構造評価ができる製品をご紹介

TeraMetrix社(テラメトリクス社)が提供するT-Ray®5000 テラヘルツ(THz)測定システムは、ToF(Time Of Flight)技術に基づいた反射型小型センサで、高速なデータ取得により、オフラインだけでなくインライン測定に最適です。又、安全設計(アイセーフ)により有資格者が不要であり、様々な分野で簡単に使用が可能となっております。
単層厚みだけで無く、同時に多層厚みの測定が可能で、厚み測定以外に、層の密度や坪量、その他に接着/層間剝離などの内部構造も測定可能です。

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 放射線・超音波など従来測定技法の代替えに最適!【インライン対応】反射型小型テラヘルツセンサのご提案〜 T-Rayシリーズ〜
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 2.5Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 コーンズテクノロジー株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

産業用途にも対応した テラヘルツ(THz)センサ テラヘルツセンサ ・インライン/オフライン対応! ・不透明体の多層膜厚測定に対応! T-Gauge シリーズ ・坪量、密度、内部構造の評価に最適! ・ToF(Time Of Flight)技術に基づいた反射型小型センサ ・高速データ取得により、オフラインだけでなくインライン測定に最適 ・安全設計(アイセーフ)により有資格者が不要 オンラインモデル ハンドヘルドモデル 薄膜レンジ対応 多層膜厚測定 総厚・坪量・密度 ハザード環境対応 ポイント測定 ライン測定 EPG 拡張モデル 標準モデル VRS モデル CID1 モデル SPG モデル LSG モデル HXP51y2 HXC50yn HXC51yn SCS500n SPG500n LLS S GG550000nn 多層膜厚測定 総厚・坪量・密度 ハザード環境対応 ライン測定 • 非接触 THz 測定 • 最大測定速度 1,000Hz に よる高速測定 CID1 モデル SPG モデル LSG モデル HX•P 5総1y厚2 や個々の層のHX厚Cさ50測yn定 HXC51yn • トランシーバ型 一体化にSよPGる5反00射n 型測定 LLSSGG550000nn • 全体や個々の層の坪量 • 従来困難であった不透明体の多層膜厚測定 • 全体や個々の層の密度 • ゴムやフォームなどの厚物材料の測定 • 層間剝離などの内部構造評価 • 安全な THz により有資格者不要・校正が簡単 • 気孔率の評価 • X-Y ステージと組み合わせ B-Scan 画像の取得も可能 • 組込に最適な充実なソフトウェア • X 線測定器の代替えに最適 安全性 不透明材料 非接触 多層測定 密度の 高速測定 組成の 温度の 汚れに対する 層間剝離の 組成変化の への使用 測定 測定 影響無 影響無 影響無 検出可能 検出可能 人への安全性 不透明材料への浸 非接触性 多層測定 厚さの測定 TD-THz ✅ ✅ ✅ ✅ ✅ ✅ ✅ ✅ ✅ ✅ ✅ 透性 放射線 ✅ ✅ ✅ ✅ TD-THz X X X X X X 線 ✅ ✅ ✅ ✅ 赤外線 ✅ ✅ ✅ ✅ ✅ 光コ ヒー放レ射ンス線 ✅ X✅ ✅ X ✅* ✅ レーザー ✅ ✅ ✅* ✅ ✅ 渦電X流線 ✅ ✅ X X ✅* ✅ ✅ mm 波 ✅ ✅ ✅ 超音 赤 波外 線 ✅X ✅ ✅ X ✅* X* ✅ ✅ ✅ *放射線測定機との構成にて 光コヒーレ X X X X ンス レーザー X X X 渦電流 X X X
Page2

光とマイクロ波の間で機能するテラヘルツ波は、 その高い物質透過性・測定精度により、“新しい” 製造ライン・R&Dのスタンダードを切り開きます! <THz の概要> すべての熱を持つ物質は THz を放出します。人間も THz を放出します。天文学者は何十年もの間 THz を使用してきました。この THz の連続波はインコヒーレントであるため、従来の測定では液体ヘ リウムの冷却とデータ収集のために何時間も必要でした。 時間領域 THz(TD-THz 又は THz)は、非常に狭い(0.7 ps)又、非常に高い SN 比の THz パルス を生成する比較的新しい方法です。これらのエネルギーパルスは完全に安全です。 <THz の反射と振る舞い> THz エネルギーパルスがサンプルの界面に当たると、パルスエネルギーの一部が反射して THz セ ンサに戻ります。パルスの残りの部分は、サンプルを通過して送信され続けます。 反射されるパルスエネルギーは主に界面全体の 2 つの材料の屈折率(RI)の違いに依存します。差 が大きいほど、反射振幅が大きくなります。 THz パルスは、サンプルのすべての界面(外部及び内部)で反射します。従って、すべての層の 厚さを同時に測定できます。 単一のTHz パルス出力 各サンプル層からの反射 Tx RI 1 RI Rx 2 複数のTHz パルスの反射
Page3

THzを用いた測定には多くの優位点があります。 測定に THz を使用する 4 つの主な理由 ・単層厚みだけで無く、同時に多層厚みの測定が可能 ・厚み測定以外に、層の密度や坪量、その他に接着/層間剝離などの内部構造も測定可能 ・THz パルスの“時間領域”の測定は、より正確な高速測定が提供可能 ・有資格者が不要で、完全に安全なシステム構成 ・シングルセンサーでの測定が可能 その他多数の優位性 ・片面反射測定 ・高速測定レート(100Hz と 1000Hz の 2 タイプ有り) ・コリニアセンサーモデルでは、パスラインに対する感度は本質的に無い ・インラインに対応した大きなスタンドオフ距離 ・製造ライン環境に対応した堅牢型センサー ・環境に対する低い測定影響: センサー上のゴミ/材料、煙、スプレーのしぶき、レンズの傷、温度(動作範囲内)、 振動、周囲の光レベルなどに鈍感 THzによる各材料との相互作用 -ほとんどすべての材質は、“透明”として透過作用されます- 透過体 (全体又は一部) 全反射 • 空気 • 金属 • プラスチック • クロスカーボンファイバの層 • ゴム • 紙 散乱体 (特により高い周波数にて) • フォーム • フォーム • アスファルト • 織物素材 • 塗装 / 塗工 スペクトル • 複合体 (例:ファイバグラス) • ファイバ / 布 / ラグ • 水蒸気 • ほとんどの材質 • 極性プラスチック 吸収体 • 特定のガス (CO, HCL, HCN) • 固体 DNA • 液体水 • 結晶性固体-砂糖、製薬 • 高極性材料 • 爆薬 (RDX, HMX, PETN, & TNT)
Page4

TeraMetrix社THzシステムの概要 測定システムは、3 つの主要なハードウェアコンポーネントで構成されています。 1. テラヘルツ コントロールユニットコントロールユニット(TCU) 2. アンビリカルケーブル 3. THzセンサ TCU には、T-Ray Server/Clinet ソフトウェアも含まれています。Sever プログラム は、THz データを直接処理して、測定結果(厚みなど)に変換します。 テラヘルツ コントロールユニット (TCU) 45 x 55 x 18 (W x D x H, cm) 18 kg アンビリカルケーブル 最大対応長さ – 45m ケーブル配線時に J.Box 使用可能 THz センサー オプション: オンライン対応コリニアセンサ ・EPG (Enhanced Performance Gage) ・VRS (Virtual Reference Surface) ・Class I Div 1 ハンドヘルド対応コリニアモデル ・SPG (Single Point Gauge) ・LSG (Line Scan Gauge) 長期運用に最適なリファレンスキット リファレンスサーフェイス(リファレンスキット): オンライン対応センサーの表面にマニュアルで取り付ける事が できるリファレンスキットは、THz パルスの“完全”な最適焦点 を合わせた反射を提供します。リファレンスキットのキャップ は、THz センサーのレンズフォーカスに配置された金属面とな っています。
Page5

オンライン EPG センサヘッド T-Gauge® HXP51y2 HXP51y2 オンラインEPG センサヘッドの使用によ り、標準のHXC50yn オンラインセンサヘッドよりも薄い 層を測定できます。より高い帯域幅とより高いSN 比によ り、EPG はテラヘルツによるプロセス制御という、新し いアプリケーションを提供します。 主な測定性能 (代表値) 測定レート 100 又は 1000Hz Hz 総厚測定範囲 8 - 15000 µm 多層膜厚測定範囲 25 - 15000 µm 厚み精度(再現性) (2σ) ±2 µm 坪量(質量)測定範囲 10 - 10000 gsm 坪量精度(再現性)(2σ) ±1 gsm 主なハードウェアの仕様 サイズ (W x H x D) 128 x 70 x 178 mm 重量 1.6 kg 動作時温度範囲 0 - 50 ℃ 保管時温度範囲 0 - 60 ℃ パスライン許容値 ±2 mm 角度許容値 ±10 (76mm 焦点距離時) 度 取り付けねじサイズ 1/4-20 オプション 利用可能なレンズ(焦点距離) 75, 150 mm 焦点スポット径 2 mm アンビリカルケーブル 5, 10 又は 20 m 仕様は予告無しに変更される事があります。 主なアプリケーション: ・産業用プロセス制御 : コーティング厚、プラスティック押出、フォーム密度、接着剤フォーム ・非破壊材料検査 : ロボット搭載による航空機向けコーティング検査 ・コンバーティングアプリケーション : 紙コーティング、多層フィルム 注:測定対象物が比較的厚い場合は、700ps の TCU を使用する必要がございます。 例:THz 屈折率が 1.1 のフォームの場合は最大 95mm、THz 屈折率が 1.6 のアスファルトの場合は、最大 65mm が測定可能
Page6

オンライン標準センサヘッド T-Gauge® HXC55yn HXC50yn オンラインセンサヘッドは、T-Ray® 5000 テ ラヘルツシステムの堅牢性を新たなレベルに引き上げ、産 業環境での動作を可能にします。厚さ、多層厚み及び坪量 の反射測定を簡単に取得できます。様々なレンズを使用し て、測定スポットのサイズと測定距離を調整できます。 主な測定性能 (代表値) 測定レート 100 又は 1000Hz Hz 総厚測定範囲 25 - 15000 µm 多層膜厚測定範囲 50 - 15000 µm 厚み精度(再現性) (2σ) ±2 µm 坪量(質量)測定範囲 10 - 10000 gsm 坪量精度(再現性)(2σ) ±1 gsm 主なハードウェアの仕様 サイズ (W x H x D) 128 x 64 x 178 mm 重量 1.6 kg 動作時温度範囲 0 - 50 ℃ 保管時温度範囲 0 - 60 ℃ パスライン許容値 ±15 mm 角度許容値 ±10 (76mm 焦点距離時) 度 取り付けねじサイズ 1/4-20 オプション 利用可能なレンズ(焦点距離:コリニア) 25, 75, 150 mm 焦点スポット径 2 mm アンビリカルケーブル 5, 10 又は 30 m 仕様は予告無しに変更される事があります。 主なアプリケーション: ・産業用プロセス制御 : 商用屋根部材、フォーム密度、塗料の厚さ、プラスティック押出、 アスファルト板など ・非破壊材料検査 : 航空機、包装材料、レードーム検査、宇宙船、 パイプラインの修理など ・コンバーティングアプリケーション : 紙コーティング、多層フィルム、タイヤ製造など 注:測定対象物が比較的厚い場合は、700ps の TCU を使用する必要がございます。 例:THz 屈折率が 1.1 のフォームの場合は最大 95mm、THz 屈折率が 1.6 のアスファルトの場合は、最大 65mm が測定可能
Page7

VRS オンラインセンサヘッド T-Gauge® HXC56yn HXC51yn オンライン センサヘッドは、標準のオンライ ン センサーヘッド(HXC50yn)に仮想基準面(VRS)を 搭載した機能を追加しています。厚さ、多層厚さ、坪量、 密度の反射測定を簡単に取得できます。VRS を使用する と、センサと製品間の間隔を狭める事なく、非接触でキャ リブレーション無しに厚さ測定だけでなく、坪量と密度の 測定も可能にしています。 主な測定性能 (代表値) 測定レート 100 又は 1000Hz Hz 総厚測定範囲 25 - 15000 µm 多層膜厚測定範囲 50 - 15000 µm 厚み精度(再現性) (2σ) ±2 µm 坪量(質量)測定範囲 10 - 10000 gsm 坪量精度(再現性)(2σ) ±1 gsm 主なハードウェアの仕様 サイズ (W x H x D) 128 x 64 x 178 mm 重量 1.8 kg 動作時温度範囲 0 - 50 ℃ 保管時温度範囲 0 - 60 ℃ パスライン許容値 ±15 mm 角度許容値 ±10 (76mm 焦点距離時) 度 取り付けねじサイズ 1/4-20 オプション 利用可能なレンズ(焦点距離:コリニア) 25, 75, 150 mm 焦点スポット径 2 mm アンビリカルケーブル 5, 10 又は 30 m 仕様は予告無しに変更される事があります。 主なアプリケーション: ・産業用プロセス制御 : 商用屋根部材、フォーム密度、塗料の厚さ、プラスティック押出、 アスファルト板など ・非破壊材料検査 : 航空機、包装材料、レードーム検査、宇宙船、 パイプラインの修理など ・コンバーティングアプリケーション : 紙コーティング、多層フィルム、タイヤ製造など 注:測定対象物が比較的厚い場合は、700ps の TCU を使用する必要がございます。 例:THz 屈折率が 1.1 のフォームの場合は最大 95mm、THz 屈折率が 1.6 のアスファルトの場合は、最大 65mm が測定可能
Page8

ハザード対応センサ CID1 T-Gauge® SCS530n T-Gauge 防爆対応厚さ測定システム (SCS500n)は、T- Ray® 5000 の堅牢性を新しいレベルに引き上げ、塗装ブー スやコーティング施設などの可燃性雰囲気で動作する能力 を備えています。センサは、ロボットに取り付け可能で本質安全防爆になるように設計されてい ます。SCS500n は、スプレーブースにおけるアプリケーションでの使用に最適化されておりま すが、他のアプリケーションでも使用可能です。センサヘッドのワーキングディスタンス(測定 距離)は115 mm に固定されておりますが、要求に応じて他のワーキングディスタンスを利用す る事も可能です。 主な測定性能 (代表値) 測定レート 100 又は 1000Hz Hz 総厚測定範囲 25 - 15000 µm 多層膜厚測定範囲 50 - 15000 µm 厚み精度(再現性) (2σ) ±2 µm 坪量(質量)測定範囲 10 - 10000 gsm 坪量精度(再現性)(2σ) ±1 gsm 主なハードウェアの仕様 サイズ (W x H x D) 128 x 64 x 178 mm 重量 1.8 kg 動作時温度範囲 0 - 50 ℃ 保管時温度範囲 0 - 60 ℃ パスライン許容値 ±15 mm 角度許容値 ±6 (114mm 焦点距離時) 度 取り付けねじサイズ 1/4-20 オプション 利用可能なレンズ(焦点距離:コリニア) 114 mm 焦点スポット径 2 mm アンビリカルケーブル 10, 20(延長), 5 (ツェナーバリア) m 仕様は予告無しに変更される事があります。 主なアプリケーション: ・産業用プロセス制御 : 商用屋根部材、フォーム密度、塗料の厚さ、プラスティック押出、 アスファルト板など ・非破壊材料検査 : 航空機、包装材料、レードーム検査、宇宙船、 パイプラインの修理など ・コンバーティングアプリケーション : 紙コーティング、多層フィルム、タイヤ製造など 注:測定対象物が比較的厚い場合は、700ps の TCU を使用する必要がございます。 例:THz 屈折率が 1.1 のフォームの場合は最大 95mm、THz 屈折率が 1.6 のアスファルトの場合は、最大 65mm が測定可能
Page9

シングルポイントゲージ T-Gauge® SPG500n T-Ray® 5000G SPG シングルポイント厚さ測定ゲージは、ボタン を押すだけで対象物の複数の層を直接測定する事ができます。 測定 ツールはモジュール式であるため、ストレート又は直角の測定チップ を使用できます。測定は基本的に非接触ですが、測定チップはハンドヘルド使用において、ユー ザがTHz ビームの焦点に測定対象物を位置決めするのを助けるために使用されます。使い易い タッチスクリーンディスプレイは、測定の構成と動作モードの選択を可能にします。 主な測定性能 (代表値) 測定レート 100 又は 1000Hz Hz 総厚測定範囲 25 - 5000 µm 多層膜厚測定範囲 50 - 5000 µm 厚み精度(再現性) (2σ) ±2 µm 主なハードウェアの仕様 サイズ (W x H x D) 64 x 76 x 267 mm 重量 1.8 kg 動作時温度範囲 0 - 50 ℃ 保管時温度範囲 0 - 60 ℃ パスライン許容値 ±2 (26mm 焦点距離時) mm 角度許容値 ±10 (26mm 焦点距離時) 度 取り付けねじサイズ ハンドヘルドタイプ オプション 利用可能なレンズ(焦点距離:コリニア) 25, 75 mm 焦点スポット径 2 mm アンビリカルケーブル 5,10,15 又は 30 m 仕様は予告無しに変更される事があります。 主なアプリケーション: ・産業用プロセス制御 : 商用屋根部材、フォーム密度、塗料の厚さ、プラスティック押出、 アスファルト板など ・非破壊材料検査 : 航空機、包装材料、レードーム検査、宇宙船、 パイプラインの修理など ・コンバーティングアプリケーション : 紙コーティング、多層フィルム、タイヤ製造など
Page10

ラインスキャンゲージ T-Gauge® LSG500n T-Ray® 5000 用LSG500x Line Scan Gauge (LSG)は、 長さ 50 又は75mm のラインで高速スキャンを行うハンドヘルド ソリューションを提供します。ラインスキャン画像はハンドヘルドツールの画面に表示され、 特定のアプリケーション専用のソフトウェアで分析が可能です。現在のソフトウェアでは、層 厚の測定、ボイドの検出が可能です。又、ボディパネルの位置合わせのための各間の垂直及び 水平オフセットを測定が出来ます。 主な測定性能 (代表値) 測定レート 100 又は 1000Hz Hz 総厚測定範囲 25 - 15000 µm 多層膜厚測定範囲 50 - 15000 µm 厚み精度(再現性) (2σ) ±2 µm 坪量(質量)測定範囲 10 - 10000 gsm 坪量精度(再現性)(2σ) ±1 gsm % 水分範囲 2.5 – 50 % % 水分精度(2σ) ±0.1 % 主なハードウェアの仕様 サイズ (W x H x D) 250 x 150 x 150 mm 重量 1 kg 動作時温度範囲 0 - 50 ℃ 保管時温度範囲 0 - 60 ℃ パスライン許容値 ±15 mm 取り付けねじサイズ ハンドヘルドタイプ オプション 利用可能なレンズ(焦点距離:コリニア) 25, 75 mm アンビリカルケーブル 5,10,15 又は 30 m 仕様は予告無しに変更される事があります。 主なアプリケーション: ・産業用プロセス制御 : 商用屋根部材、フォーム密度、塗料の厚さ、プラスティック押出、 アスファルト板など ・非破壊材料検査 : 航空機、包装材料、レードーム検査、宇宙船、 パイプラインの修理など ・コンバーティングアプリケーション : 紙コーティング、多層フィルム、タイヤ製造など
Page11

T-Ray® 5000 システム概要 T-Ray® 5000インテリジェント テラヘルツコントローラ(TCU)は、短パルスレーザ、時間遅延レール、データ収集用電子機器及び強力な計算エンジン で構成されています。構成に応じて10ms又は1msの波形取得時間で、インテリジェントTCUは最速のフル機能を備えたタイムドメインのテラヘルツコン トローラです。T-Ray®5000には、シングルチャネルユニットであるTCU52nmモデルと、デュアルチャネルユニットであるTCU54nm モデルがあり、多種 多様なマルチ センサによるアプリケーションを可能にします。延長ケーブルを利用すると最大45mのケーブルが提供可能です。 主なハードウェアの仕様 (代表値) *I/O 機能無し モデル名 TCU5310 TCU5311 TCU5312 TCU5313 TCU5410 TCU5411 TCU5412 TCU5413 単位 TCU5320* TCU5321* TCU5322* TCU5323* TCU5420* TCU5421* TCU5422* TCU5423* 光学遅延範囲 320 80 160 700 320 80 160 700 ps 波形取得レート 100 1000 1000 100 100 1000 1000 100 Hz 測定チャンネル数 1 1 1 1 2 2 2 2 時間領域確度 ±10 fs 時間領域分解能 100 fs データ取得ダイナミックレンジ 16 (ADC) bits 動作時環境条件 0 ~ +50 (20 - 90 % 相対湿度 (結露無き事)) ℃ 非動作時環境条件 -20 ~ +60 (20 - 90 % 相対湿度 (結露無き事)) ℃ 動作時耐性 5 -500 Hz, 0.006 in.p-p 変位, 1 g 最大 (振動, 衝撃) +/- 15 g pk, ½ サイン波, 11ms 非動作時耐性 5 -500 Hz, 0.015 in. p-p 変位, 2.5 g 最大 (振動, 衝撃) +/- 30 g pk, ½ サイン波, 11ms AC 電源要件 100 - 240 VRMS 50 - 60 Hz, 550W 最大 機器サイズ 445 x 546 x 191 (ラック, ウォール, 又はテーブルマウントに対応) mm 機器重量 18 kg ウォームアップ時間 < 10 分 米国EMC規制 EN 55011 Class A, FCC Part 18
Page12

インテグレーションに最適なスマートな通信構成! T-Ray® Server ソフトウェアは、今日利用可能な最も用途の広いテラヘルツ波形処理ソフトウ ェアです。モジュール式ソフトウェアプラットフォームとして構築された T-Ray® Server は、幅 広い顧客アプリケーションのテラヘルツ波形と測定データを収集、分析、提供します。
Page13

用途に合わせて選べる最適な豊富なソフトウェア! Client 名 内容 T-Ray® Basic Dashboard Client と Waveform Clinet 及び Status と Setup モジュールで構成され、TCU の基本的な操 作を提供します。Dashboard Client は、TCU の T-Ray® Server シェルで実行できますが、他の Client プログラムと同様に、別のコンピュータにインストールして実行する事ができ、適切な動作を確実に するため、システムの状態と健全性の情報を簡素化して適切に提供します。Waveform Client は、THz データの時間領域の生の波形や、フーリエ変換により計算された単一波形のパワースペクトルの複数 のビューを表示します。さらに分析するために複数の波形を記録する事もできます。Status モジュー ルはシステムの内部状態に関する詳細情報を提供し、Setup モジュールは TCU インターフェースのデ ィジタル I/O、エンコーダ、モータ軸の定義、波形取得速度、ソフトウェアライセンスの構成を可能に します。 T-Ray® T-Gauge THz 波形の分析を可能にする 2 つの Client プログラム(Recipes 及び Logging)の 1 組です。Recipe Client は、Server が各波形を分析して目的の測定を提供する方法を定義する柔軟なインターフェース です。この構成された分析は、レシピと呼ばれ、各レシピは内部データベースに保存され、いつでも 呼び出す事ができます。レシピは、波形のピーク(表面又は界面からの THz パルスの反射)を識別、 適合、追跡し、特徴や統合パワーのために時間領域波形又はその周波数スペクトルを分析し、これら の入力データを出力測定に結合するための簡単なプログラミングフィールドを提供します。Logging Client を使用すると、レシピの出力測定値をストリップチャートとして表示したり、後で分析するため にファイルに記録したりできます。Recipes と Logging の両方をインストールして、Ethernet 経由で Server と通信する別のコンピュータで実行する事もできます。 T-Ray® Imaging レシピ分析の出力を受け取り、TCU エンコーダ入力から得られた位置情報と組み合わせて、結果を 2D 画像として表示します。レシピは複数の測定変数を生成できるため、Imaging は複数の画像を同時に生 成できます。これらの画像は、いくつかの一般的な画像形式で保存できます。又は、各ピクセルの波 形を含む完全なデータセットを保存して、将来データを再処理する事もできます。レシピ内の時間及 び/又は周波数領域のゲーティングにより、テスト対象物の詳細な分析、及びイメージングパラメータ の最適化を可能にします。Imaging では、画像の各行の断面画像(B スキャン)も表示され、対象物の 内部構造を視覚化する強力な方法を提供します。Imaging は別のコンピュータにインストールして実行 できるため、イメージとデータセットを外部の場所に保存できます。 SPG シングルポイントゲージ(SPG)ハンドヘルド測定ツールをサポートするソフトウェアモジュールで す。SPG は T-Ray®Server シェルでのみ実行され、SPG タッチスクリーン用のソフトウェアインター フェイスを提供します。タッチスクリーンのエミュレートされた画面がメインウィンドウに表示さ れ、ハンドヘルドスクリーンと同じ制御インターフェースを提供します。SPG がシーケンスモードに 設定されている場合、TCU 画面には、アーカイブ目的で csv ファイルに書き込む事もできるシーケン ス測定が表示されます。 T-Ray® Security SPG の構成に追加できるソフトウェア機能のセットです。この機能セットには、拡張されたユーザレ ベルのセットと、各ユーザの固有のログインが含まれます。より低いユーザレベル(Operator、Tech 及び Tech Admin)では、レシピのスクリプトは表示されないか、アクセスできません 。Tech Admin はユーザアカウントを管理できます。この操作モードでは、波形分析のレシピを含むシステムデータ ベースが暗号化されます。レシピスクリプトを非表示にして暗号化する事で、企業の IP を不注意によ る開示から保護します。 LSG T-Ray ®Server シェルで実行されるソフトウェアモジュールで、ラインスキャンゲージ(LSG)ハンド ヘルドスキャナをサポートします。このモジュールは LSG の画面を駆動し、取得したライブ B スキャ ンを表示します。モジュールは、レシピが従来の NDT 用に記述されているか、隣接するパネル間の平 面部ュとギャップを測定するように構成されているかを検知します。この 2 番目の特殊モードでは、 より下にある界面を調整し、ハンドヘルドトリガが引かれた時に平面部とギャップの測定値を提供し ます。このモードでは、高度な分析の構成を可能にする追加のセットアップ画面を利用できます。
Page14

実例紹介 プ ロセスコントロー ル:商用屋根部材 多層製品の従来の測定技術では、透明で無い材料を測定は困難です。テラヘルツ パルスは波長が長いため、不透明な材料を簡単に透過でき、X 線や放射線に基づく 測定器の完全且つ安全な代替品です。 ス マートフォンの 3D トポグラフィック 寸法計測 滑らかな、または織り目加工の TPO の片面スキャンにより、多層厚の測定を提 供し、厳密なプロセス制御を可能にします。 EPDM のようなゴム製品では、1 つのスキャナで白と黒の両方の層の厚さを測定 できます。 又、あらゆる品質管理システムと簡単に統合でき、複数の層の層間剥離を検出する 事もできます。
Page15

プロセスコントロ ール:プラスチック押出/熱成形 食品用の熱成形プラスチック容器には、保存中のフレーバー汚染を防ぐため に、EVOH 水蒸気バリア層(防湿層)が含まれている事がよくあります。 プラスチックシートは、EVOH の薄層で分離された 2 層のポリエチレンで構 成されています。従来の赤外線ゲージは上層と下層の区別が難しく、存在するポ リエチレン全体を測定するだけです。 現在において、製品のエッジを顕微鏡で調べる事は、層の厚さを測定する方法 の 1 つですが、テラヘルツではこれらの 3 つの押出層すべてを同時に測定でき ます。 オンラインセンサ周辺の環境が 50°C を超える場合は、必要な冷却を可能に する耐熱性筐体を提供できます。
Page16

プロセスコントロール:フォーム材 フォームの製造において、プロセス制御に特有の課題をもたらします。フォー ムの圧縮性のため、接触ゲージは使用できません。又、フォームが設定されるま で測定を遅らせると、プロセスフィードバックにかなりの遅延が発生する可能性 があります。 T-Gauge®センサと非接触スキャナ搭載のデータ測定システムを使用して、フ ォームの密度と厚さを測定できます。存在する材料の量と製品の物理的な厚さを 個別に測定する事により、密度がリアルタイムで測定され、新しいレベルのプロ セス制御が実現できます。 センサは、フォーム層の周りに他の材料の層(板紙やプラスチックライナシー トなど)があるフォーム層の密度も測定できます。また、パルスの波長が長いた め、泡の色の影響を受けません。
Page17

プロセスコントロール:アスファルト板 アスファルト板の製造では、砂と石が塗布された後に配置された放射線セン サによって重量が測定されますが、重量の基本的なコントロールは、マットに 塗布されたアスファルトの厚さです。アスファルトの塗布と重量の測定の間の 長いプロセス遅延(最大 122m)は、プロセスコントロールする速度を制限しま す。 T-Gauge®センサは、アスファルトバスの直後に配置でき、この高温環境でも 製品の厚さを信頼性高く測定できます。 耐熱性筐体はセンサを熱から隔離するために使用され、低流量のボルテック スクーラは筐体の内部温度を下げます。 高速フィードバックは、優れたプロセスコントロールを提供し、製品の品質を 向上させ、原材料の使用を最適化します。
Page18

プロセスコントロール:塗装 塗装アプリケーションでは、様々なコーティングを適切な厚さに塗布する事が 重要です。F-35 Joint Strike Fighter の構造では、特殊コーティングが施されてパ イロットと機体を保護しています。 ここでは Class 1 Division 1 モデルの T-Gauge®センサは、塗装ブースなどの 爆発性環境で使用し、レイヤ毎に塗布されているコーティングの厚さを測定でき ます。 以下の例では、レイヤが追加された時の塗布率の変化を見ることができます。
Page19

品質管理/非破壊検査:航空機の非破壊検査 F-35 Joint Strike Fighter の外側にある特殊コーティングの測定は、ユニーク 且つチャレンジングな課題です。THz パルスは、塗装ブースで塗布されるコー ティングの厚さを測定するために使用できます。コーティングが乾燥したら、 THz パルスでコーティングの厚さを確認できます。 様々な部品にコーティングが施されているため、特定の部品を別の部品に正 しく合わせる事が困難です。ハンドヘルド THz スキャナは、機体を正しく組み 立てるために必要な情報を提供できます。 サービス検査では、THz システムを使用して外部コーティングの検査と修理 を行う事ができます。コーティングを除去する必要がある場合、THz 測定ツー ルは、コーティング残差を測定してレーザーパワーと切削深さを制御する事に より、レーザーペイントの除去を支援します。 TeraMetrix THz 製品は、最初から最後まで F-35 の製造とメンテナンスの効率 を高めています。
Page20

品質管理/非破壊検査:パッケージ商品の検査 テラヘルツの光は、ほとんど減衰する事なく、多くの一般的な材料を透過で きます。液体サンプルから THz パルスを反射させる事により、無菌包装された 製品における生物学的汚染の存在を検出できます。 これは、製品が未熟児や重度の感染症の患者など、弱い患者や障害のある患 者に投与される場合に特に重要です。 テラヘルツを使用すると、コンテナ内にある非測定物をイメージングするこ とができます。錠剤は、ブリスターパック内で重量の適合性を検査でき、粉末 抗生物質は、パッケージ内で汚染物質を非破壊的に検査できます。