1/7ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(933Kb)

FA用途で使用可能なRaspberryPi iTD-CM3

製品カタログ

RaspberryPiのHAT基板のご紹介と提案

産業系でもRaspberryPiのニーズは日増しに高まっています。
通常のRaspberryPiとは違い
発熱対策、SDカードではなくeMMCによるbootやコネクタを1面に集約させる等の産業系に優位な性能。
更にカスタマイズにより、ケーシングやPoE給電等も可能としています。

このカタログについて

ドキュメント名 FA用途で使用可能なRaspberryPi iTD-CM3
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 933Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 東阪電子機器株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

東阪電子機器・総合カタログ
事例紹介

東阪電子機器株式会社

東阪電子機器のODM事業紹介
事例紹介

東阪電子機器株式会社

東阪電子機器のEMS事業紹介
事例紹介

東阪電子機器株式会社

このカタログの内容

Page1

FA用途で使用可能な Raspberry Pi iTD-CM3 東阪電子機器株式会社
Page2

Raspberry Pi の CM3+とは Raspberry Pi の CM3+とはRaspberry Pi 3を産業用途(発熱対応)で開発された製品です。 ■概略仕様 ・メモリ: 1 GB LPDDR2 SDRAM ・プロセッサ: Broadcom BCM2837B0、 Cortex-A53 64ビットSoC @ 1.2 GHz ・マルチメディア: H.264、MPEG-4デコード (1080p30)、H.264エンコード(1080p30)、 OpenGL ES 1.1、2.0グラフィックス ・オペレーティングシステム: NOOBS_3_0_0 (2018年11月16日)以降 ・ボードの寸法: 67.6 mm x 31.1 mm x 3.7 mm (最も高さのあるコンポーネント) Raspberry Pi CM3+ ・ボードの重量: 9 g
Page3

iTD-CM3特徴① iTD-CM3の特徴① 実用IoT開発に必要な機能を備えました ・従来のセンサ情報をメインとしたIoT開発はもちろん、エッジコンピューティングに 必要な機能やインターフェースを持たせたキャリーボードです。
Page4

iTD-CM3特徴② iTD-CM3の特徴➁ 組込用に特化した熱対策も万全 ・RaspberryPi3B+等で課題となっている発熱は、 産業用途として開発されたCM3+であれば解決可能です。 ・この性能により装置等のユニットや、 集めたデータを画面上に表示させる為のサイネージにいかがでしょうか(イメージ後述) iTD-CM3の特徴③ 更なるオプションの追加により、独自のカスタマイズ ・iTD-CM3では、WiFi・BLE・LTE等各種通信のオプションも 可能です。また、PoE給電にも対応出来ます。 ・お客様のご要望に合わせた組合せを弊社からご提供し、 ヒアリング内容によっては別途カスタマイズによるODM展開も致します。
Page5

ハードウェア仕様 基板概要 外形図 〇真上から見た図 項目 仕様 電源電圧 DC12V 外形寸法 L100×W90 規格 RoHS指令に適合 LAN 100BASE×1 SD MicroSD×1 USB USB2.0×2(TYPE A) HDMI MicroHDMI×1 〇コネクタ面を正面から見た図 UART 2線式×1
Page6

iTD-CM3構成例 モニタリングしたい装置に「センサ+iTD-CM3」を取り付けることで上位での状態監視が可能に!! 近接センサ + 圧力センサ LAN通信 データ管理 or 装置A BLE・WiFi(OP) 照度センサ + 光電センサ 装置B 圧力センサ + 振動センサ 装置C
Page7

アプリケーション事例 iTD-CM3 活用事例 産業用途でIoTを手軽に実現 ・お客様の装置に後付する形で以下のようにお役立ちできます。 ☆装置の状態をログとして監視し、予防保全に最適。 GPIOやUSBを備えておりますので、各種センサを 繋げる事も容易です。 HDMIによる出力も完備しておりますので、 パネコンのような使用が可能なのも魅力です。 ☆別途アプリケーションと連携する事で、+αの 付加価値やアフターフォローの業務を低減します。