1/12ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(15.3Mb)

高切込み対応 高送りエンドミル MFH Boost

製品カタログ

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 高切込み対応 高送りエンドミル MFH Boost
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 15.3Mb
取り扱い企業 京セラ株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

京セラのライフサイエンス/医療用デバイス
製品カタログ

京セラ株式会社

スモールツール用PVDコーティング PR1725
製品カタログ

京セラ株式会社

高能率超硬コーティングソリッドドリルKDA
製品カタログ

京セラ株式会社

このカタログの内容

Page1

高切込み対応 高送りエンドミル MFH Boost 高切込み対応 高送りエンドミル MFH Boost NEW 「高送り」×「高切込み」。MFHはミーリング加工のさらなる高みへ 加工径ø22~ 最大縦切込み2.5mm対応の高送りエンドミル 自動車部品や難削材加工、金型など幅広い分野で活躍 加工環境に合わせて課題をソリューション エンドミル、カッタ、モジュラータイプをラインナップ
Page2

高切込み対応 高送りエンドミル MFH Boost MFHシリーズに新たな仲間が誕生。「高送り」×「高切込み」でミーリング加工のさらなる高みへ 自動車部品や難削材加工、金型など幅広い分野で活躍 1 新たな価値を生む、高切込み対応の高送りエンドミル Movie 04サイズの小型チップ (両面4コーナ仕様 )。加工径ø22~ 最大縦切込み2.5mmに対応 肩・溝加工はもちろん、ヘリカル・ランピング加工などの3次元加工の高能率化を実現 両面4コーナ仕様 最大縦切込み 2.5mm MFH Boostの価値 (イメージ) 7.0 BT50 6.0 90°エンドミル 5.0 4.0 新たな価値 (Value) 3.0 2.5 2.0 MFH Boost 1.0 従来高送りカッタ 0 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 1.2 1.4 1.6 送り fz (mm/t) Vc = 150 m/min, ae = 12.5 mm (ae / DCX = 50 %), S50C Dry ø25 突出し量 60 mm BT50 1 縦切込み ap (mm)
Page3

最大縦切込み 2.5mmがもたらす価値 Boost 1 90°エンドミル に対するソリューション (荒~中仕上げ加工 ) 自動車部品 一般的な鋼加工 ■ 高送り加工で大幅に加工能率を向上 ■ 不安定な加工環境でも高い安定性 長い工具突出量やクランプ剛性不足、 低剛性マシンでも安定加工 ■ 高能率な沈み加工を実現 大きなランピング角(小径 ø25 : 3°) ポケット部などの沈み加工で大幅な能率向上 ■ 高能率で工具寿命も良好 自動車 足回り部品 Boost 2 従来高送りカッタ に対するソリューション 一般部品/金型 (大荒加工・面加工 ) 一般部品やプレス・ダイカスト金型加工 ■ 高切込み加工で大幅に加工能率を向上 ■ 加工パス数削減による長寿命化と加工能率向上 取り代の変動が大きいワークで エアーカットなどの無駄を削減 ■ 高能率で工具寿命も良好 *低切込み高送りの等高線加工にはMFH Mini/Harr ierを推奨 プレス金型 Boost 3 難削材加工 に対するソリューション 航空機/エネルギー産業部品 チタン合金やステンレス鋼などの難削材加工 ■ 高送り加工で大幅に加工能率を向上 ■ 加工パス数削減による長寿命化 ■ 耐熱性に優れた材種 PR1535との組合せで 長寿命・安定加工 航空機 ランディングギヤ部品 生産性向上 /加工コスト低減の実現に 2
Page4

2 多彩な加工で活躍。環境に合わせて課題をソリューション Boost 1 90°エンドミル に対するソリューション (荒~中仕上げ加工 ) “高送り”加工で大幅に加工能率を向上 加工能率シミュレーション例 7.0 BT50 ポケット加工 : Vc = 150 m/min, ae = 12.5 mmを想定 6.0 90°エンドミル 加工能率 5.0 MFH Boost 4.0 ø25 (3枚刃) 100 cc/min 11..85倍倍 3.0 ap = 2.0 mm, fz = 0.7 mm/t 2.0 MFH Boost 従来90°エンドミル 1.0 ø25 (3枚刃) 54 cc/min 0 ap = 5.0 mm, fz = 0.15 mm/t 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 1.2 1.4 1.6 送り fz (mm/t) 高能率で工具寿命も良好 不安定な加工環境下でも高い安定性 加工能率と刃先状態比較( 当社比較) 耐びびり性能比較( 当社比較) 100分加工後の刃先状態 溝加工 工具突出し量 MFH Boost 他社品A 90°エンドミル ø25 (3枚刃) 60mm ap = 1.6 mm, fz = 0.6 mm/t ap = 5.0 mm, fz = 0.15 mm/t 外部エアーS50C BT50 Movie 加工能率 1.3倍 寿命 0.08 MFH Boost 刃先状態 良好 他社品A 0.06 100分加工後 加工能率 加工能率 0.04 100分加工後 MFH Boost 103 cc/min 0.02 41..55倍倍 Vc = 120 m/min, ap = 1.5 mm, fz = 0.6 mm/t 0.00 0 500 1,000 1,500 2,000 2,500 31 cc/min びびり発生 (加工不可 ) 除去体積( cc) 能率 他社品A Vc = 80 m/min, ap = 2 mm, fz = 0.2 mm/t 90°エンドミル Vc = 150 m/min, ae = 12.5 mm, Dry SCM440Ⓗ ø25 (1枚刃) BT50 23 cc/min Vc = 80 m/min, ap = 2 mm, fz = 0.15 mm/t 高能率・安定加工のポイント 京セラ独自技術 ワーク食付き時の切削抵抗( 当社比較) 3次元凸型切れ刃の効果により、 ワーク接触時の衝撃を抑制 3,500 MFH Boost 他社品A 3,000 2,500 2,000 1,500 1,000 スムーズな食付き 500 Vc = 150 m/min, ap = 2.0 mm, 0 5 10 15 20 ae = 25 mm, fz = 0.7 mm/t, 加工時間( msec) [1msec = 1/1,000s] Dry S50C ø50 (1枚刃) BT50 3 逃げ面摩耗量( mm) 切削抵抗 (N) 縦切込み ap (mm)
Page5

Boost 2 従来高送りカッタ に対するソリューション “高切込み”加工で大幅に加工能率を向上 加工能率シミュレーション例 7.0 BT50 多段加工 (深さ30mm): Vc = 150 m/min, ae = 12.5 mmを想定 6.0 加工能率 5.0 MFH Boost 4.0 ø25 (3枚刃) 100 cc/min 11..35倍倍 3.0 ap = 2.0 mm, fz = 0.7 mm/t MFH Boost 2.0 従来高送りカッタ 76 1.0 従来高送りカッタø25 (4枚刃) cc/min 0 ap = 1.0 mm, fz = 0.8 mm/t 0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 1.2 1.4 1.6 送り fz (mm/t) Movie 高能率で工具寿命も良好 優れた壁面精度 加工能率と刃先状態比較( 当社比較) 加工能率と壁面精度比較( 当社比較) ポケット加工 (深さ12mm) 100分加工後の刃先状態 MFHBoost 他社品B 高送りタイプ MFH Boost 他社品B 高送りタイプ ø25 (3枚刃) ø25 (4枚刃) ap = 1.6 mm, fz = 0.6 mm/t ap = 0.8 mm, fz = 0.6 mm/t 段差 段差 17µm 54µm 加工能率 2倍 ap = 1.5 mm × 8パス ap = 0.8 mm × 15パスQ = 115 cc/min Q = 81 cc/min 寿命 0.08 MFH Boost 刃先状態 良好 他社品B 切削条件:Vc = 200 m/min, ae = 12.5 mm, fz = 0.8 mm/t, Dry S50C BT50 0.06 100分加工後 優れた壁面精度のポイント 0.04 100分加工後 0.02 0.00 外周刃 0 500 1,000 1,500 2,000 2,500 ワイパーをデザイン 除去体積( cc) 能率 Vc = 150 m/min, ae = 12.5 mm, Dry SCM440Ⓗ ø25 (1枚刃) BT50 多段加工時の壁面段差を軽減 Movie Boost 3 難削材加工 に対するソリューション チタン合金やステンレス鋼などで大幅な加工能率向上を実現 加工能率比較( 当社比較) チタン合金 ポケット加工 (深さ 6mm) 加工能率 MFH Boost 約1分30秒 1.8倍 ap = 1.5 mm × 4 パス (fz = ~0.35 mm/t) 他社品C 高送りタイプ 約2分50秒 ap = 0.6 mm × 10 パス (fz = ~0.4 mm/t) Vc = 50 m/min, ae = 12.5 mm(ae/DCX = 50%), ランピング角度3° Ti-6Al-4V Wet ø25 (3枚刃) BT50 4 逃げ面摩耗量( mm) 縦切込み ap (mm)
Page6

MFH Boost エンドミル DCX Fig.1 APMX LH LF DCX Fig.2 APMX LH LF DCX Fig.3 APMX LH LF DCX Fig.4 APMX LH LF DCX Fig.5 APMX LH LF DCX Fig.6 APMX LH LF ホルダ寸法 寸法(mm) すくい角 シャンク 型番 在庫 刃数 クーラント 形状 重量 最高回転数-1 DCX DC DCON LH LF APMX A.R. ホール (kg) (min ) MFH 25-S25-04-2T ● 2 0.5 25 14 25 60 140 12,700 標準 25-S25-04-3T ● 3 シャンク 2.5 -10° 有 0.5 Fig.1 32-S32-04-4T ● 4 0.8 32 21 32 70 150 11,200 32-S32-04-5T ● 5 0.8 MFH 22-S20-04-2T ● 2 22 11 20 30 130 0.3 13,600 28-S25-04-3T ● 3 0.5 28 17 25 40 140 12,000 オーバー 28-S25-04-4T ● 0.5 サイズ 435-S32-04-4T ● 2.5 -10° 有 Fig.2 0.8 シャンク 35 24 10,70035-S32-04-5T ● 0.8 5 32 50 150 40-S32-04-5T ● 0.9 40 29 10,000 40-S32-04-6T ● 6 0.9 MFH 25-W25-04-2T ● 2 0.4 25 14 25 60 117 12,700 25-W25-04-3T ● 3 0.4 Fig.3 ウェルドン 32-W32-04-4T ● 4 0.7 シャンク 32 21 70 131 2.5 -10° 有 11,20032-W32-04-5T ● 0.7 5 32 40-W32-04-5T ● 0.7 40 29 50 111 Fig.4 10,000 40-W32-04-6T ● 6 0.7 MFH 25-S25-04-2T-180 ● 2 0.6 25 14 100 180 Fig.5 12,700 25-S25-04-3T-180 ● 25 0.6 3 ロング 28-S25-04-3T-200 ● 28 17 40 ° 有 Fig.6 0.7 12,000シャンク 2.5 -1032-S32-04-4T-200 ● 32 21 120 200 Fig.5 1.1 11,200 4 35-S32-04-4T-200 ● 35 24 32 1.1 10,700 50 Fig.6 40-S32-04-5T-250 ● 5 40 29 250 1.5 10,000 最高回転数の表記について ●:標準在庫  切削加工時の回転数は被削材別の推奨切削速度内(裏表紙)で設定してください  なお、エンドミル及びカッタを誤って最高回転数以上に回転させた場合、無負荷状態でも遠心力によりチップや部品の飛散などが生じ、危険ですのでお止めください 5 DC DC DC DC DC DC DCONh6 DCONh6 DCONh6 DCONh6 DCONh6 DCONh6
Page7

MFH Boost フェースミル DCSFMS DCB KWW DCCB2 DCCB1 DC DCX ホルダ寸法 寸法(mm) すくい角 インロー 型番 在庫 刃数 クーラント 重量 最高回転数-1 DCX DC DCSFMS DCB DCCB1 DCCB2 LF CBDP KDP KWW APMX A.R. ホール (kg) (min ) インチ MFH 080R-04-8T ● 8 1.6 仕様 80 69 76 31.75 26 17 63 32 8.0 12.7 2.5 -10° 有 7,100080R-04-10T ● 10 1.6 MFH 040R-04-5T-M ● 5 0.2 40 29 38 16 15 9 40 19 5.6 8.4 10,000 040R-04-6T-M ● 0.2 6 050R-04-6T-M ● 0.4 50 39 9,000 050R-04-7T-M ● 7 0.4 47 052R-04-6T-M ● 6 0.5 52 41 22 18 11 21 6.3 10.4 8,800 052R-04-7T-M ● 0.4 ミリ仕様 7 50 2.5 -10° 有 063R-04-7T-M ● 0.8 063R-04-9T-M ● 9 0.8 63 52 60 8,000 063R-04-7T-27M ● 7 0.8 063R-04-9T-27M ● 9 0.7 27 20 13 24 7.0 12.4 080R-04-8T-M ● 8 1.8 80 69 76 63 7,100 080R-04-10T-M ● 10 1.7 最高回転数の表記について ●:標準在庫  切削加工時の回転数は被削材別の推奨切削速度内(裏表紙)で設定してください  なお、エンドミル及びカッタを誤って最高回転数以上に回転させた場合、無負荷状態でも遠心力によりチップや部品の飛散などが生じ、危険ですのでお止めください 部品 部品 クランプスクリュー レンチ 焼き付き防止剤 型番 SB-3575TRP DTPM-10 P-37 MFH …-04… チップクランプ用 締付けトルク 2.0N・m 6 CBDP KDP APMX LF
Page8

MFH Boost モジュラー LF H CRKS DCX A APMX A A-A断面 OAL ホルダ寸法 寸法(mm) すくい角 型番 在庫 刃数 クーラント 最高回転数-1 DCX DC DCSFMS DCON OAL LF CRKS H APMX A.R. ホール (min ) MFH 22-M10-04-2T ● 22 11 18.7 10.5 48 30 M10XP1.5 15 13,600 2 25-M12-04-2T ● 25 14 12,700 25-M12-04-3T ● 3 23 12.5 56 35 M12XP1.75 19 28-M12-04-3T ● 28 17 12,000 28-M12-04-4T ● 4 32-M16-04-4T ● 32 21 11,200 32-M16-04-5T ● 5 2.5 -10° 有 35-M16-04-4T ● 4 35 24 10,700 35-M16-04-5T ● 5 30 17 62 40 M16XP2.0 24 40-M16-04-5T ● 40 29 10,000 40-M16-04-6T ● 6 42-M16-04-5T ● 5 42 31 9,800 42-M16-04-6T ● 6 最高回転数の表記について ●:標準在庫  切削加工時の回転数は被削材別の推奨切削速度内(裏表紙)で設定してください  なお、エンドミル及びカッタを誤って最高回転数以上に回転させた場合、無負荷状態でも遠心力によりチップや部品の飛散などが生じ、危険ですのでお止めください 適合チップ 寸法( ) CVD 形状 型番 mm MEGACOAT NANO コーティング W1 S D1 INSL RE PR1535 PR1525 PR1510 CA6535 RE LOMU 040410ER-GM 9.1 4.4 4.1 14.5 1.0 ● ● ● ● W1 S 両面4コーナ ●: 標準在庫 チップ材種 : PR1535 鋼加工 安定加工重視 、チタン合金、オーステナイト系/析出硬化系ステンレス鋼 など PR1525 鋼加工 汎用 PR1510 鋳鉄加工 CA6535 マルテンサイト系ステンレス鋼、Ni基耐熱合金 など 7 INSL D1 DC DCON DCSFMS
Page9

モジュラー用 BTアーバ ( ヘッド交換用・2面拘束主軸対応) LF ゲージライン (ゲージ面) 適合エンドミル 適合アーバ クーラントホール CCMS (センタースルー方式) CRKS 組付け図 寸法 寸法 (mm) アーバ 型番 在庫 クーラント (二面拘束)ホール 適合エンドミル(ヘッド) LF BD DCONWS CRKS CCMS BT30K- M10-45 ● 45 18.7 10.5 M10×P1.5 MFH..-M10-..有 BT30 M12-45 ● 45 23 12.5 M12×P1.75 MFH..-M12-.. BT40K- M10-60 ● 60 18.7 10.5 M10×P1.5 MFH..-M10-.. M12-55 ● 55 23 12.5 M12×P1.75 有 BT40 MFH..-M12-.. M16-65 ● 65 30 17 M16×P2.0 MFH..-M16-.. ●: 標準在庫 エンドミル有効深さ 適合エンドミル(ヘッド) エンドミル有効深さ(mm) アーバ型番 加工径 (mm) 寸法 (mm) 型番 LUX DC LF BT30K- M10-45 MFH22-M10… 22 30 39.2 MFH25-M12… 25 35 42.8 M12-45 MFH28-M12… 28 35 45.5 BT40K- M10-60 MFH22-M10… 22 30 44.5 MFH25-M12… 25 35 44.6 LF M12-55 LUX MFH28-M12… 28 35 47.6 MFH32-M16… 32 40 51.2 MFH35-M16… 35 40 60.2 M16-65 MFH40-M16… 40 40 64.0 MFH42-M16… 42 40 64.0 MFH シリーズ 加工内容や環境に合わせて選べる豊富なレパートリー 小径・高切込み対応 Boost MFH Boost 5.0 Mini ø22~ø80 Micro Harrier 4.0 Harrier 極小径 小径・多刃 大径 3.0 2.0 1.0 Mini Boost Micro MFH Micro MFH Mini MFH Harrier 0 ø8 ø16 ø22 ø50 ø80 ø100 ø160 ø8~ø16 ø16~ø50 ø25~ø160 加工径 DCX (mm) 8 DC BD DCONWS 最大縦切込み ap (mm)
Page10

推奨切削条件表 ★第1推奨 ☆第2推奨 ホルダ型番と送り (送り fz:mm/t) 推奨チップ材種(切削速度Vc:m/min) ブレーカ 被削材 MEGACOAT NANO CVD コーティング ap(mm) MFH…04… PR1535 PR1525 PR1510 CA6535 ≦0.5 0.20 – 0.80 – 1.30 ≦1.0 0.20 – 0.70 – 1.10 (~280HB) ≦1.5 ☆ ★0.20 – 0.60 – 0.80 120 – 160 – 220 120 – 160 – 220 - - 炭素鋼 ≦2.0 0.20 – 0.40 – 0.70 (SxxC) ≦2.5 0.20 – 0.30 – 0.50 合金鋼 ≦0.5 0.20 – 0.75 – 1.20 (SCM 等 ) ≦1.0 0.20 – 0.65 – 1.00 ☆ ★ (~350HB)  ≦1.5 0.20 – 0.55 – 0.70 100 – 150 – 200 100 – 150 – 200 - - ≦2.0 0.20 – 0.40 – 0.55 (乾式加工推奨 ) (乾式加工推奨 ) ≦2.5 0.20 – 0.25 – 0.35 ≦0.5 0.20 – 0.60 – 1.10 ≦1.0 0.20 – 0.50 – 0.90 ☆ ★ (~40HRC) ≦1.5 0.20 – 0.40 – 0.65 80 – 120 – 160 80 – 120 – 160 - - ≦2.0 0.20 – 0.30 – 0.55 (乾式加工推奨 ) (乾式加工推奨 ) ≦2.5 0.20 – 0.25 – 0.35 ≦0.5 0.10 – 0.30 – 0.50 ≦1.0 0.10 – 0.25 – 0.40 金型鋼 ★ (SKD 等 ) (40~50HRC) ≦1.5 0.10 – 0.20 – 0.30 - 60 – 100 – 130 - - ≦2.0 (乾式加工推奨 ) ≦ -2.5 ≦0.5 0.10 – 0.20 – 0.40 ≦1.0 0.10 – 0.15 – 0.25 ★ (50~55HRC) ≦1.5 - 50 – 70 – 100 - - ≦2.0 - (乾式加工推奨 ) ≦2.5 ≦0.5 0.20 – 0.60 – 1.00 ≦1.0 0.20 – 0.50 – 0.90 オーステナイト系ステンレス鋼 ★ ☆ (SUS304 等 ) ≦1.5 0.20 – 0.45 – 0.60 100 – 140 – 180 100 – 140 – 180 - - ≦2.0 0.20 – 0.30 – 0.50 ≦2.5 0.20 – 0.25 – 0.40 GM ≦0.5 0.20 – 0.60 – 1.00 ≦1.0 0.20 – 0.50 – 0.90 マルテンサイト系ステンレス鋼 ≦1.5 ☆ ★(SUS403 等 ) 0.20 – 0.45 – 0.60 100 – 150 – 200 - - 150 – 200 – 300 ≦2.0 0.20 – 0.30 – 0.50 ≦2.5 0.20 – 0.25 – 0.40 ≦0.5 0.10 – 0.30 – 0.50 ≦1.0 0.10 – 0.25 – 0.45 析出硬化系ステンレス鋼 (SUS630 等 ) ≦1.5 ★ 0.10 – 0.15 – 0.25 90 – 120 – 150 - - - ≦2.0 ≦ -2.5 ≦0.5 0.20 – 0.80 – 1.30 ≦1.0 0.20 – 0.70 – 1.10 ねずみ鋳鉄 ★ (FC) ≦1.5 0.20 – 0.60 – 0.80 - - 120 – 160 – 220 - ≦2.0 0.20 – 0.40 – 0.70 ≦2.5 0.20 – 0.30 – 0.50 ≦0.5 0.20 – 0.60 – 1.00 ≦1.0 0.20 – 0.50 – 0.90 ダクタイル鋳鉄 (FCD) ≦1.5 0.20 – 0.40 – 0.70 - - ★ 100 – 150 – 200 - ≦2.0 0.20 – 0.30 – 0.60 ≦2.5 0.20 – 0.25 – 0.40 ≦0.5 0.10 – 0.30 – 0.45 ≦1.0 0.10 – 0.25 – 0.40 Ni基耐熱合金 ≦1.5 ☆ ★0.10 – 0.15 – 0.20 20 – 30 – 50 - - 20 – 30 – 50 ≦2.0 ≦ -2.5 ≦0.5 0.10 – 0.30 – 0.50 ≦1.0 0.10 – 0.25 – 0.45 チタン合金 ★ (Ti-6Al-4V) ≦1.5 0.10 – 0.15 – 0.25 40 – 60 – 80 - - - ≦2.0 ≦ -2.5 ・切削条件中の太字は推奨条件の中心値を示します。実際の加工状況に応じて、切削速度、送りを範囲内で調整してください。 ・析出硬化系ステンレス鋼、Ni基耐熱合金、チタン合金は湿式加工を推奨致します。 ・湿式加工では乾式加工に比べて寿命が低下する場合があります。切削速度、送りおよび切込み量を推奨条件よりも落として設定してください。 ・BT30相当のマシニング加工時は、送り推奨条件の80%以下の設定を推奨致します。また、溝加工は推奨致しません。 ・溝加工時は、センタースルーエアーを推奨致します。 ・フェースミルは、溝加工やポケット加工を推奨致しません。 ・フェースミルは、横切込み量を加工径の75%以下に設定することを推奨致します。 ・ロングシャンクは、apおよび送りともに、推奨条件の75%以下の設定を推奨致します。 9
Page11

注意事項 ■加工プログラムの注意点(近似Rの設定) ■斜め沈み加工(ランピング加工)の注意点 形状 近似R 食込み量 削り残し量 ・斜め沈み加工の角度はRMPX以下に設定してくLださい (mm) (mm) (mm) ・送りは70%以下を目安として設定してください L 1.5 0 1.42 最大傾斜角度による 切削長さLの計算式 RMPX ap ap 等高線加工時の 2.0 0 1.24 L = ワーク最大 tan RMPX RMPX 傾斜角(°) ap 加工軌跡 最大食 3.0(推奨 ) 0 0.87 ・双方向でランピング加工をする際は最大傾斜角度RMPXの 削り残し い込み量 半分を設定してください 食い込み 3.5 0.06 0.69 ■斜め沈み加工(ランピング加工) 参考表 型番 カッタ径 DCX(mm) 22 25 28 32 35 40 42 50 52 63 80 最大傾斜角 RMPX 3.9° 3.0° 2.4° 2.0° 1.7° 1.4° 1.3° 1.0° 1.0° 0.8° 0.6° MFH… -04- … tan RMPX 0.068 0.052 0.042 0.035 0.029 0.024 0.022 0.018 0.017 0.013 0.010 ■ヘリカル加工の注意点 ・ヘリカル加工時には、最小~最大加工穴直径内でご使用ください 最大加工径オーバー 最小加工径未満 ヘリカル中心に芯が残る 中央の削り残し部がホルダに干渉 øDh(加工穴直径) 型番 最小加工穴直径 最大加工穴直径 加工方向 (mm) (mm) MFH… -04- … 2×DCX-11 2×DCX-2 ・1周あたりの沈み込み深さは 最大縦切込みap(2.5mm)以内にしてください ・カッタ方向は、反時計周り(ダウンカット) となるようにしてください(上図参照) ・テーブル送りは、推奨条件の50%に下げてください DCX ・切りくずが繋がる場合がありますので (工具加工径) 安全な環境下で加工してください ■ドリリング加工の注意点 ■バーチカル(プランジ)加工について X Pd 中心部コア残り DCX ae GM型 型番 最大加工深さ Pd 底面が平坦となる最小切削長 X 最大横切込み (mm) (mm) チップ型番 (ae) MFH… -04- … 0.6 DCX-12 LOMU04タイプ 5.0mm ・ドリリング後、そのまま横送り加工を行う場合は、 ・バーチカル(プランジ)加工時の送りは、  削り残し部分が切削されるまでは内刃も切削に使用するため、 fz=0.2(mm/t)以下に設定してください  テーブル送りを推奨条件の25%以下にしてください ・ドリリング加工時は、軸方向送り速度を0.2mm/rev以下にしてください 10 似R近 削り残し 量 最大
Page12

速く、強く。この 躍・動・感 がたまらない バルブ部品 SCM440 Vc = 180 m/min, ap × ae =1.5 × 32 mm, fz = 0.35 mm/t, BT50 加工能率 MFH Boost ø32 (4枚刃) Q = 132 cc/min 3.5倍 従来品A ヘリカル加工 高送りタイプ ø32 (3枚刃) Q = 38 cc/min 4-Ø60 (深さ80mm) MFH Boostは、切込み量及び刃数のアップにより加工能率3.5倍を達成 90mmの突出しでもap=1.5mmの高切込み加工が可能 産業部品 S50C Vc = 150 m/min, ap × ae =1.0 × ~20 mm, fz = 0.36 mm/t, BT40 加工能率 MFH Boost ø25 (3枚刃) Q = 42 cc/min 3.2倍 溝加工 他社品C 肩加工 90°エンドミル ø25 (2枚刃) Q =13 cc/min MFH Boostは、切削速度、送り及び刃数のアップにより加工能率 3.2倍を達成 上記切削条件にアップしても、ロードメータの値は問題なし 金型部品 プリハードン鋼 Vc = 120 m/min, ap × ae =1.5 × 30 mm, fz = 0.7 mm/t, 内部エアー 加工能率 MFH Boost ø50 (7枚刃) Q =192 cc/min 1.4倍 他社品D 高送りタイプ ø50 (7枚刃) Q =140 cc/min MFH Boostは、送り及び切込みを上げても低抵抗の加工が可能で、 加工能率1.4倍を達成。切込みを倍にした加工においても、ひずみが他社 品Dと同等 (すべてユーザー様の評価による) 切削工具に関する技術的なご相談は(携帯・PHSからもご利用できます) 京セラ カスタマーサポートセンター 0120-39-6369 FAX: 075-602-0335 MAIL: tool.support@kyocera.jp ●受付時間 9:00~12:00 /13:00~17:00 ●土曜・日曜・祝日・会社休日は受付しておりません ※個人情報の利用…お問合せの回答やサービス向上、情報提供に使用いたします ※お問合せの際は、番号をお間違えのないようにお願い申し上げます 〒612-8501 京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地 TEL : 075-604-3651 FAX : 075-604-3472 機 械 工 具 事 業 本 部 https://www.kyocera.co.jp/prdct/tool/index.html 当カタログに記載の情報は2021年1月時点のものです。当カタログについては、無断で複製・転載することを禁じます。 CP467 CAT/19.2T2102DNN © 2021 KYOCERA Corporation