1/4ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(2.1Mb)

bms電気生理学研究 - 機器カタログ

製品カタログ

イオンチャネルの測定、化合物のスクリーニングに役立つ、オートパッチクランプシステムを中心とした製品をご紹介

イオンチャネルの機能構造解析や関連する疾患の研究、創薬開発過程における細胞レベルでの化合物の安全性試験/毒性試験/薬理試験/スクリーニングに最適です。
オートパッチクランプ式のため、マニュアル式のような繊細な操作技術や大掛かりな設備が不要になり、効率的な測定が行なえます。

【掲載製品ラインナップ】
・オートパッチクランプシステム Port-a-Patch / Port-a-Patch mini
・オートパッチクランプシステム Syncro Patch 384i / 768i
・オートパッチクランプシステム Patchliner Quattro / Octo
・脂質二分子膜実験装置 Orbit mini / Orbit 16
・リポソーム作製装置 Vesicle Prep Pro
・トランスポーター活性測定装置 SURFE2R N1 / SURFE2R 96SE
・リアルタイム細胞アナライザー CardioExcte96 / FLEXcyte96

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 bms電気生理学研究 - 機器カタログ
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 2.1Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社バイオメディカルサイエンス (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

卓上型 ビーズ式多検体破砕装置 シェイクマスターネオ
製品カタログ

株式会社バイオメディカルサイエンス

ビーズ式多検体破砕装置 シェイクマスターオート
製品カタログ

株式会社バイオメディカルサイエンス

微量浸透圧計 マイクロオズモマスター
製品カタログ

株式会社バイオメディカルサイエンス

このカタログの内容

Page1

リアルタイム細胞アナライザー Power tool for CardioExcyte96 / FLEXcyte96 iPS 由来心筋細胞のインピーダンス・細胞外電位・収縮力の測定に 高分解能のインピーダンス測定と MEA 様の細胞外電位測定が可能なハイブリッドな心毒性スクリーニング装置です。 拍動する iPS 心筋細胞はもちろん、化合物の作用によるがん細胞や肝細胞などの微小な細胞収縮も検出も可能です。 bms 電気生理学研究 FLEXcyte 96(オプション)を使用することで、心筋細胞の収縮力を測定することも可能です。 機器カタログ ■ インピーダンスと細胞外電位の同時測定が可能 ■ 96 ウェル同時測定 ■ ラベルフリー測定 ■ 長期モニタリング可能 CardioExcyte96 センサープレート ■ 電気ペーシング&光学ペーシング(オプション) ■ インキュベーションシステム(温湿度・CO2 制御)付属 ■ 多機能な優れたデータ解析・グラフ作成ソフトを付属 ■ 評価済みヒト iPS 細胞:iCell®、MiraCellTM Cardiomyocyte 等 ■ 卓上型のコンパクトサイズ:W20.5 x D18 x H11.7cm/3.5kg(本体) CardioExcyte 96 解析ワークフロー CardioExcyte 96での典型的な解析の流れは、まず記録したウェル全て の画面での確認です。FPDなどのパラメーターの計算,不整脈イベントの 検出は自動で行われます。最後に、投薬した化合物ごとに平均化された用 量反応曲線がプールされ、各ウェルごとの経時変化のプロットと併せて表 示されます。 FLEXcyte96 による  心筋細胞の収縮力測定 プレート底面 FLEXcyte96 プレート センサー電極 FLEXcyte メンブレンプレートは、96 ウェルプレートの底面が厚さ 10μm 未満のポ 細胞培養液 リジメチルシロキサン(PDMS)膜になっており、培養液の重さによって膜に静的 なたわみが発生し、iPS 由来心筋細胞の同期拍動により動的なたわみ(上下運動) 心筋細胞 をもたらします。innoVitro 社と共同開発した、当社独自の Capacitive Distance Sensor(静電容量式距離センサー)によって、生理学的条件下での実際の収縮力を 測定することが可能です。 センサー電極 製品は全て試験研究用です。仕様および外観は、提供時期や改良により予告なく変更されることがあります。 ナニオンテクノロジーズジャパン株式会社 [東京ラボ] 〒162-8666 Smart tools for ion channel research 東京都新宿区河田町8-1 TWIns3F MI(L 東京女子医科大学内) TEL: 03-6457-8773 FAX: 03-6368-3131 ナニオンテクノロジーズジャパン株式会社      日本語HP https://www.nanion.de/ja      お問合せ info@nanion.jp 2021.04 株式会社バイオメディカルサイエンス
Page2

オートパッチクランプシステム 384ch 瞬時にデータ解析、エクスポート Syncro Patch 384i / 768i 768ch PatchControl 384 DataControl 384 PatchControl 384 は、直感的な操作で迅速かつ容易に電位プロトコール DataControl 384 は、ユーザー指定のデータ解析テンプレートを用いて や実験パラメータをセットアップできる強力なグラフィカルユーザーイン PatchControl 384 のデータをロード、解析します。 ギガシールのデータ品質を誇り、384 / 768 細胞同時測定が可能な ターフェイスです。下の画面構成のように、シール抵抗やシリーズ抵抗、 IC50 や EC50 などの解析結果、化合物情報、QC パラメータはユーザー指定 膜容量などのユーザー指定の QC パラメータに基づいて測定ウェルは分か のエクスポート形式で書き出され、PDF レポートの自動作成,さらにデー 世界最速のハイスループットオートパッチクランプシステム りやすく色分け表示されます。また、測定中にもマウスのワンクリックで タベースへの統合準備も同時に行われます。この解析プロセスは直感的な I /V 曲線や用量依存応答などのオンライン解析結果に表示を瞬時に切り替え 操作で素早く、簡単に行えます。 ることができます。 創薬プロセスに全自動の化合物スクリーニングをシームレスに統合できるように設計されており、創薬・薬理・安全性・ 医薬品研究開発・探索スクリーニング部門での、イオンチャネルのハイスループットスクリーニングにおいて最高の パフォーマンスを提供いたします。 PatchControl 384 画面構成 384ウェルは設定したQCパラメータに基づいて色分け表示 選択トレースのクローズアップ(16ウェル) ■ 384 / 768 細胞、同時測定 ■ 20,000 ~ 40,000 データポイント/日 ■ 高いギガシール成功率 ■ 多様なイオンチャネル標的に対応し、迅速なアッセイ系構築が可能 ■ 電位依存性&リガンド依存性チャネルに対応 ■ カレントクランプによる活動電位の測定も可能 ■ 温度コントロール、細胞外/細胞内灌流可能 ■ プレートの部分使用可能 ■ デッキ上での化合物プレート調製可能 ■ シングル & マルチホールチップを使用可能 ■ ホウケイ酸ガラス製のチップにより、化合物の吸着を低減 ■ 強力な解析ソフトウェアを付属 ■ CiPA 用バリデート済システム HTS完全対応のオートパッチクランプ iPS細胞由来心筋細胞のHTS実施例 SyncroPatch 384i は、最先端の自動分注装置 Biomek i5 に統合された パッチクランプモジュールで構成される画期的なオートパッチクラン プシステムです。 384ch のパッチクランプアンプと 384ch のピペッティングヘッドによ 実験の統計データ 1ウェルのハイライト表示 り、384 細胞すべてを同時測定し、1 日あたり 20,000 データポイント 本データ例ではコントロールのwashと3濃度のQuinidineがhKv1.3-CHO細胞に適用され、 濃度上昇はブルーの区間の色分けで表されています。細胞はEvotec社の厚意により提供。 /日にもおよびます。1 台のロボットにつき 2 つのモジュールを統合 することができ、最大 768 細胞の同時測定が可能です。 iPS心筋では1ウェルあたり約300細胞で測定が可能です。 (Cor.4U, Ncardia) ハードウェアとソフトウェアの高度な連携 SyncroPatch384/768i の 1 アッセイに掛かる実験時間は、コントロールと すなわち、パッチクランプモジュール 1 台で 1 時間あたり 3,500 データポ iPS 細胞由来心筋細胞のような特別なアプリケーションであってもアッ 化合物 3 濃度の 4 溶液適用で 15 ~ 20 分です。次の実験を進めながらデー イント以上のデータ取得と解析が可能で、さらに詳細な PDF レポートも入 セイ系の構築は極めてスムーズで、他のオートパッチクランプシステ ヒートマップ画面 タ解析も効率的に行えます。 手できます。 ムのプラットフォームからの移行も容易です。 チップロード & 1~2 コントロール + 実験終了 & 細胞外の溶液に適用回数の制限が無く、間欠的なウォッシュステップ プライミング 化合物 3濃度 チップアンロード を含めながら、完全な用量反応曲線を各ウェルで取得可能です。もち ろん、複数の化合物を異なるウェルに連続して適用できます。 5 分 8 ~12 分 2 分 50ms 以下の高速な溶液のオンセット、再現性の高い電流応答、化合物 1 分 を 1 秒以下のみ短時間暴露するなど、リガンド依存性チャネルに対し 一目で化合物の反応性を確認することができます。 ても常に良好な実験結果が得られます。 総実験時間: 15 ~ 18 分( 化合物の暴露時間やパルス条件に依存します) 解析 2 3
Page3

オートパッチクランプシステム オートパッチクランプシステム 4ch Port-a-Patch / Port-a-Patch mini 1ch Patchliner Quattro / Octo 8ch 誰でも簡単にできる世界最小のパッチクランプシステム マニュアルパッチ同様の実験自由度でミディアムスループットを イオンチャネルの測定/化合物のスクリーニングに 実現した卓上サイズのオートパッチクランプシステム イオンチャネルの機能構造解析・関連する疾患の研究および創薬開発過程における細胞レベルでの化合物の安全性試験 ギガシール形成した 8 細胞までを同時測定できる卓上サイズのオートパッチクランプシステムです。簡単な実験の /毒性試験/薬理試験/スクリーニングに最適な、シングルセルを使用したギガシールレコーディングを行うことが セットアップ、安定したホールセル記録、洗練されたソフトウェアにより、極めて効率的な化合物のイオンチャネル できる世界最小のパッチクランプシステムです。 スクリーニングが実現します。 ■ マニュアルパッチクランプの経験や難しいトレーニングは不要 ■ Quattro または Octo の 2 モデル(4ch または 8ch アンプ) ■ 顕微鏡、除振台、マニピュレーター、ファラデーケージ不要 ■ 最大 48 細胞、同時測定 ■ 25 ~ 50 データポイント/日 ■ 250 ~ 600 データポイント/日 ■ ギガシール形成/ホールセル形成までを自動化 ■ ギガシール形成/ホールセル形成までを自動化 ■ 電位依存性&リガンド依存性チャネルに対応 ■ 電位依存性&リガンド依存性チャネルに対応 ■ カレントクランプによる活動電位の測定も可能 ■ カレントクランプによる活動電位の測定も可能 ■ 温度コントロール、細胞外/細胞内灌流可能(mini を除く) ■ ダイナミッククランプ可能 ■ 広範なアプリケーションに対応し、迅速なアッセイ系構築が可能 ■ 温度コントロール、細胞外/細胞内灌流可能 ■ Port-a-Patch mini はアンプを内蔵し、小型化と導入コストを低減 ■ クーリングプレートにより細胞と化合物の冷却が可能 ■ ホウケイ酸ガラス製のチップにより、化合物の吸着を低減 ■ ホウケイ酸ガラス製のチップにより、化合物の吸着を低減 Port-a-Patch PERFUSION ■ お手持ちのアンプに統合可能(mini を除く) 温度コントロール / クーリングプレート搭載モデル ■ 優れた解析ソフトを付属 ホールセル形成の自動化 測定性能 解析性能 細胞外液 hNav1.5 TRPV TRP3V3 2. データ解析 & 平均化 細胞 Cell attached Whole cell TRPV3I (nA) 0.5 30˚°C V (mV) 34˚°C 30°C 34 °3C8˚°C click -80 -40 38 °C40 ° 42°C2˚C -0.5 46 °4C6˚°C 50 54 °C °5C0˚°C ガラス -1.0 54˚°C陰圧 陰圧 10 ms 1. 生データ 0 nA 500 pA -1.5 10 ms -100 mV 50 mV 100 mV 細胞内液 5 nA500 pA 0 nA 5 nA 50 mV -100 mV 100 mV 5 nA ガラスチップ上に浮遊化した 陰圧を加えると懸濁液の 単一細胞を掴みシールを形成します。 さらに陰圧をかけてパッチ膜を Primary – TRPC nAchRα7 nAchR 7 50 mVα 細胞を添加します。 単一細胞が引き寄せられます。 破り、ホールセルを形成します。 nAchRα7 soll abs ohilel ra gebk ührtizet rw geredeknürtzt werdenControl Anti-TRPC1 antibody 10 µM La3+ 1.5 1 µM Nic 2 µM thapsig 1.0 1 0 µ1M 1µ NμMicM N Nicic 3 01 µ01M 0µ NμMicM N Nicic データ例 0.5 100 µM Nic 3 0 03 µ03M 0µ NμMicM N Nicic 1 0 1m0M 0µ NμMicM N Nicic -100 -50 50 100 3030 0µ μMM N Nicic -0.5 V (mV) Prmary BK / Cav HEK – hERG HEK – GABAA ChR2 1 m1mMM N Nicic -1.0 5 ms 5 ms -1.5 200 pA 200 pA 5 ms ChR2 H134R (Vh = -100 mV) データ提供:C. Milligan先生, Leeds大学, UK 200 pA length of light stimulus 5 ms ■ 正確な膜電位固定 ■ フルドーズ / 細胞での用量反応試験 25 ms 50 ms ■ 初代細胞への適用(Nature*) ■ ~ 100 用量反応曲線 / 日(600 データポイント) 100 pA 250 pA 250 pA 10 ms ■ インラインヒーター内蔵分注ピペット ■ ~ 300 化合物 / 日の解析 25 ms 200 ms GABA,10 µM 1 s ■ 高速な溶液置換 – 化合物の短時間暴露 ■ 複数のデータファイルも一括解析 急性単離/初代培養(イオンチャネル) 電位依存性チャネル リガンド依存性チャネル その他のイオンチャネル ■ カレントクランプ法の自動化、ダイナミッククランプ ■ 簡便なデータ解析 – 数クリックのみ H ippocampal Granule (BK/Cav), Nav1.2, Nav1.5, Nav1.7 等の Nav, GABAA, hGlyRα1, P2X7, CNG, HCN, Channelrhodopsin 2, Kv1.2, IP3, ■ 細胞内灌流 hSynoviocytes (TRPC)*, rAstrocy- hEAG, hERG, Kv1.3, Kv1.5, Shaker ASICs, TRPV1, TRPA1, TRPC, TRPM2, OmpF, MscL, bacterial cytolysin, * Nature Protocols, 2009, 4(2), 244-255. tes (K+)*, h Neutrophils (K+)*, 等の Kv, Cav1.2, Cav3.1, Cav3.2等 TRPM3, TRPM8 等 gramicidin, alamethicin, con- hVascular smooth muscle cells の Cav nexins (Cx26, Cx43), NaChBac, (TRPC)*, hT-lymphoblasts (K+)* 等 KcsA, KCa1.1 等 *Nature Protocols, 2009, 4(2), 244-255 4 5 50 pA I (nA)
Page4

脂質二分子膜実験装置 トランスポーター活性測定装置 Orbit mini / Orbit 16 SURFE2R N1 / SURFE2R 96SE 脂質二分子膜を用いた単一チャネル電流の 膜輸送タンパク質の同定や機能解析から薬理スクリーニングまで 記録を簡単に 広範なアプリケーションに対応 生体内のイオンチャネルまたは人工イオンチャネルを脂質二分子膜に包埋し、 SURFE2R テクノロジーは、様々なトランスポーター/ポンプ/イオンチャネルといった膜輸送タンパク質の活性を、 薬物作用の評価やチャネルの構造機能解析を簡単に行うことができます。 無細胞・ラベルフリーで直接測定することができる新しい測定手法です。電流量が小さく検出困難、またはパッチ クランプ法が適用できない起電性膜トランスポーターとポンプの活性測定に最適です。 ■ 脂質二分子膜の 4ch / 16ch 同時形成/測定が可能 ■ Painting 法により脂質二分子膜を高確率で形成可能 ■ Solid Supported Membrane(SSM, 固定化膜標本 ) を用いて ■ 顕微鏡、除振台、マニピュレーター、ファラデーケージ不要 トランスポーター電流を直接測定 ■ 高分解能、低ノイズ MECA – Micro Electrode Cavity Array ■ 生細胞不要(生体膜から調製した膜断片だけで実験可能) Orbit miniの実験に使用するMECA4チップはpainting法により ■ 温度コントロール可能(オプション) ファンクショナルな脂質二分子膜を高確率で形成可能で、グラミシ ■ 非起電性トランスポーターや糖類の活性評価にも適用可能 ジン、α-ヘモリシン、Kv1.3、Navなど、多岐に渡るイオンチャネル 2 ■ 手のひらサイズ、USB で簡単接続(Orbit mini) ■ 96 ウェル同時測定可能(SURFE R 96SE)の包埋において既にバリデートされています。 ■ 150 データポイント/日(SURFE2R N1) 2 データ例 有機溶媒中の脂質をpainting法により展開し、脂質二分子膜を4chのMECAチップ上に形成。 10,000 データポイント/日(SURFE R 96SE) 下図は Nav、α-ヘモリシン、Kv1.3 及び KcsA K+チャネルのデータトレース。 Nav α-Hemolysin & PEG-block Kv1.3 KcsA SURFE2R N1 適用実績例 5 pA 5 pA 5 pA 50 pA 1 s 50 m 強制発現系:h NaK-ATPase, h PepT1, rbSGLT1, hSGLT1-xx,m EAAC1, h 200 ms 2.5 pA 25 pA 2.5 pA 100 ms 2.5 pA NCX1-3, h NCKX1, h NIS, h PAT1, hCNT1, rOCT2, hOCT2, h GAT1, CLCs, 500 ms 100 ms s 25 ms 50 ms CliC, HR, ChR, A-M2, P2X バクテリア:melB, NhaA, putP, Kdp-ATPase, BR, F0F1-ATPase, Ydgr, YhiP, リポソーム作製装置 CICEC, A-M2 Vesicle Prep Pro 組織:nAChR Torpedo, NaK-ATPase, NCX (Heart PM), HK-ATPase (Stomach PM), Ca-ATPase (ER/SR), H-ATPase, CLC (Synaptic vesicles), これ 1 台で巨大リポソーム(GUV)を簡単に自動作製 SURFE2R 96SE Complex I, II, III, IV, V, ANT, OxPhos (Mitochondria) Electro-Swelling 法(水和させた脂質フィルムを交流電場で振動させる)により、 測定データ例 有 機 溶 媒 フ リ ー で 直 径 1 ~ 30μm の 巨 大 単 層 ベ シ ク ル(GUVs) を、 NhaA SGLT1 OCT2 PEPT1 高収率・高再現性で作製する世界初の装置です。 Exchanger (Na+/2H+) Symporter (Sugar/H+) EC50 and relative Vmax Inhibition assays (IC50) ■ 脂質平面膜実験 / タンパクの活性評価に最適 ■ 均一な GUV を作成(直径 1 - 30 μm) ■ 様々な脂質条件に対応可能 ■ 有機溶媒フリー NaK ATPase nAChR NCX Sugar transporters Ion pump (3Na+/2K+) Ion channel (cations) Internal and external solutions binding and transport ■ リポソーム形成過程の顕微鏡観察が可能 50 pA 0.5 nA ■ 温度コントロール可能 500 ms 250 msATP, Na+ ATP, Na+, K+ 100 µM Carbamoyl-choline ■ 非常にコンパクトな設計 + 1 µM MB327 (enhancer)   W14 x D8.3 x H1.3cm / 1.8kg 25 µm 6 7