1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(549.1Kb)

支柱路面境界部調査システム キズミー 1

製品カタログ

掘削せずに鋼製支柱埋設部の腐食を調査 「キズミー 1」

小型・軽量化により、現場作業の効率向上に貢献できます。キズミー1でスクリーニング検査することにより、従来の掘削する方法に比べて、作業効率がアップします。工事成績評定の加点対象。

◆詳細はカタログをダウンロードしご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

このカタログについて

ドキュメント名 支柱路面境界部調査システム キズミー 1
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 549.1Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社リンク (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

調査対象 材質 ・ 鉄、ステンレス、アルミ、他 形状 ・ 丸パイプ、角パイプ、平板、H鋼(条件によります。) 支柱路面境界部調査システム 調査実績 国の機関 7件(関東3件、北陸1件、近畿1件、四国1件、沖縄1件) 「キズミー 1」 自治体 8件(近畿3件、中国2件、九州3件) 民間 3件(東海1件、近畿1件、中国1件) NETIS(新技術)登録No.KT-130057-V 実績本数 2500本以上 調査条件と注意点 自然条件 ・降雨、降雪の場合は調査不可 ・気温 0~40℃(推奨) 現場条件 ・システムと調査員2名が立ち入れる場所が必要 ・交通量の多いところでは、安全確保のための誘導員が 必要な場合あります。 対象物の条件 ・鋼部にセンサーを直に接触させられること (貼り紙や塗装劣化などがあると正確な調査ができない 場合があります。前処理などで測定が可能となることも あります。) 株式会社 リンク 取り扱い店 本社/ 〒591-8033 大阪府堺市北区百舌鳥西之町2丁597-2 TEL 072-257-8730 FAX 072-257-8731 E-mail info@kklink.co.jp http://www.kklink.co.jp 営業所/東京 ・ 兵庫
Page2

掘削せずに鋼製支柱埋設部の腐食を調査 「キズミー 1」 NETIS(新技術)登録No.KT-130057-V 近年、全国各地で鋼製の照明柱、標識柱、信号柱等(以下、鋼製支柱)の倒壊や劣化した標識柱 に、車両が接触し倒壊するなどの人的被害や車両事故が多数報告されています。 これらの多くは高度成長期にインフラ整備の一環として、鋼製支柱の埋設が行われましたが、経年 特徴 による腐食による減肉や、繰り返し応力による材料割れなどが原因と思われます。 早急な、鋼製支柱の調査及びメンテナンスが必要となっています。 掘削せずに鋼製支柱埋設部の腐食調査が可能 約2名の調査員で行うため道路規制等が削減可能 腐食調査の手順と問題点 教育を受けることで現場技術者が調査可能 簡易型超音波調査装置なので持ち運びが容易 現在、目視調査で異常があった支柱の路面境界部や埋設部の調査は、掘削して 行われています。 この場合、軽微な腐食の支柱も一度掘削し、埋め戻すという作業が必要となり、 調査原理 工期とコスト及び調査時の交通規制などの問題が発生しています。 そこで、事前に埋設部の腐食の度合いを調査し、スクリーニング調査することで、 垂直波モード、SH波モードの異なる2種類の超音波 掘削、検査、埋戻し作業を削減できるシステムを開発いたしました。 垂直波を同時に送受信させ、データを取り込む事ができます。 SH波 垂直モードでは探触子に当てた箇所の板厚の推定、 傷・腐食 SH波モードでは、地中にある腐食の位置を検出でき 『従来の方法』 (例:総本数6000本) 『キズミーを用いると・・・。』 ます。 支柱外観目視検査 支柱外観目視検査 100㎜ キズ、腐食からの 大幅なコスト 信号 (300本) ダウンを (300本) 40㎜ 実現! OK NG OK NG 端面からの信号 ← 深さ方向 → 経過観察 経過観察 キズミーで スクリーニング システム構成機器・仕様 掘削 (300本) 掘削本数比較 構成機器 (総本数6000本対象) 350 OK NG (50本) 超音波発生・受信部 : 1台 データ収録、解析用パソコン : 1台 検査 300 超音波センサー 250 経過観察 掘削 垂直波・SH波モードセンサー : 1式 格納時 約1/6に削減 センターケーブル 高効率ケーブル : 2m 200 接触媒質 : 1個 OK NG 150 検査 キズミー1 ソフト : 1式ACアダプター類 : 1式 100 補修・更新 仕様50 OK NG センサー周波数 : 垂直波モード:1MHz~10MHz 埋戻し 0 : SH波モード:1MHz~10MHz 従来 キズミー 補修・ AD変換 : 5MHz~25MHz 埋戻し 更新 AD分解能 : 16bit 埋戻し ※あくまで弊社独自の データ取得長 : 95,000(MAX) データに基づいて作成 電源 : リチウムイオン電池(12V)経過 経過観察 埋戻し観察 使用時間 : 8時間以上(最大充電時)したものです。 大きさ : 本体 340×320×120 (mm) 重量 : 5.5kg(付属品を含む)