1/6ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(4.8Mb)

設備・運用コストの削減 HardLine(R)センタレス熱処理装置

製品カタログ

コスト削減を実現するHardLine センタレス熱処理システム

EFD InductionのHardLineセンタレス熱処理システム は、棒鋼およびシャフトの大量生産時に要求される短 いサイクル・タイム、再現性、および信頼性が現場で実証されたソリューションです。連続フィード型とプッシャ・フィード型があり、世界の主要な製造企業の多くに採用されています。HardLineセンタレス熱処理システムには、次のような利点があります。

◆設備コストの削減
HardLineセンタレス熱処理システム1台で、さまざま な寸法のワークに対応できるため、寸法ごとに専用機 を用意する必要がありません。
◆生産の合理化
高速性に優れ、自動化が可能な誘導加熱は、ライン統合に最適です。
◆ハイスループット
プログラム可能な加熱/焼入れサイクル、自動ローデ ィング/アンローディング・システム、および現場で鍛え抜かれた高信頼部品により、ハイスループットを保証します。
◆オペレータの生産性向上
人間工学に基づくスマートなデザインと使いやすい 操作インタフェースにより、オペレータの生産性向上に貢献します。
高性能CNCシステム、最先端技術を駆使したインダクタ、および高信頼電源により、アップタイムの最大化、最適な結果、無駄の最小化を実現します。
◆カスタマイズに対応したソリューション
モジュラー・デザインの採用により、お客様固有の要件に合わせてサブシステムやオプションの追加が可能なほか、不要な機能にコストをかける必要がありません。

◆詳細はカタログをダウンロードしてご覧下さい。

このカタログについて

ドキュメント名 設備・運用コストの削減 HardLine(R)センタレス熱処理装置
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 4.8Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 EFDインダクション株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

HardLine®センタレス熱処理装置 CC/CPシステムの概要 EFD - 2011380 - 01/13 - JPN
Page2

コスト削減を実現するHardLine センタレス熱処理システム EFD InductionのHardLineセンタレス熱処理システム 生産の合理化 は、棒鋼およびシャフトの大量生産時に要求される短 高速性に優れ、自動化が可能な誘導加熱は、ライン統 いサイクル・タイム、再現性、および信頼性が現場で 合に最適です。 実証されたソリューションです。連続フィード型とプッ シャ・フィード型があり、世界の主要な製造企業の多く ハイスループット に採用されています。HardLineセンタレス熱処理シス プログラム可能な加熱/焼入れサイクル、自動ローデ テムには、次のような利点があります。 ィング/アンローディング・システム、および現場で鍛 え抜かれた高信頼部品により、ハイスループットを保 設備コストの削減 証します。 HardLineセンタレス熱処理システム1台で、さまざま な寸法のワークに対応できるため、寸法ごとに専用機 オペレータの生産性向上 を用意する必要がありません。 人間工学に基づくスマートなデザインと使いやすい 操作インタフェースにより、オペレータの生産性向上 運用コストの削減 に貢献します。 高性能CNCシステム、最先端技術を駆使したインダク タ、および高信頼電源により、アップタイムの最大化、 カスタマイズに対応したソリューション 最適な結果、無駄の最小化を実現します。 モジュラー・デザインの採用により、お客様固有の要件 に合わせてサブシステムやオプションの追加が可能な ほか、不要な機能にコストをかける必要がありません。 バーおよびシャフトの熱処理には、ハイスループットと一 貫した加熱結果が不可欠です。左:HardLine CPシステム による棒鋼の焼入れ処理
Page3

HardLineセンタレス熱処理 システムCP 600/CP 1200 ハイスループットのCP(センタレス・プッシャ・フィー ローディング・マガジンは、すべての基本CPシステム ド型)システムは、正確性が求められる丸シャフトの に標準装備されています。アンローディングはVガイド 焼入れに最適です。標準CPシステムでは、最大長600 を介して行い、水平送りはCNC制御サーボモータによ mmまたは1,200 mm、直径8~50 mmのワークを処 って駆動されます。ワークは、ステンレス・ベアリング 理することができます。特注仕様により、8メートルま 付き硬質ローラーによって回転します。熱処理部は完 でのワークに対応可能です。また、約2倍のスループッ 全に遮蔽されています。中央潤滑システムの操作は トが得られるツイン・プッシャ・フィード型CPシステム 手動で行います。CPシステムは、EFD Induction Sinac も用意されています。 加熱装置を標準搭載しています。
Page4

HardLineセンタレス熱処理 システムCC 300/CC 600 CC(センタレス連続フィード型)システムは、最大12メ て回転します。熱処理部は完全に遮蔽されています。 ートル/分の処理速度を誇り、特に生産ラインに統合 不良品は自動的に選別されます。ハンドホイールによ した場合に卓越した生産性を発揮します。CCシステ り、ワーク・グループ間の切り替えを素早く簡単に行う ムは、長さ300 mmまたは600 mm、直径6~30 mmの ことができます。また、詰まり制御機構付き排出ベルト ワークに対応します。インレットおよび自動速度制御 も用意されています。このオプションを使用すれば、ラ 機能を装備したベルト・コンベヤのほか、EFD Induc- イン上のワークの有無に応じてシステムを自動的に tion Sinac高周波電源を標準搭載しています。被加工 始動/停止することが可能です。 物は、ステンレス・ベアリング付き硬質ローラーによっ
Page5

生産性を最大限に高めるオ プションと制御機能 HardLineセンタレス熱処理装置システムは、お客様 す。CNC制御装置はシステム本体に搭載されています 固有の処理要件に合わせて各種オプションを取り付 が、システム・インタフェースはオペレータの近くに配 けることができます。次のようなオプションが用意さ 置されています。ネットワーク接続、印刷プロトコル、 れています。 データベース機能などのオプションを追加することに より、機能を拡張することが可能です。CPシステムの • 自動ローディング/アンローディング・ソリューシ CNCソリューションの大きな特徴は、アブソリュート・ ョン:スループット向上と生産ラインへの熱処理 エンコーダを採用していることです。そのため、通常は システムの統合を可能にします。 起動時に必要な基準合わせの手間が要りません。 • 統合型/独立型焼戻しステーション:現場以外の 場所での焼戻し処理を不要にすることにより、さ CC システムの制御機能 らなるコスト削減を実現します CCシステムは、応答時間がわずか1μsの高速制御ソリ • リジェクトシュート:生産を維持しながら不良品を ューションを標準搭載しています。インダクタの前方ま 安全に除去することにより、スループットの最大 たは後方に簡単に装着できる超高精度センサにより、 化に貢献します。 ワークのエッジを検出し、焼入れプログラムを制御し • 水平可動インダクタ:予熱によって溝およびエッ ます。これにより、ライン速度が速く、硬度の許容範囲 ジの焼入れを容易にします。 が狭い場合でも、ジャーナルのない完全な丸シャフト を安全かつ再現性高く熱処理することが可能です。使 CP システムの制御機能 いやすい操作端末は、12インチ画面、多言語表示、お HardLine CPシステムは、世界で最も信頼されている よびオンライン・マニュアル(制御用PCによる)を装備 プラットフォームの1つをベースにした高性能CNCソ しています。さらに、オプションとして、プリンタ機能の リューションを標準搭載しています。使用するCNCの ほか、主要エネルギー消費データを保存するエネル タイプは、モデルおよび処理要件によって異なりま ギー測定システムなどが用意されています。 HardLineセンタレス熱処理システムの標準操作端末。制 御システムは、世界で最も信頼されているサプライヤー のプラットフォームの1つをベースにしたプラットフォー ム上に構築されています。
Page6

システムの能力を最大限に引 き出すサポート体制 EFD Inductionのソリューションを選ぶことは、安心と 保守、ロジスティクス、トレーニング、およびスペア・パ 安全を選ぶことを意味します。誘導加熱分野における ーツ・サービスを提供しており、お客様の熱処理シス 世界最大手の1つとして、EFD Inductionはさまざまな テムの能力を最大限に引き出すお手伝いをします。 HardLine CCシステムのベルト駆動メカニズム HardLine CPシステムのプッシャ・メカニズム(昇降装置 装備モデル) EFD Inductionは、これまでに数千件におよぶ幅広い工業用熱処理ソリューションの導入実績があり、世界の 主要な製造企業やサービス企業の多くに誘導加熱技術の利点をもたらしています。また、南北アメリカ、ヨ ーロッパ、およびアジアの各地に製造工場、ワークショップ、およびサービス・センターを置いています。 EFD Inductionとそのソリューションが世界中の企業の生産性向上にどのように貢献しているかについて、 詳しくは弊社ウェブサイト(www.efd-induction.com)をご覧ください。 www.efd-induction.com Putting the smarter heat to smarter use EFD - 2011380 - 01/13 - JPN