1/15ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.8Mb)

生産現場に適した ハンズフリー入退管理システム(基本資料)

製品カタログ

セミアクティブ型RFIDタグを用いた入退管理システムです。工場内でのアクセスコントロールに適しており、フォークリフト運転者を自動認証してシートシャッターを開閉することも可能です。

ACTUNIネットワークカメラ統合システムVA-Visionと連携可能な、ハンズフリー式入退管理システムです。

タグとの通信により入退の管理が可能なだけでなく、VA-Visionと連携することで、未登録者の通過時の状況確認が可能です。その他の監視カメラシステムとの連携も可能です(システム構成によりますので、詳しくはお問合せ下さい)。

次のように、多くの工場でご採用を頂ています。

大手冷凍食品メーカー 主力工場及びサテライト工場
大手酒造メーカー 全国5工場
大手調味料メーカー 全国8工場
総合包装材メーカー 食品容器工場
大手加工油脂メーカー 本社工場

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 生産現場に適した ハンズフリー入退管理システム(基本資料)
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1.8Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 ACTUNI株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

ハンズフリー入退室管理システム
Page2

RFIDシステム ハンズフリー認証 ActiVarrierは、ICタグを携帯する従業員の施設入場を許可し、ICタグ未携帯者であ る部外者の侵入を防ぐハンズフリー型RFIDシステムです。 検知エリアを通行するだけで通過者全員の入場履歴を残すことができるため、カード・ 指紋方式のような認証行為は不要です。 そのため、出退勤時の混雑を回避でき、従来の運用を保ちながらセキュリティレベルを 向上させることができます。 空間でICタグを検知するため、セキュリティ用 途以外に、従業員の動線管理や、危険エリア 侵入検知、フォークリフト接近検知など事故防 止対策、災害発生時の在館状況と安否確認 ツールとして発展させることができるシステムで す。 ウォークスルー・ハンズフリー型入場者管理
Page3

基本システム システム概要 検知エリアでICタグの有無を検出し、施設への入場をコントロールしま す。ICタグ携帯の関係者でも権限を設けることで、特定エリアへの入 場を制限することができます。 RFID ユニット ・ICタグからの電波を受信 ・各機器からの情報を収集 ・管理システムへ情報を提供 監視カメラと完全連動しているため、部外 BOXトリガ 者検知時に映像で確認、従業員による不 ・ICタグへトリガ信号を供給 正なタグ貸し借りによる成りすましをチェッ 光電センサ クできます。 ・通行人を検知
Page4

基本システム 画面構成 出入口部でICタグを読み取り、「誰が」「何時何分に」入室したのかを リアルタイムで表示します。 タグを持つ関係者の場合、人物名や許可されたエリア であるかなどが表示されます。 1画面に最大8間口を表示することができます。 タグを持たない部外者の場合、「部外者」としてログが 残ります。
Page5

基本システム 映像連動 過去の入室(退室)ログデータから、その瞬間の映像をダイレクトに呼 び出し、すぐさま確認できます。 ログデータから入室の瞬間の映像をダイレクト に呼び出し、再生します。
Page6

食品工場における具体的活用例 壁面固定型 マンドアや自動ドアの入退管理に最適な壁面固定型ユニット。電気錠 や自動ドアと連動することで、部外者の侵入を防止できます。 5
Page7

食品工場における具体的活用例 埋設型 検知エリアの形状は現場に合わせてカスタマイズ可能です。 従業員毎に通行権限を設けることができる ため、不審な動きを事前に察知できます。
Page8

RFIDシステム ICタグ ■高感度ICタグ 11.7mm ・電池寿命:最長3年 31.5mm ・電池交換可能 ・防水防塵規格:IP66 56.5mm
Page9

機能:ハード編 製品 ゲート ゲート型 トリガー 機能 天井型 トリガーID アンテナ 埋設型 隣接した 現場に合わせた 用途と運用を考 タグの検知 電池寿命が 効用 トリガーのカスタマイズ えた仕様 エリアを制限 2倍~3倍持続 読み分け トリガーアンテナの技術を用いる事で、アンテナ トリガーIDとは、どのアンテナで から発する磁界(認識領域)を調整する事が出 ICタグをキャッチしたのか読み分ける技術です。 来ます。 この機能がないと、誰がどのゲートを通過した この技術がないと認識領域が広がり、伴連れ か明確にならず、セキュリティにおける位置把 (部外者が認証者と同時に入ってしまう事)の要 握が曖昧になってしまうのです。 因となり、 セキュリティの精度が落ちます。
Page10

機能:ICタグ編 製品 ICタグ アクティブタグ IP66準拠 ABS材の 特長 スピードに対応 の中でもかなり (防水防塵規格) ケース 小さい部類 認証スピードが 環境ホルモン ・異物になりにくい デザインの 効用 早くスムーズ。 邪魔になりにくい の影響がなく、 ・防水加工 印刷 滞留起きにくい 強度面に優れる 食品工場でICタグを使用する場合、 2m前後の検知幅で、80km前後の 防水加工は必須項目と言えます。 スピードでも即座に認証出来るので、 煩わしい認証動作も、滞留も防ぎやすい。 フリーパスなので荷物を持ったままでもス ムーズにセキュリティ。
Page11

機能:管理編 管理 一元管理 【映像連動】 【入退室記録】 【制御関連】 内容 監視カメラ ActiVarrier 他設備との連動 映像レコーダー ・映像1年以上 検知したICタグの、 その他 ・現場を可視化 シートシャッター、 機能 保存 人・時間・場所の 機器・システム・侵入抑止機能 自動扉などと連動 ・検索性に優れる 記録を残す との連動 タグを持つ従業員が、 従来どうり開閉センサを作動 させた時のみ、シャッターが開く。 映像管理と入退管理が連動出来るのはActiVarrierだけ シャッター 制御 ActiVarrierは監視カメラやレコーダーによる映像システムを入退管理と同一のソフトで運用できます。映 1ショット A接 像と入退情報を一元化する事により、より確実性の高い証明手段として効果を発揮致します。また、 ソフトや映像レコーダーは<使いやすさ>を追求し、検索性と簡易性に特化した仕様となっております。 埋設トリガーを設置。
Page12

RFIDシステム セキュリティ+α 部外者の施設入場制限に加え、ICタグを携帯する従業員の施設内の 動線管理や、危険エリア侵入時に設備を自動停止する安全トリガーと しても応用が可能です。 信用力 生産性 事故 セキュリティ 向上 生産管理 向上 セーフティ ゼロ 外部からの脅威を排除し、内部犯行が行えない環 作業員の動線や現場状況・状態を把握することで、 設備と連動することで危険エリアに侵入した場合に 境を作り、食品テロ対策、企業機密(情報資産・レシ 課題の早期発見に繋がります。課題に対して必要 設備を自動停止するセーフティスイッチとしての役 ピなどの独自ノウハウ)の流出防止対策をすること な対策を施すことで、生産性向上、業務改善・効率 割や、フォークリフト接近時警告、低温庫作業者の で、企業の信頼・信用力が向上します。 化が見込まれます。 滞在時間計測など安全装置として運用が可能です。 効果 効果 効果 ■外部からの脅威排除 ■動線管理 ■事故防止 ■内部犯行の抑止 ■生産性向上 ■作業者安全確保 ■企業PR ■業務効率化
Page13

システム拡張・発展性 動線管理 ICタグを携帯する従業員の動線をデータ化することで、作業実績管理 に利用できます。予定時間と実績時間の差異を分析することで、課 題・無駄が顕在化し、業務改善策を施すことができます。 教育ツール 模範従業員の動線を分析・共有・教育をすることで、従 業員のレベルの向上、生産性の向上が見込まれます。
Page14

システム拡張・発展性 事故防止対策 危険エリア侵入検知、フォークリフト接近検知など事故防止対策、災 害発生時の在館状況と安否確認ツールとして運用できます。 車両接触事故防止 フォークリフトにICタグ検出装置を搭載することで、IC タグを携帯する作業者が検出エリア内に入ると警告を 発し、事故を未然に防ぐことができます。 危険エリア作業時間管理 危険エリアでの作業者滞在時間を計測し、所定時間 内に退館しない場合は、管理者に通知するタイマー機 能(※オプション)を搭載し、事故を未然に防ぐことがで きます。 設備緊急停止 危険エリア侵入時に機械を自動停止する設備連動機 能など応用が可能です。