1/10ページ
カタログの表紙 カタログの表紙 カタログの表紙
カタログの表紙

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(8.8Mb)

500名に聞いた!製造業における「AM/3Dプリンタ」の活用実態

ホワイトペーパー

最終製品製造・量産への適用、導入企業の「意思決定の軸・判断基準」とは

試作から製造へと適用範囲が広がる3Dプリンタ。しかし、3Dプリンタの最終製品製造や量産への適用について、海外では様々な先進事例が出てくるなか、日本は3Dプリンタの導入、活用が遅れているといった話を聞いたことがある方も、本稿の読者には多いのではないだろうか。本稿のテーマは、3Dプリンタの最終製品製造・量産への適用における、導入企業の「意思決定の軸・判断基準」だ。今回も約500名のユーザーに協力をいただき「AM・3Dプリンタの導入・活用状況」を聞いた。また、同調査と連動し、2023年12月にアペルザTVの番組企画としてメーカートップ対談企画を開催。本稿では、アンケート調査の回答結果を、定量・定性の両面から考察するとともに、そこから見えてきたユーザーの声に対する、3Dプリンタメーカー各社の回答も紹介する。導入企業の「意思決定の軸・判断基準」は何か。そして「本当に日本は遅れている」のか。

【掲載企業】
-

【協賛企業】
Formlabs株式会社

※順不同/ダウンロードされたお客様の情報は弊社プライバシーポリシーに則り掲載企業、協賛企業と共同利用いたします。

このカタログについて

ドキュメント名 500名に聞いた!製造業における「AM/3Dプリンタ」の活用実態
ドキュメント種別 ホワイトペーパー
ファイルサイズ 8.8Mb
取り扱い企業 株式会社アペルザ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

Apérza Industrial Report アペルザ実態調査レポート 2 0 2 4 AM / 3D 500 ものづくり産業を世界につなぐ www.aperza.com
Page2

AM・3Dプリンタの導入・活用状況 ──500名に聞いた意思決定の軸・基準 作から製造へと適用範囲が広がる 毎年の恒例となったアペルザユーザー 試 3Dプリンタ。しかし、3Dプリン 参加型調査企画。今回も約500名のユー タの最終製品製造や量産への適用につい ザーに協力をいただき「AM・3Dプリン て、海外では様々な先進事例が出てくる タの導入・活用状況」を聞いた。また、 なか、日本は3Dプリンタの導入、活用が 同調査と連動し、2023年12月にアペル 遅れているといった話を聞いたことがあ ザTVの番組企画としてメーカートップ対 る方も、本稿の読者には多いのではない 談企画を開催した。 だろうか。 本稿では、アンケート調査の回答結果 では、なぜ導入しないのか。これもま を、定量・定性の両面から考察するとと た様々な意見がある。「日本人は慎重だ もに、そこから見えてきた「ユーザーの から」「これまでと作り方を変えるのは 声」に対する、3Dプリンタ「メーカー各 難しい」「顧客の品質要求が高い(それ 社の回答」を紹介したい。 を満たせる装置がない)」「海外とは産 業構造が違う」「投資対効果が合わな い」など。 >>> 1 v.1.60
Page3

Apérza Industrial Report アンケート調査の結果とユーザーの声 ──見えてきた本当の課題とは? 3D 3D 3D 今回実施したアンケート調査において、 タログ」にも、様々なメーカーが公開する 自由回答に寄せられたコメントから“気に 3Dプリンタの導入事例があるが、そのな なる傾向”が見えた。それが、ボトムアッ かには「トップダウンの重要性」を説くも プで進める「3Dプリンタの導入・活用」 のもあれば「ボトムアップの重要性」を説 の難しさと、トップダウンで降りてきた くものもある。しかし、現実にはどちらの 「3Dプリンタの活用検討」の難しさ、そ アプローチも必ずしもうまくいっているわ れぞれに悩むユーザーの姿だ。 けではないことがわかる。そして、この背 景にあるひとつの問題点がわかるのが、次 アペルザの運営メディア「アペルザカ の調査結果だ。 2 v.1.60
Page4

解決すべきは「決められない」意思決定の構造 判断基準、意思決定の軸が定まらないこと 3Dプリンタを試作から製造へ、その導 にあるのではないだろうか。この軸がは 入・意思決定における「本音」として、上 っきりしているなら、経営者の判断は明 位に来たのは「経営層への必要性の説明」 確であり、そのための情報提供も、3Dプ そして「比較検討のための情報収集」であ リンタメーカーやサービスビューロは惜 る。 しまないだろう。 いま多くの企業、技術者にとって、導 そして今回、アペルザではこの「意思 入・意思決定の壁になっているのは、実は 決定の軸」を、日本そしてグローバルで、 事例や実績がないといった技術に対する信 様々な導入企業の意思決定を目にしてき 頼性や、投資対効果の合う装置やシステム たメーカー各社に聞くとともに、もうひ がないといった市場の成熟度の問題ではな とつの疑問「本当に日本は遅れているの いのかもしれない。本当の問題は、決める か」を聞いた。 ための「意思決定の軸が定まらないこと」 3 v.1.60
Page5

Apérza Industrial Report 導入企業の「意思決定の軸」はなにか? 小林 貞人 Answer. GFマシニングソリューションズ 企業の競争力を高めることにつながるか 会社としての「戦略」に取り入れたときに、企業の競争力を高め ることにつながるかどうか。競争力を高めるためのアプローチの軸 として3つ。売上増、コスト減、スピードアップ。 3Dプリンタを活用することで、製品の価値が高まり、売上が増え る。ものづくりのコストを下げることができる。製品開発のスピー ドがあがる。これら3つのいずれかによって企業の競争力を高められ るならば、すぐにでも検討するべき。 4 v.1.60
Page6

並木 隆生 Answer. スリーディー・システムズ・ジャパン いかに速く、安く作れるようになるか 「時間とお金」ほどわかりやすいものはない シンプルに「時間」と「コスト」に対するインパクトを基準にす る。経営判断をするためにも数字の比較が必要。「時間とお金」ほ どわかりやすいものはない。いかに速く作れるようになるか。いか に安く作れるようになるか。 DfAMやトポロジー最適化、複数パーツの一体造形……のような 話は、実際には現場での「設計変更の難しさ」に勝てるほどの効果 を出せないことも多い。もっとシンプルに考えるべき。例えば金型。 3Dプリンタによる造形に置き換えたり、金型を3Dプリンタでつくっ たりしたら、どれだけ速くなるか、どれだけコストを下げられるか は比較できるはず。 5 v.1.60
Page7

Apérza Industrial Report 本当に「日本は遅れている」のか? 宮内 大策 Answer. 日 本 H P トライしやすい環境が整った今こそが 取り組むべきタイミング 日本は見極めに慎重で、海外と比べて遅れていると言われている が、真っ先に導入した企業がみんなうまくいっているかと言えば、 そうではない。 製品の選択肢が増え、アプリケーションも広がり、世界中で様々 な成功事例と失敗事例が出揃ったからこそ、トライしやすい環境が 整ったと言える。今こそが取り組むべきタイミング。 6 v.1.60
Page8

トーマス・パン Answer. マークフォージド・ジャパン 1億円の装置の投資対効果の評価は難しい でも10万円だったら「小さな課題」から 現在、3Dプリンタメーカーは世界で約1,000社あると言われてい る。20年前は数十社という感覚だった。当時から変化したのは社数 だけではない。幅も広がった。 数百万のミドルゾーンだけでなく、数十万円といった低価格帯が 現れた。1億円の装置の投資対効果の評価は難しいし、リスクも高い。 でも10万円だったら「小さな課題」からスタートできる。 7 v.1.60
Page9

Apérza Industrial Report もし本稿の読者が、明日から取り組み 始められるものがあるとすると、それは 「事例を知ること」なのかもしれない。 華々しい3Dプリンタの導入事例、成 功ストーリーを見れば、誰もが「うちの 会社でも、こんなものづくりができたな ら」と思うだろう。しかし大事なことは、 一つの「大成功事例」を知ることではな く、たくさんの「地味かもしれないが、 意味のある事例」を知ることだ。 ◎2023年12月 撮影 左からトーマス・パン 氏(マークフォージド・ジャパン)/宮内 大 策 氏(日本HP)/並木 隆生 氏(スリーディー・システムズ・ジャ スリーディー・システムズの並木氏は パン)/小林 貞人 氏(GFマシニングソリューションズ)/モデレ ータを務めた入江 洋輔 氏(デロイト トーマツ コンサルティング) 「お客様の製造ラインを一緒に歩かせて もらうと、事例が頭に浮かんでくる」と 言う。ものづくりの「時間とコスト」と 日本HPの宮内氏は「今ある事例をで いう最もシンプルな指標においても、3D きるだけ皆さんにお伝えしたい」が、一 プリンタが解決できる「小さな課題」を 般には公にされていないものも多く、ま 見つけていくプロセスは、点と点を結び だまだ発信が不足しているとも語る。 つけるようなプロセスなのかもしれない。 しかし、この数年で、アペルザカタロ 事例という形での先人たちの知恵を、 グにおいても、3Dプリンタの導入事例公 自身のなかに蓄積しておくことで、いざ 開は増えつつある。ぜひまずは一冊でも 自身がその場面に直面したとき、点と点 手に取ってみてほしい。 がつながる。 今回の対談企画動画のフルバージョンは アペルザTVで視聴できる https://tv.aperza.com/watch/1420 8 v.1.60
Page10

発行元・お問い合わせ先 株式会社アペルザ 神奈川県横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル13F TEL:045-228-8801 / FAX:045-228-8802 Email:pr-info@aperza.biz 引用・転載時のクレジット表記について 本リリースを引用・転載される際は、必ずクレジット表記をいただきますようお願い申し上げます。