このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(666.4Kb)

【展示会レポート】Japan Robot Week 2016

ホワイトペーパー

2016年10月19〜21日に東京ビッグサイトで開催された「Japan Robot Week 2016」。サービスロボットやロボット関連技術が一堂に集まる専門展です。

各ブースで伺った話を豊富な写真とともにまとめました。ぜひダウンロードして、同僚との情報共有や、振返りなどにご活用ください!

【掲載企業】
THK株式会社、アクティブリンク株式会社、有限会社グリーネプランニング、日本バイナリー株式会社、北陽電機株式会社、株式会社YOODSなど

このカタログについて

ドキュメント名 【展示会レポート】Japan Robot Week 2016
ドキュメント種別 ホワイトペーパー
ファイルサイズ 666.4Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社アペルザ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログ(【展示会レポート】Japan Robot Week 2016)の内容


Page 1:Japan Robot Week 2016展示会レポート2016年10月27日発行ものづくりニュース編集部2016/10/19(水)∼ 2016/10/21(金)Event Report by

Page 2:Japan Robot Week 2016 概要Japan Robot Weekとは名称 Japan Robot Week 2016会期 平成28年10月19日(水)∼21日(金)3日間会場東京ビッグサイト 東ホール〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1入場料事前登録:無料当日入場券:1,000円主催 一般社団法人日本ロボット工業会 / 日刊工業新聞社開催規模 193社・団体 / 465小間来場者数10/19(水) 8,228名10/20(木) 8,145名10/21(金)12,887名合計29,260名公式サイトJapan Robot Weekは、サービスロボットやロボット関連技術が一堂に集まる専門展。会期中には「ロボット大賞」の表彰式と合同展示も催され、ロボットに携わる多くの関係者の商談、技術交流の場となっています。

Page 3:注目の企業次世代ロボット向けロボットテクノロジーシステムSEED SolutionsなどTHKの機械要素部品と、スマートアクチュエータシステムSEEDを用いたヒューマノイドロボットを展示。特にアスラテック株式会社のロボット制御システム「V-Sido OS」を使ったデモ展示は多くの来場者の注目を集めた。人が適当に置いたものを掴み、棚に陳列するデモを行ったTHK株式会社ミニチュアボールネジやスマートアクチュエータ、ロボットハンド「TRX」、プロトコルコントローラなどTHKの製品で構成されるヒューマノイドロボットのデモをメインにPRされていました。特に注目を集めていたのは、ロボットの複雑なアクチュエータの動きを統合して制御する「V-Sido OS」を使ったデモ展示。専門知識がなくてもロボットを簡単に動かせるようになるので、柔軟な動きや対応が求められるサービスロボットにピッタリとのことです。R-57腰に付けたカメラで距離をはかり、何もない場所に置きに行く 専門知識がいらず、さまざまなロボットに適用可能な「V-SidoOS」「V-SidoOS」で制御することで歌詞や音楽に合わせて踊るブースで撮影した動画を見る

Page 4:注目の企業60kg程度の重量物を抱えて歩ける!重作業用パワードスーツ60kg程度の重量物を抱え、歩行できる重作業用パワードスーツ「MS-04」を出展した。「大型化するとどうしても歩行が安定しない」というこれまでのスーツが抱えていた課題に対し 前抱え式 を採用することで、人間の動作に寄り添った歩行を実現している。アクティブリンク株式会社「重機を使うまではないけれど、人間が取り扱うには負担が大きい」こうしたシーンで活躍する、パワードスーツです。人間が荷物を持ち上げ、抱えて運ぶ 前抱え式 を採用することで、安定した歩行が可能。階段も簡単に登れるそうです。また路面の起伏や障害物との距離を把握できるモニタリングシステムを搭載し、死角にも対応しています。実際の動きを動画で撮影していますので、あわせてご覧ください!R-59ブースで撮影した動画を見る重心バランスを整えることで、人間の動作に寄り添った歩き姿を実現 モニタリングシステムを搭載し、足元も把握できる将来的にはセンサーシステム等を実装予定 重機と人手作業の“隙間”を埋めるパワードスーツ

Page 5:注目の企業「炊飯機内釜取出し動作実演」など、ユニバーサルロボットのデモを実施デンマークのユニバーサルロボット製ロボット「URシリーズ」を出展。ナンシン機工「炊飯機内釜取出し動作実演」や、マクシス・シントー「人協働・ボルト締め付けシステム」など、認定システムインテグレーターによるデモを通じてPRした。認定システムインテグレーター5社によるデモを行った 日立で導入されているという炊飯機内釜取出しのデモ有限会社グリーネプランニング「プログラミング経験なしで使える」「家電並に簡単なセットアップ」「メンテナンスフリー」「軽量・省スペース」「組合せ自在」などの特長を持つ、デンマークのユニバーサルロボット。販売代理店であるグリーネプランニングのブースでは、認定システムインテグレーター5社によるデモに多くの来場者が足を止めていました。中でも特に目立っていたのが、日立で実際に導入されているという「炊飯機内釜取出し動作実演」。動画も撮影してきたので、ぜひご覧ください!R-53マイクロ・テクニカによるバラ積みピッキングのデモ 人協働・ボルト締め付けシステムブースで撮影した動画を見る

Page 6:注目の企業電子機器やその関連システムを日本の製造業、医療の分野に届ける輸入商社の日本バイナリー株式会社、光通信機器やセンサ、計測機器、自動ドアなどの開発・販売をする北陽電機株式会社のブースにお邪魔しました。「UST-20LX-H01」は、50 50 70mm / 130gと、とにかくコンパクトで軽量。道案内や介護用ロボット、AGVの前方障害物検出、製造現場での形状判定といった用途を想定されているそうです。が自律走行やロボットの研究用途でも使われているデンマークのユニバーサルロボットの代理店である日本バイナリーでは、ユニバーサルロボットのデモのほか、ロボットハンドやビジョンカメラを出展されていました。ロボットハンドは目的によって2指モデル(開口幅85mm、140mm)、3指モデルからの3種から選べるそうです。しっかりつかむ 包含モードユニバーサルロボット専用汎用多指グリッパー柔軟な指関節構造により、指先モード(つまむ)、平行モード(外側・内側)(つかむ)、包含モード(しっかりつかむ)と、多様な把持モードを実現。一台でマルチに動くので、面倒なツールチェンジは不要。また開閉位置や開閉速度、把持力は個別に設定できる。他にも簡単にセットアップできるビジョンカメラなどを出展した。R-46 日本バイナリー株式会社レーザー式測域センサUST-20LX-H01精度が要求される用途に対応する高分解能モデルで、測距範囲は距離が0.06∼10m、最大検出距離は60m。軽量・小型のためドローンなどの飛行体にも搭載できる。ほかにも、高いレスポンスが必要なサービスロボットに最適な高速スキャンモデルや、世界最小クラスのセーフティレーザスキャナを出展した。R-43 北陽電機株式会社

Page 7:注目の企業Linuxの組み込みをベースとした産業用システムの開発などを行う株式会社YOODSのブースでお話を伺ってきました。国産にこだわった3次元画像計測システム。国内大手メーカーの約1/4と低価格で提供しているそうです。最大の強みは開発から販売まで一貫して対応できる提案力。フルカスタムに対応可能とのことです。バラ積みピッキングのデモをおこなったFA向け3次元計測カメラYCAM3DR-43 株式会社YOODS0.2∼0.6秒と高速撮影、軽量・コンパクトで組込み簡単、寸法計測からランダムピッキング、医療分野など幅広い用途に対応するなどの特長を持つフルカスタム対応の3次元画像計測システムを出展した。カメラレンズ(Cマウント)、プロジェクタレンズ(M12)はWDに応じて変更可能。

Page 8:株式会社アペルザ Aperza inc.ものづくりニュース編集部お問い合わせ先〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町 23 番地 日土地山下町ビル13FTEL:045-228-8801