1/64ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(7.9Mb)

【展示会レポート】2019国際ロボット展(iREX2019)

ホワイトペーパー

注目ブース20以上を取材!見どころやトレンドをまとめた取材レポートです。今注目の企業や初公開の先端技術・製品を写真満載で紹介します

2019年12月18日(水)〜21日(土)の4日間、東京ビッグサイトで開催中の「2019国際ロボット展(iREX2019)」。国内外の産業用ロボット、サービスロボット、関連機器が一堂に集まるロボットの展示会です。

各ブースで伺った話を、写真とともにまとめました。ぜひダウンロードして、報告書や同僚との情報共有、振返りなどにご活用ください!

【掲載企業】
エプソン販売株式会社、 ファナック株式会社、 株式会社安川電機、 ヤマハ発動機株式会社、 川崎重工株式会社、 オムロン株式会社、 ABB、 株式会社MUJIN、 ハイウィン株式会社、 オリエンタルモーター株式会社、 マイクロテック・ラボラトリー株式会社、 マッスル株式会社、 株式会社ミツトヨ、 株式会社不二越、 株式会社デンソーウェーブ、 KUKA Japan株式会社、 Universal Robots AS Japan、 THK株式会社、 株式会社アイエイアイ、 日本精工株式会社、 株式会社ハーモニック・ドライブ・システムズ、 SMC株式会社、 CKD株式会社、 IDEC株式会社、 レニショー株式会社

【協賛企業】
アルプスアルパイン株式会社
※ダウンロードされたお客様の情報は弊社プライバシーポリシーに則り協賛企業と個人情報を共同利用いたします。

このカタログについて

ドキュメント名 【展示会レポート】2019国際ロボット展(iREX2019)
ドキュメント種別 ホワイトペーパー
ファイルサイズ 7.9Mb
取り扱い企業 株式会社アペルザ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

展示会レポート表紙デザイン 写真: 縦 最背面に配置し、ページに対し右揃え ぼかし方は以下の方法です 図形の書式設定 2019国際ロボット展 展示会が iREX2019 展示会レポート 2019/12/18(水)~ 2019/12/21(土) 2019年12月18日発行 株式会社アペルザ
Page2

2019 国際ロボット展(iREX2019) / 目次 5 エプソン販売株式会社 手動調整いらずの『パーツフィーディングシステム』など ロボット・ビジョン・センシング技術を豊富なデモを通じて紹介 8 ファナック株式会社 世界初公開となる新しい協働ロボット『CRX-10iA』をはじめ、 スカラロボットやゲンコツロボットなどをデモで披露 11 株式会社安川電機 “i3-Mechatronicsの最新提案”として、 データドリブンによる自律分散型のモノづくりを展示 14 ヤマハ発動機株式会社 “0.01秒も0.01㎡も無駄にしない”をテーマに、最新型の リニアコンベアモジュール『LCMシリーズ』などをデモで披露 17 川崎重工株式会社 “Simple and friendly”をコンセプトに、多様な自動化ソリューション、 人とロボットの協働のあり方を提案 20 オムロン株式会社 最新の第5世代卓球ロボット『フォルフェウス』、 協調・共存型ロボットシステム『Successor』をデモで紹介 23 ABB 7軸方式のアームが特長!ABBの最も俊敏でコンパクトな 単腕型協働ロボット『Single-arm YuMi』など 26 株式会社MUJIN 次世代物流トータルソリューションとして、大幅に機能が アップデートされた『デパレタイズロボット+新AGV』などを披露 29 ハイウィン株式会社 生産現場の「効率化」「最適化」をテーマに垂直多関節ロボット 『RA/RTシリーズ』や電動グリッパ『Xシリーズ』を出展 32 オリエンタルモーター株式会社 小型制御モーター『AZシリーズ』やステッピングモーターユニット 『αSTEPAZシリーズ』を使ったパラレルリンクロボットを展示 35 マイクロテック・ラボラトリー株式会社 高剛性軸受け標準搭載、高精度位置決めセンサ搭載の 小型ACサーボモータ『μDDモータ』、人間型ロボットハンドなど 38 マッスル株式会社 モータ後方に制御に必要な機能をすべて内蔵、誰でも簡単に高精度な 制御ができる一体型ACサーボシステムの新型『COOL MUSCLE』 40 株式会社ミツトヨ ショップフロアー型CNC三次元測定機『MiSTAR 555』、 小物部品の自動搬送計測システム『QV Active202』などを披露 2
Page3

2019 国際ロボット展(iREX2019) / 目次 43 株式会社不二越 NACHIの小型ロボットシリーズや、 簡単プログラムで最適パレタイズを実現『パレタイズ用プログラム』 45 株式会社デンソーウェーブ “学習不要のAI ”で複数形状ボトルを連続ピッキング 『COBOTTA OSARO Vision』を披露 46 KUKA Japan株式会社 生産現場のパートナー・センシティブロボット『LBR iiwa』や デジタルに生まれ変わった次世代ロボット『The new KR QUANTEC』 48 Universal Robots AS Japan 「重量物の箱詰め」や「パッケージング」 「細かな電子部品のピック・プレース」をすべてロボットで! 50 THK株式会社 人手不足解決に貢献する双腕型ロボット『NEXTAGE』や、 「つかむ」動きを可能にした「左右ねじ」など 52 株式会社アイエイアイ 加減速自由自在なエレシリンダー『REC』や、 『ロッドレスエレシリンダー』の実演など Photo 54 日本精工株式会社 レポート 静音走行と自立走行 / 手動走行のスムーズな切替を可能にした 「ダイレクトドライブ車輪ユニット」や遊星ローラタイプ減速機 55 株式会社ハーモニック・ドライブ・システムズ 超扁平ブラシレスDCアクチュエータ『FLAシリーズ』や、 『CSF superminiシリーズ』など 56 SMC株式会社 吸着搬送の実演や異種ワークを掴む「ロボットハンド」など 58 CKD株式会社 20kgも楽々運べる「パワフルアーム」や、 「電動アクチュエータ シリンダタイプ」など 60 IDEC株式会社 安全への取り組みの実績や知識を生かした「協調安全」や 『JAKAの協働ロボット』 62 レニショー株式会社 「アライメントレーザーシステム」や、 超高精度な「角度位置決め用エンコーダ」、『QUANTiCシリーズ』 3
Page4

2019 国際ロボット展(iREX2019) / 概要 国際ロボット展(iREX)とは 国内外の産業用ロボット、サービスロボット、 関連機器が一堂に集まるロボットの展示会で す。 もしある場合は写真左に 写真: 縦 公式サイト https://biz.nikkan.co.jp/eve/irex/ アペルザカタログ https://www.aperza.com/feature2/930/ 特集ページ https://www.aperza.com/feature2/1074/ 名称 2019 国際ロボット展(iREX2019) 会期 2019年12月18日(水)~2019年12月21日(土) 4日間 会場 東京ビッグサイト 入場料 1,000円 ※事前登録者および招待券持参者、中学生以下は無料 主催 一般社団法人日本ロボット工業会、日刊工業新聞社 出展社数 637 社・団体、3,060 小間 4
Page5

2019 国際ロボット展(iREX2019) / 注目の企業 手動調整いらずの『パーツフィーディングシステム』など 企業のキャッチコピーが S1-02 ロボット・ビジョン・センシング技術を豊富なデモを通じて紹介 2 エプソン販売株式会社 キャッチコピーはブースの色と同様にする。色コードは左を参照。 写真: 縦 上の罫線と上揃え。 エプソンは“「みえる」「できる」で現場を変える”をテーマに、ロボット・ビジョン・ センシング技術を紹介。ビジョン・フィーダー・ロボットがセットになった『パーツ フィーディングシステム』をはじめ、狭い場所にも設置できる6軸ロボットによる塗装、 シールの貼付けなど、精密な作業を得意とするロボットを豊富なデモを通じてPRした。 出展内容 • 『パーツフィーディングシステム』 • 6軸ロボット『N6』シリーズによる塗装デモ • ロボットによるラベルシールの貼付デモ など 企業の公式サイトはこちら↓ この企業のカタログをダウンロードする↓ 企業公式サイト https://www.epson.jp/ https://www.aperza.com/catalog/company/341/ 記載されるパターン 5 URL
Page6

エプソン販売 / 注目の製品 PR ビジョンとフィーダー、ロボットが1つのパッケージに 『パーツフィーディングシステム』 写真: 10.4x15.6cm 上下の罫線にそれぞれ揃える。 (写真が境目で若干重なってしまうので、 下の写真を背面に配置 注釈のグループは写真と下揃え。 スイス・アジリル社のパーツフィーダー、エプソンの天吊タイプのロボットと画像処理システムが1つに。 熟練技術者が行ってきた振動の調整を簡単にすることで、ピック&プレース作業の効率を向上させる。 自動キャリブレーションで誰でも簡単に調整可能。なんと半日で立ち上がるとのこと。また画像で認識 するため、パーツの形状を問わず柔軟に対応できる。すでにアメリカでは販売しており、日本もまもなく。 カタログ この企業のカタログをダウンロードする↓ URL z https://www.aperza.com/catalog/company/341/ URL6 フォントサイズを また、カタログごとにアイコンと文言を変える。
Page7

エプソン販売 / 注目の製品 PR 独自のアーム構造の『N6』ロボット×力覚センサーによる制御 『6軸ロボットでの壁塗り』 写真: 10.4x15.6cm 上下の罫線にそれぞれ揃える。 (写真が境目で若干重なってしまうので、 下の写真を背面に配置 注釈のグループは写真と下揃え。 従来人手で行う塗装作業を自動化。6軸ながらスカラロボットのようなアーチモーションの動作ができる 『N6』ロボットと、力覚センサーによる力制御により、「押しつけ量」を補正したローラー塗装を実現する。 省スペースで高いところに届く独自のアーム構造が特長の『N6』シリーズ。アームを折りたたむことがで きるので、上のデモ写真のとおり対象物までの距離を短くすることが可能。 カタログ この企業のカタログをダウンロードする↓ URL z https://www.aperza.com/catalog/company/341/ URL7 フォントサイズを また、カタログごとにアイコンと文言を変える。
Page8

2019 国際ロボット展(iREX2019) / 注目の企業 世界初公開となる新しい協働ロボット『CRX-10iA』をはじめ、 企業のキャッチコピーが B-31 スカラロボットやゲンコツロボットなどをデモで披露 2 ファナック株式会社 キャッチコピーはブースの色と同様にする。色コードは左を参照。 写真: 縦 上の罫線と上揃え。 世界に260以上の拠点を持つファナックは、世界初公開となる、新しい協働ロボット 『CRX-10iA』をはじめ、スカラロボットやゲンコツロボットなどを展示。さまざまな アプリケーションの活用事例などもデモで披露した。なお19日にはファナックロボット の最新技術セミナーが開催される。 出展内容 • 協働ロボット『CRX-10iA』 • 塗装ロボット『Robot P-40iA』 企業の公式サイトはこちら↓ 企業公式サイト https://www.fanuc.co.jp/ 記載されるパターン 8 URL
Page9

ファナック / 注目の製品 PR 協働ロボット 『CRX-10iA』 写真: 10.4x15.6cm 上下の罫線にそれぞれ揃える。 (写真が境目で若干重なってしまうので、 下の写真を背面に配置 注釈のグループは写真と下揃え。 従来の黄色から緑色へ、そして今回、白色を基調にすることで洗練されたデザインが特長。これまでの ロボットに比べて軽いので数名で持ち運ぶこともできる。 『CRX-10iA』は周辺機器を制御するプラグインソフトのインターフェースを備えている。各機器専用の設 定画面を表示させたり、命令を実行させることが可能。 カタログ URL z URL9 フォントサイズを また、カタログごとにアイコンと文言を変える。
Page10

ファナック / 注目の製品 PR 塗装ロボット 『Robot P-40iA』 写真: 10.4x15.6cm 上下の罫線にそれぞれ揃える。 (写真が境目で若干重なってしまうので、 下の写真を背面に配置 注釈のグループは写真と下揃え。 スリムでコンパクトなボディと小さな設置スペースによって自在なレイアウトが可能。コンパクトな塗装 ブースを構築できる。最大可搬質量は5kgで、リーチは1300㎜。 会場では、車体外板の模擬塗装を実演。プロセス機器とベル型塗装機を搭載している。塗装の代わり に光が用いられるなど、利用シーンがイメージしやすいよう工夫されていた。 カタログ URL z URL10 フォントサイズを また、カタログごとにアイコンと文言を変える。
Page11

2019 国際ロボット展(iREX2019) / 注目の企業 “i3-Mechatronicsの最新提案”として、 企業のキャッチコピーが S2-03 データドリブンによる自律分散型のモノづくりを展示 2 株式会社安川電機 キャッチコピーはブースの色と同様にする。色コードは左を参照。 写真: 縦 上の罫線と上揃え。 メカトロニクス製品にデータ活用を融合させて生産性向上に導く『i3-Mechatronics (アイキューブ メカトロニクス) 』を展開する安川電機は、デジタルデータマネジメ ント、および人協働ロボットをはじめとしたロボット・サーボ・モーションコントロー ルなどの数々のソリューションを展示した。 出展内容 • データドリブンな自律分散型のモノづくり『i3-Mechatronics』 • 研削作業の自動良否判定ロボットシステム 企業の公式サイトはこちら↓ 企業公式サイト https://www.yaskawa.co.jp/ 記載されるパターン 11 URL
Page12

安川電機 / 注目の製品 PR データドリブンな自律分散型のモノづくり 『i3-Mechatronics』 写真: 10.4x15.6cm 上下の罫線にそれぞれ揃える。 (写真が境目で若干重なってしまうので、 下の写真を背面に配置 注釈のグループは写真と下揃え。 ブース中央で展開される大型デモンストレーションの様子。製造業の多様なニーズに、自動化された生 産現場のビッグデータ収集やAI技術で応える立体的なソリューションを提案した。 デジタルデータマネジメント+ものづくりの自動化によるスマート工場化のパネル展示。なんと生産ス ピード3倍、リードタイム1/6短縮、生産効率3倍という驚異的な数字も。 カタログ URL z URL12 フォントサイズを また、カタログごとにアイコンと文言を変える。
Page13

安川電機 / 注目の製品 PR 研削作業の自動良否判定ロボットシステム 写真: 10.4x15.6cm 上下の罫線にそれぞれ揃える。 (写真が境目で若干重なってしまうので、 下の写真を背面に配置 注釈のグループは写真と下揃え。 AI技術とデジタル環境の活用によるバラ積みピッキングのデモンストレーション。ロボットの制御データ のみで研削状態を自動判定でき、追加センサの取り付け不要。 学習データ作成⇒学習⇒実行モジュール生成のプロセスを完全デジタル化。対象ワークは軟体物・剛 体・不定形によらず同一プロセスで作業スキルを生成する。 カタログ URL z URL13 フォントサイズを また、カタログごとにアイコンと文言を変える。
Page14

2019 国際ロボット展(iREX2019) / 注目の企業 “0.01秒も0.01㎡も無駄にしない”をテーマに、最新型の 企業のキャッチコピーが S1-01 リニアコンベアモジュール『LCMシリーズ』などをデモで披露 2 ヤマハ発動機株式会社 キャッチコピーはブースの色と同様にする。色コードは左を参照。 写真: 縦 上の罫線と上揃え。 “0.01秒も0.01㎡も無駄にしない”と、生産性向上を謳うヤマハ発動機は、モノづくりを 支えるロボットやソフトウェアを提案した。ラインタクト1.5秒を実現する「高速循環 アプリケーション」、動きを止めず撮像・補正・搭載する「フライキャプチャー」、単 軸アクチュエータ『Robonityシリーズ』などを展示。 出展内容 • リニアコンベアモジュール『LCMシリーズ』 • ロボットビジョンシステム『iVY2』 企業の公式サイトはこちら↓ この企業のカタログをダウンロードする↓ 企業公式サイト https://www.yamaha-motor.co.jp/ https://www.aperza.com/company/page/4795 記載されるパターン 14 URL
Page15

ヤマハ発動機 / 注目の製品 PR リニアコンベアモジュール 『LCMシリーズ』 写真: 10.4x15.6cm 上下の罫線にそれぞれ揃える。 (写真が境目で若干重なってしまうので、 下の写真を背面に配置 注釈のグループは写真と下揃え。 生産ライン用搬送ロボットの新型リニアコンベアモジュール『LCM-X』を参考出展。高速ダイレクト駆動に より、高付加価値を備えた汎用性ある工程間搬送を実現。 高速移動・高精度搬送でタクトタイム30%短縮に導く『LCM100』。省スペース、スライダ上組立可能によ り「流す」から「動かす」へと躍動感あるシステム。 カタログ この企業のカタログをダウンロードする↓ URL z https://www.aperza.com/company/page/4795 URL15 フォントサイズを また、カタログごとにアイコンと文言を変える。
Page16

ヤマハ発動機 / 注目の製品 PR ロボットビジョンシステム 『iVY2』 写真: 10.4x15.6cm 上下の罫線にそれぞれ揃える。 (写真が境目で若干重なってしまうので、 下の写真を背面に配置 注釈のグループは写真と下揃え。 スカラロボットと組み合わせ、コンベア上にランダムに流れてくるキャラメルを搬送するデモ。サーチ速 度は従来機種比約2倍、多数のワークも高速検出できる。 カメラ、照明、グリッパなどをロボットプログラムのみで一括制御、不定形ワークに対応する。成形樹脂 部品や食品ワークなど幅広いアプリケーションに使用可能。 カタログ この企業のカタログをダウンロードする↓ URL z https://www.aperza.com/company/page/4795 URL16 フォントサイズを また、カタログごとにアイコンと文言を変える。
Page17

2019 国際ロボット展(iREX2019) / 注目の企業 “Simple and friendly”をコンセプトに、多様な自動化ソリューション、 企業のキャッチコピーが B-30 人とロボットの協働のあり方を提案 2 川崎重工株式会社 キャッチコピーはブースの色と同様にする。色コードは左を参照。 写真: 縦 上の罫線と上揃え。 ロボットメーカーとして進化を続ける川崎重工は、“Simple and friendly”をコンセプ トに、多様な自動化ソリューションや人とロボットの協働のあり方を提案。近未来ゾー ンではヒューマノイドロボットの実演を披露、操作体験ゾーンでは『Successor』を 使った組立、塗装などの作業を体験できた。 出展内容 • ロボットが実現する工場内物流工程の自動化 • 協調・共存型ロボットシステム『Successor』 企業の公式サイトはこちら↓ この企業のカタログをダウンロードする↓ 企業公式サイト https://www.khi.co.jp/ https://www.aperza.com/company/page/10008227 記載されるパターン 17 URL
Page18

川崎重工 / 注目の製品 PR ロボットが実現する工場内物流工程の自動化 写真: 10.4x15.6cm 上下の罫線にそれぞれ揃える。 (写真が境目で若干重なってしまうので、 下の写真を背面に配置 注釈のグループは写真と下揃え。 作業工程自動化のモデルケースを再現。小型塗装ロボット『KJ155』やスポット塗装ロボット『BXP110L』、 シーリングロボット『BU015X』が並んだ。 ビンピッキングではワーク同士の干渉を回避するアームの動作経路を自動生成。コンテナの奥での作 業も自動化することでドライバーの荷積みを不要にできる。 カタログ この企業のカタログをダウンロードする↓ URL z https://www.aperza.com/company/page/10008227 URL18 フォントサイズを また、カタログごとにアイコンと文言を変える。
Page19

川崎重工 / 注目の製品 PR 協調・共存型ロボットシステム『Successor』 写真: 10.4x15.6cm 上下の罫線にそれぞれ揃える。 (写真が境目で若干重なってしまうので、 下の写真を背面に配置 注釈のグループは写真と下揃え。 きつい・汚い・危険の3K職場から解放してくれる研削Successor体験ゾーンでは、研削作業を体験可能。 ロボットアームに取り付けたカメラで正確な作業ができる。 塗装ブースの外からロボットアームを直感的に動かすこともでき、一度覚えたワークはロボットが塗装 する。ロボットアームによる精密嵌合作業も可能。 カタログ この企業のカタログをダウンロードする↓ URL z https://www.aperza.com/company/page/10008227 URL19 フォントサイズを また、カタログごとにアイコンと文言を変える。
Page20

2019 国際ロボット展(iREX2019) / 注目の企業 最新の第5世代卓球ロボット『フォルフェウス』、 企業のキャッチコピーが B-24 協調・共存型ロボットシステム『Successor』をデモで紹介 2 オムロン株式会社 キャッチコピーはブースの色と同様にする。色コードは左を参照。 写真: 縦 上の罫線と上揃え。 制御機器事業やヘルスケア事業を展開するオムロンは、イノベーションでモノづくり現 場の課題を解決するコンセプト「i-Automation!」のもと、 最新の第5世代卓球ロボッ ト『フォルフェウス』や、協調ロボットの新たな活用例や多指ハンドを搭載した「AIロ ボット」を展示。人と機械が互いに補完し協調し合う製造現場を提案した。 出展内容 • 最新の第5世代卓球ロボット『フォルフェウス』 • 協調・共存型ロボットシステム『Successor』 企業の公式サイトはこちら↓ 企業公式サイト https://www.omron.co.jp/ 記載されるパターン 20 URL