1/83ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード

協和製作所ACモーターローラ総合カタログ

製品カタログ

ローラーコンベヤ用ACモーターローラ

ACモーターローラ

掲載モーターローラ外径
 ・φ38(三相200V)
 ・φ42.7(三相200V、三相200V高出力仕様、単相100V)
 ・φ48.6(三相200V)
 ・φ50.0(三相200V)
 ・φ57 (三相200V、三相200V高出力仕様、三相400V、単相100V、単相200V)
 ・φ60.5(三相200V、三相200V高出力仕様、三相400V、単相100V、単相200V)
 ・テーパー小径42.7(三相200V、三相200V高出力仕様、三相400V、単相100V、単相200V)
 ・テーパー小径52 (三相200V、三相200V高出力仕様、三相400V、単相100V、単相200V)

各種仕様
 ・ブレーキ仕様(電磁ブレーキ内蔵仕様)
 ・防水仕様
 ・防滴仕様
 ・クリーンルーム仕様
 ・防塵仕様
 ・オールSUS仕様
 ・CEマーキング仕様
 ・ツインローラ仕様ワンウェイタイプ

フリーローラとの連動仕様
 ・Vプーリ
 ・丸溝
 ・スプロケット(RS40-10T)

ライニング・特殊パイプ
 ・天然黒ゴムライニング
 ・ウレタンゴムライニング
 ・ステンレスパイプ
 ・硬質クロムメッキパイプ
 ・シリコンゴムライニング

端子金具/固定金具について

ACモーターローラ配線図

ACモーターローラの選定方法

技術資料/データ
 ・温度特性
 ・慣性距離
 ・無負荷周速表
 ・インバータ特性

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 協和製作所ACモーターローラ総合カタログ
ドキュメント種別 製品カタログ
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社協和製作所 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

PULSEROLLER®総合カタログ
製品カタログ

株式会社協和製作所

PPU30/45(Pulsr Popup Unit)昇降式斜め分岐ユニット
製品カタログ

株式会社協和製作所

このカタログの内容

Page1

AC_Top

AC PRODUCTS CATALOGUE Kyowa Manufacturing CO.,Ltd.
Page4

AC_02

C O N T E N T S ACモーターローラ カタログ目次<1> 会社案内 4・5 産業機器事業本部 6 応用事例 7 モーターローラ特徴 8 共通仕様 9 モーターローラ重量表・パイプ肉厚 10 電圧一覧・製作可能最大ローラ幅 11 製作可能最小ローラ幅 φ38/φ42.7 12・13 φ48.6・φ50/φ57・φ60.5 14・15 テーパーローラ 16 MR-38 φ38 標 準 仕 様/三相200V級 17 MR-42 φ42.7 標 準 仕 様/単相100V級 18 φ42.7 標 準 仕 様/三相200V級 19 φ42.7 高出力仕様/三相200V級 20 MR-48 φ48.6 標 準 仕 様/三相200V級 21 MR-50 φ50 標 準 仕 様/三相200V級 22 MR-57 φ57 標 準 仕 様/単相100V級 23 φ57 標 準 仕 様/単相200V級 24 φ57 標 準 仕 様/三相200V級 25 φ57 標 準 仕 様/三相400V級 26 φ57 高出力仕様/三相200V級 27 MR-60 φ60.5 標 準 仕 様/単相100V級 28 φ60.5 標 準 仕 様/単相200V級 29 φ60.5 標 準 仕 様/三相200V級 30 φ60.5 標 準 仕 様/三相400V級 31 φ60.5 高出力仕様/三相200V級 32 テーパーローラ早見表 34 MR-T-42 φ42.7 テーパー仕様/単相100V級 35 φ42.7 テーパー仕様/単相200V級 36 φ42.7 テーパー仕様/三相200V級 37 φ42.7 テーパー仕様/三相400V級 38 φ42.7 テーパー仕様/高出力三相200V級 39 2
Page5

AC_03

C O N T E N T S ACモーターローラ カタログ目次<2> MR-T-52 φ52 テーパー仕様/単相100V級 40 φ52 テーパー仕様/単相200V級 41 φ52 テーパー仕様/三相200V級 42 φ52 テーパー仕様/三相400V級 43 φ52 テーパー仕様/高出力三相200V級 44 各種仕様 ブレーキ仕様 45 防水仕様 46 防滴仕様 47 クリーンルーム仕様 48 防塵仕様 49 オールSUS仕様 50 CEマーキング仕様 51 ツインローラ仕様・逆転防止仕様 52 ライニング・特殊パイプ仕様 53 フリーローラ連動仕様 54・55 単相用コンデンサ 57 モーターローラ配線図 58・59 オプション 端子金具(標準仕様) 60 固定金具(CT仕様) 61 固定金具(防水・防滴仕様) 62 固定金具(標準仕様) 63 固定金具(防水・防滴仕様) 64 シャフト形状・スライドシャフト 65 楽々ターミナル 66 選定方法 68・69 技術資料・データー 温度特性 70・71 連動特性 72 ブレーキ制動距離 73 慣性距離 74 無負荷周速表 75・76 サージ電圧 77 インバーター特性 78 保証について 79 3
Page6

AC_04

○ ○ ○ ○ ○ C O M P ○A N Y P R O F I L E ○ ○ ○ ○ M E S S A G E  当社は1950年、川崎航空機株式会社(現在の川崎重工業株式 会社)の機械加工協力工場としてスタートし、自動車、農機具用 等ミッション関係の部品メーカーとして今日まで、多くのお客 様のご支援を頂いてまいりました。その間、組織の充実を図り ながら、自社ブランド製品の開発を進め、ベルトコンベヤ用 モータープーリ、ローラコンベヤ用モーターローラの開発に成 功、そのシリーズ化に努める中で、さらに特殊仕様の減速機や ギヤードモータの製作も進め、各産業界のFA化、物流の近代 化に大きく貢献させて頂くことができました。  私共は「お客様第一主義」を経営基本方針とし、『お客様の繁栄 なくして我が社の発展なし』との信条のもと、いかにしてお客様 の要求を満たし、信頼と満足を提供できるか、研鑽し努力を重ね 続ける所存でございます。  21世紀はIT革命による新しい産業革命の世紀、我が社はこの 新ステージに立って、お客様の多様なニーズにお応えし、ご 満足頂ける企業づくり、製品開発力の拡充に鋭意努めてまいり ます。  何卒、今後共変わらぬご支援ご愛顧を賜りますようお願い申 し上げます。 4
Page7

AC_05

窪田工場 P R O F I L E 会社概要 ●創  業/1950年10月 ●会社創立/1954年1月 ●資 本 金/9,600万円 ●工場設備  敷地面積   /73,409.65㎡ 古坂工場  工場建物 12棟/26,702.86㎡  管 理 棟  3棟/ 1,326.82㎡ M E S S A G E ●本社・工場及び支店  ー総務部ー  本社 〒675-2364 兵庫県加西市窪田町570-10  TEL(0790)42-5111(代) FAX(0790)42-0700  ー産業機器事業部ー  窪田営業部 〒675-2364 兵庫県加西市窪田町570-10 H I S T O R Y  TEL(0790)42-0601(代) FAX(0790)42-4895  東京支店 〒104-0031 東京都中央区京橋一丁目14番7号 1950年10月 川崎重工業(株)[川崎航空機]の機械加工下請としてスタート             京橋中央ビル9階 1954年 1月 株式会社協和製作所設立(資本金80万円)  TEL(03)5579-9622(代) FAX(03)5579-9633 1957年 3月 耕運機用クラッチ完成部品の納入、部品メーカーとして第一歩をしるす  名古屋営業所 〒465-0024 愛知県名古屋市名東区本郷3-139 1961年10月 逐次増資を行い、資本金820万円、従業員持株制実施 ホワイトハウスビル 5階 1963年12月 資本金1,640万円に増資、工場拡張、タペット生産開始  TEL(052)778-7830(代)FAX(052)778-7831 1967年 5月 北条技研工業所合併(資本金3,300万円) 1969年 4月 歯車協同熱処理工業(株)設立(資本金4,995万円)、熱処理一貫体制確立  ー汎用事業部ー 1970年 1月 ベルトコンベヤ用モータープーリ開発  古坂工場(旧本社(総務部)、本社工場) 1970年 3月 タペット専門工場として加西工場設立、量産体制確立       〒675-2303 兵庫県加西市北条町古坂69-1 1971年 3月 冷間鍛造によるスプライン塑性加工開始、シャフトメーカーとして確固たる  TEL(0790)42-5110(代) FAX(0790)42-5741        地位を確保  和泉工場 〒675-2445 兵庫県加西市殿原町860 1972年 5月 クランクシャフト専門工場として和泉工場を設立、量産体制確立  TEL(0790)44-0284  FAX(0790)44-2251 1974年 9月 加西工場を分離、株式会社協和加西工場設立(資本金1,800万円) ●関連会社 1975年10月 資本金9,600万円に増資  Kyowa USA, Inc.  1977年10月 椎茸植菌用高速穿孔機(スパット)開発  2746 Circleport Dr. 1978年 4月 (株)協和加西工場にてバルブ(ポペット)開始  Erlanger, KY 41018 1982年10月 洗車機用ギヤードモータ量産開始  Kyowa Europe.,Ltd. 1985年10月 ローラコンベヤ用モーターローラ量産開始  137, Tsarigradsko Shosse Complex BSM 1989年12月 ミニプーリ生産開始  Block B, Floor 1, Sofia 1784, Bulgaria 1992年 8月 高速シートシャッター「オーロラ」生産開始  Kyowa Europe GmbH 1993年 8月 ツインローラ生産開始 1994年 8月 関東営業所開設  Opladener strasse 2,   1994年10月 ローラコンベヤ用DCモーターローラ量産開始  Halle 7, 42799 Leichlingen Germany 1998年 7月 ISO9001認証取得  株式会社協和テクノ/資本金1,800万円 2001年 5月 窪田工場操業開始  兵庫県加西市下宮木町713-5 2003年 8月 シュレッダー生産開始  TEL(0790)49-0338 2005年 3月 窪田工場がISO14001認証取得 ●代表役員 2005年 5月 関東営業所を東京支店へ昇格  株式会社協和製作所 社長 藤本繁行 2007年 4月 和泉工場増築工事完了  株式会社協和テクノ 社長 藤本繁行 2008年 9月 Kyowa USA, Inc.設立 ●営業品目 2012年10月  KYOWA EUROPE ., Ltd.設立  自動車・二輪車・農機用ミッション部品、産業機械部品、 2016年10月 名古屋営業所開設  モータープーリ、モーターローラ、パルスローラ、 2017年10月 窪田工場第2工場が稼働  各種減速機 2018年 6月 DCパルスローラを販売するKyowa Europe GmbHをドイツに設立 ●取引銀行 2019年 7月 東京支店事務所を移転  三井住友銀行北条支店 2020年 3月 窪田工場第3工場が稼働 2020年 7月 本社を兵庫県加西市窪田町に移転  日本政策金融公庫神戸支店 2020年10月 創業70周年を迎える  商工組合中央金庫神戸支店 5
Page8

AC_06

産 業 機 器 事 業 部 ベルトコンベヤの駆動源「モータープーリ」、ローラーコンベヤの駆動源「モーターローラ」を 生産・販売しています。 モ ー タ ー ロ ー ラ 開発以来約35年の歴史を持つ主力製品です。 標準仕様でアキューム対応が出来る様、インピーダンスプロテクト方式モー タを標準機種に装備しております。 高い搬送能力・高強度ギヤの組み合わせによりお客様の要求に応えるべく 日々より良い製品を追求しております。 φ38・φ42.7・φ48.6・φ50・φ57・φ60.5・テーパーとワイド バリエーションを製作いたします。 海外進出も積極的に展開し、現在ではDCパルスローラを中心に全米・ EU諸国・東南アジア等で高い評価を頂いております。 ● DCパルスローラ総合カタログもご用意しております。 モ ー タ ー プ ー リ 産業機器事業部の発足時より製造販売しております製品です。 B E L I E F 1ランク上のモータを内蔵し、恒久的な製品作りを目標に邁進し本日に至り ますが、国内・海外ともに高い評価を頂いております。  創業以来、ギヤ・シャフトの開発・製造技術を応用し、自社ブラ φ76・φ114・φ140・φ165・φ215・φ265・φ318とお客様の要望に ンド製品であるベルトコンベヤ用モータープーリやローラコンベ 応えるべく各機種取り揃えております。 ヤ用モーターローラの開発・製造に成功し、物流業界で確固たる モータ出力も20W~3.7KWと広範囲となっております。 地位を築いてまいりました。この実績は「お客様の要求を満たし ● モータープーリカタログもご用意しております。 信頼される会社をつくろう」という品質方針を実践し、その結果 開発された独創性と信頼性に裏付けされたものであると自負して おります。 応 用 製 品  これからもさらに高品質・高性能な製品を妥協なく追求してま モータ及び減速機を使用し各種特殊製品の製作も手がけております。 いります。ご期待ください。 小型ギヤードモータなど自社製品、OEM製品など、各産業界に貢献して おります。 お客様のご希望にお応え出来ますよう新製品開発に邁進する所存です。 ● リスト規制とキャッチ・オール規制について   基本的にリスト規制には該当しませんが、お客様の用途(または向け地)によっては、キャッチオール規制の対象となる可能性が  有ります。輸出に際しては、お客様のご判断にて、輸出許可申請等のご対応をお願いします。 ※ 非該当確認書の発行依頼については、別途お問い合わせください。 6
Page9

AC_07

応 用 事 例 独創性と信頼性で物流業界を支えています。 物流センターの合流・分岐・仕分、クリーン ルームでの搬送、食品ライン、一般製造ライ ン、メールセンター、配送センター、パレッ ト搬送等、幅広い業界で採用されています。 高品質、高性能で国内・海外ともに高い評価。 食品加工ライン、空港物流ライン、一般製造 ライン、物流センター、配送センター、穀物 搬送ライン、送電線敷設、ごみ処理、リサイ クルライン等、幅広い業界で採用されていま す。 7
Page10

AC_08

モーターローラ特徴 1 モータ インピーダンスプロテクト方式モータ採用により、連続・間欠・正逆運転等が可能。 インピーダンスプロテクトモータの定義 JIS規格には有りませんが、米国のUL規格(UL73)に「インピーダンス保護型モータ」 として規程されているもので要約しますと、 拘束状態を1 5日間続けた時 最初の72時間中に165℃(外気温24℃の時)を越えない事。 巻線が切れたり、フレームに短絡しない事。 絶縁が過度に劣化しない事。 となっており焼損につきましては、かなり厳しい条件付けがされております。 これらの厳しい条件を満足したモータを弊社では標準モータとして採用しており、搬送条件 の変更等があった場合でも、そのままでご使用が可能なように考慮しております。 インピーダンス・プロテクトモータ採用機種 (A)φ5 7・φ6 0 . 5 の三相2 0 0 V級(標準仕様)   ※220V/50Hz 60Hz、230V/60Hzは採用しておりません。 (B)φ5 7・φ6 0 . 5 の単相10 0 V 級   ※115V/50Hz 60Hzは採用しておりません。 (C)φ57・φ6 0 . 5 の三相4 0 0 V級   ※460V/60Hzは採用しておりません。 2 アキューム定義 一般的にアキュームとは滞留させることを示します。 しかし、弊社でのアキュームの定義としては、拘束を意味します。 “アキューム=モーターローラは回転しない”ことにはなりません。 ※搬送物をストッパー等で停止させている状態でモーターローラを回転(スリップ)させると、  パイプ表面及び搬送物底面に傷がつく可能性がありますのでご注意ください。 3 ギヤ 低速タイプにおける高トルクにも十分対応できるギヤ強度を持っています。 但しモータ出力におけるギヤ強度ですので、正常なご使用での用途と考えて頂きたいと思い ます。 正常での使用以外とは下記等になります。 ・ブレーキ等で急激にローラを拘束して内部に衝撃が加わる場合。 ・正逆運転等、反復作用が起こり、内部に繰り返し荷重・衝撃が加わった場合。 ・ストッパー等で反作用が起こり、内部に繰り返し荷重・衝撃が加わった場合。 ・前後のラインで速度差がある場合。 4 RoHS対応 全機種対応しております。 8
Page11

AC_09

共通仕様 型式表示 MR-A3-38-300-10 A A A A 1 2 5 6 7 3 8 4 9 10 1 モーターローラの略 MR で固定 2 仕様 A 標準 I オールSUS P 防塵+ブレーキ(PM外設) U テーパー+ブレーキ(PM内蔵) B ブレーキ(PM内蔵) J 防水+逆防 Q CE適合品 V テーパー+ブレーキ(PM外設) C ブレーキ(PM外設) K 防水+ブレーキ(PM外設) R クリーンルーム W 防水 E ツイン1 N 防塵 S 逆防 X 防滴 F 防水+ブレーキ(PM内蔵) O 防塵+ブレーキ(PM内蔵) T テーパー Y その他 ※防水仕様についてはスライドシャフト無しが基本となります。  防水仕様でスライドシャフト機構付もオプションで製作できますが、上記「F・J・K・W・Y」のいずれかに加え、型式末尾が「Y」になります。 3 電源の種類 1:単相  3:三相  5:三相ブレーキ PM内蔵5線( 2 仕様がB.F.O.Uの場合のみ) ※ブレーキ仕様でインバータを併用される場合は、PM外設もしくはPM内蔵5線仕様を選定してください。 4 ローラ外径 38:φ38  42:φ42.7  48:φ48.6  50:φ50  52:φ52  57:φ57  60:φ60.5 ※テーパー型は小径がφ42.7の場合は「42」を選択。小径φ52の場合は「52」を選択。 5 ローラ幅 図面のℓ寸法(単位:mm) 6 ローラ表面の呼称速度 (単位:m/min) 7 ライニング・パイプの種類 A 標準 F 3t天然白色 M 2t天然黒色 V 2tニトリル B 3t天然黒色 G 3tシリコン N 5tウレタン(標準色:グレー) W 3tウレタン(標準色:グレー) C 3tウレタン(準標準色:ナチュラル)※ H 硬質クロムメッキ P 2tウレタン(標準色:グレー) X 5t天然黒色 D 3tニトリル J パイプSUS S 2tネオプレン Y その他 E 3tネオプレン L 1.5t天然黒色 T 1.5tウレタン(標準色:グレー) ※製作上、ライニング表面に使用上問題ない修正跡や傷がつく場合が有ります。 8 モータの種類と電圧 A 200V/50・60Hz/三相 高出力モータ M 110V/50・60Hz/単相 T 240V/60Hz/単相 H B 100V/50・60Hz/単相 200V/50・60Hz/三相 N 115V/50Hz/単相 高出力モータ 1 C 220V/50・60Hz/三相 I 415V/50・60Hz/三相 O 115V/60Hz/単相 220V/60Hz/三相 6 200V/50・60Hz/三相 D 230V/60Hz/三相 J 420V/60Hz/三相 Q 200V/50・60Hz/単相 (φ48.6・φ50) F 380V/50・60Hz/三相 K 440V/60Hz/三相 R 220V/50・60Hz/単相 220V/60Hz/三相 G 400V/50・60Hz/三相 L 460V/60Hz/三相 S 230V/50・60Hz/単相 7 (φ48.6・φ50) 9 フリーローラ連動型とギヤ強化型の指定 A 標準 G 丸溝 N K+スプロケット B Vプーリ K ギヤ強化型 Q K+丸溝 D スプロケット L K+Vプーリ Y その他 10 指定別途仕様 A:標準(内寸:ℓ+8) M:準標準(内寸:ℓ+15) Y:その他 ※リード線・CTケーブル延長は可能ですが、ローラ幅によってはできない場合もあります。 9
Page12

AC_10

MR-38 モーターローラ重量表 MR-42 標準仕様 ドラム幅 ローラ径 300 400 500 600 700 800 900 1000 呼称速度 MR-48 3~10 1.3 1.4 1.5 1.6 ー ー ー ー φ38 12~30 1.3 1.3 1.4 1.5 ー ー ー ー 60~100 1.2 1.3 1.4 1.5 ー ー ー ー 3~10 1.6 1.7 1.9 2.0 2.2 ー ー ー MR-50 φ42.7 12~30 1.5 1.7 1.8 1.9 2.1 ー ー ー 60~100 1.4 1.6 1.7 1.9 2.0 ー ー ー 3~12 1.9 2.0 2.2 2.4 2.6 2.7 2.9 3.1 φ48.6 MR-57 17~40 1.8 2.0 2.1 2.3 2.5 2.7 2.8 3.0 3~12 1.9 2.1 2.2 2.4 2.6 2.8 3.0 3.1 φ50 17~40 1.8 2.0 2.2 2.4 2.5 2.7 2.9 3.1 3~8 2.2 2.4 2.6 2.8 3.0 3.2 3.4 3.6 MR-60 φ57 10~30 2.1 2.3 2.5 2.7 2.9 3.1 3.3 3.5 40~80 2.1 2.3 2.5 2.7 2.9 3.1 3.3 3.4 3~8 3.0 3.4 3.9 4.3 4.8 5.3 5.7 6.2 MR-T φ60.5 10~30 2.9 3.3 3.8 4.3 4.7 5.2 5.6 6.1 -42 40~80 2.8 3.3 3.7 4.2 4.7 5.1 5.6 6.0 ※上記につきましては概算重量です。その他につきましては別途お問い合わせください。 (単位:kg) MR-T -52 ブレーキ仕様 ドラム幅 各種仕様 ローラ径 300 400 500 600 700 800 900 1000 呼称速度 3~10 1.7 1.8 1.8 1.9 ー ー ー ー φ38 12~30 1.6 1.7 1.8 1.9 ー ー ー ー 60~100 1.6 1.6 1.7 1.8 ー ー ー ー オプション 3~10 1.9 2.1 2.2 2.4 2.6 ー ー ー φ42.7 12~30 1.9 2.1 2.2 2.3 2.5 ー ー ー 60~100 1.8 2.0 2.1 2.3 2.4 ー ー ー 技術資料 3~12 2.4 2.5 2.7 2.9 3.1 3.2 3.4 3.6 φ48.6 17~40 2.3 2.5 2.6 2.8 3.0 3.2 3.3 3.5 3~12 2.4 2.6 2.7 2.9 3.1 3.3 3.5 3.6 φ50 17~40 2.3 2.5 2.7 2.9 3.0 3.2 3.4 3.6 3~8 3.0 3.2 3.4 3.6 3.8 4.0 4.2 4.4 φ57 10~30 2.9 3.1 3.3 3.5 3.7 3.9 4.1 4.3 40~80 2.8 3.0 3.2 3.4 3.6 3.8 4.0 4.2 3~8 3.8 4.2 4.7 5.2 5.7 6.1 6.6 7.0 φ60.5 10~30 3.7 4.1 4.6 5.0 5.5 6.0 6.4 6.9 40~80 3.6 4.0 4.4 4.9 5.4 5.9 6.3 6.8 ※上記につきましては概算重量です。その他につきましては別途お問い合わせください。 (単位:kg) パイプ肉厚 外径 φ38 φ42.7 φ48.6 φ50 φ57 φ60.5 肉厚 1.00 t 1.35 t 1.50 t 1.50 t 1.50 t 3.25 t 10
Page13

AC_11

MR-38 電圧一覧 MR-42 ローラ径 モータ 周波数 単相 三相 50Hz 200 φ38 標準 60Hz 200 220 MR-48 50Hz 100 200 標準 60Hz 100 200 φ42.7 50Hz 200 高出力 60Hz 200 MR-50 50Hz 200 φ48.6 標準 60Hz 200 220 50Hz 200 φ50 標準 60Hz 200 220 MR-57 100 110 200 50Hz 115 200 220 230 220 380 400 415 標準 100 110 200 220 φ57 60Hz MR-60 115 200 220 230 240 230 380 400 415 420 440 460 50Hz 200 高出力 60Hz 200 220 100 110 200 MR-T 50Hz 115 200 220 230 220 380 400 415 -42 標準 100 110 200 220 φ60.5 60Hz 115 200 220 230 240 230 380 400 415 420 440 460 50Hz 200 MR-T 高出力 -52 60Hz 200 220 100 110 200 50Hz 115 200 220 230 220 380 400 415 各種仕様 標準 100 110 200 220 テーパー 60Hz 115 200 220 230 240 230 380 400 415 420 440 460 50Hz 200 高出力 オプション 60Hz 200 220 ※数値は電圧(V)表示です。 ※他、電圧につきましては、お問い合わせください。 技術資料 ※電圧は±5%の範囲でお使いいただけます。(但し、φ42.7~50〈高出力含む〉の三相200V50Hz)は±3%でお願いいたします。  詳細は各ページをご覧ください。 (但し、φ42.7~50〈高出力含む〉の三相200V50Hzは±3%でお願いいたします。) 製作可能最大ローラ幅(ℓ)寸法 ロ ー ラ 最 大 幅 φ38 φ42.7 φ48.6 φ50 φ57 φ60.5 600 700 1,000 1,000 1,000 1,000 ※上記以上は保証外品となるため、お問合せください。 (単位:mm) 11
Page14

AC_12

MR-38 製作可能最小ローラ幅(ℓ)寸法:φ38 / φ42.7 MR-42 仕様 標 防 防 ク C V ス 丸 逆 ツ 防V 防ス Vク 準 水 塵 リ E プ プ 溝 防 イ 水プ 水プ プリ ・ ー ー ロ ン ー ロ ーー 防 ン リ ケ   リ ケ リン 滴 ・ ッ T ッ ・ MR-48 オ ト 1 ト オ モ ギ ス ー ー ー ヤ ラ ル ル タ 種 イ S S 種 類 ド U U MR-50 類 シ S S ャ フ ト の 有 MR-57 無 径 呼称速度 無 240 317 298 298 303 240 240 317 317 298 3~10 有 286 343 324 324 324 286 286 343 343 324 MR-60 標 準 無 224 301 282 282 287 224 224 301 301 282 ギ 12~30 有 270 327 308 308 308 270 270 327 327 308 ヤ 標 無 208 208 208 準 60~100 MR-T φ38 有 255 255 255 -42 モ ー 無 250 325 306 306 312 250 250 325 325 306 タ 3~10 有 295 351 332 332 333 295 295 351 351 332 強 化 無 234 309 290 290 296 234 234 309 309 290 MR-T ギ 12~30 -52 有 ヤ 279 335 316 316 317 279 279 335 335 316 無 225 225 225 60~100 有 268 268 268 無 241 318 298 298 303 241 241 318 318 298 各種仕様 3~10 有 287 344 324 324 324 287 287 336 344 344 324 標 準 無 225 302 282 282 287 225 225 302 302 282 12~30 標 ギ 有 271 328 308 308 308 271 271 316 328 328 308 準 ヤ 無 209 209 209 オプション ・ 60~100 φ42.7 高 有 256 256 256 300 出 力 無 251 326 306 306 312 251 251 281 326 326 306 モ 3~10 有 296 352 332 332 333 296 296 341 311 352 352 332 ー 強 技術資料 タ 化 無 235 310 290 290 296 235 235 266 310 310 290 ギ 12~30 有 ヤ 280 336 316 316 317 280 280 325 295 336 336 316 無 224 224 224 255 60~100 有 269 269 269 314 284 ※防水仕様・防滴仕様・クリーン仕様・防塵仕様・CEマーキング仕様は標準仕様と比較しますと、約10~20%トルクダウン致します。 ※他の複合機種につきましては、お問い合わせください。 ※表示寸法は、ローラ幅ℓ(mm)です。 ※フレーム内寸の公差は±1mmです。 ※φ38ブレーキ仕様はパワーモジュール外設型のみとなります。 ※φ38・φ42.7につきましては、強化ギヤ(標準ギヤの約3倍の強度)も製作しております。 12
Page15

AC_13

MR-38 MR-42 仕様 ブ 防ブ 防ブ クブ V ブ スブ 丸ブ レ 水レ 塵レ リレ プレ プレ 溝レ ー ・ー ー ーー ーー ロー ー キ 防キ キ ンキ リキ ケキ キ モ ギ 滴 ・ ッ オ ト MR-48 ー ヤ タ 種 ス ー 種 類 ラ ル 類 イ S ド U シ S MR-50 ャ フ ト の 有 無 パワーモジュール MR-57 呼称速度 内蔵 外設 内蔵 外設 内蔵 外設 内蔵 外設 内蔵 外設 内蔵 外設 内蔵 外設 無 288 370 350 344 288 288 3~10 有 334 391 371 365 334 334 標 MR-60 準 無 272 354 334 328 272 272 12~30 ギ 有 318 375 355 349 318 318 ヤ 標 無 256 256 256 準 60~100 モ 有 303 303 303 MR-T ー 無 -42 タ 298 378 359 353 298 298 3~10 有 343 399 380 374 343 343 強 化 無 282 362 343 337 282 282 ギ 12~30 有 MR-T ヤ 327 383 364 358 327 327 -52 無 273 273 273 60~100 有 317 317 317 無 321 289 399 371 392 350 392 344 321 289 321 289 3~10 有 367 335 420 392 413 371 413 365 367 335 367 335 412 380 各種仕様 標 準 無 305 273 383 355 376 334 376 328 305 273 305 273 ギ 12~30 標 有 351 319 404 376 397 355 397 349 351 319 351 319 396 364 準 ヤ 無 ・ 289 257 289 257 289 257 60~100 オプション 高 有 336 304 336 304 336 304 380 348 出 力 無 331 299 407 379 401 359 401 353 331 299 331 299 3~10 モ 有 376 344 428 400 422 380 422 374 376 344 376 344 421 389 ー 強 タ 化 無 315 283 391 363 385 343 385 337 315 283 315 283 12~30 技術資料 ギ 有 ヤ 360 328 412 384 406 364 406 358 360 328 360 328 405 373 無 306 274 306 274 306 274 60~100 有 350 318 350 318 350 318 395 363 13
Page16

AC_14

・ オ ー ル S U S 274 334 303 314 345 321 256 316 285 296 327 303 300 300 285 ※防水仕様・防滴仕様・クリーン仕様・防塵仕様・CEマーキング仕様は標準仕様と比較しますと、約10~20%トルクダウン致します。 ※三相400V級の場合は上記最小幅+15mmとなります。 ※φ60.5の場合、V溝・丸溝の製作は不可となります。
Page17

AC_15

・ オ ー ル S U S ※他の複合機種につきましては、お問い合わせください。 ※表示寸法は、ローラ幅ℓ(mm)です。 ※フレーム内寸の公差は±1mmです。 ※パワーモジュール外設の三相400V級は製作不可となります。 ※三相400V級ブレーキを含む機種の場合は上記最小幅+35mmとなります。 ※三相400V級ブレーキ+スプロケット仕様の場合は上記最小幅+39mmとなります。
Page18

AC_16

MR-38 製作可能最小ローラ幅(ℓ)寸法:テーパーローラ MR-42 MR-48 MR-50 モ ギ 仕様 標 防 ー ヤ 準 塵 タ 種 種 類 MR-57 類 径 呼称速度 3 ~ 8 490 510 MR-60 標準モータ 標準ギヤ 10 ~ 30 490 510 φ42.7 40 ~ 80 490 5 ~ 17 510 520 高出力モータ 標準ギヤ MR-T 20 ~ 60 510 520 -42 3 ~ 8 300 300 標準モータ 標準ギヤ 10 ~ 30 300 300 MR-T φ52 40 ~ 80 300 -52 5 ~ 17 300 310 高出力モータ 標準ギヤ 20 ~ 60 300 310 各種仕様 ブレーキ オプション モ ギ 内 外 ー ヤ 蔵 設 タ 種 種 類 類 技術資料 径 呼称速度 3 ~ 8 655 635 標準モータ 10 ~ 30 635 615 φ42.7 50 ~ 80 620 600 5 ~ 17 665 645 高出力モータ 20 ~ 60 645 625 3 ~ 8 445 425 標準モータ 10 ~ 30 425 405 φ52 50 ~ 80 410 390 5 ~ 17 455 435 高出力モータ 20 ~ 60 435 415 ※他の複合機種につきましては、お問い合わせください。 ※表示寸法は、ローラ幅ℓ(mm)です。 ※フレーム内寸の公差は±1mmです。 ※全てスライドシャフト機構を装備しています。 ※標準モータ防塵仕様は25m/minまでとします。 ※防塵仕様は標準仕様と比較しますと、約10~20%トルクダウン致します。 ※三相400V級の場合は上記最小幅+15mmとなります。 ※パワーモジュール外設の三相400V級は製作不可となります。 16
Page19

AC_17

A C M o t o r R o l l e r 38 標準仕様/三相200V級 MR- ご注文例 38 MR-A3-38-□□□-□□ A A A A 【運 転】 連続・間欠・正逆 仕 様 ローラ幅 呼称速度 MR-42 電源の種類 ライニング・パイプ 【最小幅】 p12 - 13   線の指定 ローラ外径 モータ・電圧 型の指定 50Hz 200V 指定別途仕様 60Hz 200V 220V ■電圧範囲±5% MR-48 ※注意 拘束はモータ焼損につながります。 P O I N T MR-50 ●衝撃・高頻度タクト運転には、ギヤ強化仕様も用意しております。 (標準ギヤの約3倍の強度です) ●最高100m/minまでのワイドバリエーションです。 ●小物・軽量物搬送に適しています。 MR-57 ■寸法図 MR-60 N O T I C E リード線長さ 60mm L=ℓ+32 ●防水・防滴型の場合、標準付属品は4WMR-30A-Nとなります。 MR-T 16 ℓ 16 ●重量・パイプ肉厚は、P10をご参照ください。 -42 0 4 4 0 8-0.1 8-0.1 ●配線図は、P58~59をご参照ください。 ●適応周囲温度は0~40℃です。(相応湿度15~85%)  *但し結露無き事とします。 MR-T φ12 ●フレーム内寸の公差は±1mmです。 -52 ℓ+8 ±1 ●スラスト方向への荷重が想定される場合、別途ご相談ください。 CAD ●リード線長さにつきましては、約±5mm範囲での誤差があります。 ●フレーム内寸法とモーターローラの隙間を2mm程度確保する 各種仕様 端子金具 8 φ12.2  ようローラ幅を選定してください。 4MR-30A-N フレーム (標準付属品) ※許容電流値10A以下 オプション 2-M5 18 3.2 34 15 技術資料 47 26 CAD ※スプロケット仕様・Vプーリ仕様、丸プーリ仕様は、下部の取り付け穴をご使用ください。 ■特性表 接線力(N) トルク(N・cm) 速度 m/min 呼称速度 電 源 定格電流 38関連仕様一覧 50Hz 60Hz 50Hz 60Hz 50Hz 60Hz 定格 起動 定格 起動 定格 起動 定格 起動 仕様 適用 記載 3 3.1 3.9 56.7 126.4 42.0 106.3 107.8 240.2 79.9 202.0 異電圧 × ー 4 4.2 5.3 41.5 92.5 30.8 77.8 78.9 175.8 58.5 147.8 高出力 × ー 5 5.7 7.2 30.4 67.7 22.5 56.9 57.7 128.7 42.8 108.2 ブレーキ ○ p45 7 三相 7.0 8.8 24.9 55.5 18.4 46.7 47.3 105.5 35.1 88.7 防水 ○ p46 8 8.5 10.7 20.4 45.5 15.1 38.2 38.8 86.5 28.7 72.7 防滴 ○ p47 200/200V クリーン ○ p48 10 10.4 13.1 16.7 37.3 12.4 31.3 31.8 70.9 23.6 59.6 50/60Hz 防塵 ○ p49 12 0.055/0.050A 11.9 13.5 14.6 47.2 10.9 36.7 27.8 89.7 20.8 69.9 オールSUS ○ p50 15 14.2 16.1 12.3 39.6 9.2 30.9 23.3 75.3 17.5 58.7 CE適合 ○ p51 17 入力 19.8 22.5 8.7 28.3 6.5 22.0 16.6 53.8 12.5 41.9 ツイン × ー 20 16/12W 22.2 25.2 7.8 25.3 5.8 19.7 14.9 48.0 11.1 37.4 逆転防 × ー 25 27.1 30.7 6.4 20.7 4.8 16.1 12.2 39.4 9.1 30.7 ライニング ○ p53 30 33.0 37.5 5.2 17.0 3.9 13.2 10.0 32.3 7.5 25.1 Vプーリ ○ p54 60 59.5 67.5 2.9 9.4 2.2 7.3 5.5 17.9 4.1 13.9 丸溝 × ー 80 81.3 92.2 2.1 6.9 1.6 5.3 4.0 13.1 3.0 10.2 スプロケット ○ p55 100 99.1 112.5 1.7 5.6 1.3 4.4 3.3 10.7 2.5 8.3 端子・固定金具 ○ p60-64 ※特性表の数値は参考値となります。 1N≒0.1kgf、1Ncm≒0.1kgf・cm シャフト形状 ○ p65 ※速度表示は、定格時を表示しています。負荷によって周速は、変化します。 許容荷重 ○ p69 ※無負荷周速につきましては、カタログP75をご参照ください。 17 φ18 φ38 22 8 30 47 φ12 φ18
Page20

AC_18

A C M o t o r R o l l e r 42.7 標準仕様/単相100V級 MR-38 ご注文例 MR-A1-42-□□□-□□ A B A A 【運 転】 連続・間欠・正逆 MR- 仕 様 ローラ幅 呼称速度 42 電源の種類 ライニング・パイプ 【最小幅】 p12 - 13   線の指定 ローラ外径 モータ・電圧 型の指定 50Hz 100V 指定別途仕様 60Hz 100V MR-48 ■電圧範囲±5% ※注意 拘束はモータ焼損につながります。 P O I N T MR-50 ●保護装置としてサーマルプロテクター内蔵。 ●衝撃・高頻度タクト運転には、ギヤ強化仕様も用意しております。 (標準ギヤの約3倍の強度です) MR-57 ●最高100m/minまでのワイドバリエーションです。 ●ローラ間ピッチ50に適しています。 MR-60 ■寸法図 N O T I C E リード線長さ 60mm MR-T L=ℓ+32 ●防水・防滴型の場合、標準付属品は4WMR-30A-Nとなります。 -42 16 ℓ 16 ●重量・パイプ肉厚は、P10をご参照ください。 0 4 4 0 8-0.1 8-0.1 ●取付穴付コンデンサ(標準付属品)を外設して頂く必要があ  ります。 MR-T ●コンデンサ及び配線図は、P57~59をご参照ください。 -52 φ12 ●適応周囲温度は0~40℃です。(相応湿度15~85%) ℓ+8±1  *但し結露無き事とします。 CAD ●フレーム内寸の公差は±1mmです。 ●スラスト方向への荷重が想定される場合、別途ご相談ください。 各種仕様 端子金具 8 φ12.2 ●リード線長さにつきましては、約±5mm範囲での誤差があります。 4MR-30A-N ●フレーム内寸法とモーターローラの隙間を2mm程度確保する フレーム (標準付属品)  ようローラ幅を選定してください。 オプション ※許容電流値10A以下 2-M5 18 3.2 34 15 技術資料 47 26 CAD ※スプロケット仕様・Vプーリ仕様、丸プーリ仕様は、下部の取り付け穴をご使用ください。 ■特性表 接線力(N) トルク(N・cm) 42.7関連仕様一覧 速度 m/min 呼称速度 電 源 定格電流 50Hz 60Hz 50Hz 60Hz 記載 適用 仕様 50Hz 60Hz 定格 起動 定格 起動 定格 起動 定格 起動 ー × 異電圧 3 3.8 4.5 38.3 113.3 32.8 69.3 81.8 241.8 69.9 147.9 ー × 高出力 4 5.2 6.2 28.1 82.9 24.0 50.7 60.0 177.0 51.2 108.2 p45 ○ ブレーキ 5 7.1 8.5 20.5 60.7 17.6 37.1 43.7 129.5 37.4 79.2 p46 ○ 防水 7 8.7 10.3 16.8 49.7 14.4 30.4 35.9 106.2 30.6 64.9 p47 ○ 防滴 単相 8 10.6 12.6 13.8 40.8 11.8 24.9 29.4 87.0 25.2 53.2 p48 ○ クリーン 100/100V 10 12.9 15.4 11.3 33.4 9.7 20.4 24.0 71.3 20.6 43.6 p49 ○ 防塵 12 50/60Hz 0.196/0.174A 14.0 16.6 10.5 31.6 9.0 20.1 22.3 67.5 19.1 43.0 p50 ○ オールSUS 15 19.1 22.7 7.7 26.6 6.6 16.9 16.2 56.8 14.0 35.9 p51 ○ CE適合 17 入力 23.3 27.7 6.3 19.0 5.4 12.0 13.3 40.5 11.4 25.5 p52 ○ ツイン 20 20/17W 26.0 31.0 5.6 16.9 4.8 10.7 11.9 35.9 10.2 22.8 ー × 逆転防 25 31.8 37.9 4.6 13.9 3.9 8.8 9.7 29.6 8.5 18.7 p53 ○ ライニング p54 ○ Vプーリ 30 38.8 46.2 3.8 11.4 3.2 7.2 8.0 24.3 6.8 15.3 p54-55 ○ 丸溝 60 69.8 83.2 2.1 6.3 1.8 4.0 4.3 13.3 3.8 8.5 p55 ○ スプロケット 80 95.3 113.6 1.5 4.6 1.3 2.9 3.1 9.7 2.9 6.0 p60-64 ○ 端子・固定金具 100 116.3 138.6 1.3 3.8 1.1 2.4 2.6 8.0 2.1 5.1 p65 ○ シャフト形状 ※特性表の数値は参考値となります。 1N≒0.1kgf、1Ncm≒0.1kgf・cm p69 ○ 許容荷重 ※速度表示は、定格時を表示しています。負荷によって周速は、変化します。 ※無負荷周速につきましては、カタログP75をご参照ください。 18 φ18 φ42.7 22 8 30 47 φ12 φ18