1/4ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(503.4Kb)

防振マウント(軽量型)

製品カタログ

このカタログについて

ドキュメント名 防振マウント(軽量型)
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 503.4Kb
取り扱い企業 株式会社ナベヤ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

多数個取りクランプ
製品カタログ

株式会社ナベヤ

永電磁式マグネットチャック
製品カタログ

株式会社ナベヤ

このカタログの内容

Page1

VIBRATION ISOLATION MOUNT  PAT.P No.E-9923 防振マウント(軽量型) RoHS対応 材 質 上部・下部ケース:ABS樹脂  スペーサー:ABS樹脂 スプリング:SWP-A  ネジ部:真鍮  防振材:粘弾性材 ●軽荷重用防振・除振マウントです。従来の防振マウントでは 対応できなかった300gの軽荷重から使用できます。 ●使用周波数は水平9Hz/鉛直10Hz~の低い領域から防 振・除振ができます。 ●ゴム・ゲル系の防振材と比べ、バネ定数が約1/10の金属バ ネを使用して固有振動数を低くしております。 ●金属バネで問題になりますサージングを粘弾性防振材で抑 えます。 ●3軸方向の防振・除振ができます。  モーターなどが発生する振動は、上下方向だけではありま せん。水平・垂直成分の振動です。 φ30 ●垂直方向と同じように水平方向も高い防振・除振能力を発 揮いたします。 ●ケース外側に荷重の使用範囲目盛りがあり適性を確認でき ます。  防振マウントは、適正な荷重範囲で使用することにより防 振・除振効果を発揮します。  設計通りの荷重が載ったことを目視で確認ができます。 ※30~38は使用時の高さ 2-M6 無負荷時の高さは45 ■仕様・価格表 * 標準在庫品 オーダー No. No. 本体色 許容荷重 N バネ定数 使用可能周波数 振動伝達率 推奨使用(上部ケース) N/㎜±10% H(z 水平/鉛直方向)(30Hz 以上) 温度℃ 質量g 価格 *978840 BML03 灰色 2.1~ 4.4 0.29 3,630 *978841 BML05 黄色 3.5~ 7.3 0.49 3,630 *978842 BML10 青色 6.9~14.0 0.98 9.0~/10.0~ Tr=1/20 20~28 20 3,630 *978843 BML25 赤色 15.0~30.0 2.06 3,630 *978844 BML50 緑色 31.0~64.0 4.31 3,630 ■積載荷重による防振/除振特性:鉛直方向 40 最小荷重 標準荷重 最大荷重 30 最小荷重 標準荷重 20 最大荷重 最小荷重 10 伝 標準荷重 達 増幅域 最大荷重 率 0 0 5 10 15 20 dB 防振・除振領域 -10 使用範囲 防振・除振領域 最小 (L) 荷重 最大 (H) -20 ● 荷重が最小荷重より小さいとき、バネはたわまず防振・除振効果は発揮しません。 -30 ● 荷重が最大荷重より大きいとき、バネはこれ以上たわむことができず防振・ 周波数 (Hz) -40   除振効果は発揮しません。 ※防振マウントにかかる荷重により防振特性は変化します。 このような場合は、荷重に合った防振マウントに交換してください。 38 30~38※ 25 ( )
Page2

VIBRATION ISOLATION MOUNT  PAT.P No.E-9923 防振マウント(軽量型) RoHS対応 ■選定方法 防振マウントによる防振効果(振動伝達率)は、許容荷重と対象物の加振周波数(振動数)により決定されます。 防振マウント1個あたりの許容荷重と、対象物の周波数から最適な防振マウントを選定してください。 ①防振マウント1個あたりの積載荷重を調べてください。 単位(N) 積載荷重/支持箇所 ②防振対象物の加振周波数(Hz)を調べてください。 加振周波数(Hz)=機器回転数(rpm)/60(秒) ③荷重と防振下限周波数のグラフから適正な形式を選定してください。 ④仕様形式と荷重から防振マウントの高さを確認いただき、取り付け可能か確認ください。 ※記載の数値は全て計算値であり、保証値ではありません。 ■荷重と防振下限周波数 ■荷重と防振マウント高さ BML-03 BML-03 BML-05 BML-05 11.0 40BML-10 BML-10 BML-25 38 BML-25 除 BML-50 マ BML-50振 領 ウ10.0 ン 36域 下 ト 限 高 34 周 〔さ 波 mm 数〔 9.0 〕 32 Hz 〕 30 8.0 28 0 10 20 30 40 50 60 70 0 10 20 30 40 50 60 70 積載荷重〔N〕 積載荷重〔N〕 例: ■防振/除振特性:鉛直方向(BML-10) ① 5㎏のモーターを5箇所で受ける場合、防振マウント1個あたりの 40 BML-10 積載荷重は 10N になります。 30 ② 周波数=1秒間の振動数 振 20 1000rpmのモーターの場合 1000(rpm)/60(s)=16.7(Hz) 動伝 10 ③ 荷重と防振下限周波数のグラフから 達 0〔率 0 5 10 15 20 10N・16.7Hz > 10Hz で使用形式は BML-10になります。 dB〕 -10 ④ 荷重と防振マウントの高さのグラフから -20 取り付け時のマウント高さは35㎜になります。 -30 ⑤ 予想防振効果は、防振/除振特性グラフより -40 振動伝達率は約-18dB(1/8)になります。 周波数〔Hz〕 ■使用例 加振源の防振マウントとして 精密機器の除振マウントとして 39
Page3

VIBRATION ISOLATION MOUNT  PAT.P No.E-9923 防振マウント(軽量型) RoHS対応 ■取付方法  防振マウントの取り付けは、直接ボルトで固定するか、専用の取付プレート(特別付属品)で固定してください。 取付上の注意 ・ 荷重が適正で、且つ、均等に掛かるように取り付けてご使用ください。 ・ ズレ・ねじれた状態での取り付けは性能・耐久性が著しく低下しますので避けてください。 ・ 防振マウントは垂直方向の荷重のみで使用できます。 ・ 引っ張り方向でのご使用は避けてください。 ①直接ボルトで固定 ②専用取付プレートで固定 六角穴付ボルトM6 ばね座金 皿小ねじ M6X10 プレート プレート スペーサー 取り付けプレート 取り付けプレート ばね座金 六角穴付ボルト M4 防振マウント 防振マウント プレート プレート ■正しい使用方法 ■誤った使用方法 ①均等な荷重 ①許容荷重以上の荷重 ③取付けボルトのズレ ⑤引っ張り方向への負荷 ②ステイを利用した吊り下げ ②不均等な荷重 ④回転方向への負荷 ⑥剪断方向への負荷 40
Page4

VIBRATION ISOLATION MOUNT  PAT.P No.E-9923 防振マウント(軽量型) RoHS対応 取付プレート(特別付属品) * 標準在庫品 材 質 SUS304     付 属 皿小ねじ M6×10 オーダーNo. No. 価格 *980208 BML-P 400 φ7 φ30 14.4 φ12 6.2 46 60 マルチセットプレート(特別付属品) 材 質 A5052     表面処理 アルマイト オーダーNo. No. 価格 付 属 低頭六角穴付きボルト M6×10 10本 986013 BML-MSP75A 6,600 ●中荷重に対応できます。 ●積載荷重の変更にも柔軟に対応できます。 ●偏荷重に対応できます。 5-φ7 キリ、φ11座グリ深さ4.5 ■使用例 4-φ7 キリ 4-M6 22 22 30 30 75 41 4.2 8 1 4.4