1/116ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(7.1Mb)

除振・防振製品

製品カタログ

ナベヤの振動対策製品をご紹介

職場での様々な振動問題を解決できます。

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 除振・防振製品
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 7.1Mb
取り扱い企業 株式会社ナベヤ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

多数個取りクランプ
製品カタログ

株式会社ナベヤ

永電磁式マグネットチャック
製品カタログ

株式会社ナベヤ

このカタログの内容

Page1

nabeya_mecha_H1-4 2

CATALOGUE No.C18-083A 除振・防振製品 VIBRATION ISOLATION お客様の設備・製品性能と品質の向上に貢献する除振・防振製品の 専門メーカー ナベヤがご提供する製品ラインナップ http://www.nabeya.co.jp
Page2

nabeya_mecha_H2-055

INDEX 卓上エアー除振台 卓上エアー除振台専用 P4・P5 防振フット(重量型) P28・P29 アルミテーブル 低床除振台 VLS P6・P7 防振フットホルダ P30・P31 除振台 VPG P8 昇降付き防振フット (ダイヤル式) P32・P33 パッド式除振台 P11 防振フットジャッキ P34・P35 NEW 卓上型アクティブ 除振台 P12 フット型防振マウント P36・P37 NEW ミニチュア 防振マウント P13 防振マウント(軽量型) P38〜 P41 ビルトイン 防振マウント P14・P15 中量マウント P42・P43 (ステンレス金具) ビルトイン 防振マウント(中量型) P16・P17 防振マウント(重量型) P44・P45 ビルトイン 防振マウント(重量型) P18・P19 高性能エアーマウント AMG P46 ストッパー付ビルトイン シロマー 防振マウント(軽量型) P20・P21 (防振パッド) P48〜 P52 ハイブリッドビルトイン 防振マウント(軽量型) P22・P23 シロダンプ (防振パッド) P53〜 P55 ボルトロック シロディン 防振マウント(角型) P24・P25 (防振パッド) P56〜 P58 ビルトイン 防振マウント(小型) P26 シロマー GSH (防振パッド) P59 防振フット(軽量型) P27 防振プレート (ノンフラットタイプ) P61
Page3

INDEX レべリングエレメント 防振ウエッジマウント BNSH/BNSHA P62・P63 Dタイプ P81 レべリングねじ 防振ウエッジマウント P82 BNSB(亜鉛めっき) P64 Eタイプ レべリングエレメント 防振ウエッジマウント BNV/BNR P65・P66 Fタイプ P83 防振ウエッジマウント レべリングエレメント BNVS/BNRS P67・P68 PKA P84・P85 (ボルトオンタイプ) フレキシブル接続用 防振ウエッジマウント レべリングねじ P69 PKD P86 BNVRBF(亜鉛めっき) ( ボルトスルータイプ ) レべリングエレメント 防振ウエッジマウント BNRV P70 PKAK( 球面シートつき P87 (ステンレススチール製) ボルトオンタイプ) レべリングエレメント 防振ウエッジマウント BNRSV P71 PKDK(球面シート付 P88 (ステンレススチール製) ボルトスルータイプ ) フレキシブル接続用 ねじ頭用防振ディスク レべリングねじ BNRBSF P72 BVW P89 (ステンレススチール) ( ボルトスルー型用 ) レべリングブロック M型 P73・P74 防振ブッシュ P90 防振レべリングブロック 水平エレメント BHAG P91 MB型 P75・P76 防振ウエッジマウント P77 防振プレート P92〜 P101 防振ウエッジマウント P78 滑り止めプレート P102・P103Aタイプ 防振ウエッジマウント ラバー空気ばね FAEBI P105 P106 Bタイプ P79 ・ ラバー空気ばね 防振ウエッジマウント P80 (ダンパー調節タイプ)P107Cタイプ ・ P108 FAEBI-HD 1
Page4

■選定例 MECHANICAL PARTS 除振・防振製品の選定ガイド 1つのマウントにかかる荷重が5kg、回転数が1,800rpmのポンプの振動を除振したい場合 ■選定の前に ●STEP1 固有振動数による絞り込み ●STEP1 装置重量の確認 ●ポンプから発生する振動周波数は1,800回転 ÷ 60秒 = 30Hz になります。 マウントは固有振動数が30Hz ÷ 2 = 15Hz 以下のものを選定します。 ●防振対象の装置重量を調べます。 ●STEP2 搭載重量による絞り込み ●加工機の場合は加工するワークの重量、測定機の場合は測定物の重量も加算してください。 ●1つのマウントにかかる搭載重量は5kgです。 ●STEP2 搭載重量の算出 ●STEP3 除振・防振製品の決定 ●搭載重量は、支持点1 箇所あたりの荷重のことです。 ●下記特性グラフにおいて、STEP1 とSTEP2 の両条件を満たす領域から除振・防振製品を選定します。  [装置重量÷支持点の数]によって算出します。 ●このケースの場合、下記の2製品が相当します。 ・ BBC25D013(5kg搭載時の固有振動数約13Hz) ●パッド/プレートタイプを使用する場合は、支持点のサイズ(装置の脚サイズなど)も確認して ・ BBC35D007(5kg搭載時の固有振動数約11Hz)  ください。 特性グラフ 20 ●STEP3 加振周波数の確認 18 ●防振対象装置の加振周波数を推定します。 加振周波数は[、防振対象装置の回転数(rpm)÷60(秒)]によって推定します。推定が困難な場合 16 は、振動計を使用して測定してください。 15 14 ここまでの準備で算出した数値をメモしておきます。 搭載重量=   ( kg)…①   加振周波数=    (Hz)…② 12 10 ■除振・防振製品の選定 8 ●STEP1 固有振動数による絞り込み 6 1 5 10 50 100 500 1000 STEP2 搭載重量[kgf]( 1マウントあたり)●固有振動数とは、除振・防振製品が持つ固有の振動数です。 特性グラフでは、除振・防振効果のある振動数帯と搭載重量が表示されています。 ◎選定時のご注意 加振周波数(②)1/2(0.5倍)以下の固有振動数となる除振・防振製品を選定してください。 重心が高い装置や移動物・加振源を内蔵する装置は、振動対策に よって揺れが大きくなる場合があります。除振・防振製品を装置 振動伝達特性グラフ 固有振動数の目安=[加振周波数(②)×0.5]=    (Hz)…③ 内部の重心に近い位置に設置することにより装置の揺れが小さ 30 約30倍 くなります。 固有振動数 20 10倍 ◎振動伝達特性グラフの読み方 ●STEP2 搭載重量による絞り込み 振動伝達率は、右図のような伝達特性グラフで表され、除振や 10 約3倍 防振製品の性能を表す指標として使用されます。グラフの横軸は 22H ●算出した搭載重量(①)が選定候補の除振・防振製品となります。 周波数(Hz)、縦軸は振動伝達率(dB)です。 0 1倍 0 10 20 30 4 0 50 60 70 80 90 100 〈グラフの読み方〉 -10 約1/3倍 除振、防振の対象となる振動が40Hzの場合、縦軸の振動伝達 ●STEP3 除振・防振製品の決定 率は-10dBですので、床の振動の大きさを1としたとき、振動は -20 1/10倍 1/3(0.3)に減衰します。一方対象となる振動が22Hzの場合 ●特性グラフにおいて、STEP1 とSTEP2 の両条件を満たす領域から除振・防振製品を選定します。 は、振動伝達率は10dBですので、振動は3に増幅します。 -30 約1/30倍 周波数(Hz) 振動伝達率が0より大きくなる周波数は増幅しますので注意が ※搭載重量よりも軽すぎる除振・防振製品を選定すると、十分な除振・防振効果が得られない場合があります。 必要です。最も増幅する周波数が除振・防振製品の固有振動数 になります。 2 振動伝達率(dB) 970 0M H1 4 BB 06 0 40 D BH 1 B 130 0D 06 0 0 0 D 03 BBH 1 00 0D H1 14 BB BB H 0 13 060 5D 5M M7 7BM 30 01 3 BB B 0 00D 10 0D BBH 1 BBH 030 97 75 D 7 50M 0 060D B BM 40D 00 BBM M5 0 13 BH 1 BB 00D 0 B BBM 1 7 35M 09 BBC 3 9701 0M 0 0D0 30 75D 3 5 BM 97B BC BBM B 0 BC2 5M B D03 0 7 C35 0M0 9 BB BBC 2 0D0 30 13 C3 M50 D0 BB BB D03 0 BBC 25 13 C35 D0 BB 30 013 BBC2 0D0 C30 D BB 07 5D01 3 C35D 0 BBC2 BB 0D00 7 13 B BC3 20D0BBC 25D0 07 BBC D007 BBC20 STEP1 固有振動数[ Hz]
Page5

■選定例 MECHANICAL PARTS 除振・防振製品の選定ガイド 1つのマウントにかかる荷重が5kg、回転数が1,800rpmのポンプの振動を除振したい場合 ■選定の前に ●ST■EP選1 定固例有振動数による絞り込み ●STEP1 装置重量の確認 ●ポ1ンつプかのらマ発ウ生ンすトるに振動か周か波る数荷は重1,8が005回kg転、 回÷ 転60数秒 が= 130,8H0z 0にrなpりmまのすポ。ンプの振動を除振したい場合 マウントは固有振動数が30Hz ÷ 2 = 15Hz 以下のものを選定します。 ●防■振選対定象のの前装に置重量を調べます。 ●STEP●2S T搭EP載1重 量固に有よ振る動絞数りに込よみる絞り込み ●加工機の場合は加工するワークの重量、測定機の場合は測定物の重量も加算してください。 ●STEP1 装置重量の確認 ●1つの●マポウンンプトにからか発かる生搭する載振重動量周は波5k数gではす1,。800回転 ÷ 60秒 = 30Hz になります。 マウントは固有振動数が30Hz ÷ 2 = 15Hz 以下のものを選定します。 ●STEP2● 防搭振載対重象量のの装算置出重量を調べます。 ●STEP3 除振・防振製品の決定 ●搭載重●量加は工、機支 ●STEP2 搭載重量による絞り込み の持場点合1は 箇加所工あすたるりワのー荷ク重のの重こ量と、で測す定。機の場合は測定物の重量も加算してください。 ●下記特性グラフにおいて、STEP1 とSTEP2 の両条件を満たす領域から除振・防振製品を選定します。  [装置重量÷支持点の数]によって算出します。 ●このケ●ー1つスののマ場ウ合ン、ト下に記かのか2る製搭品載が重相量当はし5kまgですす。 。・ BBC25D013(5kg搭載時の固有振動数約13Hz) ●パッ●ドS/TEプPレ2 ー搭トタ載イ重プ量をの使算用出する場合は、支持点のサイズ(装置の脚サイズなど)も確認して ●STEP3 除振・防振製品の決定 ・ BBC35D007(5kg搭載時の固有振動数約11Hz)  くださ●い搭。載重量は、支持点1 箇所あたりの荷重のことです。 特性グ●ラ下フ20 記特性グラフにおいて、STEP1 とSTEP2 の両条件を満たす領域から除振・防振製品を選定します。  [装置重量÷支持点の数]によって算出します。 ●STEP3 加振周波数の確認 ●このケースの場合、下記の2製品が相当します。 ・ BBC25D013(5kg搭載時の固有振動数約13Hz)●パッド/プレートタイプを使用する場合は、支持点のサイズ(装置の脚サイズなど)も確認して 18 ・ BBC35D007(5kg搭載時の固有振動数約11Hz) ●防振対 く象だ装さ置いの。加振周波数を推定します。 特性グラフ 加振周波数は[、防振対象装置の回転数(rpm)÷60(秒)]によって推定します。推定が困難な場合 16 20 は、●振S動TE計Pを3 使加用振し周て波測数定しのて確く認ださい。 15 14 18 ここま●で防の振準対備象で装算置出のし加た振数周値波を数メをモ推し定てしおまきすま。す。 搭載重量加=振 周 波 数( はk[、g)防…振①対  象 装加置振の周回波転数数=( r pm ) ÷(6H0(z)秒…)②]によって推定します。推定が困難な場合 12 16 は、振動計を使用して測定してください。 15 10 14 ここまでの準備で算出した数値をメモしておきます。 ■除振・防振搭製載品重の量選=定   ( kg)…①   加振周波数=    (Hz)…② 8 12 ●STEP1 固有振動数による絞り込み 6 10 1 5 10 50 100 500 1 00 ●固■有除振動・防数と振は製、品除振の・選防定振製品が持つ固有の振動数です。 STEP2 搭載重量[kgf]( 1マウントあたり)8 特性グラフでは、除振・防振効果のある振動数帯と搭載重量が表示されています。 ◎選定時のご注意 加振●周ST波EP数(1 ②固)1有/2振(動0.5数倍に)よ以る下絞のり固込有み振動数となる除振・防振製品を選定してください。 重心が高い装6置や移動物・加振源を内蔵する装置は、振動対策に よって揺れが大1きくなる場合があります。除5振・防振製品1を0装置 50 100 搭載重量[kgf]( 1マウン振ト動あた伝り達)特性グラフ 500 1000 固有振●動固数有の振目動安数=と[は加、振除周振・波防数(振②製)品×が0.持5]つ= 固 有 の (振 STEP2 H動z)数…で③す。 内部の重心に近い位置に設置することにより装置の揺れが小さ 30 約30倍 固有振動数 特性グラフでは、除振・防振効果のある振動数帯と搭載重量が表示されています。 くなります。 ◎選定時のご注意 20 10倍 ◎振動伝重達心特が性高いグ装ラ置フやの移読み方 動物・加振源を内蔵する装置は、振動対策に ●STEP2 加搭振載周重波量数に(よ②る)絞1/り2(込0み.5倍)以下の固有振動数となる除振・防振製品を選定してください。 振動伝達よ率っはて、右揺れ図がの大ようきくなな伝る達場特合性がグあラりフまです表。さ除れ振・、防除振振製や品を装置10 振動伝達特性グラフ 約3倍 固有振動数の目安=[加振周波数(②)×0.5]=    (Hz)…③ 防振製品の内性部能のを重表心すに指近標いと位し置てに使設用置さすれるまこすと。グによラりフ装の置横の軸は揺れが小さ 3022H 約30倍●算出した搭載重量(①)が選定候補の除振・防振製品となります。 周波数(Hくz)な、縦り軸まはす振。動伝達率(dB)です。 0 1倍0 10 20 30 固40有振動50数 60 70 80 90 100 〈グラフの読み方〉 20 10倍-10 約1/3倍 除振、防振◎の振対動象伝と達なる特振性動グがラ4フ0Hのz読の場み合方、縦軸の振動伝達 ●STEP●3S T除EP振2・ 防搭振載製重品量のに決よ定る絞り込み 率は-10振dB動で伝す達の率では、床、右の図振の動よのう大なき伝さ達を1特と性しグたラとフきで、振表動さはれ、除振や 10 約3倍 1/3(0.3防)に振減製衰品しのま性す能。を一表方す対指象標ととなしるて使振用動さがれ2ま2Hすz。のグ場ラ合フの横軸 -2は0 22H 1/10倍 ●特性グ●ラ算フ出にしおたい搭て載、重ST量(EP①1) とがS選TE定P候2 補のの両除条振件・を防満振た製す品領と域なかりらま除す振。・防振製品を選定します。 は、振動伝周達波率数は(H1z0)、縦軸は振動伝達率(dB)です。 0 1倍dBですので、振動は3に増幅します。 -30 0 10 20 30 4 0 50 60 70 80 約901/301倍00 振動伝達〈率グがラ0フよのり読大みき方〉 周波数(Hz) くなる周波数は増幅しますので注意が ※搭載重量よりも軽すぎる除振・防振製品を選定すると、十分な除振・防振効果が得られない場合があります。 -10 約1/3倍必要です除。最振も、防増幅振すのる対周象波と数ながる振除動振・が防4振0H製z品のの場固合有、縦振軸動の数振動伝達 ●STEP3 除振・防振製品の決定 になります率。は-10dBですので、床の振動の大きさを1としたとき、振動は -20 1/10倍 1/3(0.3)に減衰します。一方対象となる振動が22Hzの場合 ●特性グラフにおいて、STEP1 とSTEP2 の両条件を満たす領域から除振・防振製品を選定します。 は、振動伝達率は10dBですので、振動は3に増幅します。 -30 約1/30倍 周波数(Hz) 振動伝達率が0より大きくなる周波数は増幅しますので注意が ※搭載重量よりも軽すぎる除振・防振製品を選定すると、十分な除振・防振効果が得られない場合があります。 必要です。最も増幅する周波数が除振・防振製品の固有振動数 になります。 3 振動伝達率(dB) 振動伝達率(dB) 97 0M 0 4 BH 1 B 97 M0 60 40 0D 0 1 4 BB H 1 BB H 60 0D 0 14 0 BB H 3D1 006 30 H1 00 00 D D0 BB 0BH 1 4 B BH 1 B 130 0 0 0D 06 0 013 6 0 D 053D 75M 0 1 0 7 BBH H1 0 4B0 D 1 M BBM 03 0 D0 13 BB H B 0BB 100 D 0 H BBH 1 0 BB D1 3 M0 60 75 M7 5 0 013 0 BM BB 03 03 B 0D 097 00 D 75D 7 H1 0 0MBBH 1 B 5 D06 0 BBM 0D0 0 B BBM 50 1 4 BM 13B B BH 030 D0 5D M1 00 097 7 BB 7 50M D06 0 BBM 0 7 M 0 0 D0 09 BB M5 13 BBH 14 5M BB 0 BB C3 100 D 3 097 BBM 030 D 01 M D 97 75 BBC 30 M50 M0 BB M 5 097BB BBC 3 C25 M 7 BB 013 09 0 30 5D C30 M 35D 03 50D 0 M7B 97B B M09 7 BBC BBM B M0 0 C25 BB C2 BB 03 0 013 0D 0D 030 BB C3 BBM 5 5D M09 7 BC3 C20 B 30 BB 30 C25 D0 0 B D01 3 013 BC3 0D B C35BB BM5 0D B B 030 D01 3 30 0D 30 C25 D0 B B BC2 C B 5D0 13 BB BBC 3 13 D007 3 25D 0 BC35 20D0 30 D01 BBC B C C30BB BB 30D0 07 07 BBC3 103 BC25 D01 BBBBCC203 D50D B 07 0D00 7 BC25 D0 C3 B D013 BB 0 BBC2 D007 5D00 7 BBC20 BBC2 7 BBC20 D00 STEP1 固有振動数[ Hz] STEP1 固有振動数[ Hz]
Page6

PORTABLE VIBRATION ISOLATION PLATES  No.E-1134 卓上エアー除振台 RoHS対応 材 質 ボディ:SPHC   表面処理 塗装 ●自動レべリング機能の付いた偏荷重に対応可能な除振台 です。 ●2種類の性能から選択可能です。 ●オプションにより、測定治具との組合せが可能です。 482 ■仕様・価格表 許容荷重 オーダーNo. No. D W H 高さ調整量 固有振動数[Hz] 質量kg 価格N kgf 127491 VAS4148H 2.5 15 193,000 414 482 58.5 ±3 0~1170 0~120 127492 VAS4148E 6 10 138,000 ※固有振動数は最大の許容荷重を加えた時の値(計算値)です。 ■特性データ ※防振機能による振動の増減を表します。 ※例えば振動伝達率が0.1倍の場合、振動が0.1倍に減衰、2倍の場合、振動が2倍に増減します。 ※実測に基づく計算値です。 4 使用高さ約58.2 414
Page7

PORTABLE VIBRATION ISOLATION PLATES  No.E-1134 卓上エアー除振台 RoHS対応 ■オプション 専用アルミテーブル 材 質 本体:A5052 インサートスクリュー:SUS304  表面処理 アルマイト ●治具パーツなど取付可能な専用アルミテーブル ■仕様・価格表 オーダーNo. No. A B C D E F G H I 128697 VAS4148-SB 482 414 15 M8 15 50 10 30 50 No. J K L M N 質量kg 価格 VAS4148-SB 8 90 300 55 300 8.0 143,000 ■使用例 5
Page8

LOW-FLOOR TYPE VIBRATION ISOLATED PLATES  No.E-9272 低床除振台VLS RoHS対応 材 質 除振マウント部:ABS樹脂  除振台:SPCC 表面処理 除振台:黒色電着塗装 ●機器の設置面高さは約16mmです。 ●振動を嫌う精密機器に最適です。  床やテーブルから伝わる振動を減衰することにより、高倍率 の顕微鏡、表面粗さ計など精密検査機器の性能が発揮でき ます。 ●高さ調整ダイヤルの操作で水平調整が簡単にできます。 注意事項 ・ 除振台は水平な場所に設置してください。 ・ 許容荷重を外れますと、除振性能が発揮出来ません。 ・ 天面に垂直に荷重が掛かるように設置してください。 ・ 防振マウントに均等に荷重がかかるように設置してください。 偏荷重対応に関しましては、別途相談ください。 ■参照ページ 中量マウント C D 高さ調整ダイヤル P.42 ■サイズ表 No. A B C D E F 質量kg VLS3045-***L 8.6 450 466 300 463 VLS3045-***HD 8.8 16~26 VLS3858-***L 13.6 580 596 380 543 66~76 VLS3858-***HD 13.8 VLS4560-***L 17.5 600 616 450 613 17~27 VLS4560-***HD 17.7 ■ミツトヨ様適合機種表 低床除振台No. 適合機種 型番 SJ-411 VLS3045-SJ401 小型表面粗さ測定機 SJ-412 *SJ-410シリーズ用簡易スタンド( 178-039) VLS3858-070L HM-100シリーズ:HM101,102,103 微小硬さ試験機 VLS3858-070HD HM-200シリーズ:HM210,220 SV-3200S4,H4,S8,H8 SV-C3200S4,H4,S8,H8 表面粗さ測定機 SVC4500S4,H4,S8,H8 VLS4560-SH *SJ500用据え置きスタンド( 178-085) CV-3200S4,H4,S8,H8 輪郭形状測定機 CV-4500S4,H4,S8,H8 *CV-2100N4用据え置きスタンド(218-042) 6 E A F B
Page9

LOW-FLOOR TYPE VIBRATION ISOLATED PLATES  No.E-9272 低床除振台VLS RoHS対応 ■仕様・価格表 許容荷重 オーダーNo. No. 価格 オーダーNo. No. 価格 kg N 998090 VLS3045-010L 70,500 116911 VLS3045-010HD 83,500 5 ~ 12 49 ~ 117 998091 VLS3045-020L 71,000 116912 VLS3045-020HD 84,000 10 ~ 25 98 ~ 245 998092 VLS3045-030L 71,500 116913 VLS3045-030HD 84,500 22 ~ 48 216 ~ 470 998093 VLS3045-070L 72,000 116914 VLS3045-070HD 85,500 47 ~ 95 460 ~ 931 998094 VLS3045-100L 72,500 116915 VLS3045-100HD 86,000 70 ~ 135 686 ~ 1323 998095 VLS3858-003L 73,500 116916 VLS3858-003HD 87,000 0 ~ 7 0 ~ 68 998096 VLS3858-010L 74,500 116918 VLS3858-010HD 87,500 5 ~ 20 49 ~ 196 998097 VLS3858-030L 75,000 116919 VLS3858-030HD 88,000 16 ~ 42 157 ~ 412 998098 VLS3858-070L 75,500 116920 VLS3858-070HD 88,500 40 ~ 90 392 ~ 882 998099 VLS3858-100L 76,000 116921 VLS3858-100HD 89,000 60 ~ 130 588 ~ 1274 105825 VLS4560-030L 93,500 116922 VLS4560-030HD 107,000 11 ~ 38 108 ~ 372 105826 VLS4560-070L 94,000 116923 VLS4560-070HD 107,000 37 ~ 89 363 ~ 872 105827 VLS4560-100L 94,500 116924 VLS4560-100HD 108,000 55 ~ 126 539 ~ 1234 ■ミツトヨ様仕様 オーダーNo. No. A B C D E F※1 質量kg 許容荷重 N 価格 100927 VLS3045-SJ401※2 450 466 300 458 16~26 66~76 8.6 258~ 590 72,000 120298 VLS3045HD-SJ411※3 450 466 300 458 16~26 66~76 8.8 258~ 590 85,500 119033 VLS3858-070HDM 580 596 380 543 16~26 66~76 13.8 392~ 882 90,000 102931 VLS4560-SH 600 616 450 613 17~27 66~76 18  863~1881 108,000 ※1 高さ調整ダイヤル下限時での使用高さとなります。(高さ調整範囲+5㎜) ※2 SJ411、SJ412にも適合します。 ※3 高減衰タイプでSJ401 、SJ412 にも適合します。 ■振動波形 VLS-HD VLS-L ■振動伝達率 VLS-L VLS-HD VLS-L VLS-HD 7
Page10

INSULATED BASE  No.E-9272 除振台VPG RoHS対応 材 質 除振マウント部:ABS樹脂  除振台:白御影石 表面処理 除振台:磨き仕上げ ●薄型設計の採用! ●振動を嫌う精密機器に最適です。  床やテーブルから伝わる振動を減衰することにより、電子天 秤や粘度計や表面粗さ計など精密検査機器の性能が発揮 できます。 ●高さ調整ダイヤル操作で水平調整が簡単にできます。 注意事項 ・ 除振台は水平な場所に設置してください。 ・ 許容荷重を外れますと、除振性能が発揮出来ません。 ・ 天面に垂直に荷重が掛かるように設置してください。 ・ 防振マウントに均等に荷重がかかるように設置してください。 偏荷重対応に関しましては、別途相談ください。 ■使用例 B 高さ調整ダイヤル ■サイズ表 No. A B C D 質量kg VPG2836-***L 8.5 280 360 VPG2836-***HD 8.7 VPG3545-***L 13.6 350 30 69~79 VPG3545-***HD 13.8 450 VPG4045-***L 15.1 400 VPG4045-***HD 15.2 ■仕様・価格表 許容荷量 オーダーNo. No. 価格 オーダーNo. No. 価格 kg N 117847 VPG2836-007L 60,500 118217 VPG2836-007HD 73,500 2.5 ~ 12 25 ~ 118 117848 VPG2836-020L 61,000 118218 VPG2836-020HD 74,500 9 ~ 25 88 ~ 245 998100 VPG3545-003L 67,000 116925 VPG3545-003HD 80,500 0 ~ 7 0 ~ 69 998101 VPG3545-010L 67,500 116926 VPG3545-010HD 81,000 5 ~ 20 49 ~ 196 998102 VPG3545-030L 68,000 116927 VPG3545-030HD 81,500 16 ~ 42 157 ~ 412 998103 VPG3545-070L 69,000 116928 VPG3545-070HD 82,000 40 ~ 90 392 ~ 882 998104 VPG3545-100L 69,500 116929 VPG3545-100HD 82,500 60 ~ 130 588 ~ 1274 998105 VPG4045-003L 69,500 116930 VPG4045-003HD 82,500 0 ~ 6 0 ~ 59 998106 VPG4045-010L 70,000 116931 VPG4045-010HD 83,000 5 ~ 18 49 ~ 179 998107 VPG4045-030L 70,500 116932 VPG4045-030HD 83,500 15 ~ 40 147 ~ 392 998108 VPG4045-070L 71,000 116933 VPG4045-070HD 84,000 40 ~ 90 392 ~ 882 998109 VPG4045-100L 71,500 116934 VPG4045-100HD 84,500 60 ~ 125 588 ~ 1225 D:レベリング下限時での使用高さとなります。(高さ調整範囲+5mm) 8 C A D
Page11

INSULATED BASE  No.E-9272 除振台VPG RoHS対応 ■改善事例 ■粗さ計の測定値が安定しない 振動源:コンプレッサー ●対策前 ●対策後 【テストピース測定データ】 【テストピース測定データ】 使用写真 テストピース:Ra 2.94μm ●対策前 ●対策後 テストピース設置台上の テストピース設置台上の 振動測定データ(時間軸波形) 振動測定データ(時間軸波形) 5gal 振 振 動 加300gal 動 加300gal 速 速 度 度 時間 時間 ■マイクロスコープのモニター画像がぶれる 振動源:プレス加工機 ●対策前 ●対策後 【モニター画像】 【モニター画像】 ●振動の影響を受けて焦点の合 ●振動が除去された鮮明な画像 使用写真 わない画像 9
Page12

INSULATED BASE  No.E-9272 除 振台VPG RoHS対応 ■ 改善事例 ■ 装置マイクロビッカ−ズ(高減衰タイプ事例) 問 題:ステージ位置だし後の揺れが収まりにくい 使 用除振台型式:VLS3858-070HD 推奨装置 ●電子天秤 ●顕微鏡 ●硬さ試験機 装置が移動し制定性を要求される装置に最適です。 (揺れを早く収束させたい) VPG VLS BMM 10
Page13

INSULATED BASE  No.E-9272 パッド式除振台 RoHS対応 ●本体の揺れが少ない高減衰パッド式除振台。 ●薄型設計採用! ●エアー源不要/メンテナンス不要 ●振動を嫌う精密機器・電子天びんに最適です。  床やテーブルから伝わる振動を減衰することにより  精密検査機器の性能が発揮できます。 A ■仕様・価格表 * 標準在庫品 オーダーNo. No. A B C D 許容荷重N 質量kg 価格 *130372 VPG2836-GSH075 360 280 30 69 200 8.5 55,000 ■使用例 注意事項 ・ 除振台は水平な場所に設置してください。 ・ 許容荷重を外れますと、除振性能が発揮出来ません。 ・ 防振マウントに均等に荷重がかかるように設置してください。 11 C B D
Page14

ACTIVE BENCHTOP ISOLATOR  No.E-9272 卓上型アクティブ除振台 RoHS対応 NEW ●低周波領域で高い除振性を実現。  0.7Hzからの除振が可能。 ●3つのゲイン設定から最適な設定を選択。 ●特許取得済みのアクティブ式除振技術。  小型超精密測定機器に最適。 ●自動レベリング機能搭載。 ●除振方式:直列方式(アクチュエーターばね) ●アクティブ制御範囲:0.7~100Hz ●パッシブ制御範囲:最大1000Hz ●供給電源:90~220V 50/60Hz 522 ■用途 ●干渉計システム ●操作プローブ顕微鏡(SPM) ●レーザー変位計システム ●その他ナノレベルの  各種分析・測定システム 260.4 504 538 ■仕様・価格表 許容荷重 オーダーNo. No. 固有振動数Hz 搭載板仕様 質量kg 価格N kgf 139442 K-400 穴なし 都度見積 225~1470 23~150 0.6 25 139443 K-400M M6タップ25mmピッチ 都度見積 12 103 422 240 404 438
Page15

MINIATURE VIBRATION ISOLATION MOUNT  No.E-9923 ミニチュア防振マウント RoHS対応 NEW 材 質 ホルダー:PBT(ナット部:C3604BD(黄銅))     ばね:SWP-AまたはSWP-B     減衰材:発泡ポリウレタン ●樹脂ホルダを用いた軽量・小型の防振マウントです。 ●コイルばねを採用、ゴム,ウレタンなどの防振材に比べ、  軽荷重・低周波振動に対応します。 ●振動を熱に変換して吸収する減衰材を内蔵し、  搭載物の揺れを抑えます。 30 ■用途 軽量・精密機器の除振・防振 M4 (締付トルク0.5T) 23 39 23 ■仕様・価格表 * 標準在庫品 許容荷重 オーダーNo. No. A B C D E F 固有振動数Hz 質量g 価格N kgf *126519 BMS-F325 23 39 23 21 3.2 30 2.9~4.9 0.3~0.5 11 8 1,030 ※固有振動数は最大荷重搭載時の値です。 ※Dは無荷重時の高さです。 ■特性 ■使用例 伝達特性(鉛直) 30 20 10 0 -10 -20 除振・防振領 域 -30 -40 -50 -60 -70 0 50 100 150 200 周波数[Hz] 13 伝達率[dB] 2 x3.2 21
Page16

BUILT-IN VIBRATION ISOLATION MOUNT  No.E-9942 ビルトイン防振マウント(ステンレス金具) RoHS対応 材 質 金具:ステンレス 防振材:エーテル系ポリウレタン ●発泡ポリウレタン素材を用い、低周波の振動から低減できます。 ●エーテル系ポリウレタンで、水や紫外線に強く、ゴムのよう な劣化がほとんどありません。 ●ステンレス製お椀型金具を用いて耐久性を向上させました。 ■使用例 ●コンプレッサー・送風機・チラー・電動機など振動する機器 から発生する振動の防振。 ●測定器・顕微鏡など振動を嫌う機器に伝わる振動の除去。 ■特性データ φD d d ■選定のポイント 特性データのグラフより、マウントの固有振動数が、防振または除振したい振動周波数の1/2以下のものをお選びください。 【選定例】 1つのマウントにかかる荷重が5kg、回転数が1,800rpmのポンプの振動を防振したい場合 ・ポンプから発生する振動周波数は1,800回転/60秒=30Hzとなります。 ・従いまして、固有振動数が30Hz/2=15Hz以下のマウントを選定します。  このケースではBBC25D013(5kg搭載時の固有振動数13Hz)または、BBC35D007(5kg搭載時の固有振動数11Hz)が 相当します。 14 L H L
Page17

BUILT-IN VIBRATION ISOLATION MOUNT  No.E-9942 ビルトイン防振マウント(ステンレス金具) RoHS対応 ■仕様・価格表 * 標準在庫品 オーダー サイズ[mm] 許容荷重 固有振動 対象振動 防振材撓み 価格 No. No. 防振材色 数[Hz] 周波数[Hz] 量[mm]D d H L N kgf ※1 ※2 ※3 1~9個 10個以上 *127540 BBC20D007 ピンク 18.0 11~ 16 1.2~ 1.7 14 28~ 2 750 670 *127541 BBC20D013 黄 23~ 31 2.4~ 3.2 15 29~ 2 750 670 25 M5 16.5 *127542 BBC20D030 緑 17.0 52~ 70 5.4~ 7.2 14 27~ 2 750 670 *127543 BBC20M097 濃紫 130~180 14 ~19 13 26~ 2 750 670 *127544 BBC25D007 ピンク 16~ 26 1.7~ 2.7 13 25~ 2 1,010 910 *127545 BBC25D013 黄 37~ 50 3.8~ 5.1 13 26~ 2 1,010 910 31 M6 21.0 18.0 *127546 BBC25D030 緑 80~100 8.2~11 12 25~ 2 1,010 910 *127547 BBC25M097 濃紫 210~290 22 ~30 12 24~ 3 1,010 910 *127548 BBC30D007 ピンク 28~ 38 2.9~ 3.9 12 23~ 2 1,160 1,050 *127549 BBC30D013 黄 53~ 72 5.5~ 7.4 12 23~ 3 1,160 1,050 36 M6 25.0 18.0 *127550 BBC30D030 緑 110~150 12 ~16 11 22~ 3 1,160 1,050 *127551 BBC30M097 濃紫 320~430 33 ~44 10 21~ 3 1,160 1,050 *127552 BBC35D007 ピンク 39~ 52 4 ~ 5.4 11 21~ 3 1,490 1,340 *127553 BBC35D013 黄 73~ 98 7.5~10 11 22~ 3 1,490 1,340 41 M8 28.0 23.0 *127554 BBC35D030 緑 150~210 16 ~22 10 21~ 3 1,490 1,340 *127555 BBC35M097 濃紫 440~580 45 ~60 10 20~ 4 1,490 1,340 ※1.固有振動数は最大の許容荷重を加えた時の計算値です。 ※2.対象振動周波数は除振・防振の対象となる振動周波数です。   最大の許容荷重を加えた時に鉛直方向の振動が1/2~1/3に低減される周波数を基準にしています。 ※3.防振材撓み量は最大の許容荷重を加えた時の計算値です。 ■実施例 目  的  コンプレッサーの防振対策 対  策  コンプレッサーとベースの間にストッパー付きビルトイン防振マウントBBC35D013を4個設定 結  果  ベースに伝わるコンプレッサーの振動を減らすことができた。 ベースの振動加速度パワースペクトル ■使用上のご注意 正しい使い方 吊り下げての使用 重心が重い物へ 横向きでの使用 傾斜面(1度以 (圧縮荷重) (引張り荷重) の使用 (引張り荷重) 上)での使用 (引張り荷重) (せん断荷重) ●振動周波数がマウントの固有振動数の√2倍以下の場合には、振動が増幅します。 ●許容荷重範囲内でお使いください。また、鉛直(圧縮)方向に荷重がかかるよう設置してください。 ●引張り、せん断荷重がかかる状態でのご使用はできません(上の例をご覧ください)。また、輸送、保管時にも引張り、せん断荷重がかからないようにしてください。  引張り、せん断荷重がかかるとマウントを破損する場合がございます。 15
Page18

BUILT-IN VIBRATION ISOLATION MOUNT  No.E-9942 ビルトイン防振マウント(中量型) RoHS対応 材 質 プレート:SPHC  ボルト/ナット:SWRCHIOR 表面処理 三価クロメートメッキ ●除振・防振効果の高い発泡ポリウレタン防振材を用いた組 込み用のマウントです ●低周波振動の除去が可能  ゴム系の防振材より優れた発泡ポリウレタンを用いる事に より低周波振動の除去が可能です。 ●広範囲の荷重に対応  100N~3100Nの幅広い荷重に対応しています。 ●防振材の種類が豊富  サイズ毎に2~4種類の防振材を準備。異なる荷重でもサイ ズの違いを最小限にできます。 ■用途 ●接続方法の組み合わせが自由 中量型は、おねじ、めねじの組み合わせが選べます。 ●外部から伝わる振動の除去  精密測定機、検査、加工機などへ外部から伝わる振動 の除去 ●外部へ伝わる振動の抑制  ポンプ、発電機などの振動源から外部に伝わる振動 の抑制 (ボルト/ナット) (ボルト/ボルト) (ナット/ナット) φ6 φ6 φ6 (回り止め) (回り止め) (回り止め) 10 A 10 A 10 A d d d d d ※ナット側固定用ボルトは ※固定用ボルトは DP寸法内に収まるようにしてください。 d DP寸法内に収まるようにしてください。 ■特性データ ■選定のポイント ビルトイン防振マウント中量型 左表より、搭載荷重に対するマウントの固有振動数を読み取り、除振、防振したい振動周波数の1/2(0.5倍)以下 20 のものをお選びください。 18 選 1つのマウントにかかる荷重が300N、 16 定 回転数が1,800rpmのポンプの振動を 14 例 除振したい場合 12 ■ポンプから発生する振動周波数は1,800回転/60秒 10  =30Hzになります。 8  従いまして、マウントは固有振動数が30Hz/2=15Hz 6  以下のものを選定します。 10 100 1000 10000 ■このケースの場合BBM75D013(30N搭載時の固有  振動数約13Hz) 荷重〔N〕(1マウントあたり)  または、BBM50D030(300N搭載時の固有振動数  約15Hz)が相当します。 BBM50D013XX BBM50D030XX BBM50D060XX BBM50M097XX BBM75D013XX BBM75D030XX BBM75D060XX BBM75D130XX 16 固有振動数〔Hz〕 DP 4.5 4.5 H L A 10 4.5 4.5 L H L A 10 DP DP 4.5 4.5 H A 10
Page19

BUILT-IN VIBRATION ISOLATION MOUNT  No.E-9942 ビルトイン防振マウント(中量型) RoHS対応 ■仕様・価格表 オーダー サイズ[mm] 固有振動数 対象振動周波数 防振材撓み量 No. No. 防振材色 タイプ 許容荷重 N 質量g 価格A H d(並目) L DP [Hz]※1 [Hz]※2 [mm]※3 109414 BBM50D013NB 濃 黄 100~ 240 11 22~ 2 250 2,960 109415 BBM50D030NB 濃 緑 240~ 550 10 21~ 3 260 3,050 53 34.0 M 8×1.25 30.5 8 109416 BBM50D060NB 濃 青 480~1000 10 21~ 3 270 3,150 109417 BBM50M097NB 濃 紫 ボルト 650~1400 10 20~ 4 270 3,180 109418 BBM75D013NB 濃 黄 ナット 250~ 560 9 17~ 4 590 4,510 109419 BBM75D030NB 濃 緑 560~1200 8 17~ 4 620 4,850 78 46.5 M12×1.75 50.5 12 109420 BBM75D060NB 濃 青 1000~2400 8 17~ 4 650 5,200 109421 BBM75D130NB 紫 1300~3100 9 18~ 4 670 5,550 109422 BBM50D013BB 濃 黄 100~ 240 11 22~ 2 260 3,030 109423 BBM50D030BB 濃 緑 240~ 550 10 21~ 3 270 3,110 53 34.0 M 8×1.25 30.5 − 109424 BBM50D060BB 濃 青 480~1000 10 21~ 3 280 3,210 109425 BBM50M097BB 濃 紫 ボルト 880~1900 10 20~ 4 280 3,230 109426 BBM75D013BB 濃 黄 ボルト 250~ 560 9 17~ 4 630 4,590 109427 BBM75D030BB 濃 緑 560~1200 8 17~ 4 660 4,940 78 46.5 M12×1.75 50.5 − 109428 BBM75D060BB 濃 青 1000~2400 8 17~ 4 690 5,300 109429 BBM75D130BB 紫 1300~3100 9 18~ 4 720 5,650 109430 BBM50D013NN 濃 黄 100~ 240 11 22~ 2 240 2,890 109431 BBM50D030NN 濃 緑 240~ 550 10 21~ 3 250 2,990 53 34.0 M 8×1.25 − 8 109432 BBM50D060NN 濃 青 480~1000 10 21~ 3 260 3,080 109433 BBM50M097NN 濃 紫 ナット 880~1900 10 20~ 4 260 3,110 109434 BBM75D013NN 濃 黄 ナット 250~ 560 9 17~ 4 540 4,430 109435 BBM75D030NN 濃 緑 560~1200 8 17~ 4 580 4,770 78 46.5 M12×1.75 − 12 109436 BBM75D060NN 濃 青 1000~2400 8 17~ 4 610 5,150 109437 BBM75D130NN 紫 1300~3100 9 18~ 4 630 5,450 使用上のご注意 正しい使い方 吊り下げての使用 重心が高い物への使用 横向きでの使用 傾斜面(1度以上)での使用 (圧縮荷重) (引張り荷重) (引張り荷重) (せん断荷重) (せん断荷重) ・ マウントの固有振動数が、除振したい振動周波数の1/√2(0.7倍)以上の場合は除振効果が得られず、振動が増幅します。 マウントには圧縮方向の荷重がかかるようにご使用ください。 ・ 引張り、せん断荷重がかかる状態でのご使用はできません。(上の例をご覧ください) また、輸送、保管時にも引張り、せん断荷重がかからないようにしてください。引張り、せん断荷重がかかるとマウントが破損する場合がございます。 ■使用例 重心が高い装置は装置内の重心に近い位置に防振製品を設置する ことにより、防振製品設置による装置の揺れが小さくなります。 17
Page20

BUILT-IN VIBRATION ISOLATION MOUNT  No.E-9942 ビルトイン防振マウント(重量型) RoHS対応 材 質 プレート:FC200     表面処理 塗装 ●除振・防振効果の高い発泡ポリウレタン防振材を用いた組 込み用のマウントです。 ●低周波振動の除去が可能  ゴム系の防振材より優れた発泡ポリウレタンを用いる事に より低周波振動の除去が可能です。 ●広範囲の荷重に対応  400N~14700Nの幅広い荷重に対応しています。 ●防振材の種類が豊富  サイズ毎に2~5種類の防振材を準備。異なる荷重でもサイ ズの違いを最小限にできます。 ●ストッパー機構内蔵 ■用途  地震などの大きな揺れに対応するストッパー機構が内蔵されています。 ●外部から伝わる振動の除去  精密測定機、検査、加工機などへ外部から伝わる振動 の除去 ●外部へ伝わる振動の抑制  ポンプ、発電機などの振動源から外部に伝わる振動 の抑制 d1(上部取り付け穴) A P ※六角穴付きボルト用 ■特性データ ■選定のポイント 左表より、搭載荷重に対するマウントの固有振動数を読み取 ビルトイン防振マウント重量型 り、除振、防振したい振動周波数の1/2(0.5倍)以下のもの 16 をお選びください。 14 選 1つのマウントにかかる荷重が500N、 12 定 回転数が2,400rpmのモーターの振動を例 10 防振したい場合 8 ■モーターから発生する振動周波数は2,400回転/60秒 =40Hzになります。 6  従いまして、マウントは固有振動数が40Hz/2=20Hz 4  以下のものを選定します。 100 1000 10000 100000 ■このケースの場合BBH140D070(500N搭載時の固有 荷重〔N〕(1マウントあたり)  振動数約12Hz) または、BBH100D013(500N搭載時の固有振動数約 BBH100D013 BBH100D030 BBH100D060 BBH100D130 BBH140D070  13Hz)が相当します。 BBH140D013 BBH140D030 BBH140D060 BBH140D130 18 固有振動数〔Hz〕 φd2 DP (下部取り付け穴※) φd2 t t (下部取り付け穴※) H A