1/11ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.6Mb)

UPTIME 稼働時間 装置メーカーから学ぶ6つの視点

ホワイトペーパー

インダストリー4.0ソリューションによるリモートメンタナンスで稼働時間を拡大

IIoT市場が世界的に拡大し、2023年までに約7,500億米ドル規模に達すると推定されるなか、IIoTデバイスにタイムリーなサポートを行う必要性が高まっています。生産現場は24時間365日不休で稼働しており、時間や場所を問わず問題が発生する可能性があります。
現場の装置に即時にアクセスして監視を行うために、装置メーカーは効果的でセキュリティに優れたソリューションを必要としています。そのカギとなるのがリモートメンテナンスです。
この技術により、IP対応のデバイスは、同じ物理ネットワーク上で接続されているかのように、インターネットを介して相互に通信することができるのです。

リモートメンテナンスのあらゆる側面をカバーするためには改良保全(CORRECTIVE)、予防保全(PREVENTIVE)、予知保全(PREDICTIVE)に対応できる必要があります。ここではリモートアクセスとしても知られる改良保全(CORRECTIVE)メンテナンスについてご説明します。
リモートアクセスにより、お客様の生産現場の装置にアクセスし、監視やメンテナンスを行うことができます。リモートメンテナンスを行うことで、顧客サービスを効率化し、メンテナンスコストを削減し、そして最も重要な点として稼働時間を増加させることができます。

このカタログについて

ドキュメント名 UPTIME 稼働時間 装置メーカーから学ぶ6つの視点
ドキュメント種別 ホワイトペーパー
ファイルサイズ 1.6Mb
取り扱い企業 Secomea合同会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)