このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(690.5Kb)

光学・照明設計ソフトウェア OpticStudio

製品カタログ

光学エンジニアに不可欠のソフトウェア プラットフォーム

OpticStudio は、複雑な物理および対話型ビジュアル機能と組み合わせた直感的なユーザー インターフェイスを備えた、光学エンジニアに不可欠のソフトウェア プラットフォームであり、革新的な技術を推進すると同時に開発コストを低減します。 Zemax の最も重要な使命は、光学エンジニア、研究者、科学者の皆様が製造性に優れた製品を設計できるようにすることにあります。

OpticStudio™ による高速で高精度な設計ツールを光学設計の現場にお届けします。 各ツール セットは工学設計プロセスの主要な手順に合わせて作成され、このソフトウェアの主要機能を構成しています。 解析、最適化、公差解析の各ツール セットには物理学に基づく優れたアルゴリズムが多数用意され、光学系の解析、シミュレーション、最適化のすべてを公差仕様の範囲内で実行できます。

このカタログについて

ドキュメント名 光学・照明設計ソフトウェア OpticStudio
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 690.5Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 Zemax Japan 株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログ(光学・照明設計ソフトウェア OpticStudio)の内容


Page 1:OpticalandIlluminationDesignSoftwareワークフローを効率化し、製造性を保証Copyright © 2015, Zemax LLC. 無断複写・転載を禁じます。仕様は予告なく変更される場合があります。OpticStudio は Zemax LLC の 商標登録です。Contact Us Todayアメリカ本社Zemax, LLC10230 NE Points Drive, Suite 540Kirkland, WA 98033T. 1 (425) 305. 2800F. 1 (425) 305.2808中国Zemax ChinaRoom 2905, Floor 29Tower 2 Jingan Kerry CentreNo. 1539, West Nanjing RoadJingan District, Shanghai , China200051T. 86 21 6271.3200ヨーロッパZemax Europe, Ltd.8 Riverside Business Park, StoneyCommon RoadStansted, CM24 8PL, UKT. 44 1279 810911F. 44 1279 810912NewZemax.com•無料トライアルをダウンロードOpticStudioのトライアルバージョンを使い、多くの光学設計や照明設計の プロがZemaxを選ぶ理由を確かめてください。•豊富な情報豊富なノウハウや操作手順の情報をデータベースで検索が可能です。•簡単なナビゲーション価格、機能の詳細、アプリケーション情報、サポート支援やトレーニング情報等、お探しの情報を素早く見つけることができます。•迅速なオンラインショッピング便利なオンライン ショッピングで、新規ライセンス、アップグレード、サポート更新をご購入いただけます。•世界各地にある窓口実際に担当との打ち合わせをご希望ですか。お近くのZemax現地オフィス、代理店またはコンサルタントをお探しですか。最適なZemax窓口に直接、簡単にご連絡いただけます。日本Zemax Japan 株式会社〒162-0845東京都新宿区市谷本村町2-5AD市ヶ谷ビル4階T. 03-4405-6085F. 03-6457-5095台湾Zemax Taiwan12F, No.252, Sec.1, Neihu Rd.Neihu Dist.,Taipei City 11493Taiwan R.O.C.T. 886-2-7721-1828F. 886-2-7722-3388Zemax.comsales@zemax.com

Page 2:OpticStudio は、開発コストを削減しつつより速い革新を後押しするために、直感的なユーザー インターフェースと複雑な物理学およびインタラクティブなビジュアルを組み合わせた、光学技術者にとって必要不可欠なソフトウェア プラットフォームです。光学技術者や研究者、および科学者が製造性に向けた設計を行えるようにすることが、Zemax 社の目標の中核です。Zemax 社は、 OpticStudio™ を使って光学技術者の手に高速で精度の高い設計ツールをもたらします。それぞれのツール セットは、ソフトウェアの基本機能を構成する一方で、技術設計プロセスにおいてキーとなる段階と一致しています。解析、最適化および公差解析のツール セットには、物理学に基づく優れたアルゴリズムが数多く含まれており、光学系の解析、シミュレーションおよび最適化を全て公差仕様内で行います。•解析ツール - 業界で最も包括的な解析およびシミュレーション ツール一式を備えた、単一でシームレスなソフトウェア プラットフォームを使用して、アイディアを実現してください。このツール一式で、光学系、照明系、およびレーザー系の開発ならびに改良が可能です。•最適化ツール - 定義された制限に基づき、光学・照明設計の性能を自動で向上させます。これにより、マニュアルでのテストの繰り返しをなくして時間を節約することができます。• 公差解析ツール - 設計技術者が製造および組立ての制限を設計制約へ組み込むのに役立つ最新ツールと最新機能によって、製造性ならびに生産効率を保証します。OpticStudio には、有用性を拡張するためのストック レンズ カタログ、材質カタログ、ユーザー ヘルプ ファイル、ナレッジベース記事へのリンクなど、包括的なサポート モジュールがソフトウェア内に搭載されています。最大の生産性を保証するため、 OpticStudio には追加料金なしでこれらの各モジュールが搭載されています。OpticStudio について• 多様性ならびに可能性OpticStudio 特有の性能として、従来の光学モデルと迷光または照明モデル間、もしくは光線ベースの計算と物理光学伝搬の結果間におけるシームレスな移行が挙げられます。この幅広い機能により、様々な光学系、照明系およびレーザー系を OpticStudio というひとつのソフトウェア プログラムで取り組むことができ、時間とお金を削減します。OpticStudio には、様々なモデルを扱う多様性に加えて、パワフルな解析、最適化および公差解析機能が搭載されています。創造性を目的としたあらゆるレンズ、照明光学およびレーザー系の設計 ― 可能性を想像してください。技術設計プロセス全体をサポートするソフトウェアを提供してきた25年の伝統業界におけるベストバリュー•最低限の学習曲線 – 業界で最も直感的なユーザー インターフェースにより、 非生産的な設計の停止時間を最小限に抑えます。•柔軟性のあるライセンス オプション – 永続ライセンス契約のソフトウェア ライセンスで3つの異なるエディションで提供され、シングル ユーザーまたはマルチ ユーザー ネットワーク ライセンスを選択することができます。•平日 24 時間体制の世界的なテクニカル サポート – グローバルな光学設計者チームによって提供され、95%以上の満足度を得ています。•業界最高レベルの対面トレーニング – 事前に設定された日程で、一年を通じて世界中で開催されており、世界で一番の OpticStudio の専門家たちが指導します。•企業レベルのプログラム – 複数ユーザーが存在する顧客向けに、プログラムのカスタム構成も可能です。•プログラム内のチュートリアルおよびヘルプ – 一番必要な時に、ソフトウェアに組み込まれたチュートリアルおよびインタラクティブなヘルプファイルに素早く簡単にアクセスできます。•最低限のソフトウェア投資リスク – 30日間の返金保証により、正確で現実的な評価を実現するソフトウェアへの投資リスクを最低限に抑えることができます。What’s Cool...• 最適化をより身近に製造性を目的とした設計のキーとなる段階は、費用対効果と現実の仕様が満たされることを確実にする最適化です。OpticStudio は、経験豊富な技術者に高度なツールおよびアルゴリズムを提供すると同時に、経験の少ない設計技術者にとって容易かつ理解しやすいよう、複数のレベルでこの最適化プロセスを自動化します。ビジュアル最適化ツールにより、モデルにおける各エレメントの様々なパラメータを調整し、設計への影響を瞬時に見ることが可能です。経験のある技術者は、自動最適化、グローバル サーチ最適化およびハンマー最適化といった包括的なツールを用いて、最適化プロセスをより深く極めることができます。これらのツールは、高度場アルゴリズム( DSL 法および直交降下法)を使用して、最良の設計を見つけ出します。• 正しい適合を保証する3 つの公差解析ソリューション仕様に対するばらつきの総量を見出すことは、コンポーネントとして適合することを保証するだけでなく、システム全体が対象となるアプリケーションの性能にも適合することを保証するうえで最も重要です。公称寸法に対して上下のばらつき量を特定することの重要性は理解されていますが、制限の決定に必要な情報を全て持っていない可能性がある場合や、その制限を超える際に何が起こるかを理解する必要がある場合があります。 OpticStudio には公差解析の必要性に対処する、特別に設計された 3 つの機能が搭載されています。  ・ 既知の公差がどのように光学系の性能を変えるかを見る ― 認識された     公差制限を使って大体の公差値を取り入れ、光学系の性能を測定する基    準に明確な変化を見ることができます。  ・ OpticStudio に公差を計算させる ― 光学系性能の既知の制限を用いて、    光学系のコンポーネントの公差を自動で計算することが可能です。  ・ あらゆる公差の影響を同時にシミュレーション ― 設定した公差を使用し    た大量製造に特に効果的で、何千、何百万もの様々な光学系の構築をシミュレーションすることにより、仕様に合う設計の統計的尤度(ゆうど)を表示します。上記の機能を使用することで、光学設計技術者が仕様の抜け落ちおよび公差の制限の設定による影響を検査して、製造目的到達の統計的な解析をもたらすのに役立ちます。さらに、公差解析結果を最適化プロセスに組み込むことが可能なため、妥当な公差での光学系の製造を保証します。• CAD 統合あらゆる光学・照明設計にとって、他の CAD プログラムとの統合は必然的かつ重要です。OpticStudio には、Premium エディションの一部としてシームレスなCAD 統合が搭載されています。これにより、別のモジュールやプログラムを購入する必要がなくなります。CAD 統合の機能で下記のことが可能です。 ・ SolidWorks®、 Autodesk®、 Inventor® および PTC Creo® からのネイティブ    な CAD パーツおよびアセンブリを、OpticStudio ソフトウェアで開く ・ 光学パラメータに対する CAD パーツの最適化 ― 照明、スポットサイズの   均一化、迷光の最小化、パワーの最大化 ・ 最適化した CAD パーツをネイティブな CAD フォーマットで保存 ・ 任意の CAD パーツ上の照明を表示 ・ 内蔵された CAD プログラムの「パート デザイナー」を使用して、 OpticStudio  の中に新しい CAD パーツを生成「多くのソリューションを設計し、コストや複雑性と性能の間の最適なスポットを見つけ出すことができます。コストがかかっても、より高い性能もしくはより厳しい公差を得るよう努める場合と、低い公差で十分な場合を判断することが可能です。」Derek Nankivil 博士