1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(3.9Mb)

【ナカヨ】無線データセンシングシステム

製品カタログ

ワイヤレスでデータ情報を収集するナカヨの無線端末のご紹介

マルチホップ方式による自動通信経路構築機能、中継モードによる、長距離送信の機能を有し、センサー後付による既存設備のデータ収集を可能にする無線機です。

このカタログについて

ドキュメント名 【ナカヨ】無線データセンシングシステム
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 3.9Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 サンテレホン株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

■製品一覧 通信端末/ ゲートウェイ インターフェース装置NT920-WM / NT920-GW / NT920-IB NTLoRa-GW 920MHz 帯マルチホップ通信方式で最大 無線ネットワークの制御機能を持ち、最大50台の 8 段のツリー型マルチホップ通信を行い NT920-WM/IB、NTLoRa-WMIFが接続可能です。 ます。 市販センサを接続し、センサデータを 無線送信します。 エッジ端末 インターフェース付通信端末 NYC-EDGE-3 / L NTLoRa-WMIF 収集したセンサデータの 無線データセンシングシステム 最大 4 段の中継モードを使っ 蓄積可能です。 た長距離通信が可能です。 最大 12 台の NT920-GW/ 市販センサを接続し、センサ NTLoRa-GW を管理可能です。 IoTに必要なデータをナカヨの無線技術でサポートします。 データを無線送信します。 ■製品仕様 NT920-WM/IB NTLoRa-WMIF 区分 NT920-GW NTLoRa-GW 区分 (920MHz帯 (プライベート 上位 物理インタフェース Ethernet(100BASE-TX) Ethernet(100BASE-TX) マルチホップ通信方式) LoRa通信方式) 通信 通信プロトコル HTTP HTTP 適用無線規格 ARIB STD-T108 ARIB STD-T108 適用無線規格 ARIB STD-T108 ARIB STD-T108 変調方式 FSK変調 LoRa 変調 変調方式 FSK変調 LoRa変調 無線仕様 データレート 100kbps 5.4kbps 下位 通信 データレート 100kbps 5.4kbps空中線電力 20mW 20mW 空中線電力 20mW 20mW 通信プロトコル 独自仕様 Private LoRa 通信プロトコル 独自仕様 Private LoRa アナログ信号 1ch 1ch 電源仕様 AC給電:AC100V AC給電:AC100V 入力 PoE給電:DC48V PoE給電:DC48V センサ インタ 接点入力 2ch 2ch 動作温度範囲 0~40℃ 0~40℃ フェース 接点出力 1ch 1ch UART 1ch 1ch 区分 NYC-EDGE-3 NYC-EDGE-L I2C 1ch 1ch 上位 通信方式 3G/LTE Ethernet(100BASE-TX) AC給電 AC100V AC100V 通信 通信プロトコル MQTT MQTT 電源仕様 センサ用出力 DC12V/5V/3.3V DC12V/5V/3.3V 下位 物理インタフェース Ethernet(100BASE-TX) Ethernet(100BASE-TX) 動作温度範囲 -10~60℃ -10 ~ 60℃ 通信 通信プロトコル HTTP HTTP 電源仕様 AC給電:AC100V PoE給電:DC48V 動作温度範囲 0~40℃ 0~40℃ ●本カタログの画面、仕様ならびにデザインは改良の為、予告なく変更されることがありますのでご了承ください。●このカタログの記載内容は2019 マルチホップ無線通信方式による自動通信経路構築 年7月現在のものです。 ●印刷の都合上、実際とは多少色の異なることがあります。●その他記載の会社名や製品名及びサービス名は、各社の商標ま ご使用の際は取扱説明書を良くお読み たは登録商標です。本システムは輸出できません。尚、ご不明な場合は弊社担当営業にお問合せください。 注意 の上、正しく安全にお使いください。 ●本カタログから許可なく転記、複写しないでください。 お問い合わせ、お求めは… 株式会社ナカヨ 中継モードによる長距離通信が可能 営業統括本部 IoT推進部 〒108-0075 東京都港区港南一丁目7番18号 A-PLACE品川東7階 TEL 03(6433)1544 URL http://www.nyc.co.jp/ ナカヨ電子サービス株式会社 ビジネスパートナー本部 〒108-0075 東京都港区港南一丁目7番18号 A-PLACE品川東7階 TEL 03(5715)3401(代) URL http://www.nakayo.co.jp/ ビジネスパートナー部営業課 TEL 03(5783)4401(代) 北 陸 営 業 所 TEL 076(224)8832(代) センサの後付け外付けによる既存設備のデータ収集が可能 札 幌 営 業 所 TEL 011(208)5111(代) 関 西 支 店 TEL 06(4790)9011(代) 東 北 営 業 所 TEL 022(262)6644(代) 中 国 営 業 所 TEL 082(247)7100(代) 北 東 北 出 張 所 TEL 0185(70)1224(代) 四 国 営 業 所 TEL 089(925)6785(代) 北 関 東 営 業 所 TEL 027(330)5650(代) 福 岡 営 業 所 TEL 092(431)6902(代) 関 東 営 業 所 TEL 048(645)8400(代) 熊 本 出 張 所 TEL 096(340)8870(代) 横 浜 営 業 所 TEL 045(260)0788(代) 営 業 開 発 課 TEL 03(3472)9800(代) 静 岡 営 業 所 TEL 054(203)6600(代) ソリューション営業課 TEL 03(6712)1771(代) 中 部 営 業 所 TEL 052(264)1331(代) 法 人 営 業 課 TEL 03(6712)1772(代) C19250-0701-02(HP)
Page2

ナカヨの無線技術で、現場・設備の「データセンシング」「見える化」をサポートします。 エッジ端末(NYC-EDGE-3/NYC-EDGE-L)の特長 システム構成図 現場や設備に設置したセンサ情報を収集し、サーバーに送信することで「見える化」、「分析」の基と 予兆検知ソリューションやAIソリューションに必要なデータの収集を望まれるお客様に、 なる「データ収集」の用途で広くご利用頂けるデバイスです。 センサの後付け外付けの仕組みを使いIoTに必要なデータ収集をサポートします。 工場やビルといった建物全体をカバーする無線ネットワークを容易に構築することができます。 センサ例 ■現場のセンサデータを集約しサーバーに送信 日常点検情報見える化 収集したセンサデータは接続サーバーへのデータ転送が可能です。 サーバーへの通信はMQTTを使い、3G/LTE、 Etherの2種類をご用意しています。 風量センサ ■最大600台の端末制御、選べる無線、繋がる無線 無線通信(風量計測 ) 最大600台の無線端末ネットワークを制御します。 センサデータ転送 中距離通信、長距離通信など、様々な無線に対応しています。 無線エッジ端末装置 通信プロトコル:MQTT (NYC-EDGE-3/NYC-EDGE-L) 最大12台のゲートウェイから ■これ一台で毎日の点検業務を簡略化 NT920-WM/IB NT920-GW データ集約ができます。 温度センサ IoTセンシングアプリ(EDGE-APL)で、設備の常時監視や、遠隔監視も可能です。 NTLoRa-WMIF NTLoRa-GW(温度計測 ) 920MHz帯マルチホップ 1台のGWに最大50台の マイクロサーバーとしてもご利用頂けますのでIoTのスモールスタートとしても利用可能です。 通信方式または 通信端末が接続可能です。 プライベートLoRa クラウドまたはオンプレミスサーバー 通信方式を選択可能です。 センシングしたデータはサーバーに転送されます。 データを必要とするAIやBIツールとの連携も可能です。 920MHz帯マルチホップ通信方式、プライベートLoRa通信方式の特長 ※サーバ用のソフトはお客様でご準備が必要です。 お客様の目的と用途に合わせた無線方式をご提案させて頂きます。 IoTセンシングアプリ(EDGE-APL) 920MHz帯マルチホップ通信方式 マルチホップ通信 ■ 温度情報 ■ 風量情報 ■ 水漏れ情報 特長① 工場等の現場でも、障害物の回り込みに優れた信頼性の高 い通信を提供します。 GW 切断 自動的に迂回! 特長② 最大ホップ数8段のツリー型マルチホップ通信を使った自動 IoTセンシングアプリ(EDGE-APL)では、温度、風量、水漏れ情報を見える化表示します。 経路選択機能を搭載します。 簡単な設定で今まで把握できていなかった情報の見える化が可能となります。 特長③ 300mの通信距離で100kbpsのスループットを保証します。 最大8段までホップ可能! 適用例 プライベートLoRa通信方式 異なる無線方式で、環境に応じた方式を提案します。 中継による長距離通信 ■。NT920(920MHz帯マルチホップ通信方式)適用例:工場の生産ラインの見える化 特長① 設備が分散していても無線でデータを収集することで、設備の稼働の見える化を実現します。 様々なセンサーの接続に対応します。 特長② 最大 2km ■設備の年式を問わず、センサの後付外付けによる設備稼働や温度、ファンの 見通し2kmの長距離通信が可能です。 風量といった日々の点検に関する情報の見える化を提供します。GW 特長③ ■障害物が多い工場等の環境でも、マルチホップ機能で信頼性の高い通信を実 中継モードを使用することで、最大4段までの中継通信が可 現します。 能です。 最大4段まで中継可能! ■NTLoRa(プライベートLoRa方式)適用例:見通しの良い工場での遠距離通信 920MHz帯 マルチホップ 見通し 300m( マルチホップ対応 ) 広域エリアでの見える化を低コストで構築します。 通信方式 通信速度 100kbps プライベート 見通し 2000m ■広域エリアに設置したセンサ情報を無線収集し、見える化します。 LoRa方式 ( 中継器モード対応 ) 通信速度 5.4kbps ※GWと通信端末を、1.8mの高さに設置した実用時での通信距離の目安となります。