このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(13.4Mb)

荒川技研の真空注型技術

製品カタログ

真空注型を図で解説

真空注型の特徴

シリコンゴムを金型の代わりに用い、真空中で樹脂を流し込んで、複製品を製作する技術です。

複製品の精度は、金型に匹敵するほど良好です。
金型に比べ、短納期で型が製作できます。
射出成形が可能な部品であればほとんど複製可能です。
金属部品及び特殊な切削加工品、成形品をインサート注型することも可能です。
最大1,200×1,200まで対応が可能です。

このカタログについて

ドキュメント名 荒川技研の真空注型技術
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 13.4Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 荒川技研株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ