1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(288Kb)

デファレンシャルギア動力伝達効率試験機

製品カタログ

東京メータ株式会社

概要
・デファレンシャルギア動力伝達効率試験器は研究開発(性能試験)、耐久試験、製品検査等に使用できます。
・減速機動力伝達効率試験器は駆動・吸収が出来、ベクトルモータを使用することによりインバータ制御(可変周波数電源)で高精度な速度制御とトルク制御が可能です。
・試験体取付台及びモータベースがスライド可能で、様々な大きさ・種類の試験体に対応可能です。
・駆動モータはエンジンのように加振させながらの運転が可能です。
・回転方向は正逆方向対応しています。
・吸収側ではコンバータを設けることにより、モータからの発電した電気を回生(電気を1次側に戻す)し省エネ運転が可能です。
・モータ試験装置は空冷のモータを使用しており、電気以外の設備が不要です。
・計測した回転速度とトルクはアナログ出力が可能で、様々な機器で取り込むことができます。

用途
・デファレンシャルギアの動力伝達効率を計測。
・デファレンシャルギアのフリクションを計測。
・デファレンシャルギアの性能・耐久・振動・騒音試験。
・デファレンシャルギアの静的ねじり試験。
・デフケースの静的ねじり試験。
・デファレンシャルギアの両振りねじり試験。
・潤滑油温度を一定にしての性能試験。
・デファレンシャルギア全体の温度を一定にしての性能試験 ・デファレンシャルギアのバックラッシュの計測。
・デファレンシャルギアのヒステリシスの計測。

このカタログについて

ドキュメント名 デファレンシャルギア動力伝達効率試験機
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 288Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 トーアメック株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

IoT構築用機能モジュール PROBLOCK
製品カタログ

トーアメック株式会社

OTRS10(作業分析ソフト)
製品カタログ

トーアメック株式会社

このカタログの内容

Page1

デファレンシャルギア動力伝達効率試験機 1. 概 要 • デファレンシャルギア動力伝達効率試験器は研究開発(性能試験)、耐久試験、 製品検査等に使用できます。 • 減速機動力伝達効率試験器は駆動・吸収が出来、ベクトルモータを使用することにより インバータ制御(可変周波数電源)で高精度な速度制御とトルク制御が可能です。 • 試験体取付台及びモータベースがスライド可能で、様々な大きさ・種類の試験体に対応 可能です。 • 駆動モータはエンジンのように加振させながらの運転が可能です。 • 回転方向は正逆方向対応しています。 • 吸収側ではコンバータを設けることにより、モータからの発電した電気を回生 (電気を1次側に戻す)し省エネ運転が可能です。 • モータ試験装置は空冷のモータを使用しており、電気以外の設備が不要です。 • 計測した回転速度とトルクはアナログ出力が可能で、様々な機器で取り込むことが できます。 2. 用 途 ・デファレンシャルギアの動力伝達効率を計測。 ・デファレンシャルギアのフリクションを計測。 ・デファレンシャルギアの性能・耐久・振動・騒音試験。 ・デファレンシャルギアの静的ねじり試験。 ・デフケースの静的ねじり試験。 ・デファレンシャルギアの両振りねじり試験。 ・潤滑油温度を一定にしての性能試験。 *1 ・デファレンシャルギア全体の温度を一定にしての性能試験 *2 ・デファレンシャルギアのバックラッシュの計測。 *3 ・デファレンシャルギアのヒステリシスの計測。 *4 *1 別途潤滑油温度調装置が必要となります。 *2 別途恒温槽が必要となります。 *3,4 別途エンコーダの追加や、FFTアナライザーによる計測が必要となります。 *本装置は改良のため、予告なく変更することがあります。
Page2

デファレンシャルギア動力伝達効率試験機 3. 使用例 ①ドライブシャフトの一端 を固定しての動的試験 ②ドライブシャフトの両端 を固定しての静的試験 ③アクスルシャフトを固定 しての静的試験