1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(687Kb)

【導入事例:AutoForm-ProcessDesignerforCATIA】 イタリア フォンタナ・ピエトロ様 / 自動車業界の匠を満足させるソリューション

事例紹介

CAD品質のダイ・フェースをスピーディに作成

自動車向けプレス成形金型を設計・製造するイタリアのフォンタナ・ピエトロは、フェラーリが「戦略的パートナーの一社」と位置付け、その技術力を称賛してやまない企業です。同社はAutoForm-ProcessDesignerforCATIAを徹底的に検証し、実務面における利点を評価した上で、このソフトウェアを社内の製品開発プロセスに導入することを決定しました。

◆詳細は、カタログをダウンロードしてご覧ください。

このカタログについて

ドキュメント名 【導入事例:AutoForm-ProcessDesignerforCATIA】 イタリア フォンタナ・ピエトロ様 / 自動車業界の匠を満足させるソリューション
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 687Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 オートフォームジャパン株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

プレス成形シミュレーションソフト「TriboForm」
製品カタログ

オートフォームジャパン株式会社

このカタログの内容

Page1

Case Study フォンタナ・ピエトロ様 が担当するサーフェスのコンセプト作成と、 自動車業界の匠を満足させるソリューション CNCマシニングですぐに使えるサーフェスの作成を、手作業に頼ることなく、ダイレクト CAD品質のダイ・フェースをスピーディに作成 に連携させる必要があります。同社R&Dエ ンジニアのリッカルド・ブリヴィオ氏は言い 自動車向けプレス成形金型を設計・製造するイタリアのフォンタナ・ピエトロは、フェラーリが ます。 「戦略的パートナーの一社」と位置付け、その技術力を称賛してやまない企業です。 「すでに私たちは、AutoForm-Die 同社はAutoForm-ProcessDesignerforCATIAを徹底的に検証し、実務面における利点を評 Designerplusで作成したサーフェスをベー 価した上で、このソフトウェアを社内の製品開発プロセスに導入することを決定しました。 スに、迅速で効率的なシミュレーションを実 施するメソッドを確立していました。しかし、 プレス成形には、サーフェスの作成という という可能性を当初から感じていました」 このサーフェスをCADで使用するのは容易 作業が含まれます。製品の複雑さや必要な AutoForm-ProcessDesignerforCATIA ではありませんでした。作業が複雑で時間を 精度と品質レベルに応じて、適切なタイミン は、AutoFormが金型製造/プレス成形 要し、何よりCNCマシニングですぐに使える グで調整する必要があります。フォンタナ・ 業界向けに提供するソフトウェア製品で、 CAD品質のサーフェスを作成するのに時間 ピエトロの設計部に所属する技術者は、この CATIA V5の設計機能の効率化により、プ がかかり過ぎることが明らかになりました」 事実を熟知しています。フォンタナ・グルー レス成形への適応強化を図っています。ま AutoForm-ProcessDesignerforCATIAを プの本部である同社は、イタリア国内外のプ たワークフローを企業レベルで標準化し、高 使えば、絞りだけでなく、すべての次工程目 レス成形業界で50年以上にわたって主導 品質なCADサーフェ 的ポジションにあり、国際的に著名な高級自 スの作成に要する時 動車メーカーに製品とサービスを提供して 間を大幅に削減する います。同社はリードタイムや精度、そして ことも可能です。 サーフェスの品質の面で顧客の要望に応え ダイ・サーフェス・ ようと、高品質なCADサーフェスを迅速に コーディネーターの 作成するためのソフトウェア、AutoForm- ジュゼッピーナ・ミ ProcessDesignerforCATIAの 機 能 検 証 を ラーニ氏は次のよう 2013年より開始しました。その結果、高い に指摘します。 評価が得ら 「当社の設計部では れ、既存のメ CATIAを25年 以 上 ソッドと戦略 も使用してきました。 を最適化す これはもちろんパワフ るべく同ソフ ルなシステムですが、 余肉のフランジ展開(フランジ・エディタ、フランジ展開) トウェアを社 残念なことに、金型設 内の製品開 計と製造の担当者に 発プロセス とってのソリューショ フォンタナ・ピエトロのダイ・ に導入しま サーフェス・シニア技術者、ヴァ ンではありません。さ した。 ンレンティーナ・カヴェナーゴ氏 らに重要なことに、私 たちの個別のニーズ 戦略の成功 に対応していません」 同社のダイ・サーフェス・シニア技術者で タイミングが競争 あるヴァレンティーナ・カヴェナーゴ氏は言 力を左右するこの複 います。 雑な市場において、 「AutoForm Engineeringと共同で、Auto サーフェスの作成は Form-ProcessDesignerforCATIAのメリット 非常に重要です。フォ を調査できたことに満足しています。これが ンタナ・ピエトロの 私たちのニーズを満たすソフトウェアである 設計部では、技術者 余肉作成(境界エディタ、接続エディタ)
Page2

Case Study を含むダイ・レイアウトをCATIA環境にい 品質の付加価値 ながら作成することができます。同ソフト AutoForm-Process ウェアはこうした要件に応えるとともに、時 DesignerforCATIAの性 間を短縮してエラーを最小限に抑えるという 能について高い評価 大きなメリットを提供します。 が得られたため、フォ ンタナ・ピエトロは金 理論から実践へ 型工程設計部など社 AutoForm-ProcessDesignerforCATIAの 内の他部署にもソフ 実用性と適合性を評価するにあたり、同社 トウェアを導入しまし 設計部はある生産ラインのプロジェクトを指 た。金型工程設計者 定し、綿密な検証を実施しました。そして従 にとっては、解析の正 来どおりの戦略を採用した2件のプロジェク 当性と速度のおかげ トも同時に実施しました。 で、製品開発の早い トリム計画の定義(トリム・セグメント・エディタ) 「すべてのプロジェクトを同一の作業段 段階での複雑な作業 階で進めたところ、AutoForm-Process が容易になります。特にメリットと優位性が シニングなどの次工程でそのまま使用でき DesignerforCATIAを使用したプロジェクトで 顕著なのは、データの再利用や再現、効率 ます。 は、所要時間が明らかに短くなることが分か 的なデータ交換(社内の部署間、社外のメー R&D エンジニアのグリエルモ・オリアー りました」(カヴェナーゴ氏) カーとサプライヤ間)、そして絞りや次工程 リ氏は次のように結びます。 またAutoForm-ProcessDesignerforCATIA 目を考慮したダイ・レイアウトの迅速な作成 「社内で今後さらに必要となるオペレー には、過小評価すべきでないメリットがあり といったことが可能になる点です。CATIA ション戦略のひとつにオーバークラウンがあ ます。それは、CATIAライセンスと比較し V5で使用される各種のスケッチや構造要 ります。ルールを作成して、サーフェスの展 た場合、セッションの実行中に、必要に応じ 素がいくつかの非常にパワフルな機能に集 開にかかる時間をさらに短縮したいと考え てライセンスを追加してソフトウェアを使う 約され、ダイ・フェースを簡単かつ迅速に設 ています。今回のプロジェクトを通じて、長 ことができるという点です。同時に、高品質 計できるようになっています。また包括的な 年にわたるAutoForm Engineeringとの なレベルのデータのアップデートも行うこと データ構造によって新機能の使い方が簡素 コラボレーションが強化されたことを強調し ができます。カヴェナーゴ氏が続けます。 化され、部署間のコラボレーションが改善さ たいですね。このシナジーがフォンタナ・ピ 「私たちの目標は、どのお客様の案件であっ れます。作成される高品質のサーフェスは、 エトロのソフトウェア導入につながっただけ ても、AutoForm-ProcessDesignerforCATIA コントロール要素数が大幅に削減され、適 でなく、今後のソフトウェアの進化にも役立 を適用できるようにすることです。Auto 切な連続性を備えているという点に特徴が つことでしょう」 Form-DieDesignerplusとAutoForm- あります。オーバークラウン、補正、CNCマ ProcessDesignerforCATIAの相互運用性を 高めて、サーフェスやドロービードのシミュ レーションですでに定義されたパラメータ 【企業概要】 を再利用できるようにしたいのです」 フォンタナ・グループ: スポーツカーの「技術の仕立屋」 お客様のご要望に応じて、より多くの機 「Where ideas take shape(アイデアが形になるところ)」という主張どおり、フォンタナ・ピエトロは 能の統合を図り、上述の作業がより効率 スポーツカーの技術の仕立屋と見なされています。豊富な専門知識によって困難な課題を克服し、実 的で迅速になることを目指します。すでに 行可能かつ並外れたシェープを作り上げます。機械作業や艤装の工場として1956年に設立され、現在 はホワイト・ボディ用スチール/アルミ部品の設計、製造、組み立てを手掛ける3部門があります。本社 AutoForm Engineeringは、いくつかの機 をイタリアのカロルツィオコルテに置き、イタリアに2カ所、トルコとルーマニアにそれぞれ1カ所の工 能を備えた新しいマーケット・リリースを計 場があります。700名の従業員が勤務し、設計部門だけでも60名を擁する世界的なリーダーです。常 画しています。このリリースは、他社がすぐ に革新と継続的改善に前向きなフォンタナ・グループは、大学や研究センターとの共同研究に積極的に に追従するような、興味深いアップデートと 取り組んでいます。同グループは最新技術を採用し、高品質で幅広いサービスを提供することで顧客の 要望に応えています。使用しているツールや技術の中にはAutoFormソフトウェアが含まれ、とりわけ なるでしょう。他社のソフトウェア・システム AutoForm-ProcessDesignerforCATIAを使って高品質なCADサーフェスを迅速に作成しています。同 と併せて使用した場合でさえ、これまで以上 グループの詳細についてはウェブサイトをご覧ください。 にスピードが上がり、ただちに作業が効率 www.fontana-group.com 的になるでしょう。 AutoForm News No.15(2014年12月発行)からの抜粋