1/27ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(7.9Mb)

精密加工機シリーズ

製品カタログ

μV1 ゼロへの挑戦
μV5 理想を継ぐカタチ

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 精密加工機シリーズ
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 7.9Mb
取り扱い企業 三菱重工工作機械株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page17

V5_jp_2A

理想を継ぐカタチ IT、光学、医療機器や半導体デバイス等の精密金型や部品などの微細化、 高精度化の要求に応える切削加工機として、2006年に小型精密加工機 μV1を開発しました。 さらにワークサイズを拡げ、自動車のランプや燃料電池などを構成する 部品サイズの高精度化要求にも応え、またμV1の要素技術を継承しつつ、 先進のフロンティアマシンとして開発したのが、精密加工機μV5です。 1
Page18

V5_jp_2BA

理想を継ぐカタチ 精密加工機 2
Page19

V5_jp_3

3
Page20

V5_jp_4

精密加工機 回転性能を引き出すHSK主軸 HSKはフランジ端面と弾性変形する中空になった1/10テーパ部を 同時に主軸へ結合させる2面拘束システムです。 HSK-E50との融合 Φ20mmシャンクの高送り工具による高能率加工 R0.3ボールエンドミルによる精密仕上げ加工 主軸冷却/潤滑方式 (主軸内部+ジャケット冷却/特殊油潤滑) 高速主軸の独自冷却技術により、主軸の熱変位 最適な温度に制御した潤滑油を主軸のジャケット部 補正を備えなくても短時間で変位を飽和させ、 だけではなく、回転している主軸の内部へも直接 回転と停止を繰り返しても、加工位置の高い再現 供給し、主軸内外を冷却しながら油を完全回収 性を確保しました。 して循環させています。 また、精密加工の妨げとなる主軸の振動や振れを また、ベアリングへも同様に供給し、内外輪の 抑え、幅広い回転域で実用的な条件での切削を 温度差を極小にすることで予圧の変動を抑え、 可能としています。 高い主軸剛性と回転精度、そして長時間にわたる 連続した高速回転でも確実な潤滑を可能とする 方式により、信頼性も確保しました。 μV5主軸熱変位実績値 20 0→30K 主軸 30秒停止 主軸 30秒停止 主軸 30秒停止 15 30,000 X(μm) 10 Y(μm) 20,000 Z(μm) SPEED(min-1) 5 10,000 0 0 -5 -10 -15 -20 0 20 40 60 80 100 120 時間(min) 4 主軸変位量(μm) 主軸回転速度(min-1)