1/20ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(6.6Mb)

“振動解析を用いた予防保全”を確実・簡単に行うためのコツ【ウェビナー資料】#aperzaTV

その他

ユーザー調査で判明した「正しくできていない原因」も解説

このカタログについて

ドキュメント名 “振動解析を用いた予防保全”を確実・簡単に行うためのコツ【ウェビナー資料】#aperzaTV
ドキュメント種別 その他
ファイルサイズ 6.6Mb
取り扱い企業 プルーフテクニック株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

“振動解析を用いた予防保全”を確実・簡単に行うためのコツ“ ユーザー調査で判明した「正しくできていない原因」も解説 実例:クリーンルーム送風機

#今さら聞けない #こっそり聞きたい “振動解析を用いた予防保全”を確実・簡単に行うためのコツ“ ユーザー調査で判明した「正しくできていない原因」も解説 実例:クリーンルーム送風機
Page2

スライド番号 2

ゲスト紹介 1
Page3

スライド番号 3

2
Page4

会社概要 3
Page5

スライド番号 5

100社に振動に関するアンケート結果  全体振動が主な取得データ  詳細解析は浸透していない 使用している目的 振動測定機器 振動データの種類 予防保全 故障原因追求 その他 ポータブル オンライン その他 全体振動のみ 詳細解析 その他 20% 20% 30% 50% 10% 10% 70% 70% 20% 4
Page6

スライド番号 6

振動測定の現状 1. 壊れてから振動測定をしている。予防保全は実現していない。 2. いつ頃機械が破損するか予測できていない。 3. 全体振動のデータを取得しても、解析まで至っていない。 • 担当者依存 • 知識の不足や偏り 5
Page7

スライド番号 7

回転機械の故障原因は、現場にある 送風機の故障原因 → 回転数の倍数 1.ファンのアンバランス → 1倍 2.ベルトのミスアライメント → 1倍と2倍 3.モーター不良(ベアリング) → ベアリングの回転周波数 4.ベアリングの不良 → ベアリングの回転周波数 「詳細解析」 6
Page8

スライド番号 8

詳細解析はなぜ必要か? 7
Page9

スライド番号 9

周波数と回転数の関係(モビウス社振動基本資料より抜粋) v [mm/s] 速度(機械)スペクトルでわかる異常種類 アンバランス 芯ずれ ベアリング ローター摩耗 ファンなど自励振動 取付不備 ベルト 電気的 オイル f 異常 ワール n fBPF <0.5 2x xf 2xf 3x 4x 5x f n main belt2x3x s 6x 7x 8x 9x etc. 0 100 200 300 400 500 600 700 800 900 1000 f [Hz] a [m/s2] 加速度 周波数スペクトルでわかる異常の種類 ギア噛合い異常 ローラーベアリング 破損 f 電気的 z 異常 2x 3x frod 4x 0 2 4 6 8 10 12 14 16 18 20 f [kHz] 8
Page10

スライド番号 10

詳細解析は難しい? 全体振動値=周波数成分が回転数の1倍と3倍 速度FFT値 全体振動値 5月26日 15時52分16秒 5月26日 15時52分16秒 合計 約0.8 mm/s 0.969 mm/s 1倍 0.277 mm/s + 3倍 0.584 mm/s 5月26日 15:52 0 0.5 1 1.5 2 2.5 3 9
Page11

スライド番号 11

詳細解析の値を自動追従 全体振動の60%が回転数の1倍 速度FFT値 回転数の1倍 5月26日 15時57分29秒 4.239 mm/s 全体振動値 速度FFT 回転数の3倍 5月26日 15時57分29秒 5月26日 15時52分16秒 6.075 mm/s 0.584 mm/s 5月26日 15:57 0 0.5 1 1.5 2 2.5 3 10
Page12

スライド番号 12

ソフトの機能 ベアリング情報設定 11
Page13

スライド番号 13

ベアリング外輪、内輪の周波数特性 a) 外輪損傷 BPFO b) 内輪損傷 BPFI fA 2⋅fA 3⋅fA 4⋅fA fn Velocity mm/s Sidebands at intervals of fn fI 2⋅fI 3⋅fI 4⋅fI f [Hz] f [Hz] 12
Page14

スライド番号 14

ベアリングの交換時期 ステージ1 ステージ2 ステージ3 ショックパルス 固有振動測定方法 固加有速振度動エン測ベ定ロ方ープ法測定 速度測定FFT 13
Page15

スライド番号 15

ステージ2のベアリング解析例 ベアリングケース01 ベアリングケース02 ベアリング外輪の周波数 ベアリング外輪の周波数の値のみトラッキング 14
Page16

スライド番号 16

小規模オンラインのすゝめ ポータブル振動器で対応不可能な装置 条件 1. 回転速度が一定速度ではない。(速度変化、稼働時間が短い) 2. 主要コンポーネントが4個以上 特にギアボックスがある 3. 壊れるまでの時間が短い 4. 作業員への制限 • 騒音の中になる • 危険な箇所 15
Page17

スライド番号 17

小規模オンライン導入例 半導体工場の屋上にある送風機 導入理由: ① 稼働状態が常に変化しており、回転数が変動する。 ② 大型のためポータブルセンサーをつけられない。 詳細解析対象:アンバランス、ベアリング異常。 (シンガポール、マイクロン半導体工場) 16
Page18

スライド番号 18

まとめ 下記のような装置は小規模オンラインがおすすめ • 大型送風装置(クリーンルーム、ビルの空調設備、乾燥室等) • 高速クレーン装置(港湾等のコンテナクレーン) • 低速度撹拌機 • 圧延ロール ポータブルでは難しい工場設備が意外と多いので、振動解析による予防保全は先ずプロに相談ください。 正しい機器と知識があれば予防保全は難しくありません。 振動解析は人ではなくソフトにまかせて、時間を節約し作業効率を上げましょう。 17
Page19

スライド番号 19

視聴者からの質問 18
Page20

視聴者からの質問

視聴者からの質問 1.解析の委託、測定の設定委託は可能ですか? 回答:データベースの作成や解析は、 振動診断士レベル3以上の正式な認証を受けた診断士が対応いたします。 2.振動以外のデータも取り込めますか? 回答: 可能です。トルク、発電量、温度等多岐にわたる信号も入力可能です。 回転数などは、PLCからいただくことが多いです。 19