1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(9.5Mb)

バリ取り機 「AuDeBu BlackLine1100/650」

製品カタログ

酸化被膜と溶着ドロスを徹底除去!使い勝手の良さを追求したバリ取り機

『AuDeBu BlackLine1100/650』は手作業の1/10程度に時間短縮が可能な
酸化被膜除去複合バリ取り機です。

材料の特性や加工目的に合わせ、研磨ユニットを自由に選択することが可能。
それと同時に多種多様なベルト、ディスクブラシ、ローラーブラシを
選択することで好適なバリ取り工程を実現します。

通常のバリ・酸化被膜除去はもちろん、溶着ドロス・スパッタ除去にも効果的です。

【導入のメリット】
■導入効果:バリ・酸化被膜除去、溶着ドロス・スパッタ除去
■作業効率の向上:手作業の1/10程度に時間短縮
■品質の向上:誰でも同一の加工品質
■安全確保:危険な作業から解放


詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 バリ取り機 「AuDeBu BlackLine1100/650」
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 9.5Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 オーセンテック株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

バリ取り機 「AuDeBu600」
製品カタログ

オーセンテック株式会社

ミクロジョイントばらし工具『プルプル君』
製品カタログ

オーセンテック株式会社

AuDeBu1000用 研磨ブラシ「フラダンス」
製品カタログ

オーセンテック株式会社

このカタログの内容

Page1

「強く」そして「速く」 ・AuDeBu1000 使用時 BlackLine650 BlackLine1100本体幅 1205mm 1520mmコンベア送り速度 0.7m / min( 平均) 本体奥行き(4ユニット構成) 2445mm 2445mm 本体高さ 1980mm 1980mm オーセンテック史上、最強の強研削と 弊社ブラシ式バリ取り機と比べて 本体重量(ブロワ装置含まず) 1820kg 2650kg 加工物最大高さ 160mm 160mm 最速のスピードで厚板まで対応 約1/7の時間で面取り作業を行えます。 加工物最低高さ 0.5mm 0.5mm 加工物最大幅 650mm 1100mm ・BlackLine1100 使用時 ブラシ回転スピード 1500rpm 460~1500rpm 板厚最大 コンベアベルトスピード 0.5~ 10m/min 0.5~ 10m/min 強さと速さの融合ワーク断面 電力 25kVA 40kVA160mmまで対応 供給電圧 AC200V 50/ 60Hz AC200V 50/ 60Hz コンベア送り速度 5.0 m / min( 平均) 本機は都合により仕様を変更する事があります。 Power & Hi-Speed “現場が強いと会社も強い” ・BlackLine650 ・BlackLine1100 現場作業者の方を考えた便利な機能 LED照明で見やすく明るい機内 LED照明を機内部に設置する ことで機内を明るくし、ブラシ 交換やメンテナンス作業を スムーズに行うことができます。 ①本機の集じん部は研削により発生する粉じんを吸引する為の装置です。以下のような粉じんを吸引する恐れ 使い勝手の良さと安全性の追求 のある研削作業は行わないでください。●爆発性物質(粉じん爆発を起こす可能性のある物を含む)●引火性物 質●多量の火花を含んだ物質●火種●可燃性物質●条件により危険な性質に変化する物質など②異なる物質の 操作パネルのワンタッチ操作で 粉じんが混合する事により危険な物質に変化することがあります。粉じんの混合に伴う安全性が確認できない 各種設定を呼び出し 場合は同一機での共用使用は行わないで下さい。③加工範囲に確実に収まるワークのみ使用可能です。加工範 囲をはみ出すワークのバリ取りは、思わぬ怪我・機械故障の原因になりますので行わないで下さい。④表面処 操作パネルは、イラスト表示により、誰もが直観的に操作 できる様なユーザーフレンドリーな設計となっております。 理材のエッジバリ取り加工は納入先お客様と仕上品質(サビ・ブラシ跡等)について良く相談の上作業して 操作パネルのボタンを指でタッチするだけで、各ユニット 下さい。⑤アルミを加工する場合、吸着用ブロワ・集塵機を変更する場合があります。 単位ごとに様々な設定をすることができます。 オーセンテック公式 YouTubeチャンネル 詳細はYouTube を  ご覧ください▶ CE マーク認証取得 オーデブ ブラックライン650 背面ボタン ワーク板厚 自動測定機能 〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野三丁目3番2-225号 前面ボタン ▶ オーデブ TEL:042-701-0285(平日午前9時~午後6時) FAX:042-701-0286 ブラックライン1100 URL http://www.authentec.jp E-mail info@authentec.jp 非常停止ボタンを前面と背面に設置 2020.09.1000 ▶
Page2

なぜ今、R面取り作業が注目されているのでしょうか? ユニットとディスクブラシの最適な組み合わせにより、酸化被膜や エッジ・バリ・ドロスの処理は、お客様への怪我の防止だけでなく、溶接不良や 溶着ドロス /ノロ /スパッタを除去し、塗装の剥がれや溶接不良を解消します。 表面処理の剥がれを解消するために大いに役立つことが広く認知されているからです。 R ユニット(サンダーベルト) 「AuDeBu BlackLine シリーズ」は弊社バリ取り機史上最速(作業時間の短縮)で 研磨ユニットとディスクブラシの組み合わせ 品質の均一化(作業者を選ばない)を皆様にお届け致します。 各種番手の選択でドロス・スパッタなどの除去が可能です。材料の特性や使用目的(酸化被膜除去・溶着ドロス / ノロ / スパッタ除去・R 面取りなど)に合わせお客様にとって 効率の良い最適な組み合わせを選択することができます。 BlackLine は ・サンダーベルト  お客様の用途に応じた ドロス除去前 ドロス除去後   カスタマイズが可能です。 焦茶に見えるエッジ部分がドロス エッジのドロスが見事に解消 D ユニット(各種ディスクブラシ) 各種ブラシの選択により、R面取り・酸化被膜・ノロなどの 除去が可能です。 ・ディスクブラシ Dユニットに装着する ディスクブラシ R面取りブラシ ワイヤーブラシ ノロ除去ブラシ R面取りブラシ ワイヤーブラシ 研磨ユニットRDDD機 比較のため、個別のワークを上下に重ねてあります。 ユニット組み合わせ例 R面取り前 R面取り後 酸化被膜除去 レーザー切断によるバリ きれいなR面を形成 導入のメリット ノロ除去ブラシ RD各ユニットの 導入効果 酸化被膜除去、溶着ドロス・ノロ・スパッタ除去 組み合わせにより 生産性の向上 手作業の 1/10 程度に時間短縮 様々な研磨方式を選択できます。 品質の向上 作業者を選ばない均一な加工品質 固いドロス向け コンパクトな ノロ除去前 ノロ除去後 安全性の向上 粉じん作業対策と危険な作業からの解放 RRDD4ユニット構成 RD2ユニット構成 溶断によって溶けて付着した固いノロ 「 ノロ除去ブラシ」使用できれいに除去