1/3ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(258.1Kb)

多重板型スクリュープレス脱水機

製品カタログ

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 多重板型スクリュープレス脱水機
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 258.1Kb
取り扱い企業 株式会社鶴見製作所 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

緊急排水ポンプユニット
製品カタログ

株式会社鶴見製作所

このカタログの内容

Page1

多重板型スクリュープレス(MDQ・C型) 弊社汚泥脱水機のスタンダードモデルとなります。 全13機種をラインアップ、要求処理量に適した機種を提案します。 ろ過速度 汚泥処理量 [kgDS/h] [m 3/h]※ 101 3~ 6 0.3~ 0.60 102 6~ 12 0.6~ 1.20 103 9~ 18 0.9~ 1.80 104 12~ 24 1.2~ 2.40 105 15~ 30 1.5~ 3.00 201 9~ 18 0.9~ 1.80 202 18~ 36 1.8~ 3.60 203 27~ 54 2.7~ 5.40 204 36~ 72 3.6~ 7.20 納入先例 205 45~ 90 4.5~ 9.00 351 36~ 72 3.6~ 7.20 ○食品工場 352 72~ 144 7.2~ 14.40 353 108~ 216 11~ 21.60 ○機械・薬品製造工場 ※汚泥濃度1.0[%]で算出した目安値 ○商業施設(中水設備) http://www.tsurumipump.co.jp
Page2

多重板型スクリュープレス(MDQ・C型) 機構原理 スクリューの外側に、リング状の可動板と固定板が交互に並んだ 構造となっております。また、スクリューは毎分1~2回転程度の 低速で回転しながら、濃縮部で重力ろ過(水分を排出)を、 脱水部で容積圧縮により加圧脱水を行います。 脱水部 濃縮部 汚泥流入 固定・可動板 スクリュー ケーキ排出 ろ液(固定板と可動板の微細な隙間より) http://www.tsurumipump.co.jp
Page3

多重板型スクリュープレス(MDQ・C型) 機構原理(セルフクリーニング作用) スクリューの回転によりスクリューブレードの先端が次々と可動板内 周と接することにより、可動板を常に動かします。可動板が動くことに より、ろ過隙間の目詰まりを、外へ掻き出します。このセルフクリーニ ング作用により目詰まりしない機構を実現しております。 スクリュー 可動板内周 可動板 スクリューブレードの先端 固定板 可動板外周 固定板と可動板の隙間 ろ液 http://www.tsurumipump.co.jp