このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.2Mb)

RS-receiver Lite V3.0

製品カタログ

ソフトウェア キーボードウェッジ。RS232C、USB COMのデータをアクティブ画面に入力

バーコードリーダ、RFIDリーダ、磁気カードリーダ、OCRリーダ、シートリーダ、デジタル計量機、計測機器等のシリアルデータをアクティブ画面に簡単に入力できます。また、文字列の削除、文字列の付加、文字列の切り取り、データの抽出、文字列の置き換えなどの編集ができます。32ビット版と64ビット版が同梱。

Windows 7 / 8 /8.1 対応

このカタログについて

ドキュメント名 RS-receiver Lite V3.0
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1.2Mb
関連製品
登録カテゴリ
取り扱い企業 アイニックス株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

BarStar Pro V3.0
製品カタログ

アイニックス株式会社

LabelStar Pro V4.0
製品カタログ

アイニックス株式会社

F560
製品カタログ

アイニックス株式会社

このカタログ(RS-receiver Lite V3.0)の内容


Page 1:入力データ1TAB 2TAB3CRABC123CR1231234523編 集 出力データ入力データ 編 集 出力データカンマをTABに変換先頭に文字列を付加後尾文字列の削除特定文字列の切取データを抽出1,2,3CR123CR123CR123ABC4512345B a r c o d i n gVersion 3.0RS-receiver LiteWindows 7 / 8 / 8.1対応ソフトウェア・キーボードウェッジ◆ 受信データをキーボード信号に変換し、アクティブ画面に簡単入力◆ SendKeysの制限事項であった全角の括弧等の入力が可能◆ 2次元シンボル等の大容量データが入力可能(最大4096バイト)◆ 文字列の削除、切り取り、付加、置き換えが可能◆ 文字列の抽出(頭nバイトからmバイト)が可能◆ 入力データのモニターと指定したファイル名に自動保存も可能◆ 二度読み防止機能、仮想COMポート再接続機能をサポート◆ アドミニストレータ権限ばかりでなく、ユーザ権限でも使用可能主な特長アプリケーションの開発なしに簡単にデータ入力バーコードリーダ、RFIDリーダ、磁気カードリーダ、OCR、シートリーダ、デジタル計量機、計測機器等のシリアルデータをアプリケーションのアクティブ画面に簡単に入力できます。RSレシーバライト

Page 2:シリアルデータをカーソル位置に入力RS-232CやUSBのシリアルデータをアクティブ画面に表示させる方法としては、一般的にSendKeysが用いられますが、この機能にはいくつかの入力制限があります。そこで、RS-receiver Liteは、SendKeysの他に、「キャラクタ モード」と「バーチャルキー モード」を用意しました。「キャラクタ モード」は、その名のとおり文字を直接アクティブ画面に送りますので、2次元シンボルのようにデータの中に制御文字があってもデータとして入力できます。一方、「バーチャルキー モード」は、キーボードが押された状態変移を含めて現在アクティブになっているアプリケーションに送りますので、制御文字は、キーボード入力と同じ動きになります。入力データを編集し、自動入力入力データの先頭や後尾から不必要な文字列を削除したり、入力データの先頭や後尾に任意の文字列を付加することができます。また、カンマをTABに置き換えるような文字列の置き換えや、指定文字列の切り取り、先頭よりnバイト目からmバイト目までの文字列を抽出することもできます。シリアルデータをアクティブ画面に送信する際に、Homeキーなどを押してカーソルを移動させ、その後データを入力してから確定するような動作が必要な場合があります。このような動作を出力属性の「前処理」と「後処理」の設定によって行うことができます。2次元シンボルに最適2次元シンボルのような大容量データを入力する場合、従来のキーボードウェッジリーダでは、キーボードバッファが溢れ正常にデータを取り込むことができないことがありました。RS-receiver Liteは、最大4,096バイトの入力バッファを持っていますので確実なデータ入力が可能です。また、二次元シンボルのデータに含まれるセパレータ(FS,GS,RS,US)やTABなどの特殊文字を入力することもできます。データのモニター、保存が簡単RS-receiver Liteは、入力データと編集後の出力データをテキスト形式とヘキサ形式で表示できますので、簡易なラインモニタとしても利用できます。また、予め設定されたファイル名で自動的に保存することができますので、簡易的なデータロガーとしても利用できます。RS-receiver Liteは、システムログ機能によって通信状態を記録していますので、障害が発生した時の原因究明に役立ちます。システムログの最大記録件数は100件で、最大容量は1.2MBです。32bit版と64bit版を同梱Windows 7/ 8 / 8.1対応の32bit版と64bit版のインストーラが同梱されていますので、運用環境に合わせて選択してお使い頂けます。なお、Windows 8/8.1のウィンドウズ ストア アプリに対しては、データ入力が行えませんのでご注意ください。RFIDリーダ、Bluetoothリーダに便利な機能RFIDは、検知エリアの境界で二度読みすることがあります。そこで、二度読み防止機能をサポートしました。また、Bluetooth通信は、通信エリアの外に出るとドライバーによって作成された仮想COMポートから切り離され、再び通信エリアに戻っても通信できないことがあります。そこで、COMポートに再接続する機能もサポートしました。ソフトウェア・キーボードウェッジ Version 3.0RS-receiver LiteRS-receiver Lite V3.0標準価格◆ 1ライセンスRLW300JA……………………… ¥9,800(税別)◆ 5ライセンス(¥7,000/ライセンス)RLW300JB ……………………¥35,000(税別)◆ 10ライセンス(¥5,900/ライセンス)RLW300JC ……………………¥59,000(税別)◆ 25ライセンス(¥4,920/ライセンス)RLW300JD ………………… ¥123,000(税別)◆ nライセンスRLW300JN ………………………………お見積り弊社ウェブサイトよりデモソフトをダウンロード出来ます! 安全に関するご注意 ご使用前に取扱説明書をよくお読みの上、正しくお使いくださいhttp://www.ainix.co.jp/● Windows、Access、Excell は、米国マイクロソフト社の登録商標です。● 他の製品名は、各社の商標または登録商標です。2014-05-2000dE〒153ー0044 東京都目黒区大橋1ー6ー2 KDX池尻大橋ビルTEL(03)5728ー7500 FAX(03)5728ー7510〒532ー0011 大阪市淀川区西中島3ー22ー20川丸ビルTEL(06)6838ー3071 FAX(06)6838ー3117〒461ー0011 名 古 屋 市 東 区 白 壁 1 ー 4 5 白 壁 ビ ルTEL(052)950ー7510 FAX(052)950ー7570本     社大 阪 営 業 所名古屋営業所