1/19ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(11.2Mb)

Leading Edge Controller FA-M3V

製品カタログ

最先端のその先へ

Leading Edge Controller FA-M3Vは、FA-M3の原点であり、最大の特長でもある「スピード/速さ」の意味を持つ「Vitesse」(ヴィテス)を新しいシリーズ名称として、更なる高速化と進化を実現しました。

このカタログについて

ドキュメント名 Leading Edge Controller FA-M3V
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 11.2Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 横河電機株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

Leading Edge Controller FA-M3V www.FA-M3.com/jp Bulletin 34M06A11-01
Page2

最先端のその先 へ ストレスフリー 開発~保守までのあらゆるストレスを解消 FA-M3 新シリーズ “V” 高速性 拡張性 信頼性 「Leading Edge Controller」を実現するのは、「High Speed IPRS」の新鋭化。 2つのコア技術 4つの高速性 高速化に加えた機能拡張性 安定操業を実現する高信頼性 FA-M3の原点であり、最大の特長でもある「速さ」。新たなシリーズ名はその速さを表す言葉です。 お客様に「最速」と ネットワーク化、 ハードウエアECC、 FA-M3が発売以来大切にし、追求し続けている「速さ」は、お客様の課題を解決するための最も有効な手段です。 「安定」の付加価値を提供 生産データの大容量化、 一枚基板設計、 そして、その原点はさらなる進化を遂げ、高速化設計思想「High Speed IPRS」を徹底追求し、 容易なデータハンドリング 安心セキュリティを実現 FA-M3を新しいステージへと昇華させました。 FA-M3V、それは驚きの高速性にさまざまな拡張性と信頼性を兼ね備えた、 世界の頂点を目指すお客様のための「Leading Edge Controller」です。 ※“V”とは・・・フランス語で「速さ/速力」を意味するVitesseの“V”です。 速 い 100Kステップを1msのスキャンタイムで演算 最小スキャン100μs。マイコンボードを超えるハイスピード。 小さい コンパクトボディに機能凝縮 オールインワンCPU。Ethernet、SDカード、USB搭載。 賢 い DI/O最大8192点、デバイス容量856Kワードレンジフリー 高性能と高機能化を徹底追及、納得のハイコストパフォーマンス。 1 FA-M3V FA-M3V 2
Page3

H igh Speed Core Technology 2つのコア技術 4つの高速性 お客様に「最速」と「安定」の付加価値を提供 4つの高速性 High Speed IPRSの新鋭化 高速制御、安定したバラツキのない制御、リンク機能やネットワークのパフォーマンスアップに応える コントローラとして、お客様に「最速」かつ「安定」の付加価値を提供します。 シーケンスCPUモジュール 高速化設計思想High Speed IPRSを実現する4つの高速化技術 F3SP71-4S/F3SP76-7S 高速 群を抜く高速演算処理 命令 高速化設計思想「High Speed IPRS(イプルス)」新鋭化 基本命令3.75ns~、応用命令7.5ns~、浮動小数点加算命令37.5ns 装置の高速化による生産性タクトタイムアップや高速ネットワーク対応、 FA-M3が追及し続けた高速化への設計思想「High Speed IPRS」。 操作性向上、万が一の故障診断などの機能を実現するために、一段とパワー FA-M3ラダー演算エンジン「Vitesse Engine」、新制御方式(PIPS) 2つのコア技術により、FA-M3史上最速を実現しました。 アップしました。基本命令に加え応用命令の高速化でアプリケーション F3SP67 17.5ns 基本命令 従来比 の有用性を高めました。高精度が要求される処理への対応のため、浮動 F3SP76 3.75ns 小数点加算命令も同時に高速化を可能にします。 約4.6倍 Instruction 基本命令、応用命令を高速化 高速命令 High Process センサコントロール機能 高速定周期100μs 高速処理 高速 装置の能力を最大限に引き出せるチューニング機能 speed Response 瞬時応答、割込み時間の高速化 高速応答 処理 センサコントロール機能 高速定周期スキャンタイム100μs~(SCB使用時、分解能10μs) Scan 100Kステップ/1 msのスキャンタイム 高速スキャン FA-M3Vのセンサコントロール機能は、装置の高機能/高性能化などに よって膨らんでしまうメインスキャンタイムに影響されることなく、独立 1スキャン 定周期 従来比 して高速に定周期スキャンを行う機能です。通常のスキャンとは別に、 スメ 1ブロック分のプログラムを高速定周期(100μs~)で入力→演算→ キイ ャン 2倍 FA-M3ラダー演算エンジン「Vitesse Engine」 出力させることができます。 ン ひとつのCPUモジュールに2つのラダーが存在するので、PLC台数を削減できます。 ス高 究極の処理能力を実現 Instruction Process キ速 ャ定 分解能 ン周 従来比 期 最速!※ 100Kステップ/1ms ※開発当時当社調べ 入力 出力 10倍 定周期 基本命令:3.75ns~ 応用命令:7.5ns~ 100μs~ 処理 処理 浮動小数点加算命令:37.5ns 最小スキャンタイム:100μs 高速 割込み応答を瞬時にこなす ラダー演算エンジン 分解能:10μs 「センサコントロールブロック(SCB)使用時」 「Vitesse Engine」 応答 瞬時応答を実現。割込み応答時間85μs、デジタルフィルタ0ms~ DC入力モジュールなどの、入力割込み応答時間が85μsと高速です。 新制御方式(PIPS「) Parallel&Independent Processing System」 入力の変化にすばやく対応、瞬時高速制御を実現します。 入力→プログラム実行(演算)→出力のトータル応答時間に注目し、 割込応答 入力 入力~出力までの 従来比 生産の高品質をもたらす高速安定性を実現 Response Scan 可変時定数の「0」設定を可能にすることで、高速応答(回路遅れ100μs~) 処理 応答時間を向上 を可能にします。さらに高速接点入力モジュール(F3XD16-3H)を使用する 出力 1.2倍 生産の高品質を実現する制御の安定性。ラダー命令実行処理と周辺処理を完全分離した新制御方式(PIPS)で、 と、入力応答時間10μsで取込むことができます。 トップスピードだけでなく、あらゆる条件下でも軽快かつ安定した処理を実現。 【一般的な処理方式】 【完全分離した制御方式】 すべての処理をシーケンスに実行 すべての処理を並列で実行 高速 タクトタイム大幅短縮、品質向上に一役 入力リフレッシュ 入力リフレッシュ スキャン 共通処理 ラダープログラム100Kステップ/1msのスキャンタイム※ 継続型 周辺 命令実行 出力リフレッシュ コマンド スキャンタイム 応用命令 処理 リフレッシュ 処理 処理 FA-M3VはCPU内の処理を分析し、あらゆる側面から更なる高速化を 従来比 命令実行 図り、ラダープログラム100Kステップ/1msの高速処理を実現、高機能化 出力リフレッシュ 同期処理 F3SP67 20Kstep 5倍 コマンド処理 された実際の装置アプリケーションにおいては、従来比5倍以上の高速 周辺処理 F3SP76 100Kstep 周辺リフレッシュ処理 化を可能にします。 ※本スキャンタイム数値は特定の条件で実現します。 通信等割込処理が入った場合、周辺処理が大幅に伸び、 割込処理発生時でも制御に影響を与えず、 プログラムの内容/システム構成によりスキャンタイムは変化します。 スキャン全体が遅くなります。 安定的な制御を実現します。 3 FA-M3V FA-M3V 4
Page4

F unction extensibility 高速化に加えた機能拡張性 ネットワーク化、生産データの大容量化、容易なデータハンドリング 大容量データハンドリング SDメモリカードスロット・RAMDISK装備 FTPクライアント/サーバ機能 ● 最大32ギガバイトのSDHCメモリカードにデータ/プログラム/ ● CPU側から自律的に上位のパソコンやサーバとの間で格納データ 最速/安定制御とともにさまざまな拡張機能も実現しています。多彩なネットワークニーズに応え、 ログをファイルとして格納可能。 を転送可能。上位のパソコンやサーバにプログラミングが必要あり 大容量ファイルの転送、パソコンレスメンテナンスなどにより、装置の生産性の向上を実現します。 ● 管理領域(FAT)の二重化処理により、書込中の電源断やカード ません。(クライアント機能) 取出しによるファイルシステム破壊の可能性を低減。 ● 上位のパソコン側からCPUの格納データを転送可能。汎用の通信 ● 4メガバイトのRAMDISKを標準装備。RAM上にあるため、高速に 手順なので、汎用のインタフェース関数を使用するのみ。FTPサーバ データ/ログをファイルとして格納可能。(停電非保持) へのアクセスとレスポンスを記録。デバッグやアクセス管理に便利 真のレンジフリーを実現 です。(サーバ機能) ● 市販SDメモリカードが使用可能。 ● ファイルとして一括で転送可能。 60Kステップ/260Kステップの2モデルに集約 データごとに分割して通信する必要がありません。 機種統合によりCPUの機種選択が容易に DATA FTPクライアント FTPクライアント PROGRAM 用途 LOG SDHC シーケンスCPUモジュール 処理速度 (ネットワーク搭載形) ・常時データを蓄積 FTP接続 F3SP71 F3SP76 32GB ・異常発生時のログ格納 ・現場での生データ保存 Ethernet FTP接続 F3SP71 3.75ns RAMDISK Ethernet 4MB ラダー60Kステップ、基本命令3.75ns~、ネットワーク機能付き F3SP53 F3SP58 F3SP66 F3SP67 F3SP59 FTPサーバ FTPサーバ F3SP76 17.5ns ラダー260Kステップ、基本命令3.75ns~、ネットワーク機能付き F3SP28 F3SP38 パソコンレスメンテナンス ※FA-M3プログラム開発ツールWideField3をご使用ください。 45ns 30k 60k 120k 260k 容量 スマートアクセス機能 カードバッチファイル機能 ロータリスイッチ機能 SDメモリカードを装着するだけで、レシピ設定や日常業務のログ パソコンなしにロータリスイッチとSDメモリカードでメンテナンス ネットワーク(Ethernet)を標準搭載 取得やトラブル時の調査が行えます。カードバッチファイル機能は、 が行えます。ロータリスイッチ機能は、モジュール前面のロータリスイ S Dメモリカードにカードバッチコマンドを記 述した自 動 実 行 ッチ(MODEスイッチ)と押しボタン(SETスイッチ)により、プログラム ファイル(バッチファイル)を格納しておき、実行トリガにより記述 のロード/セーブ・ログ取得などのメンテナンスが行える機能です。 生産管理系との容易な連携 したコマンドを実行する機能です。 ・停止モード ・プログラム運転/停止 スキャンタイムの高速化に加え、Ethernet通信処理の高速化も実現 ト ・セーブ SETスイッチ ・CPUリセット マ 自 SDHC ウ リ 動 ・ロード ・プロジェクトロード 32GB ン ガ ・運転モード   … 発 実 ネットワーク機能(Ethernet)標準搭載 オールインワンCPUモジュール ト 生 行 ・アンマウント MODEスイッチ   … ……   …    高速で安定した通信パフォーマンスを実現しています。さまざまな (マウントトリガ) カードバッチファイル格納 モジュール機能を凝縮したオールインワンCPUモジュールに より、省スペース/価格メリットに加え、制御処理に影響のないネット ワーク化が可能です。 簡単ネット&ファイルアクセス ネット&ファイル処理命令 継続型応用命令 100BASE-TX USBポート SDカードスロット 大容量データのハンドリングは専用ラダー命令を実行するだけです。 時間がかかる処理も制御に影響を与えません。 搭載 搭載 Ethernet シーケンスCPU メモリカード ROMパック 命令 入力条件ONで命令の起動のみ。 実際の処理はバックグラウンドで行われるので制御に影響を与えません。 ( Ethernet搭載 ) (プログラム開発ツール) ( データ / プログラム / ・ SOCKET(TCP/IP, UDP/IP)通信命令  接続用 ログ格納用 ) ・ FTPクライアント命令 ・ ファイルアクセス命令  FWRITE D0001 D0002 D0101 ・ ファイル操作命令  ・ ディスク操作命令 ON 上位システムとの親和性強化 Ethernetスループット比較 命令の実行完了で出力ON。D1に入っている エラーコードをチェックしてください。 通信応答の高速化と安定制御を高度に両立。 F3SP59+ READ F3LE11 WRITE バーチャルディレクトリコマンド機能 データ作成 増大する生産データへの対応も容易です。 F3SP67 ラダープログラムなしでも、FTPを利用して上位のパソコンやサーバ 定数や文字列をプログラムとは別に定数名と値で定義しておき、 ● Ethernetスループットも大幅向上 F3SP76 約3.5倍 からデータ/プログラム/ログをファイル転送できます。 プログラム中では定数名で記述することができる定数定義機能 ● 大容量メモリ搭載とSDHC対応(~32GB) 約7倍 上位のパソコンやサーバから下記のようなコマンドを発行してください。 (ヘッダファイル)や、文字列でバイナリを表現するM3エスケープ ● キャッシュレジスタ(最大1MB) 0 1 2 3 4 5 6 7 8 ms 例 get ¥virtual¥cmd¥d2fcsv_D101_2_128_0_6_1_0_0_4 data012.csv. シーケンス機能で通信テキストやファイルデータの作成も簡単です。 ※従来CPUとの比較 250ワード READ/WRITE時 (D101からワード単位で128個10進表現……のデータファイルをCSV形式でget) 5 FA-M3V FA-M3V 6
Page5

H igh Reliability 安定操業を実現する高信頼性 FA-M3Vが提供する「ストレスフリー」 ハードウェアECC、一枚基板設計、安心セキュリティを実現 開発~保守までのプロセスにおけるお客様の課題を解決します。 故障率低減への取り組み、高精度演算機能の充実、 ログイン管理、操作ログ機能などのセキュリティ強化、さらなる高信頼性を実現しました。 開発~保守までのプロセスの流れ 機種選定から保守まで、設計通りの開発ができ、ラダー開発デザインからエンジニアリングまでの 負荷を軽減し、お客様のストレスをトータルに解消する「ストレスフリー」が、開発のコンセプトです。 高精度・高信頼性 圧倒的なデータ演算能力/ユーザライクな高信頼設計 データ桁数アップにより高精度を実現/ECC搭載で高信頼性も進化 高信頼設計による故障率低減への取り組み 課題 FA-M3Vで改善 SRAMのハードウェアECC(Error Check and Correct)を実現 フラッシュメモリ採用 真のレンジフリーを実現 プログラム実行領域(ASIC内部および外部SRAM)を プログラム保存用メモリに採用。 製品のラインアップや ● ● 機種 プログラム容量 ハードウェアでECC化。 非通電時のメモリ書き換わりの影響を最小化。 機種が分かれていると、 選定 60K/260Kの2モデルに集約 ● ECC化によるパフォーマンス低下なし。 高 選定が難しい。 CPUの機種選択が容易に ● パトロールチェック機能※でさらに信頼性向上。※バックアップSRAMのみ 原理的信頼性の追求 一枚基板設計 速 自動検出 システムを ● 部品点数の削減により原理的に故障部位を削減。 性 圧倒的なデータ演算能力 不慮のメモリの 停止させることなく 書き換わり発生! 正常運転を継続! 複雑な演算式を 設計/ 位置決めパラメータ演算等に ラダーで書くのは大変。 開発 必須の高度演算命令の充実 演算テーブル用高速メモリ 高精度演算機能 「キャッシュレジスタ」搭載 ス 32bitの有効桁数を保ったまま演算が可能 64bit整数演算 倍精度浮動小数点演算 これまでのPLCでは 生産管理系との容易なネットワーク連携 ト ● わざわざ浮動小数点に変換して演算する必要がないため、 浮動小数点演算用プロセッサFPU搭載。 拡 ネットワーク負荷で 全機種Ethernet標準搭載 ● 評価 レ 高精度演算が可能です。 ● 浮動小数点に変換して演算をしても桁落ちなし。 張 シーケンス処理が遅くなり、 生産データ通信時も安定した ス 装置が思うように動かない。 高速制御を実現 性 大容量メモリ/SDHC(~32GB)対応 フ セキュリティ 開発資産保護と故障解析の効率化 リ コピー防止、保守履歴自動保存により、お客様の大切な資産を守り、安心のセキュリティを提供 ユーザライクな高信頼設計 ー どんな条件でも安定して 搭載メモリ強化 ログイン管理機能 操作ログ機能 稼動して欲しい。 操業 ・ハードウェアECC 設計者/サービス要員/納入先オペレータにアクセス権限を設定 CPUモジュールの操作履歴をモジュール内に保持する機能です。 ・フラッシュメモリ採用 できます。必要な作業者に必要な権限を付与することで、セキュ ユーザ認証機能により、操作したユーザも同時に追記されます。 原理的信頼性の追及 リティと現地での作業効率を両立させます。 信 ・一枚基板設計 作業履歴から客観的に検証できます。 頼 ・オンライン編集NG 全作業 アクセス 操作ログダイアログ 可能 権限設定 ・初期化リセットNG 性 開発資産保護と故障解析の効率化 ・ファイル操作NG Date Time Route Main Message Sub Message User Name ソフト資産流出防止で、 充実のセキュリティ機能 2010/06/11 08:53:22 SWL_1 Cpu Reset User パスワードをかけると、 保守 ・ログイン管理機能 2010/06/11 10:02:14 USB Download ypjt FTPPUT User 作業性が悪い。 2010/06/12 11:06:20 SIO Set a date-time Service ・操作ログ機能 2010/06/12 12:27:37 ETH Switch Run mode FTPPUT Service サンプリングトレース強化 いつ 経由 何を 誰が 設計者 納入先オペレータ 従来のネットワーク限定機能、CPUプロパティプロテクト機能、削除機能も健在! 7 FA-M3V FA-M3V 8
Page6

R ange Free レンジフリー 用途に応じたモジュールを組合わせるだけ メインユニットとサブユニット 入出力増設用のサブユニットは最大7台まで増設可能です。処理点数は最大8192点のレンジフリー。 小形から大形までを同一機種で実現するレンジフリー 入出力モジュール 光FAバス2モジュール(F3LR02-0N) FAバス2モジュール (F3LR02-1W) 規模に左右されない拡張性を実現すると共に予備品の統一が図れます。小さいFA-M3は、同一サイズのモジュール メイン ユニット を追加するだけのシンプル設計。制御盤内に十分に余裕を残して実装でき、盤内設計の標準化/効率化が図れます。 FA-M3は開発者の想像力を引き出しながら装置構築を図り、装置にマッチしたコントロールを実現するために柔軟に 対応するPLCです。 電源 CPU サブ モジュール モジュール ユニット CPUモジュールを 最大3モジュール増設可能 マルチCPU 1ユニットに複数CPU(最大4台)の実装が可能 1ユニットに複数のCPUモジュールを混在させて実装するマルチCPU構成が可能 なため、拡がりのあるシステム構築を実現します。シーケンスCPUモジュール だけでなく、リアルタイムOS対応のCPUもお使いいただけます。 最大4台のCPUモジュールを実装できるため、部分的な装置稼働率の向上や、 基本のプログラムデータと他のプログラムデータの融合、処理制御の分割、ある いはシステムの規模/プログラムサイズに合わせてCPUを切り分けたい場合など に便利です。 シーケンスCPU リアルタイムOS モジュール CPUモジュール シーケンスCPUモジュール F3SP71-4S / F3SP76-7S / F3SP22-0S 高速化に加え、ネットワーク化、生産データの大容量化、容易なデータ ハンドリングなどの機能拡張性を実現しています。ネットワーク機能 (Ethernet)、SDメモリカードスロット、RAMDISKを標準装備し、上位 シーケンスCPUモジュール システムとの親和性に優れたCPUモジュールです。 大規模から小規模までアプリケーションサイズにあわせた最適なCPU 選択が可能です。 ベースモジュール F3BU04 / F3BU05 / F3BU06 / F3BU09 / F3BU13 / F3BU16 リアルタイムOS CPUモジュール FA-M3は4、5、6、9、13、16スロットの 6種類のベースモジュールを取揃え、 取付け自在。 eMbedded M@chine Controller e-RT3 F3BU16 高いシェアを誇る「VxWorks」、フリーでオープンな「Linux」の各種リアル F3BU04 タイムOSに対応したCPUモジュールです。容易な操作と高い機能を F3BU05 実現し、用途にあわせた最適なOSをお選びいただけます。 F3BU06 F3BU09 世界スタンダードなプログラミング環境によるアプリケーション開発 リアルタイムOS シーケンス CPUモジュール CPUモジュール F3BU13 が可能です。 ※詳細はカタログ「e-RT3」(Bulletin 34M06T01-01)を参照してください。 9 FA-M3V FA-M3V 10
Page7

P rograms Support 高度なプログラミング支援 開発から保守までのプログラム設計の効率化 吹き出しコメント/吹き出しモニタ機能 付箋感覚で自由なコメント配置や 吹き出しでのデバイス デバイスモニタが可能 モニタが可能 FA-M3プログラム開発ツールWideField3 SF630-MCW 作業履歴や引継ぎ事項等をメモ書きでき、回路上の自由な位置に 配置位置・フォントが 付箋感覚で配置できます。フォント・色・サイズが自由に設定でき、さらに 自由設定。 透かし表示も可能 お客様の要望に応えた充実の差別化機能を提供 Windows10 対応 透かし表示が可能なので、回路の邪魔になりません。また吹き出し に、デバイスを指定してのモニタリングが可能です。 プログラム開発の効率化は、PLCの普遍のテーマです。 高速化技術を盛り込んだFA-M3Vの誕生に合わせて、プログラム開発ツールは 「WideField3」として進化しました。 プログラム環境を便利にする吹き出し機能や、作業効率を向上する クロスリファレンス、スクリプトなどの従来機能に加え、お客様のデバッグ効率を クロスリファレンス機能 飛躍的に改善するエンジニアリング支援機能をあらたに追加しました。 ※WideField/WideField2で作成したラダープログラム、作成時使用していたシーケンスCPUモジュールは、 デバッグ工数削減! 後戻りのない開発が可能  WideField3になってもそのままご使用いただけます。 ※WideField3 R4.01より、Windows10(x86/x64)に対応しました。 プログラムで使用中のデバイスをアウトプットウィンドウにリアル 再利用、デバッグ・メンテナンス性を向上する各種機能を用意 タイムに表示します。また使用デバイスの検索が容易になり時間 短縮できるほか、開発/改造時の修正漏れもなくなります。 検索・照合ツールバーでよく使う機能をダイレクト実行 ビジュアルアイコンで直感操作 ファイル・データ構造を参照しながらオペレーション クロスリファレンスの検索対象 一覧から回路に デバイスの使用箇所 アドレス、信号名、定数(10進、16進、文字列、浮動小数点)、タイマ定数、 即ジャンプ! 一覧を一発検索! カウンタ定数、構造体名(構造体、メンバ名を含む)、ブロック/マクロ名、ラベル マルチウィンドウで効率的な開発操作 オフライン・オンラインに最適な機能に直結! CPUの動作状況をいつでも確認 ファイル間照合機能 設計資産の運用を飛躍的に向上 プロジェクト内の プログラムはラダーイメージで 全てのデータを比較 相違のある行をハイライト表示で識別 スクリプト記述/モニタ機能 設計済みの2つのプロジェクトデータをオフラインで比較すること ができます。これにより、過去の設計資産との比較を行い、再利用・ 面倒な演算処理を簡単・便利に オンラインデバッグを支援するスクリプトモニタ機能 運用履歴管理などが可能。また、現場プログラムとの比較による 保全上の利用も可能です。プログラムは、ラダープログラムそのまま 演算命令・文字列処理等、ラダープログラムでの表現が難しい処理に のイメージで比較。異なっている回路行をハイライト表示、一目で おけるプログラム支援を行うためのスクリプト記述を可能にします。 スクリプト記述に添って、 使用デバイスをモニタ可能 異なる回路を識別できます。 記述されたスクリプトを自動的にラダーに展開し、実行することができ ます。また、スクリプト記述に添って、使用デバイスのモニタリングが 比較しながら編集操作が可能 同一行に合わせて補正表示 可能です。スクリプトで補えない命令をニモニック入力でき、プログラム 過去資産との整合を取ることが容易に するので相違点のみを抽出可能 能力を高めることができます。 スクリプト専用命令・関数で効率的なプログラミング その他の便利な機能 演算子・予約語 スクリプト関数 プリフィックス 算術演算 +, -, *, /, MOD 基本関数 立上りビット 回路コメントアウト 導通化された命令 非導通化された命令 B:ビット型、S:文字列型 比較演算 </<=.>/>=.==.<> 計算処理関数 三角関数、論理、累乗など W:ワード型、L:ロングワード型、D:ダブルロングワード型 選択した命令や回路を一時的に導通、または非実行の 論理演算 NOT, AND, OR, XOR データ処理関数 回転、転送、変換、バイト処理など 文字列演算 &, ==, <> 文字列処理関数 検索、挿入、置換、連結など F:単精度浮動小数点型、E:倍精度浮動小数点型 状態にできます。一時的に命令を動作させたくない場合や 変更前の回路を温存しておきたい場合に有効です。 非実行の命令 面倒な演算/データ処理を簡単・便利に 非実行の回路 【移動距離と角度からx軸/y軸の移動方向を計算する】 【移動距離と角度からx軸/y軸の移動方向を計算する】 00001 00002 I00001 ITOF D00001 D01101 00003 浮動小数点変換 操作プロテクト・操作ログ ITOF D00002 D01103 00004 F FRAD D01101 D01105 ラジアン変換 操作を行うユーザの権限レベルを管理。操作の履歴をCPUに 00005 F FCOS D01105 D01107 y軸/COS 00006 格納できます。 F FSIN D01105 D01109 y軸/SIN 00007 F D01111 = D01103 * D01107 x軸/移動距離 // 移動距離と角度からx軸/y軸の移動方向を計算する 00008 F D01113 = D01103 * D01109 y軸/移動距離 W.D00003 = W(. CONS(RAD(F.D00001))*F.D00002) 00009 FTOI D01111 D00003 整数変換 W.D00004 = W(. SIN(RAD(F.D00001))*F.D00002) 操作プロテクト設定 00010 FTOI D01113 D00004 記述の柔軟性のあるスクリプト記述で プログラミング効率、視認性を向上! 操作ログ表示 11 FA-M3V FA-M3V 12
Page8

P rograms Support P rograms Support リアルな仮想環境をPC上で再現 装置の「ライフサイクル」全般をトータルサポート Live Logic Analyze(r ライブロジックアナライザ)機能 ※WideField3 R3.01以降対応 ※F3SP71-4S/F3SP76-7S専用(R4以降対応) FA-M3シミュレーションソフトウェアVirtual-M3 SF681-MDW 簡単操作でデバッグ効率を飛躍的に改善する らくらく登録・設定・操作を実現 デバッグやトラブル解析で実力を発揮 操作 エンジニアリング支援機能 登録 1 任意の範囲を FA-M3シミュレーションソフトウェアVirtual-M3は、シーケンスCPUモジュールの 2 ライブロジックアナライザは、シーケンスCPUおよび高機能 見たいデバイスを瞬時に メイン画面上で伸縮させたり 動作をPC上で再現し、プログラムを実機レスでデバッグするためのソフトウェアです。 登録できます。 別枠で拡大表示できます。 I/Oモジュールのデバイスデータを収集し、収集したデバイス デバッグ時の作業工数を大幅に削減できる機能として、 登録 データをリアルタイムに画面上で変化を確認する機能です。 1 操作 ダイナミックI/Oジェネレータ機能、HMIとの接続、ステップ運転機能、 ラダープログラムからの 2 高速稼動アプリケーション装置を動作させながらトレースし、 画面の縦/横分割ができ、 ライブロジックアナライザとの接続を備えています。 ドラッグ&ドロップや、 制御状態を即時グラフィカルに表示します。 共通信号定義からの 2画面表示ができます。 ※WideField3 R4.01以降対応(新機能は、R4.03以降対応) コピー&ペーストで 3 高速通信によるトレース性能アップ 波形の重ね合わせや カーソル表示も、 外部機器の動作を含めたリアルなデバッグ環境 リアルタイムで信号の動きをモニタリング ● 最大96点(リレー64点、レジスタ32点)の同時トレース。 マウスで操作できます。 サンプリング点数も最大1Mサンプル/CHあたりと大容量。 さらに! トレース結果を、画面保存やCSV形式で保存できます。 ● ダイナミックI/Oジェネレータ機能 ● ライブロジックアナライザ(WideField3搭載)機能との接続 ● 高機能I/Oモジュールのデバイスも容易にトレースできます。 ● HMI(表示器)シミュレーション ● トレース開始後の随時表示で、トレース途中でもプログラムの トレース実行による制御速度への影響はほぼゼロ デバッグが同時に行えます。 トレース実行による スキャン遅れ 他社トレース スキャンタイム デバッグラダープログラムの動作をコントロール 大規模システム構成もシミュレーション 実稼働と同等のデバッグ性能を実現 ● トレース実行によるスキャン遅れを最小限に抑制。 YOKOGAWA ● ステップ運転機能 ● マルチCPU構成 ● 機能実行時、CPUスキャンへの影響が軽微なため、実働パフォー 周辺処理時間 周辺処理時間 マンスでのデバッグが可能。 ● スローモーション機能 NEW ● FAリンク/FL-net構成 ● USBやEthernetの周辺処理もCPUスキャンとは別に並列処理 「ユーザマーカー」で大量のトレースデータかららくらくピンポイントサーチ されるため大容量トレースでも影響を与えません。 ユーザマーカー 1 指定した と  き 高機能HMI機能によるハイユーザビリティ デバイスの状態を 現場装置のトラブル状態「その瞬間」を再現 条件設定します。 ● 使いやすさを追求し、らくらく登録・設定・操作を実現。 ユーザマーカー ユーザマーカー 2 ●「 ユーザマーカー」で大量のトレースデータから、らくらくピン 3 ユーザマーカー設定条件が ワンタッチ・プレイバック機能 ポイントサーチ。 設定した 成立すると、発生個所が NEW ● 任意の範囲を別枠で表示させる「拡大表示」、画面の縦/横 ユーザマーカーが マーキングされます。 現場で起こったトラブルの瞬間データ(メモリ状態)を、ワンタッチでSDカードに保存できます。 分割で画面表示ができる「2分割表示」も可能。 発生した履歴を SDカードに保存したトラブル時のデータを用いてシミュレーションすることで、トラブルの瞬間を再現でき、 表示します。 原因の早期発見につながります。 さらに! ユーザマーカーや任意に設定したカーソルに瞬時にジャンプしてセンター表示できます。 ワンタッチ・プレイバック機能を活用したフロー サンプリングトレース機能 オシロライクな表示で、高機能な解析環境を提供 サンプリングトレースは、シーケンスCPUおよび高機能I/Oモジュールのデバイスデータを収集し、収集完了後に収集データを一括表示、デバ イスデータの変化を確認する機能です。決まった開始タイミングがあるデータに対するトレースや、長時間待たないと期待する現象が起きない 対策 あらゆる操業パターンを 原因対策・ トレースに有効です。 トラブル発生 原因追及 (プログラム修正) 動作確認 シミュレーション 復旧 トレース機能性能比較表 機能 ライブロジックアナライザ サンプリングトレース データをワンタッチでSDカードに保存 デバッグ・シミュレーション 復旧時間を大幅短縮 CPU接続IF Ethernet/USB Ethernet/USB/FL-net ツールレス トレース なし カードバッチ/バーチャルディレクトリ サンプリング方法 スキャン/定周期/TRC命令 スキャン/定周期/TRC命令 トレース結果保存先 CPUモジュール:無し WideField3:専用ファイル形式/CSVファイル CPUモジュール:CPUメモリ/SDカード WideField3:専用ファイル形式/CSVファイル S D トレース開始条件設定 無し 有り CARD + トレース終了条件設定 有り/無し選択式(デフォルトは終了条件無し) 有り/無し選択式(デフォルトは終了条件有り) トレース対象デバイス数 リレー:64点/レジスタ:32点 リレー:64点/レジスタ:128点 データ表示タイミング トレース中 トレース完了後 保全担当者は、 デバイス Live Logic ステップ スロー データ表示方法 動画チャート 静止チャート SDカードを持っていくだけ モニタ Analyzer 運転 モーション データ表示形式 Bit/10進/16進/浮動小数点/倍精度浮動小数点 Bit/10進/16進 拡大表示 有り 有り パソコンレス 操業シミュレーション 操業復旧 コンフィギュレーション設定によるトレース開始 無し 有り ※サンプリングトレースとライブロジックアナライザを同時に実行することはできません。 13 FA-M3V FA-M3V 14
Page9

O pen Network オープンネットワーク さまざまなオープンネットワークに対応 情報系ネットワーク FL-netインタフェースモジュール F3LX02-2N Ethernetインタフェースモジュール マルチベンダシステムを容易に構築 項 目 仕 様 F3LE01-1T / F3LE11-1T / F3LE12-1T プロトコル UDP/IP, FAリンクプロトコル, ICMP, ARP JEMA(日本電機工業会)が仕様策定したFL-ne(t OPCN-2) アクセス制御方式 IEEE802.3(CSMA/CD)準拠 電子メールに自動応答(F3LE11-1T) Ver.2.00に準拠したオープンネットワーク対応のインタ 仕 様 伝送速度 100Mbps, 10Mbps 項 目 フェースモジュールです。お客様自身がマルチベンダ対応 F3LE01-1T F3LE11-1T F3LE12-1T 接続ノード数 最大254ノード 電子メールでのリモートメンテナンス/エンジニアリングを システムを容易に構築できるとともに、メッセージ伝送、 伝送方法 ベースバンド TCP/IP, UDP/IP, 可能にしました。装置の異常発生を電子メールで伝え、上位 TCP/IP, UDP/IP, ICMP, ARP, TCP/IP, UDP/IP, サイクリック伝送が行えます。またWideField3インストール プロトコル サイクリック伝送 領域1 512ワード パソコンから電子メールにより各種デバイスの読書き、ユーザ ICMP, ARP SMTP/POP3, ICMP, ARP HTTP1.0 のパソコンで簡単にメンテナンス環境が構築でき、ラダー 領域2 8192ワード ログ、システムログの読出しや、トレース機能で装置の状況 モニタ、各種デバイスの読書き、ログの読出しやトレース メッセージ伝送 最大1024バイト アクセス制御方式 CSMA/CD を把握できます。それにより、現場の異常を短時間で解決 伝送速度 10Mbps 100Mbps, 10Mbps 機能等のすべてのデバッグ/保守機能が使用可能です。 することができます。これらの機能は、FA-M3プログラム 伝送方法 ベースバンド 開発ツールWideField3を始 め、多種多様なソフトウェア 最大セグメント長 100m* で簡単にリモートメンテナンス環境を構築できます。また、 電子メール応答, メッセージ通信 このモジュールは10Mbpsに加え、100Mbpsと高速に通信 機 能 イベント送信 警報メール, 自動発信, パスワード機能 (UDP/IP)機能 可能な100BASE-TX対応です。 * HUBとモジュール間の長さ 電子メールで装置を手軽にリモートメンテナンス EthernetベースのリモートOME デバイス系ネットワーク オープン性を備えたデファクトスタンダードの代表であるEthernet通信を利用したリモートOME(Remote Operation,Maintenance & Engineering)は、豊富なソリューションを提供します。画像/音声などの情報も転送できるので、状況の確認も効率的に行えます。これ により、ささいなトラブルによる開発工数の圧迫、頻繁な出張、トラブル情報の遅れなど開発者側の悩みも一挙に解決できます。 DeviceNetインタフェースモジュール F3LD01-0N/F3LD02-1N NEW ※リモートOME(Remote Operation,Maintenance & Engineering)は、当社が提唱する遠隔装置をリモートでメンテナンスする仕組みの総称で、横河電機の登録商標です。 マルチベンダネットワークで生産性向上 仕 様 項 目 F3LD01-0N F3LD02-1N NXインタフェースモジュール F3NX01-2N       ( ODVA,Inc)が普及を推進する世界 機能 マスタ スレーブ 標 準 オ ープ ンフィー ルドネットワ ー クで あ る インタフェース DeviceNet準拠 “            (デバイスネット)” に準 拠した 伝送速度 125k/250k/500kbps 自律分散プロトコルをサポート 項 目 仕 様 マスタモジュールです。S E M(I 国 際 半 導 体 製 造 伝送媒体 専用ケーブル5線(信号系2本、シールド1本、電源系2本) プロトコル UDP/IP, ICMP, ARP 自律分散※システム(NeXUS)に接続するためのインタフェース 装置・材料協会)でも標準化センサバスとして採用 幹線の最大ケーブル長 500m アクセス制御方式 CSMA/CD 伝送距離 (伝送速度 125kbps 太ケーブルのみ使用時) モジュールです。自律分散プロトコルをサポートし、FA-M3 しています。ON/OFFデータ、アナログデータから 伝送速度 100Mbps, 10Mbps 接続形態 マルチドロップ方式、T分岐方式 相互の情報交換や自律分散プロトコルをサポートしたパソ 数十バイトのデータや設定/メンテナンス情報が 伝送方法 ベースバンド 接続ノード数 64台(マスタを含む) コン、FAコンピュータなどの外部機器との接続が可能です。 伝送でき、世界各社の対応デバイス最大63台を、 最大セグメント長 100m* 伝 送 速 度 最 大 5 0 0kb p s 、伝 送 距 離 最 大 5 0 0 m ※「自律分散」は、株式会社日立製作所の登録商標です。 *HUBとモジュール間の長さ (125kbps時)で接続できます。さまざまなアプリ ケーションに柔軟に対応し、生産性/メンテナンス 性を大幅に向上させます。 スレーブモジュールが加 わり更に幅広いアプリ ケーションに対応が可能です。 制御系ネットワーク EtherNet/IPインタフェースモジュール F3LN01-0N CAN 2.0Bインタフェースモジュール F3LD21-0N グローバルな産業用イーサネット 項 目 仕 様 CAN(Controller Area Network)プロトコルをサポート 項 目 仕 様 プロトコル CIPプロトコル ※ インタフェース CAN2.0Bフォーマット      ( ODVA,Inc)が普及を推進する産業用イーサ 物理層 100BASE-TX, 10BASE-T CAN (Controller Area Network)に接続するためのインタ (標準11bitIDおよび拡張29bitID対応) ネットの標準ネットワークである       ( Ethernet 伝送速度 100Mbps, 10Mbps フェースモジュールです。耐ノイズ性を考慮して設計され、 対象フレーム データフレーム Industrial Protocol)に準拠したインタフェースモジュール 最大セグメント長 100m* 相互接続された機器間のデータ通信に使用される通信規 チャネル数 1チャネル です。IEC61158国際標準規格、SEMIスタンダードE54.13と 最大コネクション数 128 格です。車載機器間の通信手段として発展してきましたが、 伝送速度 125k/250k/500k/1Mbps しても認定されています。マルチベンダ環境でセンサ・アク 機能 EtherNet/IP スキャナ/アダプタ機能 信頼性や洗練された故障検出機能などが認められ、幅広い 専用ケーブル チュエータから情報系まで、広範囲のデバイスを接続でき、 *HUBとモジュール間の長さ 分野で利用されています。 伝送媒体 (5線:信号系2本, シールド1本, 電源系2本) 太ケーブル:幹線用 拡張性に優れたシステム構成を実現します。1つのシステム プロトコル変換機器を介さずに、CANインタフェースを持つ 細ケーブル:幹線/支線用 でEtherNet/IPモジュールを複数枚実装でき、ネットワークを 外部機器とコントローラを直接接続することが可能です。 接続形態 マルチドロップ方式, T分岐方式 制御系と情報系で分離できます。また、ネットワークの冗長 ※CANは、ドイツBosch社が提唱し、国際標準化機構によって、 自動周期送信(10ms~65535ms) 化の対応も可能です。 ISO11898および、ISO11519として規格化されています。 機能 手動送信 自動受信データ格納 自動周期送信時:同時最大15ID 使用可能ID数 手動送信:制限なし 受信:同時最大320ID 15 FA-M3V FA-M3V 16
Page10

O pen Network シリアル通信 高速リモートI/O パソコンリンクモジュール F3LC11-1F / F3LC12-1F / F3LC11-2F YHLSマスタモジュール F3LH01-1N / F3LH02-1N パソコン、表示器の接続に最適 仕 様 項 目 ストレスフリーの高速省配線を実現 仕 様 項 目 F3LC11-1F F3LC12-1F F3LC11-2F F3LH01-1N F3LH02-1N パソコンなどの上位コンピュータ、または表示器 インタフェース EIA RS-232-C準拠 EIA RS-422-A / YHLS(YOKOGAWA Hi-speed Link System)は、 系統数 1系統 2系統 などとRS-232-C、RS-422-A/485を介してパソコン EIA RS-485 準拠 高速な1:N リモートI/O通信システムです。1系統 伝送方式 4線式全二重通信 / 2線式半二重通信 リンク機能を実現する通信モジュールです。FA-M3 半二重方式、 あたり最大63台のスレーブユニットを接続し、最大 伝送フォーマット HLS準拠 伝送方式 半二重方式 のすべてのデバイスの読出し/書込みが可能です。 4線式/2線式 2016点(入力1008点/出力1008点)の情報を扱う 伝送速度 3Mbps / 6Mbps / 12Mbps ラダープログラムが停止中でもデバイスの読書き 伝送距離 総延長15m 総延長1200m ことが可能。512点(入力256点/出力256点)あたり 同期方式 ビット同期 伝送速度 300 / 600 / 1200 / 2400 / 4800 / 9600 / 14400 /19200 / 誤り制御方式 CRC-12 ができます。さらに、プログラムに関する各種情報、 28800 / 38400 / 57.6k / 76.8k / 115.2kbps 243μsの高速スキャンを実現。複雑な通信手順を 最大伝送距離 エラー履 歴の読 出しができるなど機 能 的です。 意識しないシステム構築を容易に実現します。 (1系統あたり) 3Mbps : 300m / 6Mbps : 200m / 12Mbps : 100m 接続台数 — 32台 F3LC11-2Fを使用すると、32台のFA-M3を上位 ポート数 1ポート(非絶縁) 2ポート(非絶縁) 1ポート(絶縁) 通信部接続方式 ユーロ端子台 コンピュータと接続できます。 * YHLSケーブル(KM80/KM81)使用可能 高 速 最大接続台数 (1モジュールあたり) 63台 126台 ● 最大通信速度12Mbps! 63スレーブユニットを0.96msでスキャン 最大リモートI/O点数 入力 1008点 / 入力 2016点 / (1モジュールあたり) 出力 1008点 出力 2016点 Modbusインタフェースモジュール F3LC31-2F 高耐ノイズ性 ● 耐ノイズ性に優れたHLSプロトコル採用 Modbusプロトコルをサポート 項 目 仕 様 ● YHLSケーブル(KM80/KM81)との併用で更に信頼性アップ Modbus※ RTU/Modbus ASCIIに接続するための インタフェース EIA RS-422-A / EIA RS-485準拠 伝送方式 半二重方式, 4線式/2線式 オープン性 インタフェースモ ジュールです。オープンネット 伝送速度 300/600/1200/2400/4800/9600/14400/ ● デザインルール公開でお客様にて独自のスレーブユニット開発が可能 ワークであるModbus通信のマスタ機能をサポート 19200/28800/38400/57.6k/115.2kbps しており、各社の各種スレーブ機器と通信すること 伝送媒体 シールド付きツイストペアケーブル(AWG20~16) が可能。スレーブ機能もサポートしているので、 伝送距離 最大1200m(総延長距離) YHLSは(YOKOGAWA Hi-speed Link System)の略で、HLS準拠のオープンプロトコルを採用し、装置の開発時、操業時などに簡単に 各社のマスタ機器とも通信することができます。 ポート数 1ポート(絶縁) 回線品質をモニタできる機能※を拡張したYOKOGAWAの「HLS」です。 プロトコル Modbus RTU/Modbus ASCII ※「MODBUS」は、Schneider Automation Inc.の登録商標です。 ※「RDY、ALM、LNKなどのLED表示」 ラダー通信モジュール F3RZ81-0F / F3RZ82-0F / F3RZ91-0F 高速シリアル通信、最大115.2kbps 仕 様 項 目 F3RZ81-0F F3RZ82-0F F3RZ91-0F YHLSスレーブユニット TAHシリーズ シーケンスCPUモジュールからのラダープログラム によって、RS-232-C通信、RS-422-AまたはRS-485 インタフェース EIA RS-232-C準拠 EIA RS-422-A / EIA RS-485準拠 通信を行うためのモジュールです。F3RZ81-0F, 接続形式 ポイント対ポイント ポイント対ポイント 括線挿抜にも対応 形 名 仕 様 F3RZ82-0Fは、D-sub9極コネクタを使用し最大 (マルチポイントも可) -3PAM DC入力(+コモン), 24VDC 16点,MIL 他社16点サイズで32点を実現した小型スレーブユニットです。 トランジスタ出力シンクタイプ(短絡保護), 24VDC 0.1A, 16点, MIL 15mまで伝送可能です。F3RZ91-0Fは、端子台を 伝送方式 全二重/半二重方式 全二重/半二重方式, 4線式/2線式 I/O電源短絡保護機能及び出力短絡保護機能付で高い信頼 TAHWD32 -3NBM DC入力(-コモン), 24VDC 16点,MIL 使用し、最大1200mまでの伝送距離に対応します。 同期方式 調歩同期式 性を有しています。 トランジスタ出力ソースタイプ(短絡保護), 24VDC 0.1A, 16点, MIL 通信手順 無手順 -3PEM DC入力(+コモン), 24VDC 16点,MIL TAHXD16 -3NEM DC入力(-コモン), 24VDC 16点,MIL 伝送速度 300 / 600 / 1200 / 2400 / 4800 / 9600 / 14400 / 19200 / 28800 / 38400 / 57.6k / 76.8k / 115.2kbps -3EAM トランジスタ出力シンクタイプ(短絡保護), 24VDC 0.1A, 16点, MIL TAHYD16 伝送距離 最大15m 最大1200m -3EBM トランジスタ出力ソースタイプ(短絡保護), 24VDC 0.1A, 16点, MIL ポート数 1ポート(非絶縁) 2ポート(非絶縁) 1ポート(絶縁) * YHLSケーブル(KM80/KM81)使用可能 GP-IB通信モジュール F3GB01-0N 検査システムの自動化に威力発揮 項 目 仕 様 ・計測と制御をコンパクトに実現できます。  インタフェース ANSI/IEEE Std 488準拠 伝送方式 8ビットパラレル, 半二重 YHLSケーブル KM80 / KM81 ・高速な検査システムを実現できます。 接続形式 スター, マルチドロップ ・GP-IB機器と簡単かつ高速に接続できます。 接続機器数 最大15台 ・ラダー言語だけで、GP-IB機器と通信できます。 ハンドシェイク方式 3線式ハンドシェイク 用途に合わせて2種類ラインアップ 形 名 ケーブル長 形 名 ケーブル長 総延長 最大20m -010 10m -010 10m 伝 YHLS高速省配線ケーブルです。2重シールド採用で外来ノイズ 機器間 最大4m -050 50m 送 距 をブロックします。RS-422A/485系の汎用シリアル通信用ケー KM80 -100 100m KM81 -050 50m 離 接続機器 (固定用) (可動用) による総延長 最大2m×接続機器数 ブルとしても使用できます。 -200 200m -100 100m -200 200m インタフェース 24ピンレセプタクルコネクタ(IEEE-488準拠) -300 300m 機器アドレス 0~30 設 定 デリミタコード CR+LF, CR, EOI, Others コントローラ機器 あり/なし 使用可能なモジュール F3LH01-1N, F3LH02-1N, F3LP32-0N, F3LR02-1W, F3LC11-2F, F3LC31-2F, F3LC51-2N, F3RZ91-0F 17 FA-M3V FA-M3V 18
Page11

S uperior Temperature Control with Easy Setup 優しく、易しく、柔しく温度コントロール NEW あらゆるムダを省く、優れた温度制御、容易な設定 温度調節・PIDモジュール F3CU04-0H / F3CU04-1H ToolBox 温度調節・モニタモジュール SF661-MCW 高速・高精度・高分解能、 仕 様 項 目 操作パラメータを容易に設定 多彩な制御への対応 F3CU04-0H F3CU04-1H ループ数 4ループ 温度調節・PIDモジュール、温度モニタモジュール対応の設定ツールです。 144 絶縁方式 入力端子-内部回路間:フォトカプラ絶縁および容量/誘導性結合絶縁 モジュール初期設定から動作テストまでを行うことができ、煩わしい微調整・チューニングをグラ 最大 ループ 各入力端子間:容量/誘導性結合絶縁 フィカルにモニタしながらの設定が可能です。 ユニバーサル(各入力CH独立にソフト設定または全CH一括で サンプリング N E W 精度 分解能 入力種類 ハード設定可能)熱電対(15種), 測温抵抗体(9種), 10ms ±0.1% 0.1℃ 直流電圧DCmV(2種), 直流電圧DCV(4種) 入力サンプリング周期 10ms, 100ms, 200ms 詳細設定画面 新開発のハードウェアにより更なる高速性(入力サン 入力抵抗 約1MΩ以上 プリング周期従来比10倍)を実現。あらゆるニーズ 許容信号源抵抗 TC, DCmV 250Ω以下, DVC 2kΩ以下 バーンアウト検出機能 あ り やさしい設定画面 に対し一層きめ細やかな制御をご提供します。 時間比例PID 好評のオーバーシュート抑制機能・おまかせ制御 出 あり(ON/OFF制御可, 正逆動作可) モジュール内のパラメータはガイダンスで表示され、内容が簡単に把握できます。パラメータ 力 (オープンコレクタ出力) 機能(パラメータ自動計算)に加え、新たな3つの 種 毎に優先順位が付けられお客様の操作にあった設定画面が定義できます。 類 連続PID (4~20mA出力) な し あ り 機能の追加により、生産コスト(エンジニアリング 優れたデバッグ機能とデータロギング 工数・生産サイクルタイム・運転コスト)の削減と 制 制御機能 ON/OFF制御, PID制御, 加熱冷却制御, 御 設定値出力, おまかせ制御, スーパー 動作テスト時、設定内容表示、動作モニタリング、エラー情報表示が同時に確認できます。 製造品質の向上に寄与します。 部 制御周期 入力サンプリング周期と同じ 入力されたフィールドデータは、ロギングできるとともに外部データ(CSV形式)に出力でき、 ※前機種F3CU04-□Sとはソフトウェア上位互換です。 ドキュメント化や分析・加工を手軽に行うことができます。 チューニング画面 立上げ協調運転機能 統合型開発環境の提供 ループ間の温度の立上り時間をそろえる機能です。煩わしい連続炉や成型機等の温度の微調整を本モジュールが実施します。 NEW ToolBox位置決めモジュール(SF662-MCW/SF663-MCW)との同時使用時も、それぞれの 成型機のシリンダ部の立ち上げ協調運転の例 ツールを起動する必要なく快適な統合開発環境を提供します。 立上げ協調運転機能がない場合 立上げ協調運転機能がある場合 FA-M3プログラム開発ツールWideField3との連携 ヒータ シリンダ ホッパ ヒータ シリンダ ホッパ WideField3との同時起動、同時編集、同時通信が可能です。 注: シーケンスCPUモジュール(F3SP22, F3SP71, F3SP76)を使用する場合、R6.01以降のToolBoxをご使用ください。 前部 中間部 後部 前部 中間部 後部 温度モニタモジュール F3CX04-0H NEW SP SP SP 子局SP 子局SP 親局SP PV PV コストパフォーマンスに 仕 様 SP SP 項 目 中間部温度 中間部温度 優れたシンプル温度モニタ F3CX04-0H SP:目標設定値 チャネル数 4チャネル 前部・後部温度 前部・後部温度 PV:測定入力値 最大144チャネル 絶縁方式 入力端子-内部回路間:容量/誘導性結合絶縁 各入力端子間:容量/誘導性結合絶縁 時間 時間 ● 入力サンプリング周期 10ms, 100ms, 200ms ユニバーサル(各入力CH独立にソフト設定または全CH一括で 入力種類 ハード設定可能)熱電対(15種), 測温抵抗体(9種), 前部と後部からの温度の干渉を受けて 最も温度の立上りが遅い後部を親局とすることで ● 入力精度±0.1%ofF.S. 直流電圧DCmV(2種), 直流電圧DCV(4種) 中間部温度がオーバーシュート 中間部温度のオーバーシュートがなくなる ● 入力分解能0.1℃(5桁表示) 入力サンプリング周期 10ms, 100ms, 200ms ● ユニバーサル入力方式 入力抵抗 約1MΩ以上 許容信号源抵抗 TC, DCmV 250Ω以下, DCV 2kΩ以下 サンプルPI制御機能 ● 最大144CH(4CH×36モジュール) バーンアウト検出機能 あ り 一定時間PI制御を行い、その後一定時間制御出力を保持させる間欠的な制御です。制御出力値の結果がすぐにPVに NEW 現れないむだ時間の長いプロセスに有効です。 断線検出モジュール F3HB08-0N SP 装置の電力モニタによる断線故障予知 項 目 仕 様 PV 入力点数 最大8点(三相では4点) 積分動作 加熱制御に必要なヒータの断線予知や検出が可 電源種類 単相/三相 *2 P+I OUT:制御出力値 能です。加熱装置の安定した運転が監視できるの 有効電流範囲 *1 2~80Arms/1~20Arms *2 OUT 出力保持 出力保持 SP:目標設定値 で、製品の品質維持、装置のダウンタイムを削減 電源電圧入力 1点 時間 PV:測定入力値 SWD STM:サンプルPIサンプル時間 し生産性の向上を図ります。また、ISO14001認証 電源電圧範囲 80~132Vrms/110~264Vrms *2 STM STM SWD:サンプルPI制御時間幅 取得を計画している場合、電力モニタ機能により、 電源周波数範囲 30~100Hz 電流入力 — 内部回路 フォトカプラ絶縁 消費電力削減の効果を実証するなどのニーズに            耐圧500V AC 絶縁 出力折線近似機能 応えることができます。 電圧入力 — 内部回路 トランス絶縁            耐圧1500V AC 制御出力を補正したい場合に使用します。冷媒など制御出力に対してリニアに応答しない制御対象に有効です。 NEW ● 射出成形機/押出機のヒータ断線予知 *1 指定のカレントトランス使用時の1次電流の範囲です。 *2 全チャネル一括でソフトウェアにより選択します。 19 FA-M3V FA-M3V 20
Page12

D r astically Reduced Tact time 装置タクトタイムの飛躍的向上 豊富な位置決め制御、高効率な設定ツール 位置決めモジュール(MECHATROLINK-Ⅲ通信対応) F3NC97-0N 位置決めモジュール(多チャネルパルス出力形) F3YP22-0P / F3YP24-0P / F3YP28-0P 位置決めモジュール(MECHATROLINK-Ⅱ通信対応) F3NC96-0N シングルスロットで最大8軸、 仕 様 項 目 最新のオープンモーション 仕 様 F3YP22-0P F3YP24-0P F3YP28-0P 高速化を追求し、制御周期を大幅短縮 項 目 制御軸数 2 軸 4 軸 8 軸 ネットワークに対応 F3NC97-0N F3NC96-0N 1モジュールで最大8軸のモータ制御を実現。1軸 制御方式 位置指令パルス出力によるオープンループ制御 インタフェース MECHATROLINK-Ⅲ準拠 MECHATROLINK-Ⅱ準拠 制 標 準 化 団 体 M E C H AT R O L I N K 協 会 が 仕 様 を RS-422A準拠差動ラインドライバ出力(ISL32172E相当), 物理層 Ethernet RS-485相当 当りの単価が大変お得で、最大128軸の多軸位置 御 出力パルス 出力パルスレート最大7.996Mpp(s サーボモータ使用時), 最大1.999Mpp(s パルスモータ使用時), 策定・公開した、Ethernetベースの新しい高性 伝送速度 100Mbps 10Mbps 決め制御システムの構築が可能です。 各軸ごとに正方向/負方向, パルス/方向, A相/B相パルス選択可能 能・高 機 能 なオープンモーションネットワーク 0.25ms / 4軸、0.5ms /8軸、 制御周期 0.125ms 通信周期/接続局数 1.0ms / 15軸 1.0ms / 8軸、2.0ms / 15軸 トリガ機能の新機能も搭載。目標位置、目標速度を ※1 ※2 1 外部接点入力 4点/軸(原点入力, 正方向リミット入力, 負方向リミット入力, Z相入力) 「MECHATROLINK-Ⅲ 」に対応 。軸数の多い (マルチスレーブ機能対応* ) あらかじめ設定し、外部機器からのトリガにより高速 外部接点出力 1点/軸(偏差パルスクリア信号) システムに最適な位置決めモジュールです。 通信バイト数 16 / 32 / 48 / 64バイト(混在可能) 32バイト(サブコマンド付き) 起動/高速停止を可能にします。 制御単位 pulse 通信方式 サイクリック通信 マスタ・スレーブ完全同期式 ● シングルスロットサイズで最大15軸までの位置決め 制御方式 位置制御, 速度制御, 速度制御→位置制御切替え制御 接続形態 カスケード形 / スター形 バス形 ● 起動時間は1軸:40μs~、4軸:90μs~、8軸:150μs~。 制御が可能です。 運転方式 直接運転, 位置データテーブル運転(10データ/軸) Ethernet STP Cat5e 2芯シールド付きツイストペア線 トリガ機能では、1μs~とさらに高速。 ● コネクタによるワンタッチ接続ですので、低コストで 伝送媒体 (専用ケーブル) (専用ケーブル) 指令位置 絶対/相対位置指定, -2,147,483,648~2,147,483,647(pulse) ● 制御周期を125μs/8軸と高速化。滑らかな指令位置出力、 コントローラ、モータ間の省配線が図れます。 サーボモータ使用時:1~7,996,000(pulse/s), 最大伝送距離 100m(局間) 総延長50m モータの制御性アップ、速度変更/目標位置変更への高速 位 指令速度 パルスモータ使用時:1~1,999,000(pulse/s) ● 通信速度100Mbps※2、通信周期:0.25ms/4軸※2の 最小局間距離 0.2m 0.5m 応答、位置決めステータスの高速更新を可能にします。 置 決 加減速方式 自動台形加減速, 自動S字加減速 高 速 通 信 により、装 置の制 御 性 向 上 、タクトタイム ・標準サーボプロファイル対応機器 ● 出力パルスレート最大7.996Mppsで、高速・高精度化して め 加減速時間 0~32,767(ms)(加速/減速個別設定) 短縮、生産性向上が可能です。 ・標準I/Oプロファイル対応機器*2 ・サーボドライブ用 機 通信コマンド対応機器 いるリニアモータ、DDモータなども余裕で制御可能です。 能 原点サーチ 自動原点サーチ(2種類), 手動原点サーチ(外部接点入力の組合せにより任意に設定可能) ● 同時に最大8個/軸※2のモニタ情報の読出しが可能に 対応スレーブ機器 ・標準ステッピングモータドライブ プロファイル対応機器*1 ・ステッピングモータドライブ用 ● 最大8Mppsまで入力可能な高速パルスカウンタを1チャネル 手動制御 JOG送り, 手動パルサモード なり、より詳しい装置の稼働状況をモニタできます。 ・標準インバータプロファイル対応機器*1 通信コマンド対応機器 搭載。1モジュールでインデックステーブル位置、コンベア 動作中の目標位置変更,動作中の速度変更,現在位置設定, ● ACサーボモータだけでなく、各社ステッピングモータ、 移動量を検出し、高速に位置決め起動が可能です。 その他 ソフトウェアリミット検出, オーバライド機能, 外部トリガ, ソフトウェアトリガ, 入出力機器、インバータなども対応。 指令位置 -2,147,483,648~2,147,483,647(指令単位) カウンタ一致による位置決め起動/停止 位 ・MECHATROLINK-Ⅱ/Ⅲコマンドによる各軸動作 ※1「 MECHATROLINK」は、MECHATROLINK協会の商標です。 起動時間 1軸起動:0.04ms 4軸同時起動時:0.09ms 8軸同時起動時:0.15ms 機 能 (接続されている外部機器、およびMECHATROLINK-Ⅱ/Ⅲコマンドに依存) ※2 F3NC97-0Nのみ 置 決 ・直線補間(同時スタート、同時停止)、動作中の速度変更、目標位置変更 チャネル数 1チャネル め F3SP6□+F3YP1□(従来構成) F3SP7□+F3YP2□ 入力パルス インクリメンタルエンコーダ(A相/B相), 絶対値エンコーダ, 入力パルスレート最大8Mpp(s 4逓信時) 機 ・外部機器のモニタ情報読出し(目標位置、現在位置、速度、トルクなど) 能 ・外部機器のパラメータ読出し、書込み 動作モード リニアカウンタ, リングカウンタ その他 ・標準インバータプロファイルコマンドによるインバータ制御*1,*3 速度 速度 むだ時間の削減 カ ・標準I/OプロファイルコマンドによるI/O入出力*3 タクトタイム短縮 カウンタイネーブル機能, カウンタプリセット機能, カウンタ一致検出機能, ウ 制御性アップ ン カウンタ機能 カムスイッチ機能, カウンタラッチ機能, 速度計測機能, タ 外部トリガ, カウンタ一致による位置決め起動/停止 *1 モジュールのレビジョン REV:01:□□から対応 *2 モジュールのレビジョン REV:01:□□から同期通信対応、コマンド追加 カウンタZ相入力 1点(ラッチ入力, プリセット入力などを割付け可能) 時間 *3 F3NC97-0Nのみ 時間 1ms 0.125ms カウンタ外部接点入力 3点(ラッチ入力, プリセット入力, イネーブル入力, 位置決め機能のトリガ条件などを割付け可能) カウンタ外部接点出力 2点(カウンタ一致出力, カムスイッチ出力などを割付け可能) CPUモジュール性能 位置決めモジュール性能 CPUモジュール性能 位置決めモジュール性能 (スキャンタイム) (起動時間+制御周期) (スキャンタイム) (起動時間+制御周期) データバックアップ フラッシュROM(書換え回数10万回) 位置決めモジュール(位置指令パルス出力形) F3NC32-0N / F3NC34-0N ToolBox位置決めモジュール(F3NC32/34対応) SF662-MCW 高速・高精度・高分解能、 仕 様 項 目 ToolBox位置決めモジュール(F3YP22/24/28対応) SF663-MCW 多彩な位置決め制御への対応 F3NC32-0N F3NC34-0N 制御軸数 2 軸 4 軸 位置決めモジュールに軸数分のパルスカウンタを 制 制御方式 位置指令パルス出力によるオープンループ制御 立上げからメンテナンスまでフルサポート 搭載。高速・高精度・高分解能な装置やモータも余裕 御 RS-422A準拠差動ラインドライバ出力、 出力パルス 出力パルスレート最大5Mpp(s サーボモータ使用時)、最大1Mpp(s パルスモータ使用時)、 位置決めモジュール(位置指令パルス出力形)F3NC32-0N/F3NC34-0Nおよび位置決めモ で制御可能です。 各軸ごとに正方向/負方向、パルス/方向、A相/B相パルス選択可能 ジュール(多チャネルパルス出力形)F3YP22-0P/F3YP24-0P/F3YP28-0Pに対応した設定ツール カ ウ チャネル数 2チャネル 4チャネル ● 出力パルスレート最大5Mppsで、DDモータ、リニアモータ ン です。パラメータ設定から動作モニタ、動作テストまでを行うことができ、モジュールの運転準備や なども余裕で対応します。 タ 入力パルス インクリメンタルエンコーダ(A相/B相)、絶対値エンコーダ、入力パルスレート最大5Mpp(s 4逓倍時) 外部接点入力 6点/軸(原点、正方向/負方向リミット、ドライバアラーム、外部トリガ、汎用入力1点)、非常停止 デバッグなどを容易に実現します。 ● 豊富な位置決め制御機能により、タクトタイムの大幅短縮、 3点/軸(偏差パルスクリア信号、汎用出力2点)、SEN信号/軸 生産性・製品品質が向上します。 外部接点出力 制御単位 mm、degree、pulse ● パルスカウンタ、入出力接点を搭載し、ケーブルの集約 制御方式 位置制御、速度制御、速度制御←→位置制御切替え制御 配線、実装モジュールを削減できます。 補間方式 2軸直線補間、2軸円弧補間 2/3/4軸直線補間、2軸円弧補間、ヘリカル補間 ● 動作パターンデータと位置データを別々に管理・作成することができます。 これにより、設計時に動作パターンを作成し、現場で位置データをティーチングする 位 運転方式 パターン運転、直接運転 置 ことができます。※ パターン運転 単独位置決め動作、連続位置決め動作、軌跡動作、経由動作、 決 動作パターンデータ数:最大2000データ(500データ×4パターン)、位置データ数:最大2000データ/軸 ● 動作テスト中でもすべてのステータスがモニタできます。動作モニタしながら 動作テスト め 機 指令位置 絶対/相対位置指定 -2,147,483,648~2,147,483,647パルス 登録パラメータ、動作パターンデータ※、および位置データをデバッグできます。 画面 従来位置決めの場合(4軸制御) F3NC34を使用した場合 能 指令速度 1~5,000,000pps ● ToolBox温度調節・モニタモジュール(SF661-MCW)との同時使用も、それぞれ 登録 加減速方式 自動台形加減速、自動S字加減速 のツールを起動する必要なく、快適な統合開発環境を提供します。 パラメータ F3NC34なら ● FA-M3プログラム開発ツールWideField3との同時起動、同時編集、同時通信 パターン 画面 サイズ 1モジュールで 加減速時間 0~32,767m(s 加速/減速個別設定) 1/6 OK! その他 動作中の目標位置変更、動作中の速度変更 が可能。 運転モニタ ※ 原点サーチ 自動原点サーチ(2種類)、 ※ SF662-MCWのみ 画面 リミットスイッチ リミットスイッチ 手動原点サーチ(外部接点入力の組合わせにより任意に設定可能) 原点スイッチ 原点スイッチ 注: シーケンスCPUモジュール(F3SP22, F3SP71, F3SP76)を使用する場合、 外部トリガ コスト 外部トリガ 手動制御 JOG送り、手動パルサモード ToolBox(SF662-MCW)は、R4.01以降をご使用ください。 DI/O 2モジュール 1/3 位置決め 1モジュール 電子ギア機能、現在位置設定、Mコード出力、オーバライド機能、 カウンタ 2モジュール その他 ティーチング機能、ソフトウェアリミット、カウンタ一致/ゾーン一致検出 位置決め 2モジュール データバックアップ フラッシュROM(書換え回数10万回) 21 FA-M3V FA-M3V 22
Page13

A wide Range of Modules 多彩なモジュール ニーズに合わせて選べる豊富なラインナップ アナログ出力モジュール F3DA04-6R / F3DA08-5R アナログ入力モジュール F3AD04-5R / F3AD08-□R 高速変換/高精度/高機能、 高分解能16bitADCを搭載。 そして強力な耐ノイズ性 変換周期は、50μs~100msまで用途にあわせて 高速データ収集モジュール F3HA06-1R / F3HA12-1R 高分解能16bitDACを搭載。変換時間は2μs, 選択可能です。お得な12bitも用意しています。 出力指示から更新までの応答時間は2μs+ スキャンの影響を受けない 仕 様 項 目 2μs×chとリアルタイムでの出力が可能です。 安定した高速収集 F3HA06-1R F3HA12-1R 入力点数 6 点 12 点 同期更新機能付き(最大8ch)。 高速性と高精度を追求した、大容量データ収集・ -10~10VDC(-11.0~11.0VDC) 解析モジュールです。アプリケーションの最適化に 入力信号レンジ 0~10VDC(-0.5~10.5VDC) 4μs/CH 最大8CH (入力信号範囲) 1~5VDC(-0.25~5.25VDC) 貢献します。 -5~5VDC(-5.5~5.5VDC) リアルタイム出力応答 同期更新機能 -2.5~2.5VDC(-2.75~2.75VDC) アナログ入力-内部回路間:絶縁(容量/誘導結合) 高速・高分解能 アナログ入力チャネル間:非絶縁 絶縁方式 補助入力端子-内部回路間:フォトカプラ絶縁 仕 様 変換周期5μsと16bitADCの組合せで変化する 補助入力端子間:非絶縁 項 目 F3DA04-6R F3DA08-5R 信号を高精度にトレース。応答時間約50μs。 アナログ入力-補助入力端子間:絶縁 出力点数 4 点 8 点 データ収集中も現在値モニタ可能です。 -10~10VDC:約58,000分の1、約0.35mV 0~10VDC:約29,000分の1、約0.35mV 出力信号レンジ 電圧出力:-10~10V(-11~11V)、0~10V(-0.5~10.5V)、0~5V(-0.25~5.25)、1~5V(0.1~5.25V) 電圧出力:-10~10V(-11~11V)、0~10V(-0.5~10.5V)、 分解能 1~5VDC:約23,000分の1、約0.18mV 電流出力:4~20mA(1.25~21mA)、0~20mA(-1~21mA)、-20~20mA(-21~21mA) 0~5V(-0.25~5.25V)、1~5V(0.1~5.25V) ロングメモリ (16bit ADC) -5~5VDC:約58,000分の1、約0.18mV 絶縁方式 出力端子-内部回路間:絶縁(容量結合)、出力端子-外部供給電源間:非絶縁、マイナス側共通 -2.5~2.5VDC:約29,000分の1、約0.18mV データバッファは2Mワードと大容量。 電圧出力時:1kΩ以上(-10~10V, 0~10Vレンジ)500Ω以上(0~5V, 1~5Vレンジ) 電圧出力時:1kΩ以上(-10~10V, 0~10Vレンジ) 総合精度 ±0.1%ofFS(23±2℃)、±0.01%ofFS/K、±0.3%ofFS(0~55℃) 許容負荷抵抗 電流出力時:600Ω以下 500Ω以上(0~5V, 1~5Vレンジ) 収集周期をA/D変換の整数倍(1~4,000)の値 定周期サンプリング周期:5μs、 分解能 電圧出力時:約0.5mV(-10~10V, 0~10Vレンジ) 約0.2mV(0~5V, 1~5Vレンジ) に指定可能です。 A/D変換動作モード 外部信号同期:間隔5μs以上、応答0.2μs以下、 (16bit DAC) 電流出力時:約0.5μA(4~20mAレンジ)約1μA(0~20mA, -20~20mAレンジ) 電圧出力時:0.5mV(-10~10V, 0~10Vレンジ) 0.2mV(0~5V, 1~5Vレンジ) カウンタ同期:間隔5μs以上、応答0.2μs以下 総合精度 電圧出力時:±0.1%フルスケール(23±2℃) ±0.3%フルスケール(0~55℃) 同時・同期動作 入力応答時間 最大約50μ(s 0V→1Vのステップ状入力) 電流出力時:±0.2%フルスケール(23±2℃) ±0.3%フルスケール(0~55℃) 電圧出力時:±0.1%フルスケール(23±2℃) ±0.3%フルスケール(0~55℃) (アナログ回路の整定時間+変換時間+演算時間) カウンタに同期してのA/D変換が可能。 出力更新時間*1 2μs+2μs×更新チャネル数 データバッファ 最大1Mワードのダブルバッファ構成(最大2Mワード) 出力同期更新*2 同一モジュール内で使用中のチャネルの全DACも同期して更新可能 最大12チャネル同時に データ収集周期 サンプリング周期×n、nは1~4,000の自然数 電圧出力:約20μs(-10~10Vレンジ、2kΩ負荷) A/D変換:5μs/1点~5μs/12点。 スケーリング 上下限値を-30,000~30,000の任意数値で設定可能 出力応答時間 電流出力:約10μ(s 4-20mAレンジ、250Ω負荷) 電圧出力:約20μ(s -10~10Vレンジ、2kΩ負荷) アナログデータ+位置情報(エンコーダ入力)で 補助入力フィルタ カウンタ入力、汎用接点入力用フィルタ スケーリング 上下限値を-30,000~30,000の任意数値で設定可能 位置や角度に関連付けたA/D変換が可能です。 ポストデータ処理 アベレージング(最大512フレームの平均処理) 外部供給電源 定格電圧:24VDC/許容範囲:19.2VDC~30VDC/消費電流:200mA(起動電流:1A) FFT(最大16,384点、最大16フレームの平均処理) *1 本更新時間は特定の条件で実現します。 *2 本更新周期は使用チャネル数とアプリケーションに依存します。 高機能 仕 様 FFT機能:最大168,384点のデータに対してFFT 項 目 変換周期 データバッファ F3AD04-5R F3AD08-4R F3AD08-5R F3AD08-6R 演算が可能。 5μs 2Mワード 入力点数 4 点 8 点 データ収集機能:高速で安定した周期でデータ 電圧信号または電流信号、 収集を実行。 電圧信号のみ 電圧信号のみ 0~5VDC(-0.25~5.25VDC)、 A/D変換 最大16,384点 入力信号レンジ 0~5VDC(-0.25~5.25VDC)、 電流信号のみ 0~5VDC(-0.25~5.25VDC)、 1~5VDC(-0.25~5.25VDC)、 デジタルフィルタ機能:ローパス/ハイパスフィルタ (入力信号範囲) 1~5VDC(-0.25~5.25VDC)、 0~20mADC(-1.0~21.0mADC)、 1~5VDC(-0.25~5.25VDC)、 -10~10VDC(-11.0~11.0VDC)、 カウンタに同期 FFT機能搭載 -10~10VDC(-11.0~11.0VDC)、 4~20mADC(-1.0~21.0mADC) -10~10VDC(-11.0~11.0VDC)、 0~10VDC(-0.5~10.5VDC)、 の組合せにより帯域制限が可能。 0~10VDC(-0.5~10.5VDC) 0~10VDC(-0.5~10.5VDC) 0~20mADC(-1.0~21.0mADC)、 4~20mADC(-1.0~21.0mADC) 絶縁方式 入力端子-内部回路間:フォトカプラ絶縁、入力端子間:非絶縁 分解能(16bitADC) 0.4mV(0~5V/1~5VDC/-10~10V/0~10VDC) 1.6μA(0~20mADC/4~20mADC) 0.4mV(0~5V/1~5VDC/-10~10V/0~10VDC) 1.6μA(0~20mADC/4~20mADC) FAリンクH2モジュール F3LP32-0N 総合精度 ±0.1%ofFS(23±2℃), ±0.2%ofFS(0~55℃) 変換周期 50μs/100μs/250μs/500μs/1ms/16.6ms/20ms/100ms×(入力点数)モジュール単位で設定可能 スケーリング 上下限値を-30,000~30,000の任意数値で設定可能 ツイストペアでPLC拡張/分散が自在 項 目 仕 様 接続局数 最大32局 オフセット オフセット値を-5,000~5,000の任意数値で設定可能 シールド付き2対ツイストペアケーブルを用いて、 リンクリレー 2,048点 フィルタ処理 使用/未使用と設定値をチャネル毎に設定可能 通信速度最大1.25Mbpsを実現。特にマシン間 リンクレジスタ 2,048点 データホールド チャネル毎に最大値および最小値を保持、任意のチャネルの保持データをリセット可能 通信方式 トークンバス方式 自己診断 起動時、運転中にモジュールのハードウェアの動作を診断。過大入力の検出 接続に最適です。 伝送媒体 シールド付 2対ツイストペア ケーブル(KM80/KM81推奨) 伝送距離 1km/500m/250m/100m 通信速度 125k/250k/625k/1.25Mbps FA-M3計装 FA-M3でPLC計装システムを構築 FA-M3計装パッケージと計装CPUモジュールの組合せで、コストパフォーマンスに優れたPLC計装システムが実現できます。 光FAバス2モジュール F3LR02-0N FA-M3計装パッケージ(NT501□J) 計装CPUモジュール(F3SPV9) ● ループ制御をプログラミングレスで構築 ● CPUモジュール1枚で、ループ制御とシーケンス制御を実行 FAバス2モジュール F3LR02-1W ● SCADAソフト(VDS)でチューニングパネルやフェースプレート ● PID演算を最大32ループ実行 (計器図)を表示 瞬時伝送リモートI/Oを実現 仕 様 項 目 F3LR02-0N F3LR02-1W FAバス(光版またはワイヤ版)によるリモートI/O 伝送形態 スター構成 / デイジチェーン構成 / ループ構成 Ethernet システムを構築するためのインタフェースモジュール 伝送媒体 2心光ファイバケーブル 2芯2対シールド付ケーブル です。高速10Mbps通信のため、ラダーのI/Oリフ (KM80/KM81推奨) 1 レッシュ時間を気にする必要がありません。スター 伝送距離 最大総延長1.4km(局数3局時)* 最大伝送距離80m(ループ構成時) 通信速度 10Mbps 構成やデイジチェーン構成、ループ構成と、多彩な *1 モジュールの仕様に対応する住友電気工業株式会社のケーブル生産状況の確認が必要です。 ループ制御登録画面 フェースプレートとチューニングパネル 計装CPUモジュール タッチオペレーションパネル 伝送方式が可能です。 ※詳細は、カタログ「FA-M3計装&TOP計装」(Bulletin 34P02A23-01)を参照してください。 23 FA-M3V FA-M3V 24
Page14

O pen Partnership I/Oオープン FA-M3のデザインルールを公開 必要に応じた専用モジュールを、お客様ご自身で作ってみませんか アプリケーション例 「画像処理などの外部コントローラとバス直結したい。」「コントローラを機械の中に組込めず、外に置いてい 省配線の場合 るので場所を取る。」「経済性に富んでいて、パフォーマンスに優れた通信インタフェースはできないものか。」 「ボードの部品改廃が激しくてコストが膨大にかかるため、それに置換わるものはないものか。」などのさま ● 余分なユニットの削減ができるため、システム構成がシンプルで高速かつコストダウンが可能。 ざまな問題をYOKOGAWAのFA-M3モジュール作成環境「I/Oオープン」は解消します。 ● 接続用コネクタ部品削除により、信頼性がアップ。 「I/Oオープン」を活用すればFA-M3の特殊モジュールとしての機能を実現できます。お客様が開発している バス直結形マスタモジュール 装置の性能や機能を高めたり、TCOの削減に貢献します。 入出力モジュール (I/Oオープン) 外付けマスタユニット 入出力リレー 端子台 入出力リレー 端子台 パソコン PC ロボット 入出力モジュール Robot バス直結形マスタモジュール 12 110 外付けマスタユニット バーコードシステム 表示器 Bar-code system Indicator 標準の入出力モジュールでは実現できない入出力信号を取込めるようにする場合 ● コントロール信号に同期したデータ入力 同期信号 同期信号の立上りから50~100μsのタイミングで、入力データを取込む エンコーダ 専用モジュールを作成。 入力データ 入力データ Encoder 各種ターミナル 50μs Terminal 100μs 各種センサ Sensor ● 高速なハンドシェイク通信 ENQ ENQ受信後、1ms以内にACKを送信する。シーケンスCPUモジュールを 受 信 介さずに、通信モジュール内でACKの信号を返すようなモジュールを作成。 ACK FA-M3のデザインルールを公開 送 信 1ms お客 様 専 用のI /Oモジュールが、お客 様ご自 身の手で自 由に開 発できます。お客 様のノウハウを ASIC FA-M3のモジュールの形で実現できるので、実装密度とパフォーマンスがアップします。CPUモジュールと Dual Port RAM I/Oモジュール間の複雑な転送手順はASICが行いますので、必要なデータをDual Port RAMに書込む 特殊センサコントロール機能を特殊モジュールに組込んだ場合 だけでインタフェースが可能です。ASIC、ケース、コネクタなど、モジュール開発に必要な特殊部品は YOKOGAWAが提供し、お客様はプリント基板を設計するだけです。 ● 高分解能センサと組合せる専用モジュールにより、高精度で高速に CPU 入出力 I/Oオープン 情報が読込め、各種産業機械の高精度な位置制御が可能。 モジュール モジュール モジュール お客様開発部分 リニアポジショニング メータ FA-M3 I/Oオープン I/Oオープン実績例一覧 システム化 フレキシビリティ FA-M3の一部として機能し、固有の機能性を発揮すると同時に、 外置きのコントローラとの通信プログラムを組込んだモジュール ・省配線システム ・氷蓄熱システム ・小電力発電システム 上位機器や他のFA-M3ともEthernetなどで容易に接続できます。 を開発した場合、通信のトータルパフォーマンスをアップさせると ・位置センサ入力システム ・自動販売機 ・ビル空調システム 共に、CPUモジュールでのプロトコル用プログラム開発は必要なく ・半導体製造装置 ・マウンタ、インサータ ・発電機制御システム なります。これにより、装置ごとの変更/修正が容易になります。 ( チラー制御、洗浄機、ハンドラ など) ・成形機コントローラ ・F/V変換モジュール 低コスト シンプルシステム ・電子秤量システム ・洗車機 ・ガバナ制御 外置きのコントローラの機能をモジュールに組込めば、余分な投資 FA-M3を活用するだけで、制御と情報処理が可能です。余分な機器を ・電子加速機 ・音響通信システム ・AGV やスペースが不要。しかも、ソフトウェア開発の容易さはもちろん、 購入したり、システムを構成するなどの手間が無くなり、シンプルな このほかにも、数々の実績があります。 低コスト化をトータルで実現できます。 システム構築を実現できます。 25 FA-M3V FA-M3V 26
Page15

P eripheral S pecifications 周辺機器各種 シーケンスCPU性能仕様 / ラダーシーケンスデバイス FA-M3と共にお使いください 仕 様 項 目 F3SP22-0S F3SP71-4S F3SP76-7S 演算方式 繰り返し演算(ストアードプログラムによる) コネクタ端子台 入出力制御方式 リフレッシュ方式/ダイレクト入出力命令 TA50-0N プログラム言語 オブジェクトラダー言語、ニモニック言語 コネクタ端子台種類いろいろ 仕 様 項 目 入出力点数 最大4,096点 最大8,192点 TA50-0N (リモートI/Oを含む) ● 40極プラグタイプ。 点 数 40点 プログラム容量(ROM化可能) 最大30Kステップ*1 最大60Kステップ 最大260Kステップ 32点、64点の入出力モジュール、位置決めモジュールで使用可能。 定格電圧 5-24VDC ● コネクタ端子台と入出力モジュールとは、コネクタ端子台ケーブルで 使用電圧範囲 4.5~26.4VDC プログラムブロック数 最大1,024 最大1,024(ブロック数とマクロ命令数の合計:最大1,280) 接続するため、配電盤設計の省スペース化、省配線化が可能。 最大電流 0.5ADC/1点 基本命令 37種 40種 適合電線サイズ 最大2mm2 命令数 ● コネクタ端子台は配線時のはんだ付け作業が不要。 応用命令 324種 445種 端子台ネジ M3.5 適合端子 圧着端子最大径8mm 性 命令 基本命令 0.045~0.18μs/命令 0.00375μs~/命令 使用コネクタ HIF3BA-40PA-2.54DSA(MIL規格準拠) 能 実行時間 応用命令 0.18μs~/命令 0.0075μs~/命令 仕 取り付け方法 35mm幅DINレール、ネジ取付け 様 スキャンタイム監視時間 10~200ms可変(1msで設定可能) 固定ネジ(ネジ取付時) M4(2ケ所) 電源投入時、停電後の復電時 自動始動、自動再始動(電源ON/OFF時刻、瞬間停電発生時刻、自動記録) 色 黒 ・センサコントロール機能 ・センサコントロール機能 (スキャンタイム100μs~25ms) 質 量 300g ( スキャンタイム200μs~25ms) ・コンフィギュレーション機能(デバイス容量、エラー発生時出力指定など) ・コンフィギュレーション機能 ・コンスタントスキャン機能(0.1ms~190ms, 0.1ms単位で設定可能)  注: F3YP22、F3YP24、F3YP28、F3NC32、F3NC34には使用できません。 ( デバイス容量、停電保持範囲、エラー発生時出力指定など) ・デバッグ機能(強制SET / RESETオンラインエディットなど) ・コンスタントスキャン機能 ・エラーログ機能 ・RAMディスク ( 1ms~190ms, 0.1ms単位で設定可能) ・ユーザエラーログ機能 ・内蔵Ethernet機能 ※モジュール↔端子台間ケーブルは、KM55-□□□をご使用ください。 ・デバック機能 ・操作ログ機能 ・TCP/IP・UDP/IP socket通信機能 その他の機能 ( 強制SET/RESET、オンラインエディットなど) ・日付・時計機能(年/月/日/時/分/秒/曜日) ・FTPクライアント・サーバ機能 ・エラー履歴保存機能(64件)、 ・パソコンリンク機能(Ethernetポートのみ)・ネットワーク限定機能 端子台ユニット TA40-0N ユーザ指定履歴保存機能 ・プログラムプロテクト機能 ・機能削除機能 ・日付・時計機能(年/月/日/時/分/秒/曜日) ・CPUプロパティ機能(通信設定など) ・ユーザLED機能 ・プログラムプロテクト機能 ・定数定義機能 ・高機能サンプリングトレース機能 ● 超薄形に徹したコネクタサイズで、 ・ROMへのプログラム・データ書込み ・スマートアクセス機能 ・ユーザ認証機能 項 目 仕 様 ・サンプリングトレース機能 ・カードバッチファイル機能 ・ユーザ別操作制限機能 配電盤設計の省スペース化が可能。 点 数 40点 ・パソコンリンク機能(通信速度115Kbps) ・カードブート機能 ・CPU操作制限機能 ● 入出力モジュールに直接取付ける 定格電圧 5-24V DC 入力リレー X ため、ケーブルが不要、コスト低減 使用電圧範囲 4.5~26.4V DC 出力リレー Y 4,096点 8,192点 に貢献。 最大電流 0.5A DC/1点 内部リレー I 16,384点 65,535点 適合電線サイズ 0.08~0.26mm(2 AWG28~23) ● ヨーロッパタイプの端子台を使用 共有リレー 2,048点 端子台ネジ M2(マイナスネジ) E しているため、はんだ 付け、圧 着 固定ネジ M2.6(マイナスネジ) 拡張共有リレー 2,048点 端子作業から解放。 色 黒 リンクリレー L 8,192点 16,384点 ● 入 出 力モジュールをネジで固 定 質 量 50g 特殊リレー M 9,984点 できるため、安定した使用を保証。 100μsタイマ*2 注: F3YP22、F3YP24、F3YP28、F3NC32、F3NC34には使用できません。 1msタイマ タイマ 10msタイマ T TA40-0N 100msタイマ 2,048点 3,072点 継続タイマ 100msタイマ ブランクモジュール F3BL00-0N 模擬入力スイッチ S9307UF カウンタ C ラ データレジスタ D 16,384点 65,535点 空きスロットにスッポリ収めて、スッキリ プログラム開発デバッグ時にも、 ダ ファイルレジスタ 保持形 B 32,768点 262,144点 ー リンクレジスタ W 8,192点 16,384点 ● ベ ースモジュールの空きスロットや将 来 とても便利 シ ー 特殊レジスタ Z 1,024点 増 設 予 定 のスロットに、このブランクモ ケ インデックスレジスタ V 256点 ジュール を用 い れ ば 、外 観 を整 えたり、 ● F3XD32-□F、F3XD64-□F、F3WD64-□□に ン ベースモジュールや他のモジュールにホコリ 対応する32点入力端子用模擬スイッチです。 共有レジスタ 1,024点 ス R 拡張共有レジスタ 3,072点 が付着するのを防ぐことができます。 注: 1台のモジュールに、2台同時装着はできません。 デ バ キャッシュレジスタ F ー 131,072点 524,288点 イ ス ラベル ー 1,024 入力割込み処理ルーチン ー 4 16ビット命令 -32,768~32,767 同左仕様に加え、定数定義可能 10進定数 ー 32ビット命令 -2,147,483,648 ~ 64ビット命令 -9,223,372,036,854,775,808~ プログラミングツール用ケーブル KM13-1S 光ファイバケーブル KM60 / KM61 / KM62 / KM65/ KM69 2,147,483,647        9,223,372,036,854,775,807 16進定数 16ビット命令 $0~$FFFF 同左仕様に加え、定数定義可能 ー パソコンのUSBポートに直結 光FAバス(F3LR0□)用ケーブルラインアップ 32ビット命令 $0~$FFFFFFFF 64ビット命令 $0~$FFFFFFFFFFFFFFFF ● シーケンスCPUモジュール(F3SP22) 文字列定数 ー 16ビット命令 例:”AB", "横” 32ビット命令 例:"ABCD", ”横河” 同左仕様に加え、定数定義可能 最大255文字(半角の場合) のプログラミングポートとパソコンUSB 光ファイバコード 光ファイバケーブル 光ファイバケーブル 定 数 盤内配線用 屋内配線用 屋外配線用 バイナリ型定数 ー ー 定数定義 最大256バイトの連続データ ポートを接続するケーブルです。 KM60-S06 ・ 光コネクタ接着研磨加工 KM62-100 IEEE単精度浮動 32ビット命令 例:1.23、-3.21 注: 最新ドライバソフトは、ホームページより (0.6m)  KM61-010(10m) KM61-100(100m) (100m) 小数点形式定数 ー 約-3.4×1038~+3.4×1038 同左仕様に加え、定数定義可能   ダウンロードしてください。(無償) KM60-001 ・ 光コネクタ圧着カット加工 KM69-□□□ IEEE倍精度浮動 64ビット命令 例:1.23、-3.21 (1m)  KM65-001(1m) 難燃仕様(VW相当) 小数点形式定数 ー ー 約-1.79×10308~+1.79×10308 KM65-010(10m) 定数定義可能 KM60-003  KM65-003(3m) KM65-020(20m) (3m)  KM65-005(5m) 定数インデックス ー 0~2,047 *1 F3SP22-0Sを最大30Kステップで使用するにはWideField3 R4.05 以降を使用する必要があります。WideField3 R4.04 以前を使用した場合は最大10Kステップの制限があります。 *2 最大設定点数は16点です。  27 FA-M3V FA-M3V 28
Page16

S pecifications 共通仕様 ハードウェア一覧 表示価格には消費税は含みません。 項 目 仕 様 区 分 品 名 形 名 仕 様 価格(円) 使用周囲温度 *1 0~55℃ F3BU04-0N 電源(F3PU10/F3PU16)+4スロット(CPU+I/O) 13,300 使用周囲湿度 10~90%RH(結露なきこと) F3BU05-0D 電源(F3PU20/F3PU30/F3PU26/F3PU36)+5スロット(CPU+I/O) 14,300 使用周囲雰囲気 腐食性ガスや可燃性ガスがなく,塵埃がひどくないこと F3BU06-0N 電源(F3PU10/F3PU16)+6スロット(CPU+I/O) 14,300 保存周囲温度 -20~75℃ ベース ベースモジュール*1 F3BU09-0N 電源(F3PU20/F3PU30/F3PU26/F3PU36)+9スロット(CPU+I/O) 20,400 保存周囲湿度 10~90%RH(結露なきこと) 環 F3BU13-0N 電源(F3PU20/F3PU30/F3PU26/F3PU36)+13スロット(CPU+I/O) 33,700 境 接地 AC電源モジュール:保護接地( 日本国内においてはD種接地) DC電源モジュール:機能接地 F3BU16-0N*4 電源(F3PU20/F3PU30/F3PU26/F3PU36)+16スロット(CPU+I/O) 51,000 ノイズ耐量 ノイズ電圧1500Vp-p,ノイズ幅1μs, 立ち上がり1ns, 繰返し周波数25~60Hzのノイズシミュレータによる F3PU10-0S 電源電圧100-240VAC, 定格出力電圧/電流5VDC/2.0A(4.6スロット専用)端子ネジ:M4 20,400 JIS C60068-2-6に準拠,周波数10~57Hz 片振幅0.075mm F3PU20-0S 電源電圧100-240VAC, 定格出力電圧/電流5VDC/4.3A(5, 9, 13, 16スロット専用)端子ネジ:M4 23,500 耐振動 周波数57~150Hz 加速度9.8m/s2  X, Y, Z各方向掃引サイクル数10回 F3PU30-0S 電源電圧100-240VAC, 定格出力電圧/電流5VDC/6.0A(5, 9, 13, 16スロット専用)端子ネジ:M4 26,500 電 源 電源モジュール F3PU16-0S 電源電圧24V DC, 定格出力電圧/電流5VDC/2.0A(4, 6スロット専用)端子ネジ:M4 32,600 耐衝撃 JIS C60068-2-27に準拠,147m/s2 X, Y, Z各方向 3回(DINレール取付け時 98m/s2) 構造 盤内蔵型 F3PU26-0S 電源電圧24V DC, 定格出力電圧/電流5VDC/4.3A(5, 9, 13, 16スロット専用)端子ネジ:M4 35,700 設置高度 海抜2000m以下 F3PU36-0S 電源電圧24V DC, 定格出力電圧/電流5VDC/6.0A(5, 9, 13, 16スロット専用)端子ネジ:M4 38,800 構 造 冷却方法 自然空冷 F3SP22-0S ラダー 30Kステップ, 基本命令0.045μs~, メモリ付き 61,200 ・ 外 取付け 直付け(固定ネジM4 12mm, 4本または5本), DINレール(F3BU16-0Nを除く) 観 CPU シーケンスCPU *8 モジュール F3SP71-4S ラダー 60Kステップ, 基本命令0.00375μs~, ネットワーク機能付き(USB2.0, Ethernet) 102,000 外装色 ライトコバルトブルー:マンセル6.2PB 4.6/8.8相当, ランプブラック:マンセル0.8Y 2.5/0.4相当 F3SP76-7S*8 ラダー260Kステップ, 基本命令0.00375μs~, ネットワーク機能付き(USB2.0, Ethernet) 178,500 質量 13スロット用ベースモジュールに接点モジュールをフル実装時 約2.4kg RK33-0N ラダー最大56Kステップ( F3SP22用) 20,400 *1 仕様周囲温度が0~55℃より狭いモジュールがあります。このモジュールを実装した場合には、システム全体の使用周囲温度は、モジュール個別の使用温度範囲に制限されます。 メモリ ROMパック RK73-0N ラダー最大120Kステップ( F3SP22用) 76,500 F3XA08-1N 100-120V AC, 8点 端子台 14,300 電源仕様 F3XA08-2N 200-240V AC, 8点 端子台 20,420 仕 様 項 目 F3XA16-1N 100-120V AC,16点 端子台 30,600 F3PU10-0S F3PU20-0S F3PU30-0S F3PU16-0S F3PU26-0S F3PU36-0S F3XH04-3N パルスキャッチ機能付き 高速入力 24V DC, 4点 端子台 20,400 電源電圧 100-240V AC 単相50/60Hz 24V DC F3XC08-0N 無電圧接点入力, 8点 端子台 20,400 電源電圧変動範囲 85~264V AC 50/60Hz±3Hz 15.6~31.2V DC 消費電力 35VA max. 85VA max. 100VA max. 15.4W max. 33.1W max. 46.2W max. F3XC08-0C 無電圧接点入力, コモン独立, 8点 端子台 ※ 絶縁抵抗 AC外部端子一括-FG端子間 DC外部端子一括-FG端子間 F3XD08-6F DC入力 12-24V DC, 8点 端子台 12,200 500V DC絶縁抵抗計にて5MΩ以上 500V DC絶縁抵抗計にて 5MΩ以上 F3XD16-3F DC入力 24V DC, 16点 端子台 17,300 入力モジュール 耐電圧 AC外部端子一括-FG端子間 DC外部端子一括-FG端子間 F3XD16-4F DC入力 12V DC, 16点 端子台 17,300 1500V AC1分間 1500V AC1分間 F3XD16-3H DC入力 24V DC, 16点(高速入力) 端子台 26,480 フェイル信号接点出力 電源モジュールの前面端子台に装備 接点定格24V DC 0.3A( ノーマルオープン, ノーマルクローズの両端子を装備) F3XD32-3F DC入力 24V DC, 32点 コネクタ *2 33,700 漏洩電流 3.5mA max. ― F3XD32-4F DC入力 12V DC, 32点 不感瞬停時間 20ms コネクタ *2 33,700 デジタル F3XD32-5F TTL入力 5V DC, 32点 コネクタ *2 33,700 入出力 F3XD64-3F DC入力 24V DC, 64点 コネクタ *2 54,100 ソフトウェア 表示価格には消費税は含みません。 F3XD64-4F DC入力 12V DC, 64点 コネクタ *2 54,100 区 分 品 名 形 名 仕 様 価格(円) F3XD64-6M マトリクススキャン 12-24V DC, 64点(8×8) コネクタ *2 39,800 開発ツール FA-M3プログラム開発ツール SF630-MCW Windows 8/ 8.1/ 10( x86/x64)対応 多言語(日本語/英語)版, 153,000 F3XS04-3N リングアップカウンタ, 0~20kHz, 24V入力, 4チャネル, 16ビット 端子台 71,400 WideField3 *1 LiveLogicAnalyzer対応*4, CD-ROM パルス入力モジュール FA-M3シミュレーション F3XS04-4N リングアップカウンタ, 0~20kHz, 12V入力, 4チャネル, 16ビット 端子台 71,400 シミュレーション ソフトウェアVirtual-M3 SF681-MDW Windows 8/ 8.1/ 10( x86/x64)対応 多言語(日本語/英語)版, Webダウンロード 81,600 F3YA08-2N トライアック(100 - 240V AC), 1A , 8点 端子台 20,400 パッケージ WideField3 SF631-MCW FA-M3プログラム開発ツールWideField3(SF630-MCW)と *7 シミュレーションパッケージ FA-M3シミュレーションソフトウェアVirtual-M3(SF681-MDW)のパッケージ商品 163,200 F3YC08-0C リレー(5-24V DC, 100 - 240V AC), 2A, 独立コモン 8点 端子台 20,400 ToolBox 温度調節・ F3YC08-0N*7 リレー(5-24V DC, 100 - 240V AC), 2A, 8点 端子台 15,300 モニタモジュール *2 SF661-MCW Windows 8/ 8.1/ 10( x86/x64) 多言語(日本語/英語)版, CD-ROM, F3CU04 / F3CX04対応 51,000 F3YC16-0N*7 リレー(5-24V DC, 100 - 240V AC), 2A, 16点 端子台 29,600 ToolBox 位置決めモジュール (F3NC32/34対応)*3 SF662-MCW Windows 8/ 8.1/ 10( x86/x64) 多言語(日本語/英語)版, CD-ROM, F3NC3□対応 81,600 出力モジュール F3YD04-7N TR 出力 24V DC, 2A, 独立コモン 4点 端子台 16,300 設定ツール ToolBox 位置決めモジュール (F3YP22/24/28対応) SF663-MCW Windows 8/ 8.1/ 10( x86/x64) 多言語(日本語/英語)版, CD-ROM, F3YP2□対応 30,600 F3YD08-6A TR 出力 シンクタイプ, 12-24V DC, 1A, 8点 端子台 13,300 F3YD08-6B TR 出力 ソースタイプ, 12-24V DC, 1A, 8点 端子台 13,300 FA-M3設定ツール EtherNet/IPインタフェースモジュール SF673-MDW Windows 10対応 多言語(日本語/英語)版, Webダウンロード(無償) - F3YD08-7A TR 出力 シンクタイプ, 12-24V DC, 2A, 8点 端子台 30,600 *1 R2.01以降で多言語化(日本語版/英語版)対応した製品として一本化されました。 *2 R6.01以降で多言語化(日本語版/英語版)対応した製品として一本化されました。 *3 R4.01以降で多言語化(日本語版/英語版)対応した製品として一本化されました。 *4 F3SP71-4S/F3SP76-7SおよびF3SPV9-7Sでのみご使用いただけます。 29 FA-M3V FA-M3V 30
Page17

S pecifications 表示価格には消費税は含みません。 表示価格には消費税は含みません。 区 分 品 名 形 名 仕 様 価格(円) 区 分 品 名 形 名 仕 様 価格(円) F3YD14-5A TR 出力 シンクタイプ, 12-24V DC, 0.5A, 14点 端子台 17,300 F3LH01-1N 最大12Mbps, YHLS, 1ポート, ユーロ端子 端子台 76,500 YHLSマスタモジュール F3YD14-5B TR 出力 ソースタイプ, 12-24V DC, 0.5A, 14点 端子台 17,300 F3LH02-1N 最大12Mbps, YHLS, 2ポート, ユーロ端子 端子台 153,000 F3YD32-1H TR 高速出力 シンクタイプ, 12-24V DC, 0.1A, 32点, 出力短絡保護機能付き コネクタ*2 45,900 リモートI/O 光FAバスモジュール F3LR01-0N 最大7局, 最大伝送距離200m, 通信速度10Mbps コネクタ 40,800 F3YD32-1P TR 出力 シンクタイプ, 12-24V DC, 0.1A, 32点, 出力短絡保護機能付き コネクタ*2 33,700 光FAバス2モジュール F3LR02-0N 最大32局, 最大伝送距離1.4km, 最大局間500m*9, 通信速度10Mbps コネクタ 79,600 出力モジュール F3YD32-1R TR 出力ソースタイプ, 12-24VDC, 0.1A, 32点, 出力短絡保護機能付き コネクタ*2 33,700 FAバス2モジュール F3LR02-1W 最大7局, 最大伝送距離70m, 最大局間10m, 通信速度10Mbps, ワイヤ版 端子台 76,540 デジタル 入出力 F3YD32-1T TTL 出力 5V DC, 16 mA, 32点 コネクタ*2 33,700 F3XP01-0H アップ/ダウンカウンタ, 位相差, パルス+方向, 加減算ほか 400kpps( 4逓倍時)1チャネル 32ビット コネクタ *2 71,400 高速カウンタモジュール F3YD64-1M TR 出力 マトリクススキャンタイプ, 12-24V DC, 64点(8×8) コネクタ*2 39,800 F3XP02-0H アップ/ダウンカウンタ, 位相差, パルス+方向, 加減算ほか 400kpps( 4逓倍時)2チャネル 32ビット コネクタ *2 102,000 F3YD64-1P TR 出力シンクタイプ, 12-24VDC, 0.1A, 64点, 出力短絡保護機能付き コネクタ*2 54,100 F3YP22-0P 2軸, 最大7.996Mpps, 位置制御/速度制御/速度→位置切替え制御 コネクタ *2 76,500 F3YD64-1R TR 出力ソースタイプ, 12-24VDC, 0.1A, 64点, 出力短絡保護機能付き コネクタ*2 54,100 カウンタ入力1ch付き, 最大8Mpps(パルス出力用外部供給電源:24VDC) F3WD64-3P DC入力, TR 出力シンクタイプ 0.1A, 各24V/32点, 出力短絡保護機能付き コネクタ*2 54,100 入出力モジュール 位置決めモジュール F3YP24-0P 4軸, 最大7.996Mpps, 位置制御/速度制御/速度→位置切替え制御 *2 (多チャネルパルス出力形) カウンタ入力1ch付き, 最大8Mpps(パルス出力用外部供給電源:24VDC) コネクタ 112,200 F3WD64-4P DC入力, TR 出力シンクタイプ 0.1A, 各12V/32点, 出力短絡保護機能付き コネクタ*2 54,100 F3AD04-5V 0-5V, 1-5V, -10-10V, 0-10V DC, 入力4点, 12bitADC, 1ms/点サンプリング 端子台 69,400 F3YP28-0P 8軸, 最大7.996Mpps, 位置制御/速度制御/速度→位置切替え制御 コネクタ *2 183,600 F3AD04-5R 0-5V, 1-5V, -10-10V, 0-10V DC, 入力4点, 16bitADC, 50μs/点サンプリング 端子台 91,800 カウンタ入力1ch付き, 最大8Mpps(パルス出力用外部供給電源:24VDC) F3AD08-5V 0-5V, 1-5V, -10-10V, 0-10V DC, 入力8点, 12bitADC, 1ms/点サンプリング 端子台 100,000 F3NC32-0N 2軸, 最大5Mpps, PTPおよび直線/円弧補間, 直接運転/パターン運転 *2 エンコーダ入力用カウンタ2ch付き(絶対値エンコーダ対応) コネクタ 112,200 F3AD08-4W 0-20mA, 4-20mA, 入力8点, 12bitADC, 1ms/点サンプリング 端子台 100,000 アナログ入力モジュール カウンタ/ 位置決めモジュール F3AD08-4R 0-20mA, 4-20mA, 入力8点, 16bitADC, 50μs/点サンプリング 端子台 130,600 位置決め (位置指令パルス出力形) アナログ F3NC34-0N 4軸, 最大5Mpps, PTPおよび直線/円弧/ヘリカル補間, 直接運転/パターン運転 コネクタ *2 173,400 入出力 F3AD08-5R 0-5V, 0-10V, 1-5V, -10-10VDC, 入力8点, 16bitADC, 50μs/点サンプリング 端子台 130,600 エンコーダ入力用カウンタ4ch付き(絶対値エンコーダ対応) *2 0-5V, 1-5V, -10-10VDC, 0-20mA, 4-20mA, 入力8点, 16bitADC, F3NC51-0N 1軸, 速度指令電圧出力タイプ コネクタ 96,900 F3AD08-6R 位置決めモジュール 50μs/点サンプリング 端子台 142,800 (速度指令電圧出力形) F3NC52-0N 2軸, 速度指令電圧出力タイプ コネクタ *2 163,200 F3DA04-6R -10-10V, 0-10V, 0-5V, 1-5V DC, 4-20mA, 0-20mA, 端子台 91,800 位置決めモジュール -20-20mA DC 出力4点, 16bitDAC (トルク制御用) F3NC61-0N 1軸, 速度指令電圧出力タイプ, アナログ入力 コネクタ *2 142,800 アナログ出力モジュール F3DA08-5R -10-10V, 0-10V, 0-5V, 1-5V DC, 出力8点, 16bitDAC 端子台 173,400 位置決めモジュール F3NC96-0N 15軸, MECHATROLINK-Ⅱ *6 通信対応 コネクタ ※ F3CU04-0H ユニバーサル入力(TC, RTD, 電圧)4ループ, 10ms, 100ms, 200ms 端子台 91,800 (MECHATROLINK-Ⅱ通信対応) 温度調節・PIDモジュール F3CU04-1H F3CU04-0Hに連続出力(4~20mA)追加 端子台 122,400 位置決めモジュール 温度 (MECHATROLINK-Ⅲ通信対応) F3NC97-0N 15軸, MECHATROLINK-Ⅲ *6 通信対応 コネクタ ※ 温度モニタモジュール F3CX04-0H ユニバーサル入力(TC, RTD, 電圧)4点 端子台 71,400 断線検出モジュール F3HB08-0N ヒータ断線, 8点, 電流値(2~80Arms/1~20Arms), 電力監視 端子台 122,400 *1 レールマウントキットは、別途ご購入ください。 ※ 当社営業までお問い合せください。 *2 外部接続用コネクタ、コネクタ用カバーは、別途ご購入ください。 F3HA06-1R -10-10V, 0-10V, 1-5V, -5-5V, -2.5-2.5V, 入力6点, 16bitADC, 5μs 端子台 142,800 *3「 自律分散」は、株式会社日立製作所の登録商標です。 データ収集 高速データ収集モジュール F3HA12-1R -10-10V, 0-10V, 1-5V, -5-5V, -2.5-2.5V, 入力12点, 16bitADC, 5μs 端子台 188,700 *4 レールマウントキットは、装着できません。 *5 F3LX01-0Nとの互換性はありません。 F3LE01-1T 10Mbps, 10BASE-T, 上位リンク, イベント送信機能 コネクタ 102,000 *6「 MECHATROLINK」は、MECHATROLINK協会の商標です。 *7 リレー出力モジュールに内蔵されているリレーは、完全密封型ではありません。設置環境の雰囲気に存在する塵埃や腐食性ガス等は、リレーの寿命に影響します。また、シリコーン系物質から揮発したシリコーン Ethernet F3LE11-1T 10/100Mbps, 10BASE-T/100BASE-TX, 上位リンク, 電子メール機能 コネクタ 122,400    ガスが存在する雰囲気で接点を開閉すると、接点表面にSiO(2 二酸化シリコン)が生成・付着し、接触不良を起こすことがあります。特に、負荷条件が24VDC以下かつ500mA以下の場合、シリコーンガスの影響により インタフェースモジュール    接点不良を起こす危険性があります。このような場合には、トランジスタ出力モジュール等の半導体素子を使用したモジュールのご使用をお勧めします。 F3LE12-1T 10/100Mbps, 10BASE-T/100BASE-TX, 上位リンク, メッセージ通信(UDP/IP)機能 コネクタ 122,400 *8 F3SP7□-□Nでの制限事項、一部CPUでのマルチCPU台数制限およびFAリンクHモジュールの使用制限はありません。 *3 *9 モジュールの仕様に対応する住友電気工業株式会社のケーブル生産状況の確認が必要です。最大局間500mは、KM67(生産終了品)使用時の仕様です。 NXインタフェースモジュール F3NX01-2N 10/100Mbps, 10BASE-T/100BASE-TX, 自律分散 プロトコル装備 コネクタ ※ *10 F3LP32-0N同士での接続のみで、F3LP01-0N, F3LP02-0Nとは接続できません。 EtherNet/IPインタフェースモジュール F3LN01-0N 10/100Mbps, 10BASE-T/100BASE-TX, EtherNet/IP, スキャナ/アダプタ機能搭載 コネクタ 142,800 ( 注)コーティング剤塗布処理については、当社営業までお問い合せください。 FL-netインタフェースモジュール F3LX02-2N*5 10/100Mbps, 10BASE-T/100BASE-TX, FL-ne(t OPCN-2)プロトコル Ver.2.00 コネクタ 122,400 DeviceNet F3LD01-0N 最大500kbps, DeviceNet 1ポート, マスタ/スキャナ機能 コネクタ 71,400 インタフェースモジュール F3LD02-1N 最大500kbps, DeviceNet 1ポート, スレーブ/アダプタ機能  コネクタ 71,400 CAN2.0Bインタフェースモジュール F3LD21-0N CAN2.0Bプロトコル, 最大1Mbps, 1チャネル コネクタ 132,600 通 信 Modbusインタフェースモジュール F3LC31-2F Modbus RTU/ASCII, 最大115.2kbps, 1ポート 端子台 56,100 GP-IB通信モジュール F3GB01-0N GP-IB通信 1ポート コネクタ 128,500 F3LC11-1F RS-232-C 1ポート, 最大115.2kbps, モデムインタフェース機能付き コネクタ 42,800 パソコンリンクモジュール F3LC11-2F RS-422/RS-485, 1ポート, 最大115.2kbps 端子台 56,100 F3LC12-1F RS-232-C 2ポート, 最大115.2kbps, モデムインタフェース機能付き コネクタ 81,600 F3RZ81-0F 最大115.2kbps, RS-232-C 1ポート コネクタ 76,500 ラダー通信モジュール F3RZ82-0F 最大115.2kbps, RS-232-C 2ポート コネクタ 91,800 F3RZ91-0F 最大115.2kbps, RS-422/RS-485 1ポート 端子台 76,500 UTリンクモジュール F3LC51-2N RS-422 / RS-485 1ポート, ディジタル指示調節計簡易接続 端子台 76,500 FAリンクH2モジュール F3LP32-0N*10 最大32局, 最大伝送距離1km, 通信速度最大1.25Mbps 端子台 91,800 31 FA-M3V FA-M3V 32
Page18

S pecifications 周辺機器関連 表示価格には消費税は含みません。 取扱説明書一覧 表示価格には消費税は含みません。 区 分 品 名 形 名 仕 様 価格(円) 名 称 ドキュメント No. 価格(円) CPUポート/D-sub9ピン変換ケーブル KM10-0C D-sub9ピン, メス, 長さ 約0.5m(F3SP22-0S用) 5,100 ハードウェア取扱説明書 IM 34M06C11-01 1,000 プログラミングツール用 KM11-2T DOS/V対応, ケーブル長 約3m 15,300 USB接続ケーブル取扱説明書 IM 34M06C91-01 1,000 ケーブル *1 KM13-1S USB1.1準拠 USBポート接続ケーブル, ケーブル長 約3m 19,400 高速データ収集モジュール取扱説明書(F3HA06-1R, F3HA12-1R) IM 34M06G02-02 2,000 KM21-2A *2 CPUポート~D-sub25ピン, オス, 3m(F3SP22-0S用) 15,300 断線検出モジュール取扱説明書 IM 34M06G12-01 2,000 表示器接続用ケーブル KM21-2B *2 CPUポート~D-sub9ピン, メス, 3m(F3SP22-0S用) 15,300 アナログ入力モジュール取扱説明書 IM 34M06H11-02 2,000 KM60-S06 盤内拡張仕様, ケーブル長 約0.6m 12,200 アナログ出力モジュール取扱説明書(F3DA04-6R, F3DA08-5R) IM 34M06H11-03 2,000 光ファイバコード (盤内配線用) KM60-001 盤内拡張仕様, ケーブル長 約1m 12,200 ラダー通信モジュール取扱説明書(F3RZ81-0F, F3RZ82-0F, F3RZ91-0F) IM 34M06H22-02 2,000 KM60-003 盤内拡張仕様, ケーブル長 約3m 20,360 Ethernetインタフェースモジュール取扱説明書(F3LE01-1T) IM 34M06H24-06 3,000 光ファイバケーブル KM61-□□□ 屋内拡張仕様, ケーブル長 ※ ※ Ethernetインタフェースモジュール取扱説明書(F3LE11-1T) IM 34M06H24-07 3,000 (屋内配線用) KM65-□□□ 屋内拡張仕様, ケーブル長 ※ ※ Ethernetインタフェースモジュール取扱説明書(F3LE12-1T) IM 34M06H24-08 3,000 光ファイバケーブル KM62-□□□ 屋外拡張仕様, ケーブル長 ※ ※ UTリンクモジュール取扱説明書 IM 34M06H25-01 2,000 (屋外配線用) KM69-□□□ 難燃仕様(VW-1相当), 屋外拡張仕様, EN61010-1:2010(Ed3対応), ケーブル長※ ※ GP-IB通信モジュール取扱説明書 IM 34M06H27-01 3,000 周辺機器 TAHWD32-3PAM DC入力(+コモン), 24VDC 16点, MIL, トランジスタ出力シンクタイプ(短絡保護), 24VDC 0.1A,16点, MIL 50,500 DeviceNet インタフェースモジュール取扱説明書 IM 34M06H28-01 3,000 TAHWD32-3NBM DC入力(-コモン), 24VDC 16点, MIL, トランジスタ出力ソースタイプ(短絡保護), 24VDC 0.1A,16点, MIL 50,500 NXインタフェースモジュール取扱説明書(F3NX01-2N) IM 34M06H29-02 2,000 YHLSスレーブユニット TAHXD16-3PEM DC入力(+コモン), 24VDC 16点, MIL 40,300 FL-ne(t OPCN-2)インタフェースモジュール取扱説明書(F3LX02-2N) IM 34M06H32-03 3,000 (TAHシリーズ) TAHXD16-3NEM DC入力(-コモン), 24VDC 16点, MIL 40,300 EtherNet/IPインタフェースモジュール取扱説明書 IM 34M06H36-01 2,000 TAHYD16-3EAM トランジスタ出力シンクタイプ(短絡保護), 24VDC 0.1A, 16点, MIL 40,300 CAN2.0Bインタフェースモジュール取扱説明書 IM 34M06H37-01 2,000 TAHYD16-3EBM トランジスタ出力ソースタイプ(短絡保護), 24VDC 0.1A, 16点, MIL 40,300 パソコンリンクモジュール取扱説明書 IM 34M06H41-02 2,000 KM80-□□□ 固定, ケーブル長 ※, 難燃仕様(VW-1) ※ Modbusインタフェースモジュール取扱説明書 IM 34M06H42-01 2,000 YHLSケーブル KM81-□□□ 可動, ケーブル長 ※, 難燃仕様(VW-1) ※ FAリンクH2モジュール取扱説明書 IM 34M06H43-02 1,000 端子台ユニット TA40-0N 40点入出力コネクタをヨーロッパ端子台に変換 9,180 光FAバスモジュール, 光FAバス2モジュール, FAバス2モジュール取扱説明書 IM 34M06H45-01 1,000 コネクタ端子台 TA50-0N コネクタ端子台40点, M3.5ネジ 6,120 YHLS マスタモジュール取扱説明書(F3LH01-1N, F3LH02-1N) IM 34M06H46-04 2,000 コネクタ端子台接続ケーブル KM55-□□□ モジュール, コネクタ端子台間ケーブル0.5m(005)~3m(030)まで0.5m単位 ※ YHLS スレーブユニット TAHシリーズ取扱説明書 IM 34M06H46-03 2,000 ブランクモジュール F3BL00-0N I/O 空きスロット用 2,040 高速カウンタモジュール取扱説明書 IM 34M06H53-01 1,000 模擬入力スイッチ S9307UF 入力端子用模擬スイッチ( F3XD32-□F, F3XD64-□F, F3WD64-□□用) ※ パルス入力モジュール取扱説明書 IM 34M06H54-01 2,000 ※当社営業までお問い合せください。 位置決めモジュール(多チャネルパルス出力形)取扱説明書(F3YP22-0P, F3YP24-0P, F3YP28-0P) IM 34M06H55-04 3,000 *1 本プログラミングツール用ケーブルは、 F3SP71/F3SP76では使用できません。 位置決めモジュール(位置指令パルス出力形)取扱説明書 IM 34M06H56-02 4,000 *2 F3SP22前面のプログラミングポートに接続し、上位リンクサービス(パソコンリンク機能)を使用するためのケーブルです。FA-M3プログラム開発ツールWideField3の接続には使用できません。 位置決めモジュール(速度指令電圧出力形)取扱説明書 IM 34M06H58-01 2,000 位置決めモジュール(トルク制御用)取扱説明書 IM 34M06H59-01 2,000 位置決めモジュール(MECHATROLINK-Ⅱ通信対応)取扱説明書 IM 34M06H60-02 2,000 位置決めモジュール(MECHATROLINK-Ⅲ通信対応)取扱説明書 IM 34M06H60-03 2,000 外形寸法図 温度調節・PIDモジュール取扱説明書 IM 34M06H62-04 2,000 単位 : mm 温度モニタモジュール取扱説明書 IM 34M06H63-02 2,000 ベースモジュール形名 スロット数 I/O スロット数* 全 幅 F3BU04 4 3 147 88.5 シーケンスCPU説明書命令編 IM 34M06P12-03 4,000 81 F3BU05 5 4 205 シーケンスCPU説明書機能編(F3SP22, 28, 38, 53, 58, 59, -□N/-□H/-□S対応) IM 34M06P13-01 4,000 F3BU06 6 5 205 シーケンスCPU説明書機能編(F3SP71, 76対応) IM 34M06P15-01 4,000 F3BU09 9 8 322 F3BU13 13 12 439 シーケンスCPU説明書ネットワーク通信機能編(F3SP71, 76対応) IM 34M06P15-02 3,000 F3BU16 16 15 527 シーケンスCPU説明書Modbus/TCPスレーブ機能編 IM 34M06P15-03 3,000 * CPUモジュール1枚実装時に使用できるI/Oスロット数 205 パソコンリンクコマンド説明書 IM 34M06P41-01 1,000 FA-M3 プログラム開発ツールWideField3説明書(導入, トラブルシューティング編)*1 IM 34M06Q16-01 2,000 FA-M3 プログラム開発ツールWideField3説明書(オフライン編)*1 IM 34M06Q16-02 5,000 FA-M3 プログラム開発ツールWideField3説明書(オンライン編)*1 IM 34M06Q16-03 5,000 FA-M3 プログラム開発ツールWideField3説明書(スクリプト編)*1 IM 34M06Q16-04 3,000 FA-M3V トレース機能説明書(F3SP71-4S/76-7S/V9-7S対応)*1 IM 34M06Q50-21 2,000 FA-M3 シミュレーションソフトウェア Virtual-M3説明書*1 IM 34M06Q50-22 2,000 FA-M3 ToolBox 高機能モジュール説明書 *1 IM 34M06Q30-01 2,000 FA-M3 ToolBox 位置決めモジュール(F3NC32/34対応)説明書 *1 IM 34M06Q31-01 2,000 FA-M3 ToolBox 位置決めモジュール(F3YP22/24/28対応)説明書 *1 IM 34M06Q31-03 2,000 FA-M3 ToolBox 温度調節・モニタモジュール説明書 *1 IM 34M06Q31-02 2,000 *1 : 各ソフトウェアパッケージに電子ドキュメントとして付属されます。紙のドキュメントとして必要な場合、別途ご購入ください。 33 FA-M3V FA-M3V 34 106 4 102 100
Page19

FA-M3 ホームページ www.FA-M3.com/jp 東京 TEL:0422-52-6248 FAX:0422-52-6793 FA-M3 営業相談窓口 大阪 TEL:06-6341-1385 FAX:06-6341-1386 TEL:0422-52-5608 FA-M3 技術相談窓口 E-mail:QandA_PLC@cs.jp.yokogawa.com 受 付 9:00~17:00 月曜日~金曜日(土曜、日曜、祝祭日は除く) FAX:0422-55-1728 TEL:0422-52-5536 FAX:0422-55-0091 FA-M3 入門コース開校中 E-mail:tc_info@cs. jp.yokogawa.com お問い合わせおよびお申込み・・・YOKOGAWAトレーニングセンター https://www.yokogawa.co. jp/tc ● 本製品を正しく安全にご使用いただくため、「取扱説明書」をよくお読みください。 ● 本製品の故障による事故または損失が予測される場合、保護安全回路を本製品外部でシステム的に設置してください。 ● 本製品を原子力および放射線関連機器、鉄道施設、航空宇宙用、医療機器、乗用移動体などの人身に直接関わる安全性を要求される  システムに適用する場合には、当社営業窓口にご相談ください。 ● Co-innovating tomorrow、FA-M3 V VITESSEは横河電機の登録商標または商標です。 ● Windows、Windows 8、および、Windows 8.1、Windows 10は、米国MicrosoftCorporationの、米国およびその他の国における登録商標または商標です。 2022年3月作成 ● その他、記載の会社名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。 コントロール営業統括部 〒180-8750 東京都武蔵野市中町 2-9-32 0422-52-6248 関 西 支 社 0 6 - 6 3 4 1 - 1 3 3 0 北 海 道 営 業 所 0 1 4 4 - 3 7 - 5 2 6 1 お問い合わせは 中 部 支 社 0 5 2 - 6 8 4 - 2 0 0 4 鹿 島 営 業 所 0 2 9 9 - 9 3 - 3 7 9 1 東 北 支 店 0 2 2 - 2 4 3 - 4 4 4 1 浜 野 営 業 所 0 4 3 - 2 6 3 - 8 3 7 0 千 葉 支 店 0 4 3 6 - 6 1 - 1 3 8 8 新 潟 営 業 所 0 2 5 - 2 4 1 - 2 1 6 1 さ い た ま 支 店 0 4 8 - 6 6 4 - 0 8 3 6 四 日 市 営 業 所 0 5 9 - 3 5 2 - 4 1 4 4 神 奈 川 支 店 0 4 4 - 2 6 6 - 0 1 0 6 静 岡 営 業 所 0 5 4 5 - 5 1 - 7 1 3 8 北 陸 支 店 0 7 6 - 2 5 8 - 7 0 1 0 京 滋 営 業 所 0 7 7 - 5 2 1 - 1 1 9 1 豊 田 支 店 0 5 6 5 - 3 3 - 1 6 1 1 姫 路 営 業 所 0 7 9 - 2 2 4 - 6 0 0 6 堺 支 店 0 7 2 - 2 2 4 - 2 2 2 1 奈 良 営 業 所 0 7 4 4 - 2 5 - 1 8 0 3 岡 山 支 店 0 8 6 - 4 3 4 - 0 1 5 0 徳 山 営 業 所 0 8 3 4 - 3 2 - 5 4 0 5 四 国 支 店 0 8 9 7 - 3 3 - 9 3 7 4 沖 縄 営 業 所 0 9 8 - 8 6 2 - 2 0 9 3 九 州 支 店 0 9 2 - 2 7 2 - 0 1 1 1 北 九 州 支 店 0 9 3 - 5 2 1 - 7 2 3 4 インターネット・ホームページ www.FA-M3.com/jp 記載内容はお断りなく変更することがありますのでご了承ください。 All Rights Reser ved, Copyright © 2010, by Yokogawa Electric Corporation [Ed : 20/b] Printed in Japan, 203(VC)