1/8ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(899.1Kb)

除振とは・・・ パッシブ除振台の概要

製品カタログ

除振台種類と主要部品のご紹介と除振台構成例と除振台の特性例を記載

精密機器を設置する場合の環境条件として、振動、音、温湿度、空気の対流、クリーン度、磁気などがあげられます。これらの条件を いかにコントロールするかが、精密機器の精度・性能維持に大きく影響を及ぼします。
除振台は、地盤、基礎、床などから伝達する振動を遮断する目的で使用されており、精密機器の精度・性能維持に不可欠な装置です。 除振台の扱う振動の大きさは精密機器により異なり、精密機器の特性に合わせて除振性能を設定しなければなりません。
さらに除振という意味合いでは、設置床から伝達してくる振動のみを減衰することは技術的にも容易ですが、単純に固有振動数を低くして除振領域 を大きくしても、機器側の移動質量が直接除振台へ作用した場合、機器の最終性能や、操作性に大きく影響するため、これらを考慮した十分な計画が必要です。
また、除振台には精密機器の精度に悪影響を及ぼす振動を取り除く「除振」の役割の他に、機械(プレス、ポンプ等)の振動を外部 に伝えないことを目的とした「防振」の役割もあります。
弊社では、各精密機器や一般的な設置環境を考慮して除振台の設計を行っておりますが、計画段階で要求事項が明確になっていれ ば、精密機器に適合した除振台設計を行うことは可能です。
本書では、除振台種類と主要部品のご紹介と除振台構成例と除振台の特性例を記載しています。

◆詳細はカタログをダウンロードしてご覧下さい。

このカタログについて

ドキュメント名 除振とは・・・ パッシブ除振台の概要
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 899.1Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社昭和サイエンス (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

アクティブ除振ユニットVAAV-H
製品カタログ

株式会社昭和サイエンス

リニアアクティブ除振ユニットVAAV-S
製品カタログ

株式会社昭和サイエンス

真空ポンプ用防音BOX SIBc
製品カタログ

株式会社昭和サイエンス

このカタログの内容

Page1

除振とは・・・ パッシブ除振台の概要SHOWA SCIENCE
Page2

パッシブ除振台の概要 ・  はじめに 精密機器を設置する場合の環境条件として、振動、⾳、温湿度、空気の対流、クリーン度、磁気などがあげられます。これらの条件を いかにコントロールするかが、精密機器の精度・性能維持に⼤きく影響を及ぼします。 除振台は、地盤、基礎、床などから伝達する振動を遮断する目的で使⽤されており、精密機器の精度・性能維持に不可⽋な装置です。 除振台の扱う振動の⼤きさは精密機器により異なり、精密機器の特性に合わせて除振性能を設定しなければなりません。さらに除振と いう意味合いでは、設置床から伝達してくる振動のみを減衰することは技術的にも容易ですが、単純に固有振動数を低くして除振領域 を⼤きくしても、機器側の移動質量が直接除振台へ作⽤した場合、機器の最終性能や、操作性に⼤きく影響するため、これらを考慮 した十分な計画が必要です。 また、除振台には精密機器の精度に悪影響を及ぼす振動を取り除く「除振」の役割の他に、機械(プレス、ポンプ等)の振動を外部  に伝えないことを目的とした「防振」の役割もあります。 弊社では、各精密機器や⼀般的な設置環境を考慮して除振台の設計を⾏っておりますが、計画段階で要求事項が明確になっていれ ば、精密機器に適合した除振台設計を⾏うことは可能です。 本書では、除振台種類と主要部品のご紹介と除振台構成例と除振台の特性例を記載しています。 1.除振台の除振効果 除振効果とは、除振台を使⽤することにより設置床からの振動をどの程度減少させることができたかを⽰すものです。 設置床の振動と除振台上の振動の⽐「振動伝達率」で表⽰します。                                            【除振台上の振動】/【設置床上の振動】=【⽐率】                                            dB = 20log10(⽐率)、0dB = 1倍 これは、固有振動数3.0Hz、共振倍率17dBの除振台の除振効果を⽰しています。 除振台上の振動が床振動と⽐較して、除振台の固有振動数3.0Hzで約7倍(17dB)増幅し、約4.2Hz(固有振動数の約√2倍) 以上の周波数領域で減少させている(除振している)ことを表します。   グラフから読み取ると、除振台上の振動は6Hzで-10dB(床振動の30%)、10Hzで-20dB(床振動の10%)、20Hzで-30dB (床振動の3%)まで減少させていることになります。
Page3

下のグラフは、装置が設置される予定の床の振動値と、その床に前頁の振動伝達特性を持った除振台を設置した場合の除振台上振 動値をトリパタイトグラフにて⽰したものです。除振台上の振動は固有振動数である3Hz周辺で床振動より増幅していますが、4Hz以降 の周波数で除振効果が得られていることが分かります。 2.除振台の衝撃応答 ステージ等を除振台上に搭載すると、その駆動時の衝撃によりばね上の物体は衝撃終了後も系の固有振動数にて⾃由振動を⾏い  ます。⾃由振動の加速度が⼤きいと衝撃後、その揺れが停⽌するまでの時間(セットリングタイム)が⻑くなります。 ステージ衝撃応答 自由振動振幅(変位)mm mm 1 0.8 0.6 0.4 0.2 0 変位mm 0 1 2 3 4 5 -0.2 sec -0.4 -0.6 -0.8 -1 このグラフは、固有振動数3.0Hz、共振倍率17dBの除振台上に、ステージ質量50kg、ステージ速度0.2m/s、⽀持質量500kgを 搭載した場合、ステージ速度0.2m/s、⽀持質量500kgを搭載した場合、ステージ移動の衝撃後に予想される⾃由振動を⽰してい ます。 パッシブ除振台の性能は⼀般的に固有振動数を低くする(軟らかくする)と除振性能は良くなりますが、衝撃減衰性能(セットリング タイム)が悪くなり、固有振動数を⾼くする(硬くする)と除振性能は悪くなるが、衝撃減衰性能(セットリングタイム)は良くなります。 除振台の選定や設計は、搭載機器の特性を把握し、除振性能と衝撃減衰性能について適切なバランスを考慮することが必要です。
Page4

3.防振材の種類と性能 3-1防振材の種類別特徴⽐較 除振台には様々な防振材(ばね)があり、それぞれに性能の特徴があります。 主な防振材は    ・空気ばね(ベローズ型) ・空気ばね(ダイヤフラム型) ・コイルスプリング ・防振ゴム 防振材種類別特徴⽐較  などがあります。 衝撃減衰性能    除振性能  レベル復帰性能  価格  (セットリングタイム)  空気ばね  ○  ◎  ◎  ○  (ベローズ型)  空気ばね  ◎  ○  ◎  ○  (ダイヤフラム型)  コイル  ○  ○  △  ◎  スプリング  防振ゴム  △  ◎  △  ◎  ◎:最も良い(価格が安い)  ○:良い  △:良くない(価格が⾼い)  *レベル復帰性能は、除振台上でステージなどの重量が移動した場合に発⽣するばね    の傾きを復帰させる性能。  3-2空気ばね(ベローズ型)タイプ 空気ばね(ベローズ型)除振台の特徴 ベローズ型とは、その形状がじゃばら(ベローズ)状をしているところからこの呼び名がついております。ベローズ型空気ばねは、ゴム膜の 変形が少なく耐久性が優れているため、⼀般産業⽤空気ばねのほかに⾼速なステージ(ガントリー)や⾼重心な装置にも採⽤されて おります。 ・除振性能も衝撃減衰性能(セットリングタイム)も良い。 ⽔平⽅向固有振動数:3.0Hz程度 垂直⽅向固有振動数:3.0Hz程度 ・搭載物の重心が移動してもレベル調整器による空気供給でレベルを⽔平に保つことが可能。 ・空気の供給が必要なる ベローズタイプの除振性能  搭載重量:7ton 空気ばね4個使⽤時
Page5

3-3空気ばね(ダイヤフラム型)タイプ 空気ばね(ダイヤフラム型)除振台の特徴 ・除振性能も衝撃減衰性能(セットリングタイム)も良い。 ・このダイヤフラム型空気ばねは⼀般的に防振ゴムとセットで使⽤する。 防振ゴム(積層ゴム)の硬さや配置で⽔平固有振動数の設計が可能 空気タンクの容積で垂直固有振動数の設計が可能 ⽔平⽅向固有振動数:1.5〜4Hz程度 垂直⽅向固有振動数:1.5〜4.5Hz程度 ・搭載物の重心が移動してもレベル調整器による空気供給でレベルを⽔平に保つことが可能。 ・空気の供給が必要なる。 空気ばね(ダイヤフラム型)の構造 ダイヤフラム型空気ばねは、⾦具とゴム膜で形成されており、空気ばねに圧縮空気を封⼊して空気の圧縮性をばねに利⽤する構造です。 レベルを⽔平に保つ目的で空気供給を必要とするため、⾃動レベル調整器をセットで使⽤します。 3-4コイルスプリングタイプ コイルスプリング除振台の特徴 ・除振性能も衝撃減衰性能(セットリングタイム)も⽐較的良い。 ⽔平⽅向固有振動数:2〜4Hz程度 垂直⽅向固有振動数:4〜7Hz程度 ・空気を必要としない(メンテナンスフリー)。 ・デメリットとして、搭載物の重心が移動するとスプリングのたわみにより、  傾きが⽣じる。 標準品コイルスプリング(VSM)の除振性能
Page6

3-5防振ゴムタイプ 防振ゴム除振台の特徴 ・除振性能があまり良くないが、衝撃減衰性能(セットリングタイム)が良く安定性が⾼い。 ・価格が安く、空気を必要としない(メンテナンスフリー)。 ・デメリットとして、搭載物の重心が移動すると防振ゴムのたわみにより、傾きが⽣じる。    ⼀般にステージ移動で防振ゴムがたわむ量:0.3〜0.4mm程度(目安) 防振ゴムは、搭載質量に合わせてサイズ、個数を選定します。   例)防振ゴムを使⽤した除振台 防振ゴムタイプの除振性能
Page7

4.除振台性能シミュレーション 4-1除振性能シシミュレーションによる振動予測 装置設置予定場所などの振動測定を⾏い、その測定結果からその場所に除振台を設置した場合にどのくらいの効果が得られるかシミ ュレーションすることができます。 設置予定の装置に振動の許容スペックがある場合などは、除振台を設置することにより、そのスペック内に振動が減少するか予測できる ため特に便利です。 例)除振台設置効果シミュレーショングラフ 除振台設置効果シュミレーション 1.0E+00 1.0E-01 床上 1.0E-02 除振台上 1.0E-03 1.0E-04 1 10 100 周波数(Hz) ⻘:装置設置予定場所の床振動測定データ 赤:除振台を設置した場合の除振台上振動予測データ シミュレーショングラフは先に紹介したトリパタイトグラフでも表⽰することができます。 4-2衝撃減衰性能シミュレーションによるセットリングタイム予測   除振台に搭載されたステージが駆動する際に、その衝撃により発⽣する除振台の揺れをシミュレーションすることができます。    例)セットリングタイム予測シミュレーショングラフ 0.0015 0.001 シミュレーションを⾏うには次の情報が必要です。 0.0005 ・搭載質量 0 ・搭載装置の寸法、重心位置 -0.0005 ・ステージ移動質量 -0.001 ・ステージ速度 -0.0015 ・ステージ加速度 -0.002 0 0.5 1 1.5 2 2.5 3 3.5 4 t [s] ・おわりに パッシブ除振台は、除振性能と衝撃減衰性能(除振台上の安定性)のバランスを考慮し、搭載装置の特性に合わせた選定、設計 をすることが重要です。 特に「重心位置の⾼い装置」、「移動質量の⼤きいステージ」、「移動加速度の⾼いステージ」などを搭載する場合は、慎重な設計を 必要とします。 また、装置設置予定場所や装置振動障害などの問題が発⽣している場合、振動計とデータレコーダで振動を計測し、除振台を設置 した場合のシミュレーション⾏う必要があります。 Acc x [m]
Page8

パッシブ除振台 アクティブ除振台 防振装置 制振材 除振工事 防振工事 制振工事 除振コンサルタント 振動測定及び解析 定盤 光学機器 計測機器 本社 〒140-0011 東京都品川区東大井5丁目12番10号(大井朝陽ビル) TEL (03)5781-3300(代) FAX (03)5463-5001 大阪営業所 〒550-0013 大阪府大阪市⻄区新町1丁目6番22号(新町新興産ビル) TEL (06)7661-2608(代) FAX (06)7661-2576 相模原工場 〒252-0253 神奈川県相模原市中央区南橋本4丁目1番1号 (昭和電線相模原事業所内) TEL (042)774-9230 FAX (042)774-7458 http://www.ssvi.co.jp/