1/33ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(9Mb)

音羽電機工業 雷対策製品 総合カタログ

製品カタログ

無料送付 OTOWAの全製品が掲載している総合カタログです

無料送付 OTOWAの全製品が掲載している総合カタログです


  ◇◆◇掲載製品◇◆◇
●分電盤用SPD,電源用SPD
●信号回線用SPD,電話回線用SPD
●耐雷トランス等の低圧サージ対策製品
●配電用避雷器などの高圧サージ対策製品
●その他耐雷関連製品
●技術情報 他

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
   総合カタログ無料配布中です!
  お問い合わせフォームに、総合カタログ
 請求の記載の上、お問い合わせください
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

※ダウンロードは一部のみとなっております。
冊子をご希望の方はお問い合わせフォームよりお申込みください。
ご登録されているご住所へカタログをお送りします。
なお、弊社HPでも全ページダウンロード可能です。
会員登録のうえ、ダウンロードください。

このカタログについて

ドキュメント名 音羽電機工業 雷対策製品 総合カタログ
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 9Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 音羽電機工業株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

分電盤用SPD LT-332、LT-334シリーズ
製品カタログ

音羽電機工業株式会社

直撃雷用SPD LD-C22EFS
製品カタログ

音羽電機工業株式会社

6.6kV 配電用避雷器 一般用 GL-B6G-T,GL-B6G
製品カタログ

音羽電機工業株式会社

このカタログの内容

Page1

免 雷 の 時 代 へ 2019-2020
Page2

カテゴリINDEX 電 ク源 電源用SPD クラスⅠ P.27 ラ用スS ⅠP D 電 ク源 電源用SPD クラスⅡ P.36 ラ用スS ⅡP D 接 地 接地間用SPD クラスⅠ・Ⅱ 間P.68 用S P D 電S SPD盤・ 源PD その他電源用避雷器 P.74 用 避盤そ・雷 器の他 信 号 信号回線用SPD・ 避回94 雷線避雷器 P. 器用S P ・D 同L LAN用SPD・ 軸A用N用 同軸ケーブル用SPD P.130 SPS DP ・D 耐 雷 耐雷トランス P.153 トラ ン ス ホ シー ホームアレスタシリーズ P.169 リムーア ズレス タ 高 圧 高圧用避雷器・避雷装置 P.176 用避 雷 器 雷 関 雷関連製品・その他 そP.206 の連他製 品・ 1
Page3

ページ 製 OTOWAのサービス紹介 ………………………………………………………………… 6受託試験サービス ………………………………………………………………… 8 品 落雷調査報告書 発行サービス ………………………………………………………………… 9雷対策基礎知識 ……………………………………………………………… 10 イ JISに基づく免雷設計 ……………………………………………………………… 12雷対策例 ……………………………………………………………… 16 ン 免雷シリーズのご案内 ……………………………………………………………… 25電源用SPD・避雷器 クラスⅠ デ ■ 電源用SPD クラスⅠ ッ 直撃雷用SPD LD-C22EFS・C25EFSP・42EFS・45EFSP … 28直撃雷用SPD LD-22EFS・25EFSP(保守製品) ……………… 30 ク 免雷ブレーカSPD LD-B22E3,LD-B22E3S ………………………… 31太陽光システム専用 電源用SPD LD-D62EFS …………………………………………… 33 ス 直撃雷用SPD ギャップ式 LD-22G,LD-PS2550S …………………………… 35 電源用SPD・避雷器 クラスⅡ ■ 電源用SPD クラスⅡ 免雷分離器SPD LT-TS2312シリーズ,LT-TS2304シリーズ …… 38 免雷カウントSPD LT-2TSC ………………………………………………… 41 協約寸法SPD LT-2T,LT-24T,LT-44Tシリーズ ……………… 43 分電盤用SPD LT-332シリーズ,LT-334シリーズ ……………… 46 電源用SPD(KEMA認証品) LSシリーズ ……………………………………………… 49 電源用SPD LSシリーズ ……………………………………………… 53 電源用SPD LT-121,LT-122 …………………………………… 58 電源用SPD LGLシリーズ …………………………………………… 60 ■ 新エネルギー用SPD 太陽光システム専用 電源用SPD PUSAシリーズ ………………………………………… 63 ■ 装置用SPD 装置用SPD LT-Cシリーズ …………………………………………… 64 機器内蔵用SPD MT-ZGB254C ………………………………………… 67 接地間用SPD クラスⅠ・Ⅱ ■ 接地間用SPD クラスⅠ 接地間用SPDアースカプラ LD-PNP25100S ……………………………………… 69 接地間用SPDアースカプラ LD-210GSE …………………………………………… 70 ■ 接地間用SPD クラスⅡ 接地間用SPD ギャップ式 LS-S2520GS ………………………………………… 71 電源用SPD 保守点検共通事項 ……………………………………………………………… 72 SPD盤・その他電源用避雷器 ■ SPD外部分離器 SPD外部分離器 ……………………………………………………………… 75 ■ SPD盤 免雷SPDキット クラスⅠ LD-C22EFS-F-SETシリーズ ……………………… 77 免雷SPDキット クラスⅡ LT-F-SETシリーズ …………………………………… 78 免雷SPD盤 クラスⅠ SP-FI,SP-FO,SP-SOシリーズ ………………… 80 免雷SPD盤 クラスⅡ SP-FI,SP-FO,SP-SOシリーズ ………………… 82 免雷盤 SPシリーズ ……………………………………………… 83 低圧用アレスタ・ボックス GLBシリーズ …………………………………………… 85 耐圧防爆形SPD盤 EX-MOA1シリーズ …………………………………… 86 耐圧防爆形SPD盤 G-5009-2 ……………………………………………… 88 ■ その他電源用避雷器 防爆形ギャップ TC100A ………………………………………………… 90 低圧用Pバルブ避雷器 PV-T1F,PV-T2F …………………………………… 91 信号回線用SPD・避雷器 ■ 信号回線用SPD・避雷器 信号回線用・電話回線用SPD SL-GVJシリーズ,SL-TJシリーズ ………………… 96 連接バー SL-CN10 ……………………………………………… 98 信号回線用SPD SL-SPMシリーズ ……………………………………… 99 RS485回線用SPD SR-GVJシリーズ ………………………………………101 大電流信号回線用SPD SL-KH24J ………………………………………………103 放送回線用SPD SL-GZ110J ……………………………………………105 3線式信号回線用SPD SLT-GVJWシリーズ …………………………………106 制御電源回路用SPD SL-ZJシリーズ …………………………………………108 電話端子用・通信端子用SPD SPUシリーズ ……………………………………………110 信号回線用・電話回線用SPD SG-GVJ,SGR-GVJ,SG-TJシリーズ …………112 制御電源回路用SPD SG-ZJシリーズ …………………………………………115 アレスタ10 多回線用SPD SUシリーズ ………………………………………………117 コモンバー SU-CNC10 ……………………………………………120 アレスタ10 SUシリーズ ………………………………………………121 LED点灯用電源 SL-205A …………………………………………………123 データトラブ MT-RS485 ………………………………………………124 信号回線用・電話回線用避雷器 SA-GZAシリーズ ………………………………………125 電話回線用避雷器 ST-GV170 ………………………………………………128 LAN用SPD・同軸ケーブル用SPD ■ LAN用SPD・避雷器 絶縁形雷プロテクタ LAN用 OLA-PT1000 …………………………………………132 雷プロテクタ LAN用 PoE Plus対応 OLA-1000POE ………………………………………133 LAN用SPD OLA-CAT6S ……………………………………………134 ■ 同軸ケーブル用SPD・避雷器 同軸ケーブル用SPD CS-NPJ50シリーズ ……………………………………136 防水形同軸ケーブル用SPD CS-NPJ50-T350LT …………………………………136 接点付き同軸ケーブル用SPD CS-NPJ50-600SP …………………………………138 電源制御ユニット CS-205S …………………………………………………139 ハイビジョンITVカメラ用SPD CS-BNCJJ75シリーズ ………………………………140 ITVカメラ用SPD SA-ITVJシリーズ ………………………………………142 4K・8K対応TV同軸ケーブル用SPD CS-FJJ75-T230HD …………………………………143 TV同軸ケーブル用SPD CS-FPJ75-T230 ……………………………………145 同軸ケーブルSPD用DINレール取付キット CS-DIN-KIT ……………………………………………146 GPS用SPD STB-NJJ-GPSL1 ……………………………………147 防災無線用SPD CSB-NPJ50-60M ……………………………………148 高出力同軸ケーブル用SPD CS-NPJ50-V1600 …………………………………149 モニタカメラ保護用避雷器 SA-16MC,SA-25MC ………………………………150 信号回線用SPD、電話回線用SPD、LAN用SPD、同軸用SPD 保守点検共通事項 …151 2 INDEX
Page4

ページ 耐雷トランス ■ 電源用 耐雷トランス サージシェルタ SSNシリーズ ……………………………………………155 サージシェルタ SSシリーズ ………………………………………………156 省電力サージシェルタ SSEシリーズ ……………………………………………161 耐雷トランス TTシリーズ ………………………………………………162 ラック収納形耐雷トランス RTシリーズ ………………………………………………164 盤内・電柱取付用耐雷トランス WBシリーズ ………………………………………………165 各種耐雷トランス ………………………………………………………………166 ■ 電源切替盤 免雷電源切替盤 SPシリーズ ………………………………………………167 耐雷トランス 保守点検共通事項 ………………………………………………………………168 ホームアレスタシリーズ ■ 家庭用雷対策 ホームアレスタシリーズ ホームアレスタ HA-13 ……………………………………………………170 サンダーカットタップ TAP7-3P-E ……………………………………………172 サンダーカットXA XA …………………………………………………………173 雷サージプロテクタ TVアンテナ用 TGS2T(W) ……………………………………………174 高圧用避雷器・避雷装置 ■ 高圧配電用避雷器 一般用 GL-B6G-T,GL-B6G …………………………………178 耐塩用 GL-B6DG2-T,GL-B6DG2 ………………………179 重耐塩用 GL-B6DG5-T,GL-B6DG5 ………………………180 5kA用 GL-6SG …………………………………………………181 10kA用(ポリマー) MPGLS-B6D,MPGLSI-B6,MPGLSI-B6-S …182 10kA用 GLS-6D,GLS-6M ……………………………………183 屋内用 GLI-3G,GLI-6G ………………………………………185 キュービクル用断路機構付 CA-3H,CA-3SH,CA-6H,CA-6SH …………186 JR仕様 GL-3R,GL-3DR,GL-6R,GL-6DR ……………188 ■ 直流電車線路用避雷器 1500V 直流電車線路用避雷器 GL-15DR ………………………………………………189 ■ 特高配電用避雷器 22kV,33kV(ポリマー) MPGLシリーズ …………………………………………190 22kV,33kV GL-Bシリーズ ……………………………………………193 ■ 高圧製品 限流素子付きアークホーン POZC-B6SU,POZC-B15SU,POZC-B15L …195 ZnO内蔵支持がいし GL-B6GP3,GL-B6DGP3 …………………………196 ケーブルシース保護用避雷器 CSS-65B,CSM-38,CMS-50 ……………………196 ■ 高調波引き込み現象防止装置 ハーモニックプロ GLI-L24L ………………………………………………197 ■ 避雷器付属機器 LAコネクタ避雷器接続端子 ST-D3 ……………………………………………………198 鳥害対策用LAコネクタ ST-Dシリーズ ……………………………………………199 被覆貫通形コネクタ KZ2-100U ………………………………………………200 ライフリミッタ LL-1 ………………………………………………………201 劣化表示器 RH-23 ……………………………………………………202 高圧用避雷器 共通取扱説明 ………………………………………………………………203 雷関連製品 ■ 雷検知装置 雷レーダー TA-3Sシリーズ …………………………………………209 雷センサ TA-1Sシリーズ …………………………………………211 雷検出制御装置盤 TA-BX1シリーズ ………………………………………212 風車直撃雷検出装置 LDW-45シリーズ ………………………………………213 ■ 電源ブレーカ自動再投入装置 リセットブレーカ(コンパクト型) RBシリーズ ………………………………………………214 リセットブレーカ RBシリーズ ………………………………………………215 ■ サージ検出器 雷メモリ OLM-2 ……………………………………………………217 雷レコーダ OLR-31C・31P ………………………………………218 サージカウンタ 無電源式 SCA-12N200KS ……………………………………219 サージカウンタ 無電源式 SCA-20N  ……………………………………………220 サージカウンタ LED表示タイプ SCA-20 …………………………………………………221 サージカウンタピーク表示型 SCA-KSOシリーズ ……………………………………222 ■ UPS無停電電源装置 UPS無停電電源装置 FU-α3シリーズ …………………………………………223 UPS無停電電源装置 FU-Mシリーズ ……………………………………………224 ■ ノイズフィルタ 単相2線式250V AC 小型・汎用ノイズフィルタ NF2010A-SUM,NF2020A-SUM ………………226 三相3線式500V AC 省スペースブック型ノイズフィルタ NF3000C-YXSシリーズ ……………………………227 ■ 避雷器簡易試験器 SPDチェッカー AT-2KH …………………………………………………229 アレスタチェッカー(高圧用) AT-6P2A ………………………………………………230 アレスタチェッカー(高圧用) AT-6P ……………………………………………………232 ■ インパルス発生器 インパルス発生器 ………………………………………………………………233 ■ 耐電圧試験器 耐電圧試験器 OTシリーズ ………………………………………………234 ■ 検相器 光音検相器 PC-2 ………………………………………………………235 低圧相回転計 HPL-200 ………………………………………………236 ■ 接地抵抗低減剤 ニッピアースⅡ ………………………………………………………………237 ホクデンEP-1 パワーメッシュ EP-1 ………………………………………………………238 接地線用 埋設標識シート ………………………………………………………………238 ホクデンEP-1 簡易接地セット ………………………………………………………………239 ホクデンEP-1 アースパワーセット ………………………………………………………………239 ■ OTOWAグループ製品 外部雷・内部雷保護システム ………………………………………………………………240 検電器など ………………………………………………………………242 技術情報・索引 ■ 技術情報 技術情報 ………………………………………………………………244 法令・規格 ………………………………………………………………255 用語集 ………………………………………………………………260 ■ OTOWAグループのご案内 ……………………………………………………………266 ■ 生産終了機種と推奨代替機種 …………………………………………………………268 ■ 索引 ………………………………………………………………270 3
Page5

第1回雷写真コンテスト グランプリ「雷光石火」東京都庁 4
Page6

雷と共生し、 免雷の時代を築きます。 ゲリラ雷雨が当たり前となった昨今では、雷が社会に与える影響が年々高まっています。 ある日突然パソコンが動かなくなった……そういえば、昨日は雷雨だった。 そういった事例が急増しています。電源線を走る雷や信号回線から侵入する雷など、 さまざまな所から雷は侵入してきます。雷から財産を守るためには、避雷針だけでなく、 “SPD・避雷器”が必要です。OTOWAは雷の侵入を許しません。雷でお困りの際はお気 軽にお問い合わせください。 ※ ご存知ですか? 雷被害総額は年間1,000億~2,000億 です。 近年の電子機器はマイコン化や高集積化、ICT化が進み、常に雷害リスクにさら されています。電源ケーブルの焼損(写真1)や、一見一般故障と判別しづらい 集積回路の破損(写真2)など、被害は多岐に及びます。 ※電気学会「電気学会技術報告第902号」(2002) 5
Page7

の お悩 解みをキラリと 自然がおりなす脅威「雷」に恐れることのない、安心・安全な社会を創造したい。 そんな願いを一歩進んだ免雷システムで実現します。OTOWAは雷対策をシス テムで考え、全ての案件に対して、最善の雷対策をご提案します。雷の侵入経路 や被害状況を徹底究明し、設計から施工、メンテナンスに至るまでのすべての過 程において、最適な対策を実現します。 6 決 雷
Page8

はあらゆるニーズにお応えします。 あらゆるラインアップを用意 雷対策専門メーカー、OTOWA。 雷と共生し、雷を極め、免雷の時代を築きます。 配電用避雷器をはじめ、オフィス用、工業用、鉄道車両用、 一般家庭用まで、様々なラインアップをご用意しております。 また、オーダーメイドにもご対応いたしますので、是非ご相談ください。 雷対策をコンサルティングします 雷対策は施設全体で考えます。 雷対策は建物の立地や電気配線など、様々な条件によって対策方法が異なります。 雷対策は危機管理の一環です。 雷のリスクと対策コストを比較し、最適な雷対策を立案することが重要です。 ● 雷のリスク・・落雷頻度や施設の重要性、想定される被害損失など ● 対策コスト・・SPDの設置費用など グループの対策提案 建築設備の雷対策や太陽光メンテナンスのNIPエンジニアリング、 接地のスペシャリストである地質環境テック、 電気系統の安全を構築する長谷川電機工業、 そして雷対策専門メーカーである音羽電機工業。 OTOWAグループ一体となり、お客様の設備をシステムで考え、お守りします。 世界最大級の雷試験設備 世界でトップクラスの雷試験設備をはじめ、様々な試験設備を用い、 自社で製品の評価試験、開発を行っております。 その実績は高く評価され、JIS・IEC規格に準拠した受託試験も承っております。 雷テクノロジセンター 高電圧試験設備 7
Page9

受託試験サービス 世界最大級の220kAを発生させる大電流試験設備 お客様の新技術・新製品における「品質向上・低コスト化」に貢献します。 お客様の試験対象をお持ち込みいただき、弊社各試験設備でJIS・IEC規格に基づく各種試験や雷被害の再現実験を行います。 予測困難な問題を発見、解決し、試験品質の向上、確かな試験結果を得られる試験サービスの提供を行っています。 ■対象試験(JIS・IEC規格に対応) ■受託試験の流れ ● 各種電気機器の雷サージ耐力試験 (インパルス電圧試験・電流試験) ● 各種電気機器の商用周波耐電圧試験 確試 守 試 見試 試 報認験 秘 験 積験 験 告 ● 高圧用避雷器・低圧用SPDの動作責務試験 ・検内 義 内 書計 の 書 高圧用避雷器・低圧用SPDによる保護協調試験 討容 務 容 作画 実 作● の 契 決 成及 施 成 ● 機械強度:振動試験・引張圧縮試験 約 定 び ● 各種環境試験:冷熱・塩霧・紫外線等 ■主要試験と設備 直撃雷インパルス電流試験 雷インパルス電圧試験 雷インパルス電流試験 雷の電流を模擬します。 雷の電圧を模擬します。 雷の電流を模擬します。 代表波形:10/350μs  波形:1.2/50μs 波形:4/10μsまたは8/20μs 最大発生電流:220kA 最大発生電圧:1500kV  最大発生電流:100kA 最大充電電圧:1600kV 開閉インパルス電圧試験 宅内サージ検証用模擬家屋 交流耐電圧試験 波形:250/2500μs 実際の家屋・設備・配線・電気機器を使用して 最大発生電圧:150kV 最大発生電圧:1000kV 雷による影響を検証します。 サージイミュニティ試験(コンビネーション波形) 環境試験・振動試験 雷対策製品の限界試験、各種電気機器 長年にわたり使用される製品の信頼性を確保す の雷サージ許容度の試験ができます。 るための各種の環境試験・振動試験ができます。 ・ インパルス電圧 1.2/50μs 55kV インパルス電流 8/20μs 27.5kA ・ 複合環境試験装置(ポリマー材料試験用) ・ インパルス電圧 10/700μs 55kV IEC TR 62730 インパルス電流 5/320μs 1375A ・ 動電式振動試験装置 ・ インパルス電圧 1.2/50μs 40kV 加振力: 正弦波16kN 振動数: 5~3000Hz 最大変位: 51mmp-p インパルス電流 8/20μs 20kA ・ 恒温恒湿槽 ( JIS C 61000-4-5) 温度: -40~200℃ 湿度: 0~98% IEC 61000-4-5 複合環境試験装置 複合環境試験の様子 動電式振動試験装置 コンビネーション 雷テクノロジセンター 波形発生器 兵庫県尼崎市潮江5-6-20  お問い合わせは最寄りの 営業所へお問い合わせください。 8
Page10

落雷調査報告書 発行サービス 特 長 1. 過去の落雷情報を報告 気象庁の雷監視システムLIDEN(ライデン)によ り観測された落雷データに基づいて、ご指定の場 所・期間内の落雷調査を行い、報告書をお届けし ます。 2. HPから簡単申し込み 落雷調査報告書は申し込みやお支払いも全てHP内 で完結します。落雷調査報告書は決済確定後(銀 行振込の場合は入金確認後)、3営業日以内にメー ルで配信いたします。 用 途 1. 落雷証明書として活用 落雷調査報告書は落雷証明書として、保険会社の 保険請求に適用できます。 ●お申し込みはこちらから https://www.otowadenki.co.jp/certificate/ 2. 雷被害の検証として活用 落雷調査報告書によって被害のあった時間と場所 の落雷状況を割り出し、設備などの故障が落雷によ るものであるかどうかを特定することが可能です。 重要な設備の保全をサポートします。 調査内容 ご指定の場所を中心として、日時や調査範囲などのご指定条件 のもと、落雷位置を地図上に表示します。 中心位置から落雷位置の距離が近い順に、最大100件の落雷 データの詳細(落雷日・時・分・秒、落雷位置、指定場所から の距離)を一覧でご報告いたします。 サンプル サンプル ご指定いただく内容 日時注1) 年月日、調査開始時刻を指定 期間 1時間、2時間、6時間、12時間、24時間から選択 場所 住所や主要な施設名、地名、郵便番号などを指定(地図の中心になります) 範囲 指定場所を中心に半径5㎞、10㎞、20㎞から選択 注1) 調査対象期間は2017年6月以降となります。 落雷調査報告書 落雷頻度調査報告書 発行サービス ご指定の場所周辺での1か月単位の落雷分布がわかります。地図を1マス約5㎞ 四方に区切り、その範囲内での落雷頻度を数字と色で視覚的にわかりやすく 表示します。 落雷頻度調査報告書(落雷メッシュ)のお申し込みは別途お問い合わせくだ さい。 サンプル ご指定いただく内容 期間注2) 調査開始年月及び調査終了年月を指定 場所 住所や主要な施設名、地名、郵便番号などを指定 範囲 25㎞、50㎞、100㎞四方から選択 注2) 調査対象期間は2017年6月以降となります。 落雷メッシュ 9
Page11

雷対策基礎知識 雷サージとは 雷サージとは雷によって発生し、電源線、通信線、電気・電子機器に直接又は間接的に加わる短時間で一時的に発生する異常 な過電圧及び/又は過電流のことをいいます。 雷の電流は非常に大きいため、雷放電路を流れる電流により、配電線や通信線近傍の電磁界が急変し、電線や金属部分に抵抗 性結合及び誘導結合(電磁的、静電的)による過電圧が発生します。 発生した雷サージが電源線や通信線を通って電気機器に侵入し、被害が生じます。その雷サージの影響範囲は落雷地点から数 km先にまで及び、すぐ近くの落雷ではなくても被害を受ける可能性があります。 雷サージの種類 ①直撃雷 建築物の避雷針やアンテナ、送配電線、通信線などに直接の雷撃が発生する現象。 電源線 通信線 ②誘導雷 直接の雷撃ではなく、近傍の樹木や建物に落雷によって、雷放電路に流れる電流による電磁的結合により、導体(送配電線、 通信線など)に雷サージ(過電圧、過電流)が発生する現象。 大きい電流・ 落雷 電圧が発生 電源線・通信線を通って侵入 空間電磁界の変化 ③逆流雷 構造物等への落雷による接地電位上昇によって、引き込まれている導体(送配電線、通信線など)に落雷電流の一部が流出 する現象。 他の 構造物の 接地電位 電源線 が上昇 接地から雷サージが侵入 10
Page12

雷対策基礎知識 雷の侵入経路 ③アンテナから 建築物はさまざまな配線と繋がっています。接地間の等電 位化を図っても、電源線や通信及び信号線などから雷サー ジが侵入します。SPDを用いて等電位化を図ります。 それぞれの侵入経路に対して最適なSPDを取り付けること ①電源線から ②通信及び信号線から で機器を守ることができます。 ④接地線から SPDの仕組み SPDは、雷サージなどの過渡的な過電圧を制限しサージ電流を分流させる目的で、1個以上の非線形素子※を内蔵しています。 その非線形素子の効果により、SPDは機器に加わる電圧を制限し、雷サージから機器を保護することができます。 SPDは通常の使用状態の電源電圧に対しては高抵抗であり、電気を通さない絶縁物と同等です。しかし、雷サージなどの過電 圧に対しては、SPDは瞬時に高抵抗から低抵抗となり、サージ電流を接地側に流すと共に雷サージの電圧を抑制します。SPD は雷サージを処理した後、すぐに高抵抗に戻るため、電源電圧による電流(続流)が流れません。 SPD:低圧サージ防護デバイス(Surge Protective Device) 別名:避雷器、アレスタ、サージプロテクタなど ※非線形素子とは、MOV(金属酸化物バリスタ)、GDT(ガス入り放電管)、ABD(アバランシブレークダウンダイオード)、TSS(サージ防護サイリスタ)など。 SPDなし 電気機器に加わる電圧波形 電源線からの雷サージ 機器にかかる電圧 電源線 電気機器 電 圧 機器の耐電圧 接地からの 雷サージ 雷サージの過電圧により、 機器は絶縁破壊を起こします。 時間 SPDあり 電気機器に加わる電圧波形 機器にかかる電圧(SPDのないとき) 電源線からの SPDによって 雷サージ 抑制された電圧 SPDによって抑制された電圧 Up :電圧防護レベル(インパルス放電開始電圧) 電源線 電気機器 Ures:残留電圧(制限電圧波高値) SPD 電 圧 機器の耐電圧 通常時:SPDは絶縁物と同等 Up 雷サージ侵入時:SPDはほぼ導体として働く Ures 時間 等電位化(等電位ボンディング)とは 建築物等の雷保護 全ての金属導体を共通に接続し、各部の電位差を低減 建築物等の雷保護は①受雷部システム②引下げ導線 することで火花放電や感電を防止する手段をIEC・JIS システム③接地極システムで構成します。まず、避雷針 では、等電位ボンディングと呼びます。その具体的な方 などの受雷部システムで雷撃を受け止め、引下げ導線 法として、建物鉄骨や配管などの金属体と電気設備の システムで受雷部から大地(アース)へ雷電流を流し、 接地を連接します。 接地極システムで安全に大地に雷電流を放流させます。 電源線や通信線自体を金属導体に直接接続することは 受雷部システムについては保護角による方法と回転球 できないため、SPDを用いて電気室や分電盤、MDF室 体法の2種類があります。 等において等電位ボンディングを行います。 保護角25°~55° 受雷部 受雷部 放電距離 SPDを用いた等電位ボンディングの例 保護角による方法 回転球体法 11
Page13

J I Sに基づく免雷設計 雷保護ゾーン(LPZ)の設定 雷電磁インパルス(LEMP:Lightning Electromagnetic Pulse)によって生じる電磁界により建築物内部の設備や電気電子機 器に障害が発生しないように、雷による影響度合いの異なる領域(LPZ:Lightning Protection Zone)を設定します。雷保護ゾー ンを定めることで、誘導雷対策、直撃雷対策が明確化され、SPDの選定が可能になります。雷保護ゾーンの境界ごとにSPDなどの 保護対策を施すことで、雷サージによる影響を低減します。 実際の建築物における電気系統の配線は、LPZ1は電気室、LPZ2は各分電盤などと分類し、各々にSPDを設置して雷サージを保 護可能なレベルまで段階的に低減します。 : クラスⅠ用SPD LPZ0A : クラスⅡ・Ⅲ用SPD LPZ0B LPZ1 各フロア 機器内部 電気室 LPZ2 受電盤 分電盤 LPZ3 電源線 機器 雷保護ゾーン(LPZ)の概要 雷保護ゾ雷ー保ン護ゾーン 概 要概 要 SPDクラス SPDクラス及びカテゴリ 及びカテゴリ LPZ0ALPZ0直A撃雷、全 直 さら雷 撃 さ電 雷流、全れるゾ、全 雷雷電電流、全雷ーン。磁界によ 電っ磁て界危に険よにっさてら危さ険れるにゾーン。 屋外設備にもSPD 屋外設備にもSPD 外部 外部 による保護をお薦 による保護をお薦 LPZ0 LPZ0直撃雷に直対し撃雷に対しては保護されているが、部分雷電流、 めします。 めします。B B 全雷て電は磁保界護にさよれっててい危る険がに、部さら分さ雷れ電るゾ流ー、全ン雷。電磁界によって危険にさらされるゾーン。 LPZ1 LPZ直1撃雷に直対し撃て雷はに保対護しさてれはて保い護るさがれ、て制い限るさがれ、た制雷限電さ流れた又は誘導電流、 クラスⅠ、 クラスⅠ、減衰した雷電磁流界又にはさ誘らさ導れ電る流ゾ、ー減ン衰。した雷電磁界にさらされるゾーン。 カテゴリD1 カテゴリD1 内部 内部 LPZ2 LPZ直2撃雷に直対し撃て雷はに保対護しさてれはて保い護るさがれて、誘い導るが電、流誘、導LP電Z流1よ、りLPもZさ1らよにり減も衰した雷ク電ラス磁Ⅱ界、にさらされる クラスⅡ、ゾーン。さらに減衰した雷電磁界にさらされるゾーン。 カテゴリC2 カテゴリC2 ワンポイント 電源線や通信線では アドバイス SPDを用いた等電位化が基本 通信及び 等電位化とは 電源線 信号線 電気 全ての金属導体を共通に接続し、各部の電位差を低減するこ 機器 とで火花放電や感電、機器の絶縁破壊を防止する手段をIEC・ JISでは、雷等電位ボンディングと呼びます。その具体的な方 法として、建物鉄骨や配管などの金属体と電気設備の接地を 連接します。 SPD 電源線や通信線自体を接地極や金属導体に直接接続するこ (避雷器) とはできないため、SPDを用いて接続します。電気室や分電 盤、MDF室などにおいて雷等電位ボンディングを行います。 12
Page14

J I Sに基づく免雷設計 機器のインパルス耐電圧と過電圧カテゴリ JIS C 60364-4-44では、電源系統におけるインパルス耐電圧を下表のように定めています。 過電圧カテゴリはⅠ~Ⅳのカテゴリに分類され、各設置場所に設置される機器は下表に定める必要なインパルス耐電圧より小 さくならないように選定する必要があります。 図に示すように各フロアの分電盤は耐インパルスカテゴリⅢ、電気機器の入力部はカテゴリⅡに該当するため、カテゴリⅢの分 電盤に取り付けるSPDの電圧防護レベルは、カテゴリⅡのインパルス耐電圧以下とする必要があり、電灯系で1500V以下、 動力系で2500V以下とする必要があります。 必要なインパルス耐電圧 設備の公称電圧 設備の源点の機器 幹線及び分岐回路の機器 電気器具及び電気使用機器 特別に保護される機器 過電圧カテゴリⅣ 過電圧カテゴリⅢ 過電圧カテゴリⅡ 過電圧カテゴリⅠ 電灯系 単三120-240V 4000V 2500V 1500V 800V 動力系 三相230/400V 6000V 4000V 2500V 1500V 過電圧カテゴリⅢ 引掛けシーリング 電力量計 分電盤 過電圧カテゴリⅡ 照明器具 スイッチ コンセント 過電圧カテゴリⅡ 過電圧カテゴリⅠ (電子機器内部) 過電圧カテゴリⅣ 過電圧カテゴリⅢ 直撃雷と誘導雷の電流波形の違い SPD・避雷器の心臓部 酸化亜鉛素子 JISにおいては直撃雷の電流波形を10/350μs OTOWAの電源用SPD・避雷器の心臓部にあ (代表波形)、誘導雷の電流波形を8/20μsと規 たる酸化亜鉛(ZnO)素子は厳重な品質管理の 定しています。直撃雷波形の方が継続時間が長 もと、製造されています。 いため、誘導雷波形とのエネルギー(電荷量)の ZnO素子は優れた非直線抵抗特性をもち、 違いは、電流ピーク値を同じ値とした場合、約 ZnO素子に雷サージのような大きな電流が流 25倍以上のエネルギーとなります。 れたとき、その端子電圧を低く抑え、電子機器 や電気設備を保護します。 通常の抵抗体 電 流 値 直撃雷のエネルギーは ZnO素子 誘導雷の約25倍 ZnO素子 log Ⅰ(電流) 時 間 OTOWAのSPD・避雷器にはZnO素子が内蔵されています 13 log Ⅴ(電圧)
Page15

J I Sに基づく免雷設計 雷保護ゾーン/過電圧カテゴリ別によるSPDの設置 キュービクル 分電盤 機器 高圧用 電源線 避雷器 ※ クラスⅠ SPD クラスⅡ・Ⅲ SPD カテゴリⅣ 耐 カテゴリⅢ 電 カテゴリⅡ 圧 カテゴリⅠ 雷保護ゾーン LPZ1 LPZ2 LPZ3 LPZ4 過電圧カテゴリ カテゴリⅣ カテゴリⅢ カテゴリⅡ カテゴリⅠ SPDのクラス クラスⅠ クラスⅡ クラスⅡ・Ⅲ クラスⅢ 対象機器 引入口周辺 幹線および分岐回路 機器 特殊機器(キュービクルなど) (分電盤) (コンセント) (機器内部) SPDの設置例 ※配線が長い場合や階が異なる場合に設置 電気機器の雷対策は、雷サージを電気機器に侵入させないことが重要です。 対策方法として、絶縁化・磁気遮へいが行われることがありますが、SPD(避雷器)による等電位化が広く一般的に実施されて います。 雷保護ゾーン又は過電圧カテゴリの境界ごとにSPDを設置します。 雷保護ゾーン別で見た場合、LPZ1は直撃雷の分流の一部が流入する可能 過電圧カテゴリ別で見た場合、各フロアの分電盤は 性があります。そのため、LPZ0とLPZ1の境界にはクラスⅠ又はカテゴリD1 過電圧カテゴリⅢ、電気機器の入力部はカテゴリⅡ の直撃雷用SPDを設置します。LPZ2~LPZ4における雷サージの影響は に該当するため、カテゴリⅢに取り付けるSPDの電 LPZ1にくらべ減衰するため、LPZ1とLPZ2の境界又はLPZ2とLPZ3の境界は 圧防護レベルはカテゴリⅡの耐電圧以下にする必 クラスⅡ・Ⅲ又はカテゴリC2の誘導雷用SPDを設置します。 要があります。 SPDの試験規格と設置場所の概要 使用用途 JIS試験規格 設置箇所、設置目的等 JIS C 5381シリーズにおいてSPDの試験 直撃雷用 クラスⅠ 電力引込口等に設置し、建物外へ 方法や取り扱いが詳しく規定されていま 電流波形:10/350µs 流出又は建物外から流入する直撃雷電流に対応 す。 電源用 クラスⅡ 建物内部の分電盤等に設置し、建物内部に 実際の設計に当たっては、電源系では「回 電流波形:8/20µs 侵入又は発生する誘導雷電流に対応 誘導雷用 クラスⅢ 路電圧」「系統の種類」「DC・AC」、通信建物内の機器近傍に設置し、建物内部に 電圧波形:1.2/50µs 侵入又は発生する誘導雷電流から機器を保護 及び信号回線では「使用電圧」「周波数」電流波形:8/20µs カテゴリ D1 信号線の引込口等に設置し、建物外へ 「配線数」などを確認した上で最適なSPD直撃雷用 電流波形:10/350µs 通信用 流出又は建物外から流入する直撃雷電流に対応 を選定する必要があります。 信号用 カテゴリ C2 建物内の機器近傍に設置し、建物内部に 誘導雷用 電圧波形:1.2/50µs 電流波形:8/20µs 侵入又は発生する誘導雷電流から機器を保護 14
Page16

J I Sに基づく免雷設計 JIS C 5381-11 の追加要求性能について 電源用SPDの試験規格であるJIS C 5381-1は廃止され、JIS C 5381-11が制定されました。 制定に伴い、SPD故障時の安全性能試験として、短絡電流耐量試験が追加されました。 主な追加試験 試  験 主な内容 熱安定性試験 SPDの劣化により漏れ電流が増加し、異常発熱した場合、発煙、発火の有無を確認する試験。 短時間過電圧(TOV)試験 電力系統の事故により発生する一時的過電圧によりSPDがどのような破壊モードになるかを確認する試験。 短絡電流耐量試験 SPDが故障し、短絡モードに至った場合、安全かつ速やかに電源線から切り離すことを確認する試験。SPD分離器と組み合わせて実施する。 短絡電流耐量試験とSPD分離器 従来よりOTOWAの電源用SPDは、SPD内部に切り離し装置を内蔵することで、SPD短絡故障時には、安全に切り離す製品 を業界に先駆けて提案してきました。 JIS C 5381-11では短絡電流耐量試験が追加され、小さな短絡電流から大きな短絡電流までを遮断することが要求されまし た。これにより、SPDと組み合わせて短絡電流を遮断するためにSPD分離器が必要となりました。 被保護 被保護 機器 機器 外部分離器 1 2 3 SPD 1 2 3 E SPD E 接地 接地 SPD内部分離器タイプ SPD外部分離器タイプ 電源用SPD配線例(単相3線式、三相3線式の例) SPD分離器の目的と選定 SPD分離器の目的はSPDの短絡故障時に短絡電流を安全に遮断することです。これにより万が一、短絡故障を起こしても、 安全に回路から切り離すことができます。 なお、SPD点検時には、SPDを回路から開放し無電圧での作業が必要です。SPDに点検用断路機能がある場合、主幹の配 線用遮断器を切らずに負荷機器に通電したままでSPDの点検が可能となります。   電源用SPDのSPD分離器は、SPDの種類に応じて適切な選定が必要です(基本的にはメーカーの指定する分離器を選定しま す)。OTOWAでは、クラスⅠまたはクラスⅡSPDに対応した外部分離器や、内部分離器と点検用断路機能をもつSPDなど、各 種ご用意しております。 電源線 被保護機器 電源線 被保護機器 接地 接地 SPD内部分離器タイプ SPD外部分離器タイプ ※SPD分離器として配線用遮断器などの顧客指定がある場合は、別途お問い合わせください。 15
Page17

雷対策例 ビルの屋上及び最下階、電力引込部、電話回線引込部は直撃雷サージの影響を受けるため(LPZ1)、直撃雷サージに対応したSPD(クラスⅠ、カテゴリD1)を設置します。中層階は誘導雷 サージの影響を受けるため(LPZ2)、誘導雷サージに対応したSPD(クラスⅡ、カテゴリC2)を [ビル] 設置します。特に中央監視盤や防災盤などの重要設備については、設備個別に対策を実施します。また、ビルには複数の接地極があり、この接地極間に電位差が発生し雷サージが侵入するた め、各接地間にクラスⅠ対応SPDを接続し、電位差を抑制します。 PBX・電話交換器 コンセント LAN 接地 不要 分電盤 監視システム 集中接地端子盤 自火報用 RS485回線用 ITVカメラ用 サーバールーム キュービクル式高圧受電設備 高圧用 二次側用 16
Page18

サーバールームなどの最重要設備では耐雷トランスで絶縁化 ワンポイント 耐雷トランスはSPDよりも保護効果が高いため、サーバールームなどの最重要設備に最適です。ラック収納形 アドバイス やフリーアクセスフロア形など多様な種類があります。 ITV・監視カメラ 屋内 屋外 監視カメラ コントロール盤 雷プロテクタLAN用 LAN (PoE) 監視カメラA分電盤 (PoE駆動) 電源 ハイビジョン 同軸(電源重畳方式) 監視カメラB (電源重畳方式) AHDまたはHD-SDI等 受像機側 カメラ側 分電盤用SPD ITVカメラ用SPD 同軸 ITVカメラ用SPD ハイビジョン 制御電源 監視カメラC (非PoE) 電源制御 制御電源 ユニット 回路用SPD D種接地 同軸(POE) LAN(POE) 電源 制御電源 設置例 受像機側 カメラ側 CS-BNCJJ75-T230HD CS-BNCJJ75-T230FG OLA-1000POE LT-332シリーズ SG-ZJシリーズ ハイビジョン ハイビジョン 雷プロテクタLAN用 分電盤用SPD 制御電源回路用 ITVカメラ用SPD(POE) ITVカメラ用SPD(POE) PoE対応 SPD LANシステム 屋内 屋外 屋内 ラック収納形耐雷トランス サーバー A棟 B棟 HUB 電源 LAN 絶縁形 雷プロテクタ MDF TA/ルーター A棟分岐盤 B棟分岐盤 電話引込み LAN 電話回線用 分電盤用 SPD SPD D種接地 LAN(非接地) 電話回線 電源 設置例 OLA-PT1000 SPU-T170J LT-332シリーズ RTシリーズ 絶縁形 電話回線用 分電盤用SPD ラック収納形雷プロテクタ SPD 耐雷トランス 入退出管理システム 中央監視 HUB カード コントロールパネル リーダ LAN 電気錠 絶縁形 雷プロテクタ 分電盤 電源 別棟 カード リーダ カードリーダ信号線 電気錠 大電流信号回線用SPD 分電盤用 SPD 電気錠制御電源 制御電源回路用SPD D種接地 D種接地 電気錠制御 カードリーダ信号線 LAN(非接地) 電源 設置例 SG-ZJシリーズ SG-GVJシリーズ SL-KH24J SR-GVJシリーズ OLA-PT1000 LT-332シリーズ 制御電源 回路用SPD 信号回線用SPD 大電流 信号回線用SPD RS485回線用SPD 絶縁形 雷プロテクタ 分電盤用SPD 17
Page19

雷対策例 工場にはさまざまな配線が張り巡らされています。生産設備を監視するために工場と本社をRS485などのシリアル通信を用いて遠隔監視を行ったり、工場の敷地内でも、ポンプ制御や通 信、ITVカメラなどの配線が工場と別棟の間を繋がっていたりします。屋外の配線によって接地 [工場] 間電位差が発生し、雷サージの影響が増加します。そのため、それぞれの配線の引き込み口にSPDを設置し、電位差を抑制します。 空調設備 通信用 動力用 受雷部(避雷針) キュービクル式高圧受電設備 高圧用 二次側用 ポンプ制御盤 分電盤用 制御電源用 生産設備監視装置 RS485回線用 LAN用 産業用機器 18
Page20

SPDの配線は可能な限り最短距離で接続を ワンポイント SPDの接続リード線長の増加は雷対策の効果を低減させるため、SPDの全ての接続リード線をできるだけ短く アドバイス し、かつループ状にしないことがポイントです。(JIS C 5381-12では合計接続リード線長は0.5m以下が望まし い、としています。) 産業用ロボット 分電盤 制御コントローラ 産業用ロボット 電源 装置用SPD ノイズフィルタ 分電盤 中央監視 監視コントローラ PLC 電源 LAN 制御コントローラ 産業用ロボット 絶縁形 雷プロテクタ 雷プロテクタ LAN用 装置用SPD ノイズフィルタ 分電盤用 SPD D種接地 D種接地 産業用ロボット制御電源 電源 LAN(POE) 設置例 LT-Cシリーズ NFシリーズ LT-332シリーズ OLA-1000POE OLA-PT1000 装置用SPD ノイズフィルタ 分電盤用SPD 雷プロテクタLAN用 絶縁形PoE対応 雷プロテクタ 自動火災報知設備(R型) 中継器 アレスタ10 多回線用SPD 分電盤 電源 感知器 発信器 分電盤用 火災報知器受信機 SPD 感知器 発信器 D種接地 地区音響装置 防災信号 電源 設置例 SL-KH24J SUシリーズ SR-GVJシリーズ LT-332シリーズ 大電流 アレスタ10 RS485 信号回線用SPD 多回線用SPD 回線用SPD 分電盤用SPD TV受信機 雷サージプロテクタTVアンテナ用 アンテナ (ブースターまで配線距離がある場合) (地上デジタルテレビ放送~2602MHzまでのご使用です) 分電盤 TV 電源 分配器・ブースター 4K・8K対応TV同軸ケーブル用SPD (~3224MHz) 分電盤用 SPD D種接地 TV同軸 TV直近 電源 設置例 CS-FJJ75-T230HD CS-FPJ75-T230 TGS2T(W) LT-332シリーズ 4K・8K対応 地上デジタルテレビ対応 雷サージプロテクタ 分電盤用SPD TV同軸用SPD TV同軸用SPD TVアンテナ用 19