1/6ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.1Mb)

ウルボン場所打ち杭用1275 スパイラルせん断補強筋

製品カタログ

国土交通省大臣認定 一般評定取得 杭断面の縮小によりコスト低減、工期短縮が可能!高強度せん断補強筋では唯一 一般評定取得

特長

1. 杭断面の縮小によりコストの低減、工期短縮が可能となります。
2. 高強度せん断補強筋を用いるので、変形能力が大きく向上出来ます。
3. 普通鉄筋を用いた場合より、鉄筋径を小さく出来るので鉄筋量が減少します。又、コンクリートの充填性が向上します。
4. 現場溶接が不要となる為、一定の品質を確保出来ます。
5. 杭強度が増し、性能が向上します。
6. 杭頭半剛接工法と組合せることで、より効果が発揮できます。
7. 杭用の高強度せん断補強筋としてはウルボン1275のみが一般評定を取得しております。

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

このカタログについて

ドキュメント名 ウルボン場所打ち杭用1275 スパイラルせん断補強筋
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1.1Mb
取り扱い企業 高周波熱錬株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

ツバ出し加工『IH+軸肥大』
製品カタログ

高周波熱錬株式会社

鋼材『仕上げレスプレハードン材』
製品カタログ

高周波熱錬株式会社

複合強度鋼材『部分高強度鋼材』
製品カタログ

高周波熱錬株式会社

このカタログの内容

Page1

場所打ち杭用 ウルボンスパイラルせん断補強筋 MSRB-0024、BCJ評定-FD0157-05 ビルを支える 基礎工事 杭基礎 杭基礎 杭基礎 aφ bφ aφ> bφ 沖積層 (軟弱な地盤) 洪積層 (硬い地盤・支持層) 主筋 ウルボン 岩盤 スパイラル フレア溶接 本 工 法 の 特 長 ●杭断面の縮小によりコストの低減、  工期短縮が可能です。 ●高強度せん断補強筋を用いるので、  変形能力が大きく向上します。 ●普通鉄筋を用いた場合より、  せん断補強筋の鉄筋径を小さくできるので  鉄筋量が減少します。  また、コンクリートの充填性が向上します。 ●現場溶接が不要であるため、  雨天時にも作業が可能であり、  一定の品質を確保できます。 ●杭強度が増し、 通常のフレア溶接タイプの ウルボンスパイラル  性能が向上します。 せん断補強筋 せん断補強筋 ●汎用設計ソフト(ユニオンシステム・BFI、  構造ソフト・BUILD.杭保有)にて、簡単  に設計ができます。
Page2

本工法の特長 1. 杭断面の縮小によりコストの低減、工期短縮が可能となります。 2. 高強度せん断補強筋を用いるので、変形能力が大きく向上出来ます。 3. 普通鉄筋を用いた場合より、鉄筋径を小さく出来るので鉄筋量が減少します。又、コンクリートの充填性が向上します。 4. 現場溶接が不要となる為、一定の品質を確保出来ます。 5. 杭強度が増し、性能が向上します。 6. 杭頭半剛接工法と組合せることで、より効果が発揮できます。 ウ ル ボ ン の 諸 元 せん断補強筋 せん断補強筋は、JISG3137(細径異形PC鋼棒)中のD種1号の規格に基づいて製造されたウルボンを使用します。        ただし、JISG3137と同等の性能を有する呼び名U15およびU17の鉄筋も含みます。 ウルボンの諸元 公称直径 公 称 単 位 加工寸法 ウルボンの形状 記 号 呼び名 d 断面積 質 量 (mm) (cm2) (kg/m) (mm) U9.0 9.0 0.636 0.50 U10.7 10.7 0.899 0.71 〜 SBPD 1275/1420 U12.6 12.6 1.247 0.98 ウルボンの機械的性質 φ2800 2 2 U15※ 14.7 1.697 1.33 降伏点(N/mm) 引張強さ(N/mm) 伸び(%) U17※ 16.5 2.138 1.68 1,275以上 1,420以上 7以上 ※U15、U17は場所打ち杭専用の鉄筋径です。 135° 90°
Page3

配筋手順例 1.工場にてウルボンを  スパイラル状に加工後、現場に搬入 2.仮組みしてある主筋へ挿入 ※風雨にさらされないように  保管して下さい。 3.必要数のスパイラルフープを仮配置 4.フック先端に鉤状の冶具を取り付ける ※配筋時にフックが主筋に  掛からないように工夫 5.締め込みながら  所定の間隔に配筋 6.結束線にて主筋に緊結  (溶接できません) 7.端部フックを主筋に掛ける 135° 90° 8.配筋終了 ※主筋に掛からない場合  D16以上長さ1m以上のフック定着用鉄筋を  主筋と平行に配置してフックを掛けます。
Page4

ウルボン円形スパイラルの末端処理および継手 1. 末端添え巻 ̶̶ 円形スパイラルの端末処理 ̶̶ A. フックが主筋に掛かる場合   → 1巻以上の添え巻をします。 1巻き以上 2. 継手 円形スパイラルを部材途中で継ぐ場合、 重ね継手は100d以上とします。 (フックが主筋に掛からない場合D16以上長さ1m以上のフック定着用 1/2a 鉄筋を主筋と平行に配置してフックを掛けます) a a " " " " " " " " " " " " " " " " " 1/2a 以上 0d 10 1巻き以上 主筋 B. フックが主筋に掛からない場合   → 1. D16以上長さ1m以上のフック定着用鉄筋を     主筋と平行に配置してフックを掛けます。   → 2. 1.5巻の添え巻をします。 135° 8d以上 フック定着用鉄筋 1/2 (D16以上 1m以上) 90° 以上 2d1 1/2 加工寸法:φ2600mm迄 巻 き 数:1束30巻き程度 (通常50~300kg程度、最大1ton程度) フ ッ ク:90°・135°の2タイプがあります。
Page5

構 造 規 定 F C の 範 囲 : 普通コンクリート Fc21~Fc45 鉄 筋 径 : U9.0・U10.7・U12.6 U15 ※・U17 ※ 最 小 せ ん 断 補 強 筋 比 : 0.1% せ ん 断 補 強 筋 間 隔 : 150mm以下 補 強 範 囲 : 杭頭から下方に杭径の5倍以上 せ ん 断 耐 力 算 定 下記規定にてせん断耐力を算定します。詳細は「場所打ちコンクリート杭のせん断補強筋としてウルボンを使用する工法・設計指針・同解説」をご覧下さい。 1 . 構 成 材 料 コンクリート : 設 計 基 準 強 度 許容せん断応力度 せん断補強筋 : ウルボンU9.0~U17 短 期 許 容 応 力 度 2 . 許容せん断耐力の算定 ① 長 期 : 短 期 : ② 3 . 終局せん断強度の算定 ③式または④式による ③ ④ ℓ 注 意 事 項 1. φ2600mmを超える加工寸法については、運送方法を含め、別途ご相談下さい。 2. 円形フック付単筋を使用する場合は、別途ご相談下さい。 3. 現場での加熱・切断及び加工は、ご遠慮下さい。 4. せん断補強筋は直接地上に置かないで下さい。また風雨にさらされず、泥、油などで汚れないようにして下さい。 5. 鉄筋の組立に際しては、せん断補強筋相互、およびせん断補強筋と主筋との溶接を行わないで下さい。 6. 納期は、ご発注後、2週間~3週間を標準としておりますが、詳細は別途ご相談下さい。   U15※・U17※は原材料手配の都合上、設計段階でご一報下さい。 ※U15、U17は場所打ち杭専用の鉄筋径です。
Page6

http://www.k-neturen.co.jp 製品事業部 本社・建材営業課 〒141-8639 東京都品川区東五反田 2丁目17番1号 オーバルコート大崎マークウエスト・・・ TEL.03(3443)5445 FAX.03(5488)7538 大 阪 営 業 所 〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋2丁目3番8号 MF南森町ビル2階・・・ TEL.06(6353)7110 FAX.06(6353)7124 赤 穂 工 場 〒678-1185 兵庫県赤穂市東有年字外下河原1586番地1・・・・・・・・・・・・・・ TEL.0791(49)3221 い わ き 工 場 〒970-1144 福島県いわき市好間工業団地 24番地の1・・・・・・・・・・・・・・・・・ TEL.0246(36)7770 No.61209 2019100800S