1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(648.3Kb)

muraR 非接触硬さムラスキャナ

製品カタログ

世界初!非接触・非破壊で鋼材表面の『硬さのムラ』を検出するスキャナです。

・鋼材表面の『硬さのムラ』を、高速で検出します。
・熱処理効果や切削・研削焼けの有無を非破壊で判定できます。
・小型・軽量であり、インライン検査やロボットによる全数検査にも対応可能です。
・マッピングや合否判定など、お客様のニーズに応じてソフトウェアをカスタマイズします。
・特殊技能を必要とする目視検査から解放されます。

このカタログについて

ドキュメント名 muraR 非接触硬さムラスキャナ
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 648.3Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 パルステック工業株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

ポータブル型X線残留応力測定装置 μ-X360s
製品カタログ

パルステック工業株式会社

電子応用機器・装置 の パルステック工業 会社案内
製品カタログ

パルステック工業株式会社

μ-X360s 無料体感イベント開催のお知らせ
その他

パルステック工業株式会社

このカタログの内容

Page1

その硬さムラ見つけます! 硬さスキャンで新しい時代到来 世界初!「非接触 “硬さムラ”スキャナ」 『muraR』 (ムラール)のご紹介 鋼材表面の“硬さのムラ”を非接触・非破壊で検知 ◆世界初!“硬さのムラ”を見える化。カラーマップで一目瞭然! 熱処理の状態や研削焼けをオンタイムでスキャン ◆ロボットによる無人化やインライン検査も実現可能に! 量産部品を全数検査!高速で高品質を確保 ◆特殊技能による目視検査からの解放。より速く、より正確に! 研削焼け試験片を『muraR』と、残留応力・半価幅との比較 『muraR』で検知した研削焼けの部分は、圧縮残留応力の減少と半価幅の低下が顕著であった! ① 『muraR』によるスキャン結果 ②残留応力のマッピング表示 ③半価幅のマッピング表示 ※『muraR』のスキャン時間は5分 ※残留応力・半価幅の測定時間は20時間(使用機器:μ-X360s) 基本仕様 X線 Cr 30 kV/1.6 mA空冷 照射径 Φ1~6 mm(ユーザにて交換) 試料距離 装置下部より45 mm 入射方向 試料に対し垂直 出力 アナログ出力 0~10 V センサ本体 W108×D213×H171 mm 電源 W141×D279×H193 mm ※基本仕様は予告なく変更する場合があります。 ※カラーマップ表示はユーザ対応となります。
Page2

『muraR』の測定事例(研削焼け試験片60×60mm) 高速測定 マッピング表示 測定時間5分(照射径Φ3.4mm) 「研削焼け」の流れが見える! A HV600 未研削 B HV880 C HV850 ※自動ステージを使用したスキャン結果。 ※カラーマップ表示はユーザ対応となります。 面 工具 回転数(rpm) 送り速度(mm/min) クーラント・エアー A D100 CBN電着砥石 12000 100 なし B D8 エンドミル 3100 450 エアー C D25 弾性砥石 18000 5 なし 『muraR』の出力電圧と硬さ基準片との相関関係 『muraR』の出力電圧VS硬さ基準片 10.0 9.0 8.0 7.0 6.0 5.0 4.0 3.0 2.0 1.0 0.0 35.0 40.0 45.0 50.0 55.0 60.0 65.0 70.0 75.0 硬さ基準片(HRC)@山本科学工具研究社製 〒431-1304 静岡県浜松市北区細江町中川7000-35 TEL:(053)522-3611 FAX:(053)522-3666 E-mail:sales@pulstec.co.jp URL:https://www.pulstec.co.jp 2019.3 5000 『muraR』の出力電圧(V)