1/1ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(831.4Kb)

RFIDを活用した 部品箱量管理システム

事例紹介

【生産物流ソリューション事例をご紹介】部品箱の全社管理化で適正箱数を把握可能に! ※(株)デンソー様への導入事例

【導入事例】
株式会社デンソー 様

【課題】
デンソー様では、部品箱がどこに、どれだけ、どの箱種があるか分からず、
余裕を持たせた保有・欠品を回避する為の緊急手配をすることがありました。
仕入先様への部品箱適正供給、そして遊休箱活用による購入抑制のための量管理が課題となっていました。

< 部品箱量管理システムを導入 >*ソリューション内容はカタログにて詳細をご説明!

【効果】
全社管理化により、「どこに、どれだけ、どの箱種が」あるかが把握可能になり、
・遊休箱の他製造部への転用を可能に
・適正箱数が把握でき、保有数を最小限に


詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。
*既存システムとの連携もお気軽にご相談ください。

このカタログについて

ドキュメント名 RFIDを活用した 部品箱量管理システム
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 831.4Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社デンソーエスアイ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

ホワイトペーパー『トヨタ生産方式×IoTを使った現場改善』
ホワイトペーパー

株式会社デンソーエスアイ

RFIDを活用した 部品棚卸システム
事例紹介

株式会社デンソーエスアイ

RFIDを活用した 空箱自動仕分けシステム
事例紹介

株式会社デンソーエスアイ

このカタログの内容

Page1

【生産物流ソリューション事例】 物流-10 RFIDを活用した 部品箱量管理システム 見える化 Q C D 本社所在地:愛知県刈谷市昭和町1-1 株式会社デンソー様 設立 :1949年12月16日売上収益 :連結 5兆1,535億円(2019年度) 従業員数 :連結 170,932名/単独 45,280名 連結子会社:200社 (日本 64、北米 23、欧州32、アジア 74、その他 7) 課題 デンソー様では、部品箱がどこに、どれだけ、どの箱種があるか分からず、余裕を持たせた保有・ 欠品を回避する為の緊急手配をすることがありました。仕入先様への部品箱適正供給、 そして遊休箱活用による購入抑制のための量管理が課題となっていました。 ソリューション 部品標準箱*にRFタグを貼付し、全社管理を実施 [130万箱ほどにRFタグを貼付予定] ・入出庫実績をハンディターミナルで一括読取り、実績作成 (定置式ゲート導入検討中) ・読取り実績/在庫/滞留品等をWEB検索 *19年度に設定した全社標準の共有箱 【Before】 【After】 部品箱量管理システム [WEB] 全社管理 在庫確認 各種実績WEB検索(イメージ) ・箱の所在不明 仕入先滞留品確認 CSV出力 ・適正箱数不明 ・過剰保有 生産管理部 部品指示と比較し 受入/空箱供給時 過不足を算出 RFタグ読取 ⇒製造部へ展開 各種実績 WEB検索 倉庫 仕入先A ○○製造部 仕入先A 箱が不足して しまった!急いで 貸出/返却時 手配しないと‼ ○○製造部 RFタグ読取 仕入先B 余剰箱を 仕入先B まとめて保管 △△製造部 ・ 仕入先C ・ 余裕を持って △△製造部 凡例 RFタグHT読取 ・・ 買い過ぎて ・ しまった… 仕入先C ・ RFタグ定置式読取・・ 空箱供給/返却 部品納入 狙い 全社管理化により、「どこに、どれだけ、どの箱種が」あるかが把握可能になり、 ・遊休箱の他製造部への転用を可能に ・適正箱数が把握でき、保有数を最小限に [本社] 〒446-0058 愛知県安城市三河安城南町1-11-9 TEL:0566-75-7500(代表) [東京営業所] 〒105-0011 東京都港区芝公園1-7-8 芝公園TCビルディング 3F TEL:03-6367-6440(代表) URL:http://www.denso-si.jp E-mail:si-info@denso-si.com (改)200601