1/1ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(639.4Kb)

セミアクティブタグを活用した 部品入出庫管理

事例紹介

生産物流ソリューション事例をご紹介】実績計上の自動化を実現し、作業者の負荷軽減に寄与! ※自動車メーカ様との実証実験事例

【実証実験事例】
自動車メーカ 様

【概要】
部品入出庫実績の自動把握を目指し、「セミアクティブタグ」を活用した部品入出庫管理の実証実験を実施致しました。

*実施内容はカタログにて詳細をご説明!

【成果】
・運用方法(タグ取付位置,アンテナ設置位置等)の現場合わせを行った結果、100%の読取率となる最適条件を抽出。
・実績計上の自動化を実現し、作業者の負荷軽減に寄与する技術である事を確認。

詳しくはお問い合わせ、またはPDFをダウンロードしてください。

このカタログについて

ドキュメント名 セミアクティブタグを活用した 部品入出庫管理
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 639.4Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 株式会社デンソーエスアイ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

ホワイトペーパー『トヨタ生産方式×IoTを使った現場改善』
ホワイトペーパー

株式会社デンソーエスアイ

デンソーエスアイ展示会2017 展示LineUP
その他

株式会社デンソーエスアイ

RFIDを活用した 部品棚卸システム
事例紹介

株式会社デンソーエスアイ

このカタログの内容

Page1

【生産物流 実証実験事例】 実証実験-3 セミアクティブタグを活用した部品入出庫管理 見える化 Q C D 自動車メーカ 様 概要 部品入出庫実績の自動把握を目指し、「セミアクティブタグ」を活用した部品入出庫管理の 実証実験を実施致しました。本ソリューションを活用する事により、リフトの乗降や作業者に よる読み取り動作が不要となります。 実施内容 ・金属製容器×金属製かんばんにセミアクティブタグを貼付した環境での読取精度評価。 ・フォークリフト搬送時の読取精度への影響因子(アンテナ位置、サイズ、高さ、フォークリフト 搬送速度等)の特定と最適な条件抽出を行いました。 【実証イメージ】 工場に設けたテストエリアにて、タグ取付位置、フォークリフト搬送速度等の条件を 変えながら実運用に耐えられるかの読取テストを実施。 リフト搬送速度 タグ発信電波 受信アンテナ (300MHz帯) (300MHz帯) 6km/10kmでテスト 磁界A 磁界B 磁界 (93.75KHz) 金属製かんばんの 背面にタグを貼付 入庫 (A→B) 【セミアクティブタグの特徴】 ・電池を内蔵している ・読取通信距離が長い ・検知エリアに入った時のみ内蔵電源を利用して トリガーコイル 出庫 磁界を通過する 電波を発信する為、読取たくないタグを読取る (B→A) 順番で「入庫」 危険性が無い。 「出庫」を判別 ・アクティブタグより消費電流が少ない ・約6年の長寿命 ※1日に1分間発信した場合 成果 ・運用方法(タグ取付位置,アンテナ設置位置等)の現場合わせを行った結果、100%の 読取率となる最適条件を抽出。 ・実績計上の自動化を実現し、作業者の負荷軽減に寄与する技術である事を確認。 [本社] 〒446-0058 愛知県安城市三河安城南町1-11-9 TEL:0566-75-7500(代表) [東京営業所] 〒105-0011 東京都港区芝公園1-7-8 芝公園TCビルディング 3F TEL:03-6367-6440(代表) URL:http://www.denso-si.jp E-mail:si-info@denso-si.com (改)200601