1/16ページ
カタログの表紙 カタログの表紙 カタログの表紙
カタログの表紙

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(13.1Mb)

ハイパワー恒温(恒湿)器 ARシリーズ スタンダードタイプ

製品カタログ

高負荷、高ストレス、大型化のニーズに対応した新しい恒温(恒湿)器のグローバルスタンダードモデル

ハイパワー恒温恒湿器は、試料からの発熱負荷への対応、優れた温度変化性能、
幅広い湿温度制御範囲を誇り、それぞれの性能や内容積からの最適機種をお選びいただけます。

このカタログについて

ドキュメント名 ハイパワー恒温(恒湿)器 ARシリーズ スタンダードタイプ
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 13.1Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 エスペック株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

この企業の関連カタログの表紙
試料静止型「冷却衝撃装置 TSAシリーズ」
製品カタログ

エスペック株式会社

この企業の関連カタログの表紙
小型環境試験機 SH・ SU
製品カタログ

エスペック株式会社

このカタログの内容

Page1

https://www.espec.co.jp/ 本  社  530-8550 大阪市北区天神橋 3-5-6 ●エスペック製品や技術に関するお問い合わせは カスタマーサポートデスク Tel:06-6358-4753 営業・アフターサービス拠点 仙  台 Tel :022-218-1891 Fax :022-218-1894 宇 都 宮 Tel :028-667-8734 Fax :028-667-8738 つ く ば Tel :029-854-7805 Fax :029-854-7785 高  崎 Tel :027-370-3541 Fax :027-370-3542 東  京 Tel :03-6402-3592 Fax :03-6402-3593 西 東 京 Tel :042-501-2571 Fax :042-501-2573 神 奈 川 Tel :044-740-8450 Fax :044-797-0073 厚  木 Tel :0463-94-9433 Fax :0463-94-6542 静  岡 Tel :054-654-6570 Fax :054-654-6571 名 古 屋 Tel :052-777-2551 Fax :052-777-2575 金  沢 Tel :076-268-1891 Fax :076-268-1893 ハイパワー恒温(恒湿)器 滋  賀 Tel :077-551-2275 Fax :077-551-2276 大  阪 Tel :072-834-1323 Fax :072-834-7755 兵  庫 Tel :078-950-1771 Fax :078-950-1772 ARシリーズ スタンダードタイプ 広  島 Tel :082-832-8065 Fax :082-832-8068 福  岡 Tel :092-471-0932 Fax :092-474-3500 受託試験に関するお問い合わせは 宇 都 宮 Tel :028-667-8735 Fax :028-667-8733 豊  田 Tel :0565-25-3364 Fax :0565-25-3365 刈  谷 Tel :0566-62-8380 Fax :0566-62-8385 神  戸 Tel :078-951-0961 Fax :078-951-0964 レンタルに関するお問い合わせは Tel :06-6358-4746 Fax :06-6358-4764 海外関連会社 ESPEC NORTH AMERICA, INC. Tel : 1-616-896-6100 Fax : 1-616-896-6150 ESPEC EUROPE GmbH Tel : 49-211-361850-0 ESPEC ENVIRONMENTAL CHAMBERS SALES AND ENGINEERING LTD. STI. Tel : 90-212-438-1841 Fax : 90-212-438-1871 ESPEC ENVIRONMENTAL EQUIPMENT (SHANGHAI) CO., LTD. Head Office Tel : 86-21-51036677 Fax : 86-21-63372237 BEIJING Branch Tel : 86-10-64627025 Fax : 86-10-64627036 GUANGZHOU Branch Tel : 86-20-83317826 Fax : 86-20-83317825 SHENZHEN Branch Tel : 86-755-83674422 Fax : 86-755-83674228 SUZHOU Branch Tel : 86-512-68028890 Fax : 86-512-68028860 TIANJIN Branch Tel : 86-22-26210366 Fax : 86-22-26282186 XI’AN Branch Tel : 86-29-88312908 Fax : 86-29-88455957 CHENGDU Branch Tel : 86-28-88457756 Fax : 86-28-88474456 ESPEC TEST TECHNOLOGY (SHANGHAI) CO., LTD. Tel : 86-21-68798008 Fax : 86-21-68798088 ESPEC ENGINEERING (THAILAND) CO., LTD. Tel : 66-3-810-9353 Fax : 66-3-810-9356 ESPEC ENGINEERING VIETNAM CO., LTD. Tel : 84-24-22208811 Fax : 84-24-22208822 ●製品の改良・改善のため、仕様および外観、その他を予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。 TT9B02C07( 記載内容は2020年8月現在のものです。) ●本カタログに記載されている会社名および商品名は各社の商標または登録商標です。 CAT.NO.14141-Z2007
Page2

高負荷、高ストレス・大型化のニーズに対応した ARシリーズ ラインアップ 新しい恒温(恒湿)器の 急速温度変化タイプ スタンダードタイプ グローバルスタンダードモデル ARSF/ARGF-0250-15 ARSF/ARGF ARSF/ARGF ハイパワー恒温恒湿器は、試料からの発熱負荷への対応、優れた温度変化性能、 -0400-15 -0800-15 15 ARS/ARG 幅広い温湿度制御範囲を誇り、それぞれの性能や内容積から最適機種をお選びいただけます。 -0680-15 NEW 温 度 下 降 ARSF/ARGF-0250-10 変 化 10 速 ARSF/ARGF ARSF/ARGF ARS/ARG 度 -0400-10 -0800-10 -1100-10 (℃/分) ARS/ARG-0680-5 ARS/ARG-1100-5 5 ARS/ARG-0220-J ARL/ARU-0680-J ARL/ARU-1100-J ARS/ARG-0390-J ARS/ARG-0680-J ARS/ARG-1100-J 250 500 750 1000 1250 内容積(L) ※温度性能は、JIS C/IEC 60068-3-5に基づく 地球温暖化に対するエスペックの取り組み 低GWP冷媒を使用した製品をご提供します。 (地球温暖化係数が従来より64%低い 64%削減 R-449Aを使用) R-404A GWP R-449A 3920 GWP 1397 [出典] R-404AのGWP:フロン排出抑制法ポータルサイト 平成30年度報告用。 R-449AのGWP:Chemours社HP ご注文の際は「R-449A対応製品」とご指定ください。 1
Page3

ARシリーズ ラインアップ 急速温度変化タイプ スタンダードタイプ ARSF/ARGF-0250-15 ARSF/ARGF ARSF/ARGF -0400-15 -0800-15 15 ARS/ARG -0680-15 温 度 下 降 ARSF/ARGF-0250-10 変 化 10 速 ARSF/ARGF ARSF/ARGF ARS/ARG 度 -0400-10 -0800-10 -1100-10 (℃/分) ARS/ARG-0680-5 ARS/ARG-1100-5 5 ARS/ARG-0220-J ARL/ARU-0680-J ARL/ARU-1100-J ARS/ARG-0390-J ARS/ARG-0680-J ARS/ARG-1100-J 250 500 750 1000 1250 内容積(L) ※温度性能は、JIS C/IEC 60068-3-5に基づく 地球温暖化に対するエスペックの取り組み 低GWP冷媒を使用した製品をご提供します。 (地球温暖化係数が従来より64%低い 64%削減 R-449Aを使用) R-404A GWP R-449A 3920 GWP 1397 [出典] R-404AのGWP:フロン排出抑制法ポータルサイト 平成30年度報告用。 R-449AのGWP:Chemours社HP ご注文の際は「R-449A対応製品」とご指定ください。 2
Page4

温度変化速度 温度変化速度 JIS C60068-3-5:2006、JTM K07:2007に準拠 JIS C60068-3-5:2006、JTM K07:2007に準拠 温度上昇速度= ⊿t 上昇時間 下降時間 T1 T1 T ⊿t ⊿t 2 温度上昇速度= 100% T 温度下降速度= 1 T2 温度下降速度= ⊿t 最高温度 T 90% 2 槽中心で雰囲気が1分あたりに変化する速度(10%~90%点の間)で表します。 特長 槽中心で雰囲気が ⊿t 1分あたりに変化する 上昇時間 下降時間 速度(10%~90%点の間)で 最低温度 10% T1 T2 表します。 0% 100% 最高温度 90% 試験目的に合わせて12器種から選べる高発熱負荷対応のスタンダードタイプ 温湿度制御可能範囲図 ⊿t (外囲温度が+23℃における無試料の場合) ARS 100 98 幅広い温湿度制御範囲 90 相 70 低温側−45℃/−107%最低温度 5℃、高温側+180℃、 対 湿 湿度10~98%rh0の%温湿度制御範囲を実 度 %rh 現。95℃/98%rhの高温高湿度域でも 30 安定した温湿度制御が行えます。また、加 10 0 速度試験としてもご利用いただけます。 10 30 60 90 100 15 温度℃ 65 95 ※全域フロストフリー制御により、連続運転の制限はありません。 有試料50kg※ARでSF3℃/分の 優れた温100度上昇・下降性能 98 90 より厳しさ80が求められる試験にお応えして、 試料負相対荷7500kg※での約3℃/分の温度サイ クル試湿験(60 度 50−75⇔+180℃)が可能です。 温湿度制御可能範囲図 ※AR%S-r1h14000-J 試料:アルミ(棚板12kg含む) (外囲温度が+20℃における無試料の場合) 30 ARS・ARL 当社 恒温恒湿器PR/PL/PSL(P.13参照) 試験時間20 100 98 10の短縮による省エネを実現 90 80 すぐれた温0 度変化性能を実現し、試験時 相 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100 70 対 60 間の短縮化が可能15です。 65 95 湿 温度℃ 度 50 %rh 40 30 ※全域フロストフリー制御により、連続運転の制限はありません。 20 10 より確かな試験を実現する 業界初 0 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100 試料温度制御機能 温度℃ 95 ※槽内温度を+40℃以下で運転する場合、冷却器(兼除湿器)に着霜があるため、 試料温度測定用センサー(1点)を試料に  連続運転に制限があります。 取り付け、試料の温度をモニタリングし、 制御します。 ARS・ARL 100 98 スタンダードタイプ ラインアップ 90 4500W80※高発熱負荷への対応 温度範囲 温度変AR化S(速5℃度/分) 上昇 下降 内容積 型式※ (温度相対試7験0 時) 湿 60 100 −49.5⇔154.5℃ 98 試料か度ら5の090 %rh 発熱負荷を最大4500W(温 6.0℃/分 4.9℃/分 220L ARS/ARG-0220-J 湿度試験4時080 :最大500W)まで許容。 −75〜 相5.0 ※680L、131000Lタイプ 槽内温度+20℃の場合 対 7℃0 /分 4.0℃/分 390L ARS/ARG-0390-J 180℃ 20 湿6.06℃0 /分 4.2℃/分 680L ARS/ARG-0680-J 度 ● 10 4.75℃0 /分 4.1℃/分 1100L ARS/ARG-1100-J 必ず試料電源制御端子(異常時を含む装 %rh 0 −4022.5⇔157.5℃ 置停止時は試1料0 へ2の0通電30停止40)を5ご0 使6用0 く70 80 90 100 30 ださい。 95 −45〜 6.3℃/分 4.8℃/分 680L ARL/ARU-0680-J 温度℃ ● 試料付近等の温度をモニターし、試料への +180℃ 4.72℃0 /分 4.4℃/分 1100L ARL/ARU-1100-J ※槽内温度を+40℃以下で運転する場合、冷却器(兼除湿器)に着霜があるため、 10 通電を停止する発熱負荷遮断ユニット(別 ※ARS/ARL: 温湿度制御  連続運転に制限があります。  ARG/ARU: 温度制0御 売)のご相談もお受けいたします。 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100 15 65 95 温度変化速度 温度℃ 温度変化速度 JIS C60※0全68域-フ3ロ-5ス:2ト0フ0リ6ー、制JT御Mに よKり0、7連:2続0運0転7のに制準限拠はありません。 JIS C60068-3-5:2006、JTM K07:2007に準拠 温度上昇速度= ⊿t 上昇時間 下降時間 T ⊿t ⊿t 1 T1 T2 温度上昇速度= T 温度下降速度= 100% 1 T2 温度下降速度= ⊿t 最高温度 T 90% 2 槽中心で雰囲気が1分あたりに変化する速度(10%~90%点の間)で表します。 槽中心で雰囲気が ⊿t 1分あたりに変化する 上昇時間 下降時間 速度(10%~90%点の間)で 最低温度 10% T1 T2 表します。 0% 100% 最高温度 90% 3 温湿度制御可能範囲図 ⊿t (外囲温度が+23℃における無試料の場合) ARS 100 98 90 10% 相 70 最低温度 対 0% 湿 度 %rh 30 10 0 10 30 60 90 100 15 温度℃ 65 95 ※全域フロストフリー制御により、連続運転の制限はありません。 ARSF 100 98 90 80 相 対 70 湿 60 度 50 温湿度制御可能範囲図 %rh 40 (外囲温度が+20℃における無試料の場合) 30 ARS・ARL 当社 恒温恒湿器PR/PL/PSL(P.13参照) 20 100 98 10 90 80 0 相 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100 70 対 60 15 65 95 湿 温度℃ 度 50 %rh 40 30 ※全域フロストフリー制御により、連続運転の制限はありません。 20 10 0 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100 温度℃ 95 ※槽内温度を+40℃以下で運転する場合、冷却器(兼除湿器)に着霜があるため、  連続運転に制限があります。 ARS・ARL 100 98 90 80 ARS(5℃/分) 相 対 70 湿 60 100 98 度 50 90 %rh 40 80 相 30 対 70 20 湿 60 度 10 50 %rh 0 40 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100 30 95 温度℃ 20 ※槽内温度を+40℃以下で運転する場合、冷却器(兼除湿器)に着霜があるため、 10  連続運転に制限があります。 0 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100 15 65 95 温度℃ ※全域フロストフリー制御により、連続運転の制限はありません。
Page5

特長 両サイドからアクセス可能 左右どちらからでも、槽内にアクセスしや すいφ100のケーブル孔を標準装備してい ます。 オプションでは、さらに大型のφ150mm への変更や、扉に挟みこむようにケーブル 配線できる扉ノッチもご用意しています。 φ150mm (オプション) 扉ノッチ用 ゴム栓 ARL-0680-J 内槽 扉ノッチ(オプション) 槽内を見渡しやすい大型観測窓 複層ガラスを採用し、結露を防ぐ観測窓 と、槽内を見やすくする室内灯を標準装備 しています。 観測窓有効視野  W340×H440mm 国際規格対応 安全規格の機械安全(ISO 12100)、 低 電 圧(IEC 60204-1)、EMC(IEC 61000-6-2、IEC 61000-6-4)に対応 観測窓 しています。 さらに、RoHS指令・圧力機器指令にも 適合しています。 ● 適合試験規格 ・ IEC60068-2-1: Cold ・ IEC60068-2-2: Dry heat NEW・ IEC60068-2-78: Damp heat, steady state ・ ISO16750-4 (5.3): Road vehicles (Temperature cycling) ※消耗品および定期交換部品は対象外です。 ※日本国内でご使用の場合に限ります。 4
Page6

コントローラー ※掲載画面は温湿度タイプです。 直感的な操作が可能 7インチワイドカラーLCD。直感的な画 面表示で優れた操作性を実現しています。 画面設定で、使用する言語を変更できま す。 表 示 日本語、英語、中国語(簡体・繁体)、 言 語 韓国語 ※ドイツ語、フランス語、ハンガリー語、ルーマニ ア語、チェコ語、ロシア語、ポーランド語は別途 対応可能です。 室内灯のON/OFF どの画面からでも、装置室内灯のON/ OFFが行えます。 40の試験パターンを登録 プログラム運転で40パターン、定値運転 で3パターンの試験を登録できます。 トレンドグラフ 運転中のプログラムをグラフ表示 E-mail通報 槽内の設定値・測定値をトレンドグラフで 表示します。 PC サンプリングデータの記録 PC Ethernet イントラネット (社内LAN) 温湿度の設定値・測定値を、内部メモリ携ー帯電話 や外部メモリーに記録できます。 スマートフォン メール サーバー ハイパワー恒温(恒湿)器 携帯電話 お知らせ機能 スマートフォン 加湿皿やフロン点検時期タなブどレ、ットコントローラー(定オ期プシ的ョにンイ) インフォメーション画面 ンフォメーションアイコンでお知らせします。 任意の期間、項目を設定することができ、 装置管理に役立ちます。 プログラムパターンのコピーとPC編集 フロン簡易点検・定期点検は、エスペックへ ご依頼ください。 コピー フロン点検動画 ハイパワー恒温(恒湿)器 ハイパワー恒温(恒湿)器 スタンダードタイプ 急速温度変化タイプ プログラムパターンをコピ小ー型環境試験器 編集 PCを使用せず、USBメモリ(ーWでi-装Fi置機能間搭の載) プログラムパターンをコピーすることができ ます。(USBメモリーは付属していません) 5 無線LANによる接続例 無線LANによる接続例 Wi-Fiルーター Wi-Fiルーター (オプション) (オプション) PC Ethernet Ethernet スマートフォン 小型環境試験器 スマートフォン タブレット端末 内蔵ワイヤレスダイレクトによる接続例 ハイパワー恒温(恒湿)器 ワイヤレスダイレクト (オプション) 小型環境試験器 スマートフォン
Page7

ネットワーク ※イントラネット環境が必要です。 対応ブラウザー:Internet Explorer 11 Webブラウザーで装置を遠隔操作(Ethernet接続) 装置に独自のWebアプリケーションを 搭載しており、Webブラウザー画面(パ ソコンやタブレット端末)で離れた場所 の装置の状態を確認、操作が行えます。 ■ パソコンやタブレット端末で操作 ・ モニター ・ 設定変更 装置モニター プログラムパターン編集 ・ 運転開始/終了 ・ プログラムパターン編集 ・ データ収録 Eメール通報 ・ Eメール通知 イントラネット ■ 万が一の装置の異常時に、Eメールで お知らせ PC ネットワーク機能搭載製品 オフィス 試験場 ハイパワー恒温(恒湿)器 ハイパワー恒温(恒湿)器 急速温度変化タイプ スタンダードタイプ 在宅オンラインサービス ご自宅に居ながら環境試験業務を遂行できるサービスをご提供し、 お客さまのテレワークを支援いたします。 試験場 集中管理(モニター・データ解析) A インターネット イントラネットに接続するだけで、ご自宅の PC Webブラウザーから環境試験器の稼働状況が PC モニターでき、遠隔操作も可能です。 在宅A イントラネット 集中管理システム 「エスペックオンラインコア」 説明動画 イントラネット 在宅B 監視サポート ネットワーク カメラ イントラネット 試験中の運転状況を1日3回メール送信、 他社メーカー 計測器 試験器 ご自宅で確認ができます。 試験場 B オフィス 「エスペックオンラインサポート」 説明動画 ネットワーク機能搭載製品 6 ESPEC OnlineCore Internet Test area A ネットワーク機能搭載製品 (Sold separately) Intranet Test Offices area B Network camera Measuring Test chambers of instrument other manufacturers
Page8

ARS・ARL −75/−45〜+180℃・10〜98%rh ハイパワー恒温恒湿器 型式 ARS-0220-J ARS-0390-J ARS-0680-J ARS-1100-J ARL-0680-J ARL-1100-J 電源電圧 AC200V 3φ 3W 50/60Hz(電源電圧変動は定格値の±10%) 最大電流 41A 63A 70A 53A 56A 調温調湿方式 平衡調温調湿方式(BTHCシステム) 運転可能条件 外囲温度:0〜+40℃ 外囲湿度:75%rhまで(30℃/ 75%rhの露点以下) 温度範囲 −75〜+180℃ −45〜+180℃ 温度変動 ±0.3℃ 温度勾配 3.0℃ 空間温度偏差 3.0℃ 温度変化速度 −49.5℃⇔+154.5℃での平均 −22.5℃⇔+157.5℃での平均 温 度 上昇 6.0℃/ 分 5.0℃/ 分 6.0℃/ 分 4.7℃/ 分 6.3℃/ 分 4.7℃/ 分 性 下降 4.9℃/ 分 4.0℃/ 分 4.2℃/ 分 4.1℃/ 分 4.8℃/ 分 4.4℃/ 分 能 ※ +20℃から+180℃まで 1 上昇 温度極値 35分以内 45分以内 30分以内 40分以内 30分以内 40分以内 到達時間 +20℃から−75℃まで +20℃から−45℃まで 下降 45分以内 50分以内 50分以内 50分以内 50分以内 50分以内 槽内温度:+20℃ 許容発熱負荷 3000W 4500W 温湿度範囲 +10〜+95℃/ 10〜98%rh 温 湿度変動 ±2.5%rh 湿 度 湿度勾配 10%rh 性 能 空間湿度偏差 10%rh ※ 1 槽内温湿度:+25〜+95℃/ 90%rh 槽内温湿度:+85℃/ 85%rh 許容発熱負荷 350W 300W 500W 騒音※2 57dB 58dB 62dB 63dB 61dB 62dB 外殻材料 ステンレス鋼板(SUS430CP種、ヘアライン仕上げ) 内槽材料 ステンレス鋼板(SUS304CP種、BA仕上げ) 加熱器 ニクロムストリップワイヤーヒーター 加湿器 SUS316製シーズヒーター(表面蒸発式) 冷却器 プレートフィンクーラー(除湿器兼用) 給水方式 ポンプ給水方式 加 給水タンク容量 20(L 固定用) 40(L 固定用 20L×2) 湿 水 自動給水口 口径 Rc3/8(背面部) 水質 導電率:0.1〜10μS/cm 冷凍方式 機械式二元圧縮冷凍方式 機械式単段圧縮冷凍方式 冷 凍 凝縮器 空冷式凝縮器 機 冷媒 R-404A〔R-449A〕※3 R-404A〔R-449A〕※3 R-508A R-23 R-404A〔R-449A〕※3 内容積 220L 390L 680L 1100L 680L 1100L 内法(W×H×Dmm)※4 700×800×400 700×800×700 850×1000×800 1100×1000×1000 850×1000×800 1100×1000×1000 外法(W×H×Dmm)※4 900×1742×1455 900×1742×1705 1050×1955×1805 1300×1955×2005 1050×1955×1805 1300×1955×2005 重量 400kg 415kg 625kg 710kg 520kg 610kg ※1 温度槽はJIS C60068-3-5:2006、JTM K07:2007、湿度槽はJIS C60068-3-6:2008、JTM K09:2009 に基づき、外囲温度+20℃、定格電圧、無試料の場合。 ※2 測定は無音響の室内などで行い、装置正面1m、高さ1.2mにおける値(JIS Z8731:1999 A特性)。 ※3〔   〕内、低GWP冷媒に変更時 ※4 突起部を含みません。 7
Page9

ARG・ARU −75/−45〜+180℃ ハイパワー恒温器 型式 ARG-0220-J ARG-0390-J ARG-0680-J ARG-1100-J ARU-0680-J ARU-1100-J 電源電圧 AC200V 3φ 3W 50/60Hz(電源電圧変動は定格値の±10%) 最大電流 41A 63A 70A 53A 56A 調温方式 平衡調温方式(BTCシステム) 運転可能条件 外囲温度:0〜+40℃ 外囲湿度:75%rhまで(30℃/75%rhの露点以下) 温度範囲 −75〜+180℃ −45〜+180℃ 温度変動 ±0.3℃ 温度勾配 3.0℃ 空間温度偏差 3.0℃ 温 温度変化速度 −49.5℃⇔+154.5℃での平均 −22.5℃⇔+157.5℃での平均 度 性 上昇 6.0℃/ 分 5.0℃/ 分 6.0℃/ 分 4.7℃/ 分 6.3℃/ 分 4.7℃/ 分 能 下降 4.9℃/ 分 4.0℃/ 分 4.2℃/ 分 4.1℃/ 分 4.8℃/ 分 4.4℃/ 分 ※ 1 +20℃から+180℃まで 上昇 温度極値 35分以内 45分以内 35分以内 45分以内 30分以内 40分以内 到達時間 +20℃から−75℃まで +20℃から−45℃まで 下降 45分以内 50分以内 50分以内 50分以内 50分以内 50分以内 許容発熱負荷 3000W(槽内温度:+20℃) 4500W(槽内温度:+20℃) 騒音※2 57dB 58dB 安6全2にdB関するご注意 63dB 61dB 62dB 外殻材料 ステンレス鋼板(SUS430CP種、ヘアライン仕上げ) ● 爆発性物質および可燃性物質、さらにそれらを含有する物質は、試験槽内に絶対に入れないでくだ 内槽材料 ステさンい。レまスた鋼、こ板れ(らSのU物S3質0を4C装P置種付、近BにA仕放置上しげな)いでください。爆発、火災のおそれがあり、危険です。 加熱器 ● 腐ニ食ク性ロ物ム質スはト槽リ内ッにプ入れワなイいヤでーくヒだーさタいー。試料により腐食性物質が発生する場合、特にステンレス 冷却器 や銅の腐プ食レ、樹ー脂トやフシィリンコクンのー劣ラ化ーにより、製品の寿命を著しく低下させることがあります。 冷凍方式 機械式二元●圧 生縮物冷、凍許方容発式熱量をこえるものは試料として使用しない機で械く式だ単さ段い。圧縮冷凍方式 冷 凍 凝縮器 ● 製品をお使いに空な冷る式前凝に縮、取器扱説明書を必ずお読みください。 機 冷媒 R-404A〔R-449A〕※3 R-404A〔R-449A〕※3 R-508A R-23 R-404A〔R-449A〕※3 内容積 220L 390L 680L 1100L 680L 1100L 内法(W×H×Dmm)※4 700×800×400 700×800×700 850×1000×800 1100×1000×1000 850×1000×800 1100×1000×1000 外法(W×H×Dmm)※4 900×1742×1455 900×1742×1705 1050安×1全9に55関×す18る05ご1注30意0×1955×2005 1050×1955×1805 1300×1955×2005 重量 395kg 410kg ● 爆発性6物2質0kおgよび可燃性物質7、0さ5らkgにそれらを含有す51る5物k質g は、試験 605kg ※1 温度槽はJIS C60068-3-5:2006、JTM K07:2007 に基づき、外囲温度+2槽0℃内、に定絶格対電に圧入、無れ試な料いので場く合だ。さい。また、これらの物質を装置付近に ※2 測定は無音響の室内などで行い、装置正面1m、高さ1.2mにおける値(JIS Z放8置73し1:な1い99で9 くAだ特さ性い)。。爆発、火災のおそれがあり、危険です。 ※3〔   〕内、低GWP冷媒に変更時 ● 腐食性物質は槽内に入れないでください。 試料により腐食性物質が ※4 突起部を含みません。 発生する場合、特にステンレスや銅の腐食、樹脂やシリコンの劣化に より、製品の寿命を著しく低下させることがあります。 ● 生物、許容発熱量をこえるものは試料として使用しないでください。 ● 製品をお使いになる前に、取扱説明書を必ずお読みください。 安全に関するご注意 ● 爆発性物質および可燃性物質、さらにそれらを含有する物質は、試験槽内に絶対に入れ ないでください。また、これらの物質を装置付近に放置しないでください。爆発、火災 のおそれがあり、危険です。 ● 腐食性物質は槽内に入れないでください。試料により腐食性物質が発生する場合、特に ステンレスや銅の腐食、樹脂やシリコンの劣化により、製品の寿命を著しく低下させる ことがあります。 ● 生物、許容発熱量をこえるものは試料として使用しないでください。 ● 製品をお使いになる前に、取扱説明書を必ずお読みください。 8 ● 爆発性物質および可燃性物質、さらにそれらを含有する物質は、試料としては絶対 に使用しないでください。爆発、火災のおそれがあり、危険です。 禁止 ● 腐食性物質は槽内に入れないでください。 試料により腐食性物質が発生する場 合、特にステンレス・樹脂・シリコンの腐食により、製品の耐腐食性の寿命を著し く低下させることがあります。 ● 生物、許容発熱量をこえるものは試料として使用しないでください。 製品をお使いになる前に、ユーザーズマニュアルを必ずお読みください。 注意 ● 爆発性物質および可燃性物質、さらにそれらを含有する物質は、 試料としては絶対に使用しないでください。爆発、火災のおそれ 禁止 があり、危険です。 ● 腐食性物質は槽内に入れないでください。 試料により腐食性物 質が発生する場合、特にステンレス・樹脂・シリコンの腐食によ り、製品の耐腐食性の寿命を著しく低下させることがあります。 ● 生物、許容発熱量をこえるものは試料として使用しないでく ださい。 製品をお使いになる前に、ユーザーズマニュアルを必ずお読みく 注意 ださい。
Page10

観測窓 室内灯 タイムシグナル端子 試料電源制御端子 Ethernetポート(LANポート) USBメモリーポート ※USBメモリーは付属していません。 給水タンク(ARSのみ) ケーブル孔 両サイド φ100mm キャスター (アジャスターフット付) キャスター (アジャスターフット付) タイムシグナル端子 観測窓 試料電源制御端子 室内灯(LED) Ethernetポート(LANポート) USBメモリーポート ケーブル孔 両サイド φ50mm 温度変化速度 温度変化速度 JIS C60068-3-5:2006、JTM K07:2007に準拠 JIS C60068-3-5:2006、JTM K07:2007に準拠 温度上昇速度= ⊿t 上昇時間 下降時間 T1 T1 T ⊿t ⊿t 2 ※U温S度Bメ上モ昇リー速は度付=属しTていません。 温度下降速度= 100% 1 T2 温度下降速度= ⊿t 最高温度 T 90% 給水タンク(ARSFのみ) 2 槽中心で雰囲気が1分あたりに変化する速度(10%~90%点の間)で表します。 槽中心で雰囲気が ⊿t キャスター 1分あたりに変化する 上昇時間 下降時間 (アジャスターフット付) 速度(10%~90%点の間)で 最低温度 10% T1 T2 表します。 0% 100% 最高温度 90% 温湿度制御可能範囲図 ⊿t (外囲温度が+23℃における無試料の場合) ARS 装備品 100 98 90 10% 相 70 最低温度 対 0% タイムシグナル端子 湿 度 室内灯 観測窓 試料電源制御端子 %rh Ethernetポート(LANポート) 30 10 USBメモリーポート 0 10 30 60 90 100 ケーブル孔 15 両サイド φ100mm 温度℃ 65 95 ※全域フロストフリー制御により、連続運転の制限はありません。 ARSF 100 98 90 80 相※USBメモリーは付属していません。 対 70 湿給60水タンク(ARS/ARL) 度 50 温湿度制御可能範囲図 %rh 40 (外囲温度が+20℃における無試料の場合) 30 キャスター ARS・ARL 当社 恒温恒湿器PR/PL/PSL(P.13参照) 20 (アジャスターフット付) 100 98 10 90 80 0 相 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100 70 対 60 15 65 95 湿 温度℃ 度 50 %rh 40 30 ※全域フロストフリー制御により、連続運転の制限はありません。 20 10 0 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100 95 温湿度制御可能範囲図 付属品 温度℃ ※槽内温度を+40℃以下で運転する場合、冷却器(兼除湿器)に着霜があるため、 ●  連続運転に制限があります。 棚板 1枚 ARS・ARL 100 98 90 80 ARS(5℃/分) 相 対 70 湿 60 100 98 度 50 90 %rh 40 型式 0220 0390 0680 1100 80 相 30 対 70 棚板サイズ(mm) W667×D350 W667×D650 W817×D750 W1067×D950 20 湿 60 棚板重量 2 kg 3 kg 6kg 12kg 度 10 50 %rh 棚板耐荷重 0 40 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100 (等分布荷重) 30 kg 30 kg 40kg 50kg 30 95 温度℃ 支柱強度※ 50 kg 80 kg 80kg 100kg 20 ※槽内温度を+40℃以下で運転する場合、冷却器(兼除湿器)に着霜があるため、 ※棚板重量を含む 10  連続運転に制限があります。 0 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100 ● 棚受 1組 15 65 95 温度℃ ● 扉用鍵 2個 ※全域フロストフリー制御により、連続運転の制限はありません。 ● ケーブル孔ゴム栓 φ100mm 2個 ● 湿球用ウイック(ARS/ARL) 1箱 ● ガラス管ヒューズ 1式 ● 試料温度測定用熱電対 1個 ● 試料温度入力コネクター 1個 ● 室内灯(ハロゲンランプ) 1個 ● 取扱説明書(CD) 1式 ● 保証書 1部 ※電源ケーブルは付属していません。 9
Page11

オプション 電源電圧 棚板・棚受 ケーブル孔(キャップ・ゴム栓付)・ 扉ノッチ(ゴム栓付) ・ AC 220V 3φ 3w 60Hz 本体付属品と同等。 ・ AC 380V 3φ 4w 50Hz ・ φ50mm ・ AC 400V 3φ 4w 50Hz CE対応 ・ φ100mm 重量物用棚板・棚受 ・ φ150mm ・ 扉ノッチ H100×D50mm 電源ケーブル 標準棚板耐荷重以上の試料を試験する 場合に使用。 ・ 2.5m ・ 棚板耐荷重 50kg仕様 ・ 5m 型式 0220 0390 0680 ・ 10m 床面耐荷重(kg) 50 80 80 ※標準では装備していません。 φ50mm 扉ノッチ 支柱強度(kg) 50 80 80 棚板重量(kg)/1枚 3 4 8 ケーブル孔ゴム栓 連続給水(純水供給口) ・ φ50mm用 加湿用の純水を 槽内床面補強 ・ φ100mm用 連続供給する ・ φ150mm用 水回路。 槽内の床面に重量物を置くために、床面 ・ 切り目入り φ50mm用 ・ 減圧弁付 を補強します。 ・ 切り目入り φ100mm用 ・ 床面耐荷重 100kg仕様 ・ 切り目入り φ150mm用 純水供給口(減圧弁付) ・ 床面耐荷重 200kg仕様 ・ 巻き栓(5×50×2000mm) ・ 床面耐荷重 300kg仕様 純水供給口 ・ 扉ノッチ用 (標準仕様:70kg) 水圧 0.05〜0.50MPa (Gauge) 導電率 0.1〜10μS/cm 接続の可否 鋼管(または塩化ビニール管) のみ接続可 ※給水装置への接続は、お客様にて実施してください。 φ50mm用 切り目入り φ150mm用 純水製造装置(WS−1) 不純物を取り除き、加湿に最適な純水を 連続的に作ります。 導電率 : 10μS/cm以下 巻き栓 ※カットしてお使い 生産水量(水温25℃) : 12L/h ください。 サイズ : W400×H400×D280mm PC通信機能 パソコンに直接接続して機器の運転管 理が行えます。 ・ RS−485 ・ GPIB ※万一の水漏れによる被害を防ぐため ・ RS−232C に、防水パン(P.12)、漏水検知遮断 システムをご用意しています。 通信ケーブル ・ RS−485 5m/10m/30m ・ GPIB 2m/4m 10
Page12

オプション 記録計 ペーパーレス 湿球用ウイック 非常停止スイッチ タッチパネル付き液晶ディスプレイを採用 交換用の湿球用ウイック 機器の運転を緊急停止するスイッチ。 した記録計です。槽内温度など各部の温 ファインウイック FW-5(24枚入り) 湿度を記録します。 表示器 : 5.7インチ TFTカラーLCD データセーブ周期 : 5秒 追加温度過昇防止器 内部メモリー : フラッシュメモリー8MB 外部メモリー : CFカード256MB付属 試料保護のために標準では上限温度警 AC380V、AC400V仕様 USBメモリーポート 報機能、温度過昇防止器を装備していま 〈温度タイプ〉 すが、さらに温度過昇防止器を一系統追 入力数 : 温度1点 加します。 装置用防水パン (5点OFF設定変更可能) SPECIMEN 装置からの万一の漏水時用に、装置の下 〈温湿度タイプ〉 TEMPERATURE INPUT EXTRA OVERHEAT (TYPE T ) 温度過冷防止器 PROTECTOR に設置します。 入力数 : 温度1点・湿度1点 試料温度入力 追加温度過昇防止器 (JIS T ) (4点OFF設定変更可能) EXなTERんNALら ALAかRMの原因で、設定温度OよPTIOりN 温度が SIGNAL MODE 下外部が警り報出す力ぎた時、試料保護のために運転 をTIM停E SI止GNAさLS タイムシグナル出力せます。 No.3 OVERCOOL PROTECTOR 温度過冷防止器 No.4 No.5 OPTION POWER SUPPLY MODE CONTROL FOR SPECIMEN イメージ 試料電源制御出力 No.1 RECORDER OUTPUT 記録計用出力 OFF No.2 取扱説明書 CHAMBER TEMPERATURE TIME SIGNALS 警報出力端子 (TYPE T) タイムシグナル出力 No.6 槽内温度 (JIS T ) ・CD 記録計 チャート式 保安動No作.7 時、異常状態を遠隔地へ知らせ ・冊子 るためNのo.8接点信号端子です。OPTION 6打点  No.9 ETHERNET 動作: 異常時「閉」の接点出力 −100~+200℃/0~100%rh 通電容No.量10 :AC250V 1AMONITOR OUTPUT (1-5V DC LINEAR) ・温湿度タイプ モニタ出力 (DC1-5V リニア) 各種報告書・証明書 付属品:プラグ ・温度タイプ ※お客様にて各回路を接続してください。 OPTION ・試験検査報告書 ・標準試験データ ・温度・温湿度分布測定データ 記録計用出力端子 状態表示タワー ・校正成績書(CALIBRATION REPORT) ・ 乾球温度 離れた場所からでも、装置の状態を確認 ・校正証明書 槽内の温度(乾球)を記録計に出力す できる表示タワーです。点灯/点滅、ブ ・トレーサビリティ証明書 る端子を装備します。 ザー音の有無は、選択いただけます。 ・トレーサビリティ体系図 付属品:コネクター用プラグ ・ 1段 高さ214mm ・ 2段 高さ254mm ・ 3段 高さ294mm ・ 4段 高さ334mm ・ DC出力用 槽内の温度・湿度・試料温度を出力し ます。 タイムシグナル出力端子 標準のリレー接点(タイムシグナル)2点 を10点に増設します。 11
Page13

ARシリーズ オプション対応表 スタンダードタイプ ARS/AR(L 湿度あり) ARG/ARU オプション名 0220-J 0390-J 0680-J 1100-J 0220-J 0390-J 0680-J 1100-J 電源電圧 220V ─ ─ ●※ ●※ ─ ─ ●※ ●※ 380V ─ ─ ●※ ●※ ─ ─ ●※ ●※ 400V ─ ─ ● ● ─ ─ ● ● 電源ケーブル ● ● ● ● ● ● ● ● 連続給水(純水供給口) 減圧弁付き ● ● ● ● ─ ─ ─ ─ 純水製造装置 ● ● ● ● ─ ─ ─ ─ 棚板・棚受 ● ● ● ● ● ● ● ● 重量物用棚板・棚受 50㎏仕様 ● ● ● 標準仕様 ● ● ● 標準仕様 槽内床面補強 ─ ● ● ● ─ ● ● ● ケーブル孔 ● ● ● ● ● ● ● ● 扉ノッチ ● ● ● ● ● ● ● ● ケーブル孔ゴム栓(上記対応孔用) ● ● ● ● ● ● ● ● PC通信機能 ● ● ● ● ● ● ● ● 通信ケーブル ● ● ● ● ● ● ● ● 記録計 ペーパーレス ポータブル ● ● ● ● ● ● ● ● 埋込式 ● ● ● ● ● ● ● ● 記録計 チャート式 ポータブル ● ● ● ● ● ● ● ● 埋込式 ● ● ● ● ● ● ● ● 記録計用出力端子 乾球温度 ● ● ● ● ● ● ● ● DC出力用 ● ● ● ● ● ● ● ● タイムシグナル出力端子 ● ● ● ● ● ● ● ● 湿球用ウイック ● ● ● ● ─ ─ ─ ─ 追加温度過昇防止器 ● ● ● ● ● ● ● ● 温度過冷防止器 ● ● ● ● ● ● ● ● 警報出力端子 ● ● ● ● ● ● ● ● 状態表示タワー ● ● ● ● ● ● ● ● 非常停止スイッチ ● ● ● ● ● ● ● ● 装置用防水パン ● ● ● ● ● ● ● ● 取扱説明書 ● ● ● ● ● ● ● ● 各種報告書・証明書 ● ● ● ● ● ● ● ● ※ CE非対応 12
Page14

恒温恒湿器ラインアップ プラチナスJシリーズ 仕様 型式 温度・湿度範囲 内法 PR-1J W500×H600×D400mm PR-2J W500×H750×D600mm −20〜+100℃/20〜98%rh PR-3J W600×H850×D800mm PR-4J W1000×H1000×D800mm PL-1J W500×H600×D400mm PL-2J W500×H750×D600mm −40〜+100℃/20〜98%rh PL-3J W600×H850×D800mm PL-4J W1000×H1000×D800mm PSL-2J W600×H850×D600mm −70〜+100℃/20〜98%rh PSL-4J W1000×H1000×D800mm PU-1J W500×H600×D400mm PU-2J W500×H750×D600mm −40〜+100℃ PU-3J W600×H850×D800mm PU-4J W1000×H1000×D800mm PG-2J W600×H850×D600mm −70〜+100℃ PG-4J W1000×H1000×D800mm ※150℃仕様、180℃仕様、200℃仕様もご用意しています。 13
Page15

アフターサービス いつでも、どこでも、いつまでも、サポートいたします。 アフターサービス・修理受付 ISO/IEC 17025校正 ■ 24時間365日受付(日本国内のみ) JAB(公益財団法人 日本適合性認定協会)から温度試験槽、 国内サービス拠点 温湿度試験槽の校正機関としISO/IEC17025に基づく校正 0120-701-678 を行う能力を有していることを認定されています。 夜間受付 : 072-834-0100 お客さまの環境試験器のISO/IEC17025認定校正(国際 MRA対応校正)を行うことができます。当社が発行する証 明書は、国際的に認められることから、時間、費用の削減に ■ 国内サービス拠点(15拠点) つながります。 ■ 海外サービスネットワーク(世界45か国33社) フロン点検 フロン排出抑制法では、業務用冷凍空調機器の簡易点検が定 められています。 エスペックでは、高度な専門技術力を持つサービスエンジニ 装 修理可能期間 15年間 置 アが、「簡易点検」「定期点検」を承ります。 製 国内サービス拠点 国内サービス拠点 造 メンテナンス部品保有期間 15年間 国内サービス拠点 0120-701-678 0120-701-678 夜フ間ロン受点付検 :動 0画72-834-0100 0120-701-678 夜間受付 : 072-834-0100 夜間受付 : 072-834-0100 フロンガス回収・製品リサイクル 国内サービス拠点 ■フロンガス回 収サ0ー1ビ2ス0-701-678 保守契約サービス エスペックの製夜品間だ受け付で :な く0、7他2-社83製4品-0に1つ0い0 ても 対応いたします。 メーカー保証に加え、年に1回の機器確認、点検診断を行い ます。 ■製品リサイクルサービス 装 修理可能期間 15年装間置 修理可能期間 お 客さまの15廃年棄間手続にかかる負装担の修軽理減可を能期間 15年間 製 置 置 はかり、廃棄物の適正な回収・再製資源化を 長造期メ間ンテのナメンンス部テ品ナ保ン有ス期間体 制 15年製造間 メンテナンス部品保有期促間進 する1こ5と年で間、資源循環型社造会のメ実ン現テをナンス部品保有期間 15年間 目指しております。 メンテナンス部国品内のサ保ー有ビス期拠間点は 1修5理拠可点能期間にあわせ 最長15年間供給できる体制に取り組んでおります 安全対策 装 修理可能期間 15年間 置 製 地震などの自然災害、予期しない事故に備え装置周辺機器を 造 メンテナンス部品保有期間 8165年%間 ご用意しております。 2017年度 (一例) アンカーレス固定による 横ズレ対策 国内サービス拠点 15拠点 国内サービス拠点 15拠点 14 国内サービス拠点 15拠点 86 86% % 2017年度 86% 国内サービス拠点 15拠2点017年度 2017年度 86% 2017年度
Page16

https://www.espec.co.jp/ 本  社  530-8550 大阪市北区天神橋 3-5-6 ●エスペック製品や技術に関するお問い合わせは カスタマーサポートデスク Tel:06-6358-4753 営業・アフターサービス拠点 仙  台 Tel :022-218-1891 Fax :022-218-1894 宇 都 宮 Tel :028-667-8734 Fax :028-667-8738 つ く ば Tel :029-854-7805 Fax :029-854-7785 高  崎 Tel :027-370-3541 Fax :027-370-3542 東  京 Tel :03-6402-3592 Fax :03-6402-3593 西 東 京 Tel :042-501-2571 Fax :042-501-2573 神 奈 川 Tel :044-740-8450 Fax :044-797-0073 厚  木 Tel :0463-94-9433 Fax :0463-94-6542 静  岡 Tel :054-654-6570 Fax :054-654-6571 名 古 屋 Tel :052-777-2551 Fax :052-777-2575 金  沢 Tel :076-268-1891 Fax :076-268-1893 ハイパワー恒温(恒湿)器 滋  賀 Tel :077-551-2275 Fax :077-551-2276 大  阪 Tel :072-834-1323 Fax :072-834-7755 兵  庫 Tel :078-950-1771 Fax :078-950-1772 ARシリーズ スタンダードタイプ 広  島 Tel :082-832-8065 Fax :082-832-8068 福  岡 Tel :092-471-0932 Fax :092-474-3500 受託試験に関するお問い合わせは 宇 都 宮 Tel :028-667-8735 Fax :028-667-8733 豊  田 Tel :0565-25-3364 Fax :0565-25-3365 刈  谷 Tel :0566-62-8380 Fax :0566-62-8385 神  戸 Tel :078-951-0961 Fax :078-951-0964 レンタルに関するお問い合わせは Tel :06-6358-4746 Fax :06-6358-4764 海外関連会社 ESPEC NORTH AMERICA, INC. Tel : 1-616-896-6100 Fax : 1-616-896-6150 ESPEC EUROPE GmbH Tel : 49-211-361850-0 ESPEC ENVIRONMENTAL CHAMBERS SALES AND ENGINEERING LTD. STI. Tel : 90-212-438-1841 Fax : 90-212-438-1871 ESPEC ENVIRONMENTAL EQUIPMENT (SHANGHAI) CO., LTD. Head Office Tel : 86-21-51036677 Fax : 86-21-63372237 BEIJING Branch Tel : 86-10-64627025 Fax : 86-10-64627036 GUANGZHOU Branch Tel : 86-20-83317826 Fax : 86-20-83317825 SHENZHEN Branch Tel : 86-755-83674422 Fax : 86-755-83674228 SUZHOU Branch Tel : 86-512-68028890 Fax : 86-512-68028860 TIANJIN Branch Tel : 86-22-26210366 Fax : 86-22-26282186 XI’AN Branch Tel : 86-29-88312908 Fax : 86-29-88455957 CHENGDU Branch Tel : 86-28-88457756 Fax : 86-28-88474456 ESPEC TEST TECHNOLOGY (SHANGHAI) CO., LTD. Tel : 86-21-68798008 Fax : 86-21-68798088 ESPEC ENGINEERING (THAILAND) CO., LTD. Tel : 66-3-810-9353 Fax : 66-3-810-9356 ESPEC ENGINEERING VIETNAM CO., LTD. Tel : 84-24-22208811 Fax : 84-24-22208822 ●製品の改良・改善のため、仕様および外観、その他を予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。 TT9B02C07( 記載内容は2020年8月現在のものです。) ●本カタログに記載されている会社名および商品名は各社の商標または登録商標です。 CAT.NO.14141-Z2007