1/10ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(514.7Kb)

初心者のための理化学機器用語集

ハンドブック

こちらでは、基本的な理化学機器用語をご紹介しております。 ご参考ください。

掲載内容(一部)

◆あ行
・アンプル
ガラスの筒に薬剤を入れた後に先端を熔封したもの。 液剤を入れる点はバイアルと同じだが、アンプルは主に小容量の液剤に用いられる。
・インサート
微量試料のサンプリングのために、バイアルにセットして利用する機器。
・HPLC
高速液体クロマトグラフィー(High Performance LiquidChromatography)の略。
・HPLCカラム
消耗部品として使用され、高速液体クロマトグラフィーの装置に おいて分離を行う場所のこと。
・オートサンプラー
試料を機器に自動で供給する装置。

◆か行
・ガスクロマトグラフィー
GC(Gas Chromatography)。 気体または液体に含まれている有機物の定量、または定性分析 の手法。おおむね分子量500くらいまでの成分を測定できます。 なお、分子量500前後以上は、HPLCを使用します。
・ガスクロマトグラフ質量分析
GC-MS(Gas Chromatograph Mass Spectrometry)。 ガスクロマトグラフと質量分析計とを、キャピラリーまたはセパレータを介して結合した分析装置。
・カラム
ガスクロや液クロで使用される、成分を分離するための主要な部品。
・キャピラリーカラム
溶融石英の内径 1 mm 以下の管の内壁に固定相を塗布した ものであり、ガスクロマトグラフィー特有のカラムのこと。
・クリンパ
手や手首が疲れることなく、バイアルにキャップをしたり均一で信頼 性の高いキャップ締めができます。 クリンパとデキャッパには同じ用途に主に使用されます。

◆詳細はカタログをダウンロードしご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

このカタログについて

ドキュメント名 初心者のための理化学機器用語集
ドキュメント種別 ハンドブック
ファイルサイズ 514.7Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 大阪ケミカル株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

スライド番号 1

初心者のための 理化学機器用語集
Page2

スライド番号 2

用語集 理化学機器用語集 こちらでは、基本的な理化学機器用語をご紹介しております。 ご参考ください。 目次  あ 行  か 行  さ 行  た 行  な 行  は 行  ま 行  や・ら・わ 行
Page3

スライド番号 3

用語集 あ行 アンプル ガラスの筒に薬剤を入れた後に先端を熔封したもの。 液剤を入れる点はバイアルと同じだが、アンプルは主に小容量の 液剤に用いられる。 インサート 微量試料のサンプリングのために、バイアルにセットして利用する 機器。 HPLC 高速液体クロマトグラフィー(High Performance Liquid Chromatography)の略。 HPLCカラム 消耗部品として使用され、高速液体クロマトグラフィーの装置に おいて分離を行う場所のこと。 オートサンプラー 試料を機器に自動で供給する装置。
Page4

スライド番号 4

用語集 か行 ガスクロマトグラフィー GC(Gas Chromatography)。 気体または液体に含まれている有機物の定量、または定性分析 の手法。おおむね分子量500くらいまでの成分を測定できます。 なお、分子量500前後以上は、HPLCを使用します。 ガスクロマトグラフ質量分析 GC-MS(Gas Chromatograph Mass Spectrometry)。 ガスクロマトグラフと質量分析計とを、キャピラリーまたはセパレータを 介して結合した分析装置。 カラム ガスクロや液クロで使用される、成分を分離するための主要な部品。 キャピラリーカラム 溶融石英の内径 1 mm 以下の管の内壁に固定相を塗布した ものであり、ガスクロマトグラフィー特有のカラムのこと。 クリンパ 手や手首が疲れることなく、バイアルにキャップをしたり均一で信頼 性の高いキャップ締めができます。 クリンパとデキャッパには同じ用途に主に使用されます。
Page5

スライド番号 5

用語集 か行 高速液体クロマトグラフィー 液体に含まれる有機物質の定量、または定性分析の手法。 通常、液クロ(LC)といえば、HPLCのことをいいます。 高耐圧チューブ 液体クロマトグラフィーなどに使用する耐圧性、耐熱性に優れた 高品質チューブ。 コーティング 文字通り表面をコートすること。 コンタミ コンタミネーション(contamination)の略。 特に科学実験の場における汚染をいいます。
Page6

スライド番号 6

用語集 さ行 シリンジ 注射器の総称 セプタム サンプル流路を外界と隔てる目的で使用する機器。 内部に圧力がかかっている状態でも、カラム内を汚染せずに容易に 穿孔できる性質があります。 一般的なセプタムの材質は、高温使用可能な低ブリードのシリコン ラバーです。 た行 テフロン フッ素原子と炭素原子のみから成るフッ素樹脂で、現在では ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)だけでなくフッ素樹脂一般 の呼称になっています。
Page7

スライド番号 7

用語集 な行 ヌープ硬度 絶対的な数値として測定された硬度。 加工関連ではこの数値が利用されています。 熱分解ガスクロマトグラフィー ポリマーなどは、そのままではガスクロ分析できないため、加熱に よってガス化しますが、そのガスを分析する手法が熱分解ガスク ロマトグラフィーです。 通常は、GCMSと組み合わせて、ポリマーの定性分析に使用し ます。
Page8

スライド番号 8

用語集 は行 バイアル キャップがゴム製(ゴム栓)の、薬品を入れるための容器。 キャップ天面から注射芯を刺して、中身を抽出できるようになって います。 バキュームチューブ 医療用チューブのひとつ。 理化学機器は、寸法精度・特性にあわせると共に、ご希望の材 質・硬度・色・サイズ・長さ・カット品・数量等から製品を決定する 必要があります。 粉砕機 文字通り物を粉にして砕く機械のこと。 当社では原料の形状・性状に合わせた粉砕機を各種取り揃えて おります。 ポリマー 重合体のこと。 一般的には高分子の有機化合物のことを指します。
Page9

スライド番号 9

用語集 ま行 ミニナートバルブ 取り扱いにくい揮発性の液体や、通常のセプタムでは傷みやすい 試料などのためのシールバルブです。 モース硬度 主に鉱物に対する硬さの尺度のこと。 硬さの尺度として、1から10までの整数値を考え、それぞれに対応 する標準物質を設定します。
Page10

スライド番号 10

用語集 やらわ行 理化学機器 医療機関や大学実験期間など、また理科実験や科学実験など 理科教育をはじめ、様々な用途に使用できる機器。 ラボ 研究機関のこと 溶媒 溶液において物質を溶かすために用いる液体。