1/7ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.6Mb)

WinROOFシリーズ_低コントラスト画像解析事例

事例紹介

コントラストの低い画像の解析には『MagicalFineの画像改善』+『WinROOFシリーズ』がオススメ!

今回は、画質改善ソフト『MagicalFine』とベストセラー画像解析ソフト『WinROOF』シリーズを用いて、コントラストの低い画像の解析事例をご紹介!

WinROOFシリーズを用いた画像解析は、工業・バイオ分野問わず数多くのユーザー様にご利用いただいております。
画像解析を行う上で最も基本であり重要なこと、それは“目的の物体を特定する”ということ。この点において、“コンスラストの付いた綺麗な画像を取得する”ことは永遠の課題とも言えます。
とは言っても、撮影装置やサンプルによってはコントラストが付きにくく、解析するにはあと一歩難しい画像になりがちです。

そこで今回は、画質改善ソフト『MagicalFine』を利用して、解析が難しい低コントラストの画像を簡単に解析した一例をご紹介します!

このカタログについて

ドキュメント名 WinROOFシリーズ_低コントラスト画像解析事例
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 1.6Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 三谷商事株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

ベストセラー画像解析計測ソフトウェア 『WinROOF』シリーズ 低コントラスト画像解析事例 ご紹介  コントラストの低い画像の解析には MagicalFine の画像改善+WinROOF シリーズがオススメ! ● 画像改善で解析の肝になる解析対象の検出がしやすくなります! ● 豊富な画像処理を用いて、ノイズの削除や形状の数値化が可能! 1
Page2

MagicalFineの画像改善は解析の役に立つの? 今回はMagicalFine の画像改善+WinROOFシリーズを用いたコントラストの低い画像の 解析事例をご紹介いたします! WinROOFシリーズを用いた画像解析は、工業・バイオ分野に問わず数多くのユーザー様に ご利用いただいております。 画像解析を行う上で最も基本であり重要であること、すなわち“目的の物体を特定する”と いう点において、“コントラストの付いた綺麗な画像を取得する”ことは永遠の課題とも言 えます。 とは言っても、撮影装置やサンプルによってはコントラストが付きにくく、あと一歩解析す るには難しい画像になってしまうことも多々あります。 そこで今回は、MagicalFineを利用することで、解析が難しい低コントラスト画像を簡単に 解析する一例をご紹介します。 お手持ちの画像の解析、「自動検査は難しいかな…」と諦めていませんか? 「この画像、今困っている画像に似ている!」 「もしかしたら、自分の画像でも解析できるかも!」 「こういう問題があるけど、MagicalFineとWinROOFシリーズで解決できる?」 次ページからの画像解析事例をご覧いただき、こんな風に思った方は是非ともご相談くだ さい! 2
Page3

■低コントラストの画像は解析が難しい… それでは今回実践していく画像を見ていきたいと思います。 TEMで撮影した画像から、この部分の面積を測定することを目標にします。 早速WinROOFで、任意の明るさの箇所を取り出す処理「2値化」を行ってみます。 目的の箇所と一緒に、背景部分の灰色も取り出してしまっています。 右上に「明るさの分布」を表示していますが、コントラストの低い画像では明るさの分布が 一様になってしまい、抽出の閾値設定が非常に難しくなる傾向があります。 3
Page4

■MagicalFine で画像改善 先ほどの画像をMagicalFineで改善した結果がこちらです。 改善前(↑)と比べると、 コントラストがはっきりして 見やすくなりました。 明るさの分布を比べてみると、MagicalFineで改善した画像では、明るさのピークが 2山に なっていることが一目瞭然ですね。 改善後 改善前 この箇所の明るさを 2値化で取り出してみると良さそうです。 4
Page5

■抽出・整形そして計測へ MagicalFineでコントラストを改善した甲斐があって、先ほどに比べると随分上手く目的の 箇所が抽出できています。 しかしまだまだ、余計な背景部分も抽出してしまっています。 背景部分をよく見てみると、どうやら細かい模様の境目を検出してしまっているようです。 画像処理ではおなじみの整形処理「モフォロジー処理」の中から、微小ノイズや細線状の領 域を消すオープニングを利用します。 そして、大きさが一定に満たない領域や、形状が丸くない領域を削除していくと… 目的としていた箇所が綺麗に抽出できました!これで計測すれば OKですね。 5
Page6

全部で 39か所の面積を測定出来ました。 一番大きな箇所の面積は画像全体の 3.4%だったようです。 ↑原画像 綺麗に抽出できていますね! 6
Page7

MagicalFine の画像改善を使った画像解析の紹介を実践レポート形式で行わせていただき ましたがいかがでしたでしょうか? 本資料の内容の何かが皆様の解析業務のヒントになれば幸いです。 画像解析計測ソフトウェア『WinROOF』シリーズでは、今回ご紹介させていただいた機能 のほか 200ヶ以上の機能を搭載しています。 三谷商事ビジュアルシステム部よりお送りさせている配信メールでは WinROOF シリーズ の機能紹介やその他のソフトウェアの紹介を行わせていただいております。 ご紹介機能以外にも、画像解析のご相談など随時受け付けておりますのでお気軽にご相談く ださい。 今後とも、WinROOFシリーズをよろしくお願いいたします! 7