1/24ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(9.2Mb)

【業界別】エレシリンダー導入事例集

事例紹介

装置設計、設備改善のヒントに繋がるアプリケーションを多数ご紹介!!

全7つの業界でのアプリケーションを多数ご紹介いたします。

・自動車
・電気/精密
・食品
・医薬/医療
・建材/資材
・物流
・その他(安全装置、AGV)

このカタログについて

ドキュメント名 【業界別】エレシリンダー導入事例集
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 9.2Mb
取り扱い企業 株式会社アイエイアイ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

このカタログの内容

Page1

カタログ番号 CJ0292-2A( 2021年10月) 安心とは24時間対応のことです エレシリンダー® アプリケーション 事 例 集 本   社 〒424-0103 静岡県静岡市清水区尾羽577-1 TEL 054-364-5105 FAX 054-364-2589 東 京 営 業 所 〒105-0014 東京都港区芝3-24-7 芝エクセージビルディング4F TEL 03-5419-1601 FAX 03-3455-5707 大 阪 営 業 所 〒530-0005 大阪市北区中之島6-2-40 中之島インテス14F TEL 06-6479-0331 FAX 06-6479-0236 うれしい装置 名 古 屋 支 店 作りませんか? 名古屋営業所 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄5-28-12 名古屋若宮ビル8F TEL 052-269-2931 FAX 052-269-2933 小 牧 営 業 所 〒485-0029 愛知県小牧市中央1-271 大垣共立銀行 小牧支店ビル6F TEL 0568-73-5209 FAX 0568-73-5219 四日市営業所 〒510-0086 三重県四日市市諏訪栄町1-12  朝日生命四日市ビル6F TEL 059-356-2246 FAX 059-356-2248 豊 田 支 店 新 豊田営業所 〒471-0034 愛知県豊田市小坂本町1-5-3 朝日生命新豊田ビル4F TEL 0565-36-5115 FAX 0565-36-5116 安 城 営 業 所 〒446-0056 愛知県安城市三河安城町1-9-2 第二東祥ビル3F TEL 0566-71-1888 FAX 0566-71-1877 秋 田 出 張 所 〒018-0402 秋田県にかほ市平沢字行ヒ森2-4 TEL 0184-37-3011 FAX 0184-37-3012 盛 岡 営 業 所 〒020-0062 岩手県盛岡市長田町6-7 クリエ21ビル7F TEL 019-623-9700 FAX 019-623-9701 仙 台 営 業 所 〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-6-6 イースタンビル7F TEL 022-723-2031 FAX 022-723-2032 新 潟 営 業 所 〒940-0082 新潟県長岡市千歳3-5-17 センザイビル2F TEL 0258-31-8320 FAX 0258-31-8321 宇都宮営業所 〒321-0953 栃木県宇都宮市東宿郷5-1-16 ルーセントビル3F TEL 028-614-3651 FAX 028-614-3653 熊 谷 営 業 所 〒360-0847 埼玉県熊谷市籠原南1-312 あかりビル5F TEL 048-530-6555 FAX 048-530-6556 茨 城 営 業 所 〒300-1207 茨城県牛久市ひたち野東5-3-2 ひたち野うしく池田ビル2F TEL 029-830-8312 FAX 029-830-8313 多 摩 営 業 所 〒190-0023 東京都立川市柴崎町3-14-2 BOSENビル2F TEL 042-522-9881 FAX 042-522-9882 甲 府 営 業 所 〒400-0031 山梨県甲府市丸の内2-12-1 ミサトビル3F TEL 055-230-2626 FAX 055-230-2636 厚 木 営 業 所 〒243-0014 神奈川県厚木市旭町1-10-6 シャンロック石井ビル3F TEL 046-226-7131 FAX 046-226-7133 長 野 営 業 所 〒390-0852 長野県松本市島立943 ハーモネートビル401 TEL 0263-40-3710 FAX 0263-40-3715 静 岡 営 業 所 〒424-0103 静岡県静岡市清水区尾羽577-1 TEL 054-364-6293 FAX 054-364-2589 浜 松 営 業 所 〒430-0936 静岡県浜松市中区大工町125 シャンソン浜松ビル7F TEL 053-459-1780 FAX 053-458-1318 金 沢 営 業 所 〒920-0024 石川県金沢市西念3-1-32 西清ビルA棟2F TEL 076-234-3116 FAX 076-234-3107 滋 賀 営 業 所 〒524-0033 滋賀県守山市浮気町300-21 第2小島ビル2F TEL 077-514-2777 FAX 077-514-2778 京 都 営 業 所 〒612-8418 京都府京都市伏見区竹田向代町12 TEL 075-693-8211 FAX 075-693-8233 兵 庫 営 業 所 〒673-0898 兵庫県明石市樽屋町8-34 第5池内ビル8F TEL 078-913-6333 FAX 078-913-6339 岡 山 営 業 所 〒700-0973 岡山県岡山市北区下中野311-114 OMOTO-ROOT BLD.101 TEL 086-805-2611 FAX 086-244-6767 広 島 営 業 所 〒730-0051 広島県広島市中区大手町3-1-9 広島鯉城通りビル5F TEL 082-544-1750 FAX 082-544-1751 松 山 営 業 所 〒790-0905 愛媛県松山市樽味4-9-22 フォーレスト21 1F TEL 089-986-8562 FAX 089-986-8563 福 岡 営 業 所 〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東3-13-21 エフビルWING7F TEL 092-415-4466 FAX 092-415-4467 大 分 出 張 所 〒870-0823 大分県大分市東大道1-11-1 タンネンバウムⅢ 2F TEL 097-543-7745 FAX 097-543-7746 熊 本 営 業 所 〒862-0954 熊本県熊本市中央区神水1-38-33 幸山ビル1F TEL 096-386-5210 FAX 096-386-5112 USA Headquarter & Western Region (Los Angeles) : 2690 W. 237th Street, Torrance, CA 90505 (800) 736-1712 Midwest Branch Office (Chicago) : 110 E. State Pkwy, Schaumburg, IL 60173 (800) 944-0333 Southeast Branch Office (Atlanta) : 1220 Kennestone Circle, Suite 108, Marietta, GA 30066 (888) 354-9470 825 PhairojKijja Tower 7th FL, Debaratana RD., Bangna Nuea, Bangna, Bangkok 10260, Thailand 当カタログに記載されている内容は、製品改良のため予告なしに変更することがあります。 ロボシリンダ/ロボシリンダー/ROBOCYLINDER/エレシリンダ/エレシリンダー/ELECYLINDER/ラジアルシリンダ/ラジアルシリンダー/RADIAL CYLINDER/ パワーコン/パワーコンスカラは株式会社アイエイアイの登録商標です。
Page2

C O N T E N T S エレシリンダーを使用したさまざまな事例をご紹介。 ぜひお役立てください。 自動車 機械 1 自動車用車軸部品のカラー圧入装置 04 2 プレス機へのローダー 04 3 工作機械(加工機)の扉開閉機構 05 4 洗浄機の扉開閉機構 05 5 バッテリー容器搬送装置 06 6 自動車内装部品の組立て装置 06 7 ベアリングのトルク検査装置 07 8 レーザーマーキング装置 07 9 自動車部品の外形検査装置 08 10 機械部品の搬送装置 08 11 自動車部品の溶接装置 09 電機 精密 12 ラインコンベアー間の移載装置 09 13 基板の導通検査装置 10 14 家電製品の部品成型装置 10 15 樹脂成形部品のゲートカット装置 11 16 電子部品の組立て装置 11 食品 17 ドーナツにシロップを振りかける装置 12 18 ショートケーキ移載装置 12 19 お菓子ケースのフタはめ込み装置 13 20 チーズ押出し装置 13 21 インスタントスープの選別装置 14 22 焼き菓子製造装置 14 23 冷凍食品段積み移載装置 15 24 飲料パックのセンタリング装置 15 25 お菓子の搬送装置 16 26 紙パック素材の供給装置 16 02
Page3

医薬品 医療品 27 小瓶コンベアー搬送装置 17 28 ハンドクリーム充填装置 17 29 化粧品ボトルの不良品除去装置 18 30 液体の撹拌装置 18 31 樹脂成形品のバリ取り装置 19 32 医療機器部品の切断装置 19 建材 資材 33 ランプシェード塗装装置 20 34 フローリングパネル移載装置 20 35 ウレタン切断装置 21 36 シール貼り付け装置 21 37 部品の姿勢変更装置 22 物流 38 段ボール箱への印字装置 22 その他 39 無人搬送車(AGV)位置決めピン昇降装置 23 40 安全装置の社内教育用装置 23 イラストで 導入事例が 13 19 お菓子ケースのフタはめ込み装置ページ わかりやすい! 12 ページ 17 ドーナツにシロップを振りかける装置 インスタントスープの選 別装置 14 1 ページ 2 03
Page4

APPLICATION アプリケーション事例 自動車 機械 1 自動車用車軸部品のカラー圧入装置 カラーを圧入する装置の圧入テーブル移動機構にエレシリンダーを採用しました。 ■エレシリンダー®導入装置の解説 RCP6-RA4R エアシリンダー導入時の問題点 圧入テーブル移動用のエアシリン エレシリンダー ダー1軸だけのためにエア供給をし EC-RR6 なくてはなりません。 ¥39,700 エレシリンダー導入の場合 エア供給が不要になったため、エ アの配管が不要になり、調整工数 カラー が削減できました。 車軸用部品 圧入テーブル 自動車 機械 2 プレス機へのローダー プレス機に金属板を投入する装置です。 ■エレシリンダー®導入装置の解説 従来の問題点 プレス機 作業員がプレス機内まで手を入れ ていたため、安全面で不安があり ました。 エレシリンダー採用の効果 金属板 作業員の安全が確保されました。 エレシリンダー また作業性が良くなったためサイ EC-RR6 クルタイムが2秒短縮されました。 ¥40,300 04
Page5

APPLICATION アプリケーション事例 自動車 機械 3 工作機械(加工機)の扉開閉機構 自動車部品を研削加工する装置の扉開閉機構です。 ■エレシリンダー®導入装置の解説 従来の問題点 エレシリンダー EC-S6 衝撃で扉破損の恐れがあるため、速度を ¥68,900 上げることができませんでした。 速度 衝撃 300㎜/s エアシリンダー 時間 エレシリンダー採用の効果 速度を上げても、緩やかな加減速ができる ため衝撃がなくなり、サイクルタイムを短 縮できました。 自動車 機械 4 洗浄機の扉開閉機構 洗浄機の扉を上下にスライドさせる機構にエレシリンダーを採用しました。 ■エレシリンダー®導入装置の解説 従来の問題点 従来装置 エレシリンダー 導入装置 エアシリンダー使用時 は、高所のスピコンや エレシリンダー オートスイッチを調整す EC-S7 スピコン ¥46,200 るのは大変でした。 エレシリンダーが オート 装置の上の方にあっても、 スイッチ 630mm 無線ティーチングで簡単に エレシリンダー 設定することができる! 採用の効果 600mm 無線ティーチングで高 所作業が無くなり調整 が簡単になりました。 TB-03 1,300mm 1,300mm 洗浄機の扉 洗浄機の扉 保全担当者 保全担当者 洗浄機の扉の開閉機構 洗浄機の扉の開閉機構 05
Page6

APPLICATION アプリケーション事例 自動車 機械 5 バッテリー容器搬送装置 バッテリー液が入った容器を搬送する装置です。 バッテリー容器搬送装置 ■エレシリンダー®導入装置の解説 用途 バッテリー液が入った容器を搬送デすィるスペ装ン置サ。ー 従来の問題点 バッテリー容器を搬送す る際、衝撃でバッテリー バッテリー液 液がこぼれてしまいま した。 バッテリー容器 エレシリンダー 採用の効果 設定した加速度・減速度 で動かせるため、液体を こぼさず安定して搬送で エレシリンダー EC-R6 きるようになりました。 ¥30,000 解説 バッテリー容器をディスペンサーの下に搬送し、充填後に元の位置に戻す装置です。 設定した加速度・減速度で動かせることで、液体をこぼすことなく、安定して搬送できるようになりました。 自動車 機械 6 自動車内装部品の組立て装置 自動車内装部品組立装置 樹脂製フレームに部品を組付ける装置です。 用途 樹脂製フレームに部品を組み付ける工程。 ■エレシリンダー®導入装置の解説 エレシリンダー EC-R7M 従来の問題点 ¥31,400 センサー取付けや位置・速度調整 により装置の立上げ工数がかかっ ていました。 クリップ圧入 エレシリンダー採用の効果 装置のエアレス化・センサーレス化 で立上げ工数が削減しました。 樹脂製フレーム エレシリンダー 部品固定 EC-TC4L(6台) ¥49,700 ナット圧入 エレシリンダー 組付け部品 EC-GS4L(4台) 解説 ¥45,800 エレシリンダーの「押付け機能」を使って組み付けを行うことにより、装置のエアレス化、センサーレス化ができました。 06 部品をセットした状態で押付けを行うとエレシリンダーがトルクを検出し、「押付け完了信号」を出力しますが、作業者が部品を セットし忘れて押付けを行うと空振りと判定し、エレシリンダーは信号を出力しません。 これにより、装置にセンサー類を取り付けなくても、ワークの「有り無し判定」が可能となりました。 また、無線ティーチングにより、装置に組み付けてからの位置、速度の調整を容易に行うことが出来るため、装置製作時間、 立上げ工数を大幅に削減できました。
Page7

APPLICATION アプリケーション事例 自動車 機械 7 ベアリングのトルク検査装置 ベアリングのトルク検査装置 トルク測定器でベアリングのトルクを検査する装置です。 用途 トルク検出器でベアリングのトルクを検査する装置。 ■エレシリンダー®導入装置の解説 エレシリンダー EC-R7M 従来の問題点 ¥32,600 速度・加減速度が不安定で衝撃に よりベアリングに傷がつく不良が 発生していました。 エレシリンダー採用の効果 安定した速度・加減速ができるた トルク測定器 め衝撃がなく、傷による不良がなく なりました。 押さえ治具 衝撃がないので接触時に ベアリングに傷がつくこ とはありません。 ベアリング 固定治具 解説 エアシリンダーでは、速度・加減速度が不安定で、押さえ治具の衝撃でベアリングが傷つく不良が発生していました。 エレシリンダーは、安定した減速ができるので衝撃がなく、傷による不良がなくなりました。 自動車 機械 ま8た、加レ減速ー制御(ザA:加ー速度マ、V:ー速度キ、D:ン減速グ度)装を簡単置に調整することができるようになり、品種変更の際の 段取り替えの効率がよくなりました。 レーザーマーキング装レ置へーワーザクを投ー入しマますー。 キング装置 ■エレシリンダー®導用入途装置レのー解説ザーマーキング装置へのワーク投入。 レーザーマーキング装置 (型番やエンブレムを彫刻) 従来の問題点 ワーク ワーク搬送スピードや位置の微調 レーザーマーキング装置扉 (上下にスライド) 自動車部品(フライホイール) 整が難しいため、調整時間がか かっていました。 エレシリンダー採用の効果 加速度・速度・減速度を数値設定で エレシリンダー きるため、スムーズなスピードや位 EC-S6H 置調整ができるようになりました。 ¥37,700 解説 従来はエアシリンダーを使用していましたが、ワーク搬送スピードや位置の微調整が難しいという問題点がありま07した。 エレシリンダーは、製品の搬送位置と、A(加速度)・V(速度)・D(減速度)を数値設定できるため、 スムーズなスピード調整や位置調整が短時間でできるようになりました。
Page8

APPLICATION アプリケーション事例 自動車 機械 9 自動車部品の外形検査装置 自動車部品の外形検査装置 レーザー変位計で厚みを測定する装置です。 用途 レーザー変位計で厚みを測定する装置。 ■エレシリンダー®導入装置の解説 レーザー寸法測定器 従来の問題点 (内径/外径測定) エレシリンダー 自動車用部品をレ-ザー寸法測定器 レーザー変位計 (厚み測定) EC-S6M に送る際、速度調整が大変でした。 ¥35,300 エレシリンダー採用の効果 自動車用部品 速度調整が数値で簡単にできるよ うになりました。 レーザー寸法測定器 (内径/外径測定) 解説 レーザー寸法測定器の帯状レーザーを上下からはさみ込むように部品の内径/外径を測定します。 自動車 機械 10 等機速動械作の部往復動作を行う必機械部エレシ品リンダのーは品最搬適での送した。搬 要があ送り、装2 点位置置設定、速度設定がカンタンで、リニアガイドも内蔵した装置のハンド 部品を加工装用置か途ら取部出品すたをめ加の搬工送装装置置でかすら。取り出すための搬送装置のハンド部分に採用。 ■エレシリンダー®導入装置の解説 エレシリンダー エアシリンダー導入の問題点 ワーク EC-R6 ¥27,500 エア配管を無くしたいと思っていま した。 エレシリンダー導入の場合 電動でエア配管にかかる工数やコス トが不要になりました。 08 解説 従来はエアシリンダーを使用していましたが、エア配管の削除を目的に電動化を行いました。
Page9

APPLICATION アプリケーション事例 自動車 機械 11 自動車部品の溶接装置 自動車部品の溶接装置 鉄パイプの溶接装置で、溶接トーチを一定速度で動かす機構です。 用途 鉄パイプの溶接装置で、溶接トーチを一定速度で動かす機構。 ■エレシリンダー®導入装置の解説 従来の問題点 手作業で行っているため、品質に バラつきがありました。 エレシリンダー採用の効果 エレシリンダー 移動速度が一定になり品質が安定 EC-S7 するようになりました。 溶接トーチ ¥46,200 解説 従来、手作業で行っていましたが、品質にばらつきが発生していました。 電機 精密 12 ラエレシイリンンダーのコ採用ンによりベ、移ア動速度ーが一間定になり、また、簡単に速度変更が可能なため、製品の状況のを見な移品質が安定するようになりました。がら載微調整装も可置能です。 エレシリンダーにすることにより、安価で操作も簡単に行うことができました。 電子部品を組立ラインコまンたベ、ア速ー度かのら変梱更包がラ簡イ単ンなコのンでベ溶ア接ー幅への移微載調す整るも装短置時で間です行。えます。更に低価格で使い方も簡単です。     ■エレシリンダー®導入装置の解説 エレシリンダー 従来の問題点 EC-S6H ¥37,700 移載時に停止の衝 撃が大きくなると ワークの破損や落 落下 下により不良が発 破損 生していました。 A エレシリンダー採用の効果 停止時の衝撃がなくなり、ワークの破 B 損や落下による不良がなくなりました。 梱包ラインの コンベアーに 組立ラインコンベアー パレットを から完成した電子部品 移載します。 をパレットに乗せ搬送 します。 梱包ラインへ コンベアー搬送します。 09
Page10

APPLICATION アプリケーション事例 電機 精密 13 基板の導通検査装置 プローブを昇降して電子基板の導通検査をする装置です。 ■エレシリンダー®導入装置の解説 エレシリンダー EC-S6M ¥47,500 従来の問題点 エアシリンダーを使った装置では、 緊急停止後の復旧作業手順が複雑 プローブユニット でした。 (プローブ:約50本) エレシリンダー採用の効果 緊急停止後の復旧作業手順が簡 単で、作業工数を大幅に削減する ことができました。 基板 基板のセット/取外しは 手作業で行います。 電機 精密 家14電家製電品製の品部の品部成品型成工型装程置 家電製品部品の用銅製途シャ家フト電を製、金品型に部押品付けのて銅折り製曲シげるャ装フ置トですを。、金型に押付けて折り曲げる装置。 ■エレシリンダー®導入装置の解説 従来の問題点 エレシリンダー EC-R6 金属シャフトの折り曲げ ¥27,500 にソリやカエリが発生し 品質が安定しませんで した。 エレシリンダー 採用の効果 低速動作や押圧の安定 化により、ソリやカエリ がなくなり品質が安定し ました。 シャフト 10 解説 従来、折り曲げ加工はエアシリンダーで行っていましたが、エレシリンダーへ変更し、低速動作や押圧の安定化が可能となり、 ソリやカエリが発生しなくなり、品質が安定しました。
Page11

APPLICATION アプリケーション事例 電機 精密 15 樹脂成形部品のゲートカット装置 樹脂成形部品のゲートカット装置 樹脂成形のゲートカット装置のカッターを移動する機構です。 用途 樹脂成形品のゲートカット装置のカッターを移動する機構。 ■エレシリンダー®導入装置の解説 従来の問題点 RCP6-TA6R ¥75,000 カッターの位置の微調整に手間が かかっていました。 エレシリンダー採用の効果 エレシリンダー カッター位置の微調整が簡単にで EC-TW4 きるようになりました。 ¥55,700 樹脂成形部品 移動 カッター 降下   ゲート 切断 解説 エアシリンダーに比べてカッター位置の微調整が簡単にできるようになりました。 Z軸による斜め方向へのカッターの移動がスムースで、切断面も鋭利に切れるようになり、加工不良品を 電機 精密 削減で1き6、品電質が子安定す部るよ品うになのりま組した。立て装置 センサー部品組立て時にフタをはめ込む装置です。 ■電エレ子シリン部ダー品®導の入装組置の立解説装置 エレシリンダー 用途 セ従ン来サのー問部題品点組立時にフタをはめ込む装EC置-G。D4 ¥47,000 フタ サイクルタイムを短縮したいと思っ ていました。 センサー本体 エレシリンダー採用の効果 エレシリンダーはアプローチ速度 (ワークまでの移動速度)が速くはめ 込む力が安定しているので、サイク ルタイムが0.3秒短縮しました。 はめ込み 前工程で 完了 フタをセット 解説 フタをエレシリンダーの押し付け機能ではめ込みます。 エアシリンダーに比較してアプローチ速度が速く、はめ込む力が安定しているのでサイクルタイムが 11 1.3 秒から1.0 秒になりました。
Page12

APPLICATION アプリケーション事例 食品 17ドーナツにシロップを振りかける装置 コンベアー上を流れてきたドーナツに、ディスペンサーを往復させてシロップを振りかける装置です。 ■エレシリンダー®導入装置の解説 従来の問題点 エレシリンダー エアシリンダー使用時は EC-S7 ¥45,400 移動速度が安定せず、 ドーナツにかかるシロッ プの量がばらつき、ドーナ ツの品質が不安定になっ ていました。 ドーナツ(ワーク) エレシリンダー 採用の効果 設定した速度で必ず動作 シロップ コンベアー するため、ドーナツにかか ディスペンサー るシロップの量が均一に なり、作業者による手直し 作業が不要になりました。 食品 18 ショートケーキ移載装置 コンベアー【A】に流れてくるショートケーキを、2個ずつ次工程のコンベアー【B】へ移載する装置です。 ■エレシリンダー®導入装置の解説 従来の問題点 エレシリンダー EC-S6 エアシリンダー使用時 帰り(後退) 行き(前進) ¥37,700 は、スピコンを開いて移 載用治具の速度を上げ ると、ケーキへの衝撃 が大きくなり不良品が 移載用治具 発生していました。 エレシリンダー採用の効果 ショートケーキ (パック詰め) 緩やかな加減速の設定により、ケーキを衝撃 なく移載でき、不良がなくなりました。また サイクルタイムが0.6秒短縮しました。 コンベアー【A】 次工程 コンベアー【B】 12
Page13

APPLICATION アプリケーション事例 食品 19 お菓子ケースのフタはめ込み装置 お菓子ケースの上から仮組みしたフタを押してはめ込みを行う装置です。 ■エレシリンダー®導入装置の解説 エレシリンダー 従来の問題点 EC-RR6 ¥45,500 フタを乗せた ①前工程 はめ込み動作の速度を上げられないので、サイクル 仮組みのケース タイムを上げることができませんでした。また、無理 に速度を上げるとワークが破損してしまいます。 エレシリンダー採用の効果 戻り移動 (高速) フタの手前までは高速で動かしフタをはめ込む 時は押付け動作(低速)に切り替えて運転ができ るためサイクルタイムが短縮しました。 アプローチ移動 (高速) はめ込み完了品 はめ込みの流れ はめ込みの流れ フタを上から押す フタを上から押す はめ込み完了 はめ込み完了 フタ フタ ケース 押付動作 ケース (低速) ③ラベル貼り工程 ②組立台 食品 20 チーズ押出し装置 チーズを押出して紐状に成形し、動いているコンベアー上へ送り出す装置です。 ■エレシリンダー®導入装置の解説 従来の問題点 コンベアー速度とチーズの押出し速度が合わ 材料のチーズ ないと品質不良となっていました。 コンベア 押出し 速度 速度 エレシリンダー コンベア 押出し EC-R6 速度 速度 ¥28,500 50mm/s エレシリンダー採用の効果 コンベアーに合わせた速度を数値で設定で き、毎日の速度設定が不要となりました。コン ベアー速度に合わせることができたため、速 度変動による不良がなくなりました。 50mm/s チーズ 13
Page14

APPLICATION アプリケーション事例 食品 21 インスタントスープの選別装置 インスタントスープ(箱の外観検査)の良否判定を行い2か所に振分ける装置です。 ■エレシリンダー®導入装置の解説 従来の問題点 インスタントスープ 選別ゲートの開閉時に良 品をはじき飛ばしてしまい 良品・不良品の振分け方 製品が落下していました。 エレシリンダー 選別ゲート1 良 品 採用の効果 選別ゲート2 不良1 不良 2 (つぶれ) ((印字もれ) 加速度・速度・減速度が 数値で個別に設定できる ので、高速移動かつ衝撃 不良品 レスで製品が落下しなく (つぶれ) 不良1 不良2 なりました。 (つぶれ) (印字もれ) エレシリンダー EC-RP4H ¥40,800 不 ( 良つ 1 ぶれ 不良品 ) 不良 (印字もれ) ( エレシリンダー 印字 2 不良1 不良2 (つぶれ) (印字もれ) EC-RP4H もれ) ¥40,800 食品 22 焼き菓子製造装置 ブッセの生地を重ね合わせる(サンドする)装置です。 ■エレシリンダー®導入装置の解説 (Y軸) ❶ク リームのせの“下側生地”と 従来の問題点 (Z軸) エレシリンダー EC-S6SAH 生地のみの“上側生地”が エレシリンダー 左上➡方向から流れてくる 元圧変動等で停止時の衝 EC-RR6M ¥66,900 ❷Y Z組合せ軸と吸着ユニットで 撃が大きくなり、生地の落 ¥39,100 “上側生地”4個を同時に吸着 下やズレが発生していま した。 ❸Y Z組合せで“下側生地”に 重ね合わせる 上側生地 ❶ ライン平面図 エレシリンダー 左 側 右 側 採用の効果 ブッセのクリームが ブッセの上側の生地 のった下側の生地が が流れてきます。 速度を上げつつ緩やかな 流れてきます。 ❷ 加減速ができるため、生地 下側生地 の落下やズレがなくなりま 吸着ユニット した。またサイクルタイム も1秒短縮しました。 ❸ 重ね合わせ 14
Page15

APPLICATION アプリケーション事例 食品 23 冷凍食品段積み移載装置 冷凍食品段積み移載装置 冷凍食品を段積み用して途次工冷程凍の食コ品ンをベ段ア積ーみにし移て載次す工る程装の置コでンすベ。アーに移載する装置。 ■エレシリンダー®導入装置の解説冷凍食品段積み移エレシリンダー E載C-S装6 置 当て止め 従来の問題点 ¥34,700 用途 冷凍食品を段積みして次工程のコンベアーに移載 餃子 冷す凍る子装置。餃 移載する際の動き出しと停止時の 子 冷凍餃 凍餃 子 衝撃により、荷崩れを起こし、不良 餃子 冷凍 子 冷 凍 凍餃 品が出ていました。また、荷崩れを 冷 コンベアーか冷ら箱餃を子落とし凍 子当て板 起こさないようにするために、速度 冷 餃 凍餃 子 て当て板で受けて3段まで冷凍 子 を上げることができませんでした冷。 積み上げる。 餃 冷凍餃子 冷凍 子 子 餃 餃子 エレシリンダー採 餃 冷凍用の効果 冷凍餃子 冷凍餃子 冷凍餃子 子 冷凍餃子冷凍餃子 冷凍 餃 凍 動作時の衝撃がないため、荷崩れ 餃子 冷凍 冷 凍 餃子 により発生していた不良がなくなり 冷 冷凍 凍餃 子 ました。また、途中を高速で動かせ 子 冷 餃子凍 るためサイクルタイムを短縮できま 凍餃 冷 餃子 した。 解説 冷凍餃子を包装する工程からダンボールへ冷箱詰めする工程のコンベアに移載する装置です。 冷凍餃子 コンベアから製品を自然に落下させ、L型の受け治具を設けたエレシリンダー上に段積みを行い、次工程の冷コ凍ンベアに移載しま餃す子凍 。 以前はエアシリンダーを使用 子 凍し餃ていましたが、移載する際の動き出しと停止時の衝撃により荷崩れを起こし、不良品が出て冷いま餃し 子た。 凍 また、荷崩れを起こさない冷ようにするために速度を上げることができませんでした。 冷 餃子 エレシリンダーは、A(速度)・V(加速度)・D(減速度)を個別に設定することができるため、発進・停止時はゆるやかに冷、凍 途中は高速で移動させることができ、サイクルタイムを 5秒→4.7 秒に短縮することができました。 また、動作時の衝撃が無いため、荷崩れにより発生していた不良を 0.5%→0%に削減することができました。 解説 冷凍餃子を包装する工程からダンボールへ箱詰めする工程のコンベアに移載する装置です。 コンベアから製品を自然に落下させ、L型の受け治具を設けたエレシリンダー上に段積みを行い、次工程のコンベアに移載します。 以前はエアシリンダーを使用していましたが、移載する際の動き出しと停止時の衝撃により荷崩れを起こし、不良品が出ていました。 食品 また、荷崩れを起こさないようにするために速度を上げることができませんでした。 24 飲料パックエレのシリンダセーは、ンA(速度)・V(加速度)・D(減速度)を個別に設定することができるため、発進・停止時はゆるやかに、途中は高速で移動させるタことがリでき、ンサイクグルタイ装ムを 5置秒→4.7 秒に短縮することができました。 また、動作時の衝撃が無いため、荷崩れにより発生していた不良を 0.5%→0%に削減することができました。 コンベアー上の飲料パックをセンタリングする装置です。 飲料パックのセンタリング装置 ■エレシリンダー®導入装置の解説 用途 コンベア上の飲料パックをセンタリングするための装置。 従来の問題点 エレシリンダー センサー EC-R6S ¥27,500 メンテナンス後のエアシリンダー のスピコン調整が大変でした。 天然 10 果 ●● 0 汁 ●● ●● ●●● センタリング % ●● ●●● ● ●● ●● ●● ● ● ● ● ●● ● エレシリンダー採用の効果 天 ● ● ● ● ●● ●● 然 ●● ● ●● ●● ● ● ● ● ●● ● 果 ● ● ●● ● ● ● 1 ● ●● ● 汁 ●  ● 0 ●● ●● ●● ● ● 0 ●● ● ● ●●   % ● ●● ● ●● ●● ●● ●● ●● ● ●● ● ●● ● ●● ● ● ●● ● ● ●● ●● ● ● ● ●● ● ●● ● ● ●● ● ●● ● ● 数値で速度を設定でき、再現性も ●● ● ● ●● ● ●  ● ●● ●● ●  ● ●● ●● 良いため、メンテナンス作業の平 天然 10 果 ●● 準化につながりました。またエアレ 0 汁 ● ●● ● ●● ● % ● ●● ● ●● ● ● ●● ● ● ●● ●● ●● ● ● ●● ● ●● ● ● ● ●● ●● ●● ● ● ●● ● ● ●● ● ● ● スで省エネにもつながりました。 天 ●● ● ● ●● ● 然 ●  ● ●● ● ●● 10 果 ● ●●   汁 ●● ●● ● 0 ●●● ●● % ●● ●● ● ●● ●● ● ● ●●● ●● ●● ● ● ● ●● ●● ●● ●● ● ● ●● ●●● ●● ●● ●● 天 ●● ● ● ● ● ● ● ●●● 然 ●● ●  ● ● ● ●● ●●   1 ●● 0 果汁 ●● 0 ●● ● ●● % ● ●● ●● ●● ●● ●● ●● ●● ● ●● ●● ● ●● 天 ●● ● ● ● ●● ● ●● ●● ●● ●● 然 ●● ●●● ●● ●● ●● 果 ● ● ●●  ● ● 1 ●● ●● ● 0 ● ●● ● ● 0 汁 ●● ● ●●● % ● ●● ● ● ● ● ●● ● ● ● ● ●●● ● ●● ● ● ●● ● ●● ●● ●● ●● ●● ●● ●● ● ●● ●● ●● ●●● ● ●● ●● ●● ● ●● ● ●●   ●● ●  ●● ● エレシリンダー EC-R6S ¥27,500 解説 飲料パックをセンタリングするためにエアシリンダーを使用していました。 定期メンテナンス後のエア調整(飲料パックをつぶさないための調整)が大変でしたが、エレシリンダーの採用により、 15 数値で速度を入力でき、再現性も良いため、メンテナンス作業の平準化につながりました。 また、エアレスで省エネにもつながりました。
Page16

APPLICATION アプリケーション事例 食品 25 お菓子の搬送装置 お菓子の搬送装置 お菓子の搬送装置で、お菓子の載ったトレーをコンベアーに押出す装置です。 用途 お菓子の搬送装置で、お菓子の載ったトレーをコンベアに押し出す装置。 ■エレシリンダー®導入装置の解説 従来の問題点 トレーを押出す際の速度調整が難 エレシリンダー しく、お菓子がトレーから飛び出し EC-S6AH てしまいました。 ¥52,200 エレシリンダー採用の効果 数値で簡単に速度が設定できるた め、お菓子がトレーから飛び出すこ とがなくなりました。 解説 従来、エアシリンダーを使用していましたが、押し出しの速度調整が難しく、お菓子がトレーから飛び出してしまうという事がありました。 エアの制御(配線・プログラム)をそのまま使え、かつ下記 2つの効果がありました。 食品 26 ①紙お菓パ子の飛び出②行きと帰りッの速クしが素無くなりました。度を変える材ことにのより、供サイク給ルタイ装ムが置短縮しました。 紙パック素材を次工程に供給します。 エレシリンダー ■エレシリンダー®導入装置の解説 EC-R6M-100 紙パック素材供給装置 ¥28,000 従来の問題点 速度が安用定途せず紙、停パ止ッ位置クが素ず材を次工程に れ、吸着ミスが発生供し給ていしまましたす。。 吸着パッド エレシリンダー採用の効果 速度が安定し、停止位置のずれが 次工程へ移載 なくなり、確実に吸着できるように なりました。 ガイド 紙パックの素材 センサー エレシリンダー EC-R6M-200 ¥29,000 16 解説 エレシリンダーで段積みされたワーク(液体用紙パック成形する前のもの)を決まった位置まで上昇させます。 段積みされたワークの上部をセンサーで検知し、停止させます。その後、最上段のワークを吸着パッドで吸着し、 次工程へ送ります。 エアシリンダー使用時は速度が安定せず、目標位置からずれて停止するため、吸着ミスが発生していました。 エレシリンダーに変えたことで安定した速度で動作させることができるようになりました。 これにより、目標位置で停止することができるようになり、吸着ミスが無くなりました。
Page17

APPLICATION アプリケーション事例 医薬品 医療品 27 小瓶コンベアー搬送装置 小瓶を5本ずつ次工程へ搬送する装置です。 ■エレシリンダー®導入装置の解説 従来の問題点 コンベアーを動かしたまま、ワーク (小瓶5本)を 供 給 ポ イ ン ト に ①ワークを供給 コンベアー速度を上げすぎる 置きます。ワークが置かれると と、ワーク供給時に小瓶の足元 コンベアーで次工程へ 供給ポイント がすくわれて倒れてしまいま す。このため、サイクルタイムを 搬送されます。 短縮できませんでした。 (ストッパー) エレシリンダー EC-TC4 ¥51,700 倒れる (X軸) エレシリンダー ストッパー部分 拡大図 EC-S7 ②X軸がコンベアーと ③ストッパー退避 エレシリンダー ¥40,600  同速度まで加速 採用の効果 転倒防止装置(X軸とストッ パー)によりコンベアーの速度 を上げられるようになり、サイク ルタイムを2秒短縮できました。 コンベアー 医薬品 医療品 28 ハンドクリーム充填装置 コンベアー上を流れてくる容器へハンドクリームを充填します。 ■エレシリンダー®導入装置の解説 エレシリンダー  従来の問題点 EC-S6 ¥35,300 エアシリンダー使用時は エアシリンダーの動作速度 (➡)とコンベアーの動作 速度(➡)を同期させるの ワーク が困難でした。このため充 停止させず充填 (ハンドクリーム容器) 填時にコンベアーを一時 ハンドクリーム充填機 停止させる必要がありま 同期して動く した。 エレシリンダー 充填開始 採用の効果 コンベアー コンベアーとエレシリン ダーが同期して動くこと 停止なし によりコンベアーの一時 停止が不要になりました。 また、停止しないことでサ センサー イクルタイムを2秒短縮で きました。 17
Page18

APPLICATION アプリケーション事例 医薬品 医療品 29 化粧品ボトルの不良品除去装置 搬送コンベアーで流れてくる化粧品ボトルのキャップ有無を不良品判別センサーで確認し、キャップの無いボトルを一時的に不良品コンベアーへ払い出します。 ■エレシリンダー®導入装置の解説 (X軸) (Y軸) エレシリンダー 不良品判別センサー 従来の問題点 エレシリンダー EC-S6 製品通過 EC-RR6 ¥38,700 判別センサー 下記それぞれのコンベアー速度が ¥41,900 合っていないとボトルが転倒してしま 前工程 いました。 手作業での キャップ取付け 搬送コンベアー速度= X軸速度 不良品コンベアー速度= Y軸速度 搬送 コンベアー エレシリンダー採用の効果 コンベアーの速度とエレシリンダーの 不良品 速度を簡単に合わせられるので調整 コンベアー 時間が不要になりました。また、速度 次工程 が安定しているため、ボトルを倒すこ 化粧箱への 良品 セット作業 とがなくなり、清掃と再調整の時間が 不要になりました。 不良品 医薬品 医療品 30 液体の液攪体拌の装撹置拌装置 ビーカー用に入途ったビ薬ー品をカ撹ー拌に棒を入ゆっったくり薬上品下をに動攪か拌して棒撹を拌ゆするっ装く置りで上す下。に動かして攪拌する装置。 ■エレシリンダー®導入装置の解説 エレシリンダー導入の問題点 エレシリンダー EC-S6 距離や速度変更を自由に行える装 ¥34,700 置を設計したいと思っていました。 エレシリンダー採用の効果 撹拌の速度を自由に設定できるよ うになりました。 撹拌棒 液体 解説 当初、エアシリンダーを使って攪拌する予定でしたが、 18 振幅や攪拌の速度を自由に設定できる点で採用いただきました。 ➡ ➡ ➡ ➡
Page19

APPLICATION アプリケーション事例 医薬品 医療品 31 樹脂成形品のバリ取り装置 口紅のキャップの樹内側脂のバリ成取り形をする品装置のです。バリ取り装置 ■エレシリンダー用®途導入装口置紅のの解キ説ャップの内側のバリ取りをする装置。 エレシリンダー 従来の問題点 EC-S6AH ¥49,800 速度を上げると部品を振り落とし てしまっていました。 エレシリンダー採用の効果 エレシリンダー 口紅のキャップ EC-GS4 緩やかな加減速度の設定によって ¥45,800 速度を上げても部品を振り落とさ なくなり、サイクルタイムを2秒短縮 ブラシ バリ取り機 できました。 センサー 解説 コンベア上の部品をバリ取り機に投入し、加工後にコンベアに戻す機構にエアシリンダーを使用していましたが、速度を上げると 部品を振り落としてしまうのでサイクルタイムを短縮することができませんでした。 医薬品 医療品 エレシリンダーを導入してA:加速度 V:速度 D:減速度を個別に数値で調節できるようになりました。速度を上げてもゆる 32 医やか療な加機減速度器の設部定によ品って部の品を振切り落と断さな装くなり置、サイクルタイムを10秒から8秒に短縮することができました。 医療機器部品の束を切断する設備の駆動装置です。 ■エレシリンダー®導入装置の解説 従来の問題点 振動時にラジアル 荷重がかかるため、 エアシリンダーを 使用した従来装置は 外付けのガイドを 取付けていました。 エレシリンダー採用の効果 EC-RR6(ラジアルシリンダー®)は、 ボール循環型のリニアガイドを内蔵 エレシリンダー しているので外付けガイドが不要に EC-RR6 なりました。 ¥48,500 19
Page20

APPLICATION アプリケーション事例 建材 資材 33 ランプシェード塗装装置 塗装台にセットしたワークをモーターで回転させながら、塗装用スプレーガンを揺動させ塗装を行います。 ■エレシリンダー®導入装置の解説 従来の問題点 ワーク(ランプシェード) 塗装用 エアシリンダー使用時は速度が スプレーガン 不安定なため塗装ムラができて いました。 エレシリンダー採用の効果 揺動 エレシリンダー EC-RR6 速度が安定しているため、塗装ムラ モーターで回転 ¥39,100 がなくなり不良がなくなりました。 塗装台 前後移動 ③ムラのない塗装 トラニオン ②滑らかな軌道 ①安定した速度 建材 資材 34 フローリングパネル移載装置 フローリングパネルを供給コンベアーからストッカーに移載する装置です。 ■エレシリンダー®導入装置の解説 従来の問題点 エレシリンダー EC-RR7HAH 速度を上げるとストロー ¥67,200 ク端の衝撃が大きくなり、 フローリングパネルがズ レて収納枠から外れてい ました。 エレシリンダー 移載 採用の効果 落とす 速度を上げても衝撃が無 収納枠 いため必ず収納枠に入る 前進 フローリングパネル ようになりました。 ストッカー 昇降 20