1/9ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(2.2Mb)

クーラントタンクを楽々メンテ!浮上油・スラッジ回収装置活用事例

事例紹介

金属を切削、研削する際に必ず登場する「クーラント液」。ご存知のとおり、熱を逃すのに欠かせない重要な存在ですが、「クーラントタンクを清掃していても刃物の交換頻度が高い」「浮上油がうまく回収できない」「クーラントタンクの清掃が大変」など、多くの工場でクーラント液にまつわる悩みの声が聞かれます。またこれから夏になると「悪臭」の問題も…。
改めて検討したいのが、クーラントタンクのメンテナンス方法。浮上油・スラッジ回収装置『エコイット』を導入すれば、メンテナンス作業を楽にでき、作業環境や加工品質も向上させることが可能です。

このカタログについて

ドキュメント名 クーラントタンクを楽々メンテ!浮上油・スラッジ回収装置活用事例
ドキュメント種別 事例紹介
ファイルサイズ 2.2Mb
取り扱い企業 永進テクノ株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

このカタログの内容

Page1

工作機械クーラントタンク 洗 浄 機 タ ン ク 改善事例ハンドブック 現 場 に よ り そ っ た 提 案 と 確 か な 実 績 永 進 テ ク ノ 株 式 会 社
Page2

お客様の困り事はなんでしょうか? 更 液 が 多 い ? 鋳物スラッジ? 機械のチョコ停? 連 休 の 大 掃 除 が 大 変 ? 浮遊アルミスラッジが多い? タ ン ク に 浮 上 油 が タンク内にスラッジが 溜 ま っ て い る ? 溜 ま り す ぎ る ? 事例:CONTENTS 浮上油回収装置 事例1 タンクの清掃頻度軽減事例 ……………2 事例2 廃液処理量軽減事例 ……………………2 事例3 浮遊アルミスラッジ回収事例 …………3 事例4 脱脂槽高温現場事例 ……………………3 事例5 洗浄機高温高アルカリ現場事例 ………4 事例6 刃物交換頻度削減事例 …………………4 遠心分離装置 事例7 洗浄液の更液回数軽減事例 ……………5 スラッジ回収装置 事例8 ポンプチョコ停改善事例 ………………5 事例9 産廃費軽減事例 …………………………6 事例10 機械エラー軽減事例 …………………6 製品ラインナップ ………………………………7、8 (1)
Page3

事例1 タンクの清掃頻度が多くて困っている! 困り事 提案機種 ・クーラント液が浮上油と微細スラッジで汚れてくる事により タンクの既存フィルターが目詰まりして機械が2、3ヵ月に 1度停止してしまう。 ・日々のフィルターの清掃に時間がかかる。 浮上油 対策 回収装置 WD-A ・【浮上油回収装置WD-A】を設置し、浮上油と微細スラッ ジを常時回収する事にした。 効果 ・フィルターの清掃も軽減され、機械のチョコ停がなくなった。 ・今まで2,3ヵ月に1度の更液が年に1回となった。 1年間の更液頻度 導入前 5 回 年間 更液頻度 1年に5回 導入後 1 回 1 回 1年に1回 浮上油が溜まった現場 事例2 廃液の産廃費が多くて困っている! 困り事 ・工作機械を増設し、更に年々産廃処理単価も上がってきて 提案機種 おり、廃液量の増加で処理コストが増大している。 ・クーラントタンク内は浮上油や浮遊スラッジで常に汚れて おり、切削液の劣化が進むため、年2回の更液をしている。 対策 ・【浮上油回収装置WD-A】を各機械毎に導入し、常時、 クーラントタンク内の浮上油を回収するようにした。 効果 ・更液回数が年2回から年1回に減り、産廃処理費用および 浮上油回収装置 それらに付随する人件費や雑費等が年間計95万削減された。 WD-A 導入前後1年間の経費の推移 導入前 110万 年間 削減費用 導入後 15万 およそ 1/7に削減 95万 (2)
Page4

事例3 水溶性切削液に浮遊アルミスラッジが混入する! 困り事 提案機種 ・加工しているアルミのワークが大きく、削ると大量の アルミスラッジが発生する。 ・アルミは比重が軽く水の上に浮遊しているが、時間が経つと 浮上油 沈殿して掃除が大変で困っている。 回収装置 WD-A 対策 5倍外スト レーナ仕様 ・浮遊アルミスラッジが沈む前に【浮上油回収装置WD-A】 で浮上油と共に回収。スラッジの量が多いため5倍外スト レーナに仕様変更。 効果 ・常時、浮遊スラッジを回収することで沈殿する量が減った ため、タンクの清掃頻度が減り、日々のタンクの清掃作業 (30分)が5倍ストレーナ内のスラッジを1日1回捨てる だけ(3分)になった。 回収したアルミスラッジ 高温脱脂工程のタンクに大量の浮上油と 事例4 スカムが発生して困っている! 困り事 提案機種 ・大型のベルト式オイルスキマーで浮上油を取っているが 取り切れず時間が経つとスカムが発生。そのためベルト に負荷がかかり交換頻度が多くコストが発生している。 ・現場の水温が80度と高温の為、いろいろなメーカーの 装置を探したがなかなか現場に合う装置がなかった。 対策 ・【浮上油回収装置E-FTD】を80度まで対応できる高温仕様 浮上油回収装置 に変更し、導入した。 E-FTD高温仕様 ・常時使用することでタンク内に油が溜まりスカムが発生する 前に回収することとした。 効果 ・タンクの浮上油をほぼ回収出来るようになったため、 スカムの発生がなくなった。 (3) 現場の写真(スカム発生時)
Page5

事例5 タ高ン温ク・の高清ア掃ルカ頻リ度のがタ多ンくクてが困油っでて汚れいる! 困り事 提案機種 ・洗浄した油分がタンク内に溜まり洗浄液が汚れ、 ワークに付着してしまう為、年3回の更液を行っていた。 ・高温(80℃)高アルカリ(㏗値12)で更に設置スペースが 狭く現場条件が特殊なため合う装置が無かった。 浮上油 対策 回収装置 E-WKS ・省スペース(A4サイズ)でも置ける据え置き式の 高温・ 【浮上油回収装置E-WKS】をご提案。 高アルカリ 更に、高温・高アルカリ仕様にカスタマイズを行った。 仕様 効果 ・常時、タンク内の油分を回収することにより 洗浄度が改善され品質が安定した。 更に液質改善により更液回数が年3回から1回に減った。 1年間の更液頻度 導入前 3 回 1年に3回 更液回数 導入後 回収前の現場画像1回に削減 1年に1回 1 回 事例6 刃物交換が多くて困っている! 困り事 提案機種 ・液中の微細スラッジの影響で加工品の摺動面へのキズや 面粗度の精度悪化が発生している。 ・刃物の交換頻度が高く月に1ダース以上の刃物を交換しており、 更にタンクの更液回数(年2回から3回)が増加している。 浮遊物・浮上油 ・鋳物の加工で悪臭がひどく面接に来た学生が悪臭を理由に 回収装置 内定を辞退した。 MS-A 対策 ・液中に浮遊する微細スラッジ(鋳物粉)を回収することが できるマグネットセパレータ付きの 【浮遊物・浮上油回収装置MS-A】を設置。 ・液中の鋳物粉を回収する事で刃物の交換頻度が減少。 効果 ・液中の微細スラッジを回収したことで加工時の切削液への 混入が減り、加工品質が安定した。 ・更に刃物の交換頻度がおよそ5分の1に軽減した。 ・タンクの更液回数が年1回に減った。 ・夏場の臭いが軽減し現場作業者から大変喜ばれた。 回収鋳物スラッジ (4)
Page6

事例7 洗浄液の更液回数が多くて困っている! 困り事 提案機種 ・既存の浮上油回収装置を使用しているが、 分離効率が悪く浮上油を回収出来ない。 ・洗浄液を更液してもすぐ液中に油分が混ざってしまい 液が劣化する。 ・そのため更液回数を年4回から6回へ増やした。 対策 遠心分離機 ・【遠心分離機E-CT20】を提案し既存装置では回収しにくい E-CT20 浮上油を除去。 効果 ・液中に混ざった油分と微細スラッジが同時に回収できた。 ・更液回数も減り大幅な経費削減につながった。 回収した浮上油 回収したスラッジ 回収中の画像 事例8 鋳物がヘドロになりポンプを詰まらせ機械停止に! 困り事 提案機種 ・クーラントタンクの底にヘドロ状の鋳物スラッジが 沈殿してしまい、週に何度かタンクからの液のオーバー フローや循環ポンプの故障が発生し機械を停止させる。 そのため機械が止まる毎にタンクの清掃に多くの時間 スラッジ を費やしていた。 回収装置 ES-A 対策 ・【スラッジ回収装置ES-A】にて沈殿スラッジをこまめに 簡単に清掃することをご提案。 効果 ・機械を止めずに日々タンクを短時間で掃除できるように なり、全くタンクのオーバーフローやポンプの詰まりが 発生しなくなった。 回収した鋳物スラッジ (5)
Page7

事例9 水溶性切削液の産廃量が多くて困っている! 困り事 提案機種 ・アルミ切削で使用している水溶性切削液の廃液量が年々 増えている。 ・以前に比べ産廃処理料が高くなり外部に委託していた バキューム回収(年4回)の回数を減らしたい。 スラッジ 対策 回収装置 ・今まで外部委託していたバキューム清掃を、【スラッジ回収 ES-A 装置ES-A】を運用し、自社で行うようにした。 効果 ・バキューム清掃及びタンクの更液が年2回になり廃液の 産廃費用が1/2になった。 ・今まで手では届かなかったタンク奥のスラッジが回収できる ようになった。 1年間の更液頻度 導入前 更液回数 4 回 年に4回 半分に削減 導入後 2 回 2 回 回収アルミスラッジ 年に2回 沈殿スラッジが溜まり 事例10 機械エラーが出て困っている! 困り事 提案機種 ・タンク内のスラッジを毎日回収しないと蓄積されたスラッジ が原因で機械エラーが出てしまう。 そのため作業者が時間を使い手作業で日々清掃しているが 通常業務時間に支障が出ている。 ・機械に付属の金属フィルターの目が粗く細かいスラッジが 抜けてタンク奥に溜まってしまう。 対策 スラッジ ・簡単手軽にタンクを清掃できる【スラッジ回収装置E-SC04】 回収装置 にて作業者の清掃負荷を軽減した。 E-SC04 ・スラッジが細かいため、現場に合わせた細かいメッシュ (目開き200µ)を提案した。 効果 ・機械エラーが出なくなった。 ・日々の清掃時間も大幅に短縮する事が出来た。 導入前 エラー発生 1週間で 6回発生 件数が 導入後 0回に 1年経過 0回 削減 の時点で (6)
Page8

製 品 仕 様 機種名 ※1 浮遊物・浮上油回収装置 浮遊物・浮上油回収装置 浮遊物・浮上油回収装置 E-FTD WD-A MS-A (ステンレスタンク仕様) (ステンレスタンク仕様) (ステンレスタンク仕様) 外形寸法 505×342×1046H 531×431×1336H 600×520×1430H (突起部含む) (突起部、専用台車含む) (突起部、専用台車含む) 分離層寸法 240×190×213H (約4.5L) 280×146×255H×2段 280×135×255H (約8L) 廃油缶容量 約10L (約16L) (オートストッパー作動容量約7L) 重量(タンク空時) 50kg 40kg(専用台車含む) 60kg(専用台車含む) 駆動源 エアー(標準圧力0.3MPa) エアー(標準圧力0.3MPa) 電気200V(25W) ※2 エアー(標準圧力0.3MPa) ポンプ エア駆動ダイアフラムポンプ 吐出32L/min (揚程1.8m 0.3MPa時) フロート φ75球型2個(3個タイプもあり) 接続配管口径 吸入口:φ12mm 環流口:φ19mm 廃油口:φ25mm 処理液 工作機械等の水溶性切削液・洗浄液・焼入液・工場廃液等(固形物を除く)※3 洗浄液等を高温にてお使いになる場合は別途ご相談ください。 耐熱温度 0℃~50℃ (凍結なきこと 高温仕様有) 設置条件 戻り口の高さを、タンク液面より高い位置に設定し、平坦な場所 ※4 ※5 ※1 水槽部(分離層)のみステンレス製です。ポンプカバー、台車等は鉄製が標準となります。 ※2 100Vオプション可。 ※3 使用用途はメーカーにご確認下さい。 ※4 キャスター付のタイプは、移動しないように固定し使用して下さい。 ※5 屋外に配置する場合、直射日光及び風雨を避けてご使用下さい。 製 品 仕 製様 品 仕 様E-WKS用 変更パーツ一覧 製 品 仕 様 新 商 品 機種名 新 商 品 機種名 浮遊物・浮上油回収装置 浮遊物・浮上油回収装置 ワークスモデル 移動式遠心分離機 E-WKS E-CT20 外形寸法 シングル分離槽 外形寸法 319×309×440H +ポンプユニット 2個玉フロート 450×670×800H + ほか 重量(タンク空時) 重量(タンク空時) 9kg 80kg 駆動源 駆動源 エアー抜き(小) エアー抜き(大) エアー(標準圧力0.3MPa) エアー(標準圧力0.3MPa) エア駆動ダイヤフラムポンプ エア駆動ダイヤフラムポンプ 定格電圧 フロート部 AC110V Φ75球型2個玉フロート 外ストレーナ(小) 外ストレーナ(大) 吸込み部 +専用ブラケット 耐熱温度 +専用ブラケット ベローズ式フロート 耐熱温度 0℃~50℃(凍結なきこと) 0℃~60℃(凍結なきこと) 接続配管口径 接続配管口径 吸入口:φ12mm 環流口:φ25mm / 吸入口:45mm 環流口:12.7mm 廃油口:φ25mm 廃油口:25.4mm 処理液 液面調整(短) 液面調整(長) 処理液 工作機械等の水溶切削液・洗浄液・ 脱脂液・焼き入れ液・工場廃液等 工作機械等の水溶切削液・洗浄液・ (固形物を除く) ホースセット 脱脂液・焼き入れ液・工場廃液等 (固形物を除く) 設置条件 設置条件 環水口の高さをタンク液面より高い ※赤枠分が基本装備となります。 位置に設置し、平坦な場所 ・現場にあわせてカスタムできます。 平坦な場所 (7)
Page9

製 品 仕 様 吸い込み口オプション 機種名 ■標準タイプを使いたい!標準 : 800mm スラッジ回収装置 スラッジ回収装置 円筒タイ E-SC04 ES-A プ タンク周りや 外形寸法 入り口が狭い現場には 短縮タイプがおすすめ 540×340×1071H (突起部含む) 550×378×1123H (突起部専用台車含む) ■ノズルやホースの途中で 詰まり難くしたい! 標準 : 800mm 重量(タンク空時) 50kg 45kg フラットタイ (2分割可 下段25kg 上段他付属品20kg) プ 駆動源 ■開口部が狭いけれど エアー(標準圧力0.4MPa) タンク奥まで回収したい! 回収フィルター寸法/ストレーナメッシュ(目開き)※1 フレキシブルタイプ 標準 : 800mm 40メッシュ(約0.4mm)/80メッシュ(約0.2mm)/ φ150×240H (約4L) 金属メッシュ PDW110 (150メッシュ相当・約0.1mm) ポンプ エア駆動ダイアフラムポンプ 吐出100L/min (揚程6.0m 0.4MPa時) 接続配管口径 ■浮遊スラッジや研磨粉 吸入口:φ38mm 環流口:φ25mm フロートを回収したい! 設置条件 タイプ 平坦な場所 ※2 ※3 処理液 標準ホース全長 : 工作機械等の油性・水溶性切削液・焼入液・工場廃液等(固形物を除く)※4 2000mm 洗浄液等を高温にてお使いになる場合は別途ご相談ください。 耐熱温度 0℃~50℃ (凍結なきこと) ※1 ストレーナメッシュはステンレス製です。メッシュ他サイズはご相談下さい。 ※2 キャスター付のタイプは、移動しないように固定し使用して下さい。 ※各種吸込み口は、延長・短縮可能です。 ※3 屋外に配置する場合、直射日光及び風雨を避けてご使用下さい。※4 使用用途はメーカーにご確認下さい。 永 進 テ ク ノ の 最 新 情 報 を W E B に て 随 時 更 新 中 ! 公式HP http://www.eishin.info com/channel/UC6RSEfuUKsCDri がんばる中小企業・小規模事業者300社 九都県市のきらりと光る産業技術 優秀環境装置表彰 中小企業庁 長官賞 永進テクノ株式会社 e c o e i t @ e i s h i n . i n f o 大阪事業所:〒585-0005 大阪府南河内郡河南町大宝1-4-1 TEL:0721-93-1380 FAX:0721-93-1480 h t t p : / / w w w . e i s h i n . i n f o 河南工場:〒585-0002 大阪府南河内郡河南町一須賀7 〒252-0134 神奈川県相模原市緑区下九沢1630-2 Eishin(Thailand):バンコク市内 RK Bizセンター TEL:042-773-6238 FAX:042-773-6548 ecoeit-d-201910 https://www.youtube. X5NLt___Q