1/17ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.2Mb)

警備会社が運営する書類保管専⽤倉庫 書類保管サービス FDS(FUJI DATA SECURITY)

製品カタログ

万全の警備体制により安全確実な書類保管サービスをご提供致します。

万全の警備体制により書類の「集荷」「保管」「管理」「廃棄」まで安全確実な書類保管サービスをご提供致します。

FDS(Fuji Data Security)とは富⼠防災警備株式会社が運営するセキュリティ万全の書類・磁気記録媒体専⽤保管施設による法⼈専⽤データ保管サービスです。企業コンプライアンス、CSR等の社会的要求からBCP策定・運⽤に取組まれる法⼈企業の事業継続資産(重要書類・磁気記録媒体)を、あらゆるリスク耐性に優れた保管設備・環境にて安全確実な保管管理するとともに、集配送/データ管理/廃棄を備えたサービスをご提供いたします。

◆詳細はカタログをダウンロードしご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

このカタログについて

ドキュメント名 警備会社が運営する書類保管専⽤倉庫 書類保管サービス FDS(FUJI DATA SECURITY)
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1.2Mb
登録カテゴリ
取り扱い企業 富士防災警備株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

生き残るための備え 地震予測システム S-CAST
製品カタログ

富士防災警備株式会社

自律型巡回警備ロボット アルジスX
製品カタログ

富士防災警備株式会社

このカタログの内容

Page1

富士防災警備株式会社_書類保管サービス

書類保管サービス 万全の警備体制により安全確実な書類保管サービスをご提供致します。 警備会社が運営する書類保管専用倉庫 書類集配専用車両による集配送 書類廃棄回収サービス お問合せ・見積依頼 〒162-0832 東京都新宿区岩⼾町11番地 清⾵ビル3階 富⼠防災警備株式会社 TEL:03-5206-5171 FAX:03-5260-5166 E-mail:y-mori21@fuji-b-k.co.jp
Page2

富士防災警備株式会社_書類保管を委託する倉庫選びのポイント

警備会社が運営する書類保管専⽤倉庫 FDS(FUJI DATA SECURITY) 書類保管サービス 万全の警備体制により安全確実な書類保管サービスをご提供致します。 〒162-0832 東京都新宿区岩富⼾⼠町1防1番災地警清備⾵株ビル3階富⼠防災警備株式会社 式会社 TEL:03-5206-5171 FAX:03-5260-5166 E-mail:eigyou@fuji-b-k.co.jp
Page3

C O N T E N T S サービス内容 ・ 01. 書類保管・ 02. 磁気記録媒体保管 ・ 03. 物品保管 ・ 04. 書類廃棄 ・ 05. WEB受付サービス ・ 06. 集配サービス 倉庫選びのポイント ・ 07. 書類保管とレンタルスペースの違い ・ 08. ⽴地条件-1 ・ 09. ⽴地条件-2 ・ 10. 消⽕設備 ・ 11. 万全なセキュリティ・認可 導⼊事例 ・ 12. 導⼊事例-1 ・ 13. 導⼊事例-2 ・ 14. 導⼊ガイド-3 サービス料⾦ ・ 15.料⾦表
Page4

01 警備会社による書類保管サービス 万全の警備体制により 書類の「集荷」「保管」「管理」「廃棄」まで 安全確実な書類保管サービスをご提供致します。 FDS(Fuji Data Security)とは富⼠防災警備株式会社が運営する セキュリティ万全の書類・磁気記録媒体専⽤保管施設による 法⼈専⽤データ保管サービスです。 企業コンプライアンス、CSR等の社会的要求からBCP策定・運⽤に取組 まれる法⼈企業の事業継続資産(重要書類・磁気記録媒体)を、 あらゆるリスク耐性に優れた保管設備・環境にて安全確実な保管管理する とともに、集配送/データ管理/廃棄を備えたサービスをご提供いたします。 集荷・配送サービス 保管サービス 管理サポート 廃棄代⾏サービス ・指定地域に応じた集荷、配送 ・書類保管-法定保存期間書類 ・オンラインサービス ・廃棄⽂書の引き取り ・緊急対応に応じた集荷、配送 ・磁気記録媒体 ・保管書類箱の管理情報 ・保管書類の廃棄期限通知 ・⼊出庫依頼 警備会社の輸送 万全なセキュリティ オンライイン管理 警備会社社員の⽴会 緊急時配送の対応 適切な保管環境・設備 効果的な⽂書管理 法定保存期限の遵守
Page5

02 書類保管 お客様にとって 満⾜いただける安⼼安全と 料⾦をご提供致します。 寄居センターは、保管場所が遠隔地ということと保管の集約率を最⼤限 に上げたことにより、低価格を実現致しました。保管コストの⾒直しを進め ているお客様にとってもきっと満⾜頂ける料⾦をお出し致します。 安いだけではありません。寄居センターはバイタルレコード(※1)の 遠隔地保管に最適な最先端のセキュリティを備えた施設でもあるのです。 FDS寄居センター ※1:バイタルレコードとは、コーポレートガバナンスや内部統制の観点から、 企業の存続に不可⽋な重要記録⽂書のことで、これが失われると、その企 業は、社外に向けての説明がはたせなくなります 書類保管⽤箱 監視カメラ 緊急地震速報システム 電動ラック
Page6

03 磁気記録媒体の保管 社内の機密情報を記録する バックアップ磁気記録媒体 クラウドに預けられない機密情報もバックアップが必要です。 越⽣センターは、磁気記録媒体(LTO・DLT・DATなど)を 定温・定湿・防じん・防磁の安定した環境で保管しております。 媒体をケース単位で保管管理するのと媒体を個々別々に保管管理する のかを選べます。 FDS越⽣センター 専⽤保管ケースサイズ:W300×H315×D320mm これに各媒体に対応する仕切りトレーを⼊れて保管します。 防犯システム「フォグガード」 防犯システム「フォグガード」 指紋照合システム ガス消⽕設備
Page7

04 物品の保管 いざという時はそう遠い未来ではない。 PC・機器類等の保管 事業継続に関わる物品とは? PCなどの機器類やその企業のボトルネックと思われるものなどをいざと いう時の為に保管します。 ラックの⼀段当たりのサイズ:W1740×H655×D450mm ⾮常時には、お客様のご指定場所に速やかに配送致します。 寄居センター倉庫内 事業継続に関わらない物品でももちろん保管致します。 集配線量⾞両 集配専⽤⾞両内部 寄居センター搬⼊⼝ 電動ラック
Page8

05 書類廃棄代⾏サービス 不要書類は機密保持して リサイクル処分 ⽇々、機密⽂章は増え廃棄を考える必要があります。 保管だけの管理では必要な書類がいつまでも残ってしまいます。 保管期限を定めていただいた機密⽂書を当社廃棄サービスで 廃棄いただけます。 ▶書類保管には、適切な廃棄処理が必要です。 ●⼀箱から対応 ●お預かりの書類などの保管期限が近付いたものについては、「保存期限満了リスト」をお送りいたします(書類保管サービス含む) ●機密書類等を段ボールで回収、無開梱のまま溶解処理 ●バインダーに閉じられた書類もそのまま箱に⼊れ処理可能 ●廃棄証明書発⾏ ●年回1回等、御社の廃棄管理スケジュールに併せ、廃棄サービスのみご利⽤いただけます. ●ご不要な書類につきましては、お客様のご要望により、厳重な機密保持のもと、溶解業者に持込んでリサイクル処分いたします。 書類をお引き取りしてから、廃棄の⾒届けまで⼀貫して富⼠警備が責任を持って⾏います。
Page9

06 サポート内容 ● WEB受付サービス ⼿軽なWEBでのサービス Webを使って、書類管理と⼊庫・出庫・廃棄などの指⽰が⾏えます。 ※Webの環境がないお客様は、Faxで指⽰が⾏えます。 ● 集配サービス 厳重なセキュリティと年間フルタイムの集配 ●防犯性完備 FDSセンターの集配専⽤⾞は全⾞GPSによる監視システム及び、 警備会社仕様の防犯装置を完備しています。 ●断熱仕様貨物室 機密性完備・貨物室内は、空調により温度20℃に保たれています。 ●磁気記録媒体などの定期的な集配送をご希望のお客様は、 集配スケジュールを組んで対応致します。 ●緊急時の集配送のご依頼は、365⽇24時間いつでも対応します。 (緊急、休⽇、夜間の集配送は別途料⾦)
Page10

07 書類保管とレンタルスペースの違い 倉庫選びのポイント 重要書類の保管は、書類保管サービスをお選びください。 ●書類保管サービス 書類保管サービスは書類を安全かつ適切に保管・管理するサービス。 主に倉庫業者が運営し、契約形態は寄託契約。 書類保管サービス 預けられた書類はその業者が管理責任をもって運搬・保管、損害破損の補償 「寄託契約」 ⇒「⻑期・書類保管(法定保存期限)(在庫書類)に適している。) 特徴/書類保管箱⼀箱毎の料⾦設定、⼊出庫作業を委託 ●レンタル収納サービス レンタル収納サービスは物を保管するためのスペースを提供するサービス。 多くは不動産会社が運営し、契約形態は不動産賃貸契約。 レンタル収納サービス 保管場所の提供であり、預けられる物に対する管理は利⽤者本⼈が⾏う。 「賃貸契約」 ⇒「什器(机椅⼦)⼤型販促品、オフィス職場環境の整備に適している。 特徴/⽉額賃料、⼊出庫作業は⾃社社員
Page11

08 ⽴地条件① 倉庫選びのポイント ⼤地震の被災から重要書類を守るためには、 地震強い地域・地盤にある倉庫を検討することが重要 東京 地震被害(津波被害)から保管される書類等を守るには、 地震被害リスクが低く安全な場所に⽴地する倉庫を選ぶ必要があります。 湾岸区域・都⼼周辺の倉庫では、地震被害から重要な書類等を守ることが出来ません。 千葉 埼⽟ 寄居 越⽣ 神奈川
Page12

09 ⽴地条件② 倉庫選びのポイント 都⼼との同時被害を防ぐ適度な距離と遜⾊のない利便性 ☑ 都⼼との同時被災を防ぐ適度な距離と遜⾊のない利便性寄居 ①富⼠防災警備 越⽣センター (埼⽟県⼊間郡越⽣町) 都⼼より約50km ②富⼠防災警備 寄居センター (埼⽟県⼤⾥郡寄居町) 都⼼より約70km ☑ 事業継続計画の基本的な考え⽅として⼤規模地震発⽣時に 都⼼と同時被災をしない適度な距離(50km以上)を置くこ とが重要です。 ☑ 越⽣・寄居センターとも関越⾃動⾞道と並⾏した位置関係に あり都⼼への緊急配送でも3時間以内で可能です。 ☑ 関越⾃動⾞道は橋脚⾼架式の部分が⾮常に少なく神⼾淡路 ⼤震災での⾼速道路倒壊、横転による不通リスクは⾮常に低い
Page13

10 消⽕設備 倉庫選びのポイント スプリンクラー⽔(みず)消⽕では重要書類・メディアは守れません。 ☑ 弊社越⽣センター、寄居センターともに重要書類・メディア保管専⽤倉庫としてガス消⽕設備を設置し万⼀の場合も 寄託品へのダメージを最⼩限に抑えます。 ☑ ⼤型⼀般倉庫、全⾃動倉庫などではスプリンクラーによる⽔(みず)消⽕設備のところが多く⾒受けられます。 万⼀の⽕災や誤作動の際には、⼤事な寄託品 が⽔濡れで使い物にならなくなる⼤きなリスクがあります。 ※ 書類保管専⽤倉庫の消⽕設備は「ガス消⽕設備」を設置しています。
Page14

11 万全なセキュリティ・認可 倉庫選びのポイント 警備会社が運営する書類保管倉庫 ⾼度なセキュリティ環境と保管品の最適管理の証 ☑ 警備体制 警備会社が運営する⾃社倉庫として万全のセキュリティを備えております。 千葉 ☑ 優良トランクルーム認定 優良な施設と業務体制によりお客様の物品の保管を⾏うトランクルーム、 国⼟交通省「優良トランクルーム」認定 ☑ ISO27001 企業が保有するあらゆる情報を適切に管理・運⽤し、⼀定以上の セキュリティレベルに達した企業に与えられる認証です。 神奈川 重要な書類を⻑期間保管するには、 セキュリティ万全の倉庫を選ぶ必要があります。
Page15

12 導⼊事例-1 喜びの声 警備会社に書類管理を任せました。 個⼈情報・内部機密情報など、重要な書類の保管を安⼼してお任せできるのは、警備会社が運⽤する保管サービスであるためです。 事業継続計画(BCP)の検討には、信頼・安⼼して当社の書類を預けられる会社選びを重要なポイントとして置いていました。 ① 機密⽂書専⾨取り扱い企業であること 機密⽂書の専⾨に保管・運搬をおこなう企業であることを条件に取り⼊れていました。 重要書類の取り扱いに熟知した社員で管理される運搬・保管サービスでなくては、⾃社の財産を預けることは出来ません。 ② 保管設備セキュリティ 重要な書類を保管するには、セキュリティを最重要視していました。 365⽇24時間監視していること、⼊管にも指紋認証が必要なことなど、セキュリティ環境として合格していました。 ③ 法定保管期限に基づく書類の管理 法定保管期限に基づく書類の管理には、これまで⼿を焼いていました。 期限後に書類を返却され、その後に廃棄などの⼿配をするのは、⾮常に⼿間がかかっていました。 機密保持のもとに溶解処理をしていただけるというのは、重要なポイントです。
Page16

13 導⼊事例-2 A社(外資系企業) ・ 10万本を超える磁気記録媒体を保管しています。 ・ FDS寄託契約を交わしてから、17年以上のお客様になります。 ・ 毎⽇の定期配送はFDSのベテランが対応致しますので、新しく「権限者リスト」に登録された担当者様とでもルールに従った お届け及びお引取りを⾏えます。 ・ 年に⼀回は越⽣センターのA社のご担当者様のサイトチェックが⾏われます。 ・ これはFDSが様々なリスクに対して、事業継続が出来るかをチェックすることも含まれています。 B社(⽣命保険会社) ・ これ以上無いと思われるほどの厳重な書類箱の受⼊れ作業を⾏いました。 ・ 個⼈情報の詰まった書類を⼤量に⼊庫しました。 ・ 箱数が3万箱以上の新規⼊庫対応の為、配送をFDSの協⼒会社とともに(同乗して)対応しました。 ・ 中⾝が個⼈情報なのでFDSは箱に貼られたバーコードのチェックを受⼊れと棚⼊れ時に⾏い、その上にB社の担当者様にも 2重にその確認のチェックをして頂きました。 C社(建設会社) ・ この御客様はBCP作成の協⼒をさせて頂いています。 ・ FDSはC社の書類箱の保存を⾏っています。 ・ 現在、C社では東⽇本震災が起こったことにより、BCPの⾒直しが始まりました。 ・ FDSは富⼠警備のBCPの取り組みを説明するともに、実際に震災が起こった時のC社に対する弊社の対応を説明しました。 ・ 最初に連絡網について、通常の電話やメールが繋がらないときは衛星携帯にかけることが出来る、お預かりしている書類を ご指定場所にお送りするなどを取り決めております。
Page17

14 導⼊ガイド 銀⾏(IT) 銀⾏(総務・経理) 病医 磁気記録媒体の集配送ではお客様の 決算後の年に⼀回⾏われる300箱 カルテやレントゲンフィルムの保管を ご指定の時間に合わせて、定期配送を を越す集荷も⼈員と⾞両を投⼊して しております。 ⾏います。 ⾏えます。 レントゲンフィルムのサイズに適した 緊急配送は24時間365⽇受けつけし 廃棄を⾏う廃棄書類もお引取致します。 保存箱をご⽤意しております。 ており、都内であれば3時間以内に またそれらの御客様の廃棄時の⽴ち合 お届けいたします。 いが出来ます。 旅⾏会社 保険会社 EC物流 ⼀般の書類以外にブッキングカードの 書類保存以外にも、 物流倉庫のアウトソーシング全般、 ような短期的な保管帳票もお預かり 帳票やノベルティーの管理も合わせて お任せください。 から廃棄確認まで富⼠警備が責任を ⾏えます。 保管・梱包・発送・在庫管理と、 持って⾏います。 今まで固定費として発⽣していた⼈件 また、対⾯で顧客対応をされるので 個⼈情報の⼊った書類等も弊社の 費などを、その時々の業務量に応じた 新型インフルエンザのパンデミック時に 厳重な配送⾞両に収納してデリバリー 変動費にシフトすることで、閑散期でも 備えてマスクや消毒液を保管することも 致します。 繁忙期でも、必要費⽤に無駄がなく、 出来ます。 ⼤幅なコストダウンが期待できます。