1/1ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(338.1Kb)

HARIO もうすぐ100周年 vol.2

ホワイトペーパー

1921年創業のHARIOは、もうすぐ100周年を迎えます。

HARIOは来年で創業100周年!
これもひとえに皆様のご支援、ご愛顧の賜物と心から感謝いたしております。
来たる100周年へ向けて、もっとHARIOを知っていただきたいと思い
約半年間の期間限定で、HARIOの製品情報と100年の軌跡を数回に分けてお届けいたします。
第2回目はトールビーカーのご紹介です。
是非ご覧ください。

このカタログについて

ドキュメント名 HARIO もうすぐ100周年 vol.2
ドキュメント種別 ホワイトペーパー
ファイルサイズ 338.1Kb
登録カテゴリ
取り扱い企業 ハリオサイエンス株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

HARIO もうすぐ100周年 vol.1
ホワイトペーパー

ハリオサイエンス株式会社

HARIO もうすぐ100周年 vol.3
ホワイトペーパー

ハリオサイエンス株式会社

HARIO もうすぐ100周年 vol.4
ホワイトペーパー

ハリオサイエンス株式会社

このカタログの内容

Page1

もうすぐ 100周年 Vol.2 「HARIO」はガラスの王様を目指す!という志を社名にしました。 高貴なガラスを意味する「玻璃(はり)」と「王(おう)」から名付けました。 ガラスの王様を目指して100年、HARIOの理化学ガラスはこれからもお客様 への信頼を提供し続けます。そんな HARIO の軌跡とガラス製品の情報を お届けします。 第2弾は細身で長身のトールビーカーです。 生な んて呼ばれてま 先 す。 学の イェンス・ヤコブ・ベルセリウス マメ 【1779~1848】 理化学   知識 スウェーデンの化学者。 細長い形状で加熱時の液体の セリウムとセレンを発見し、シリ 吹きこぼれや蒸発を抑えます。 コンとトリウムを最初に分離した とされています。 トールビーカーの別名は、彼の名 前から文字を取り、ベルセリウス Tall Beaker ビーカーと呼ばれます。 トールビーカー 国産耐熱ガラスの誕生 タンク炉完成を祝して(1955年) 1949年 高品質で安定性の高い理化学医療用硬質ガラス     「SB-24」の生産を開始。 1951年 江東区白河に一貫作業の深川工場新設。 1950 年 湯川秀樹ノーベル     物理学賞受賞     ガラス溶融炉を設備。 1955年 業界初の硬質 1級ガラス「ハリオガラス」の 1953 年 テレビの本放送が     タンク炉が完成。      スタート   今回のおススメ 商品概要 こんな方におススメ 胴外径:136mm NBO-2L-SCI 高さ:265mm 1L 瓶よりも、 大きなサイズが欲しい・・・ 耐熱ねじ口瓶 ( 透明 ) 2,000ml ケース入数:10 ねじ口規格:GL-45 ¥3,300 本体:耐熱ガラス 通販でも購入できます!フタ・液切れリング:ポリプロピレン Facebook も随時更新中! 公式HPもチェック ハリオサイエンス 近代科