1/6ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(828.1Kb)

設備機器の電源保護! 雷にはライトレ!

製品カタログ

雷による過大電流から設備、機器を守りサージ検出数もカウントします。

本装置は、サージカウント機能を持ったラインサージプロテクタ装置で、サージ入力をカウント表示することにより、ラインサージのプロテクトとサージ入力の有無を確認することを可能にした装置です。
サージカウント数により装置寿命を推察することも可能です。
ただし、誘導雷サージが保護対象となっております。

このカタログについて

ドキュメント名 設備機器の電源保護! 雷にはライトレ!
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 828.1Kb
取り扱い企業 株式会社モリタ (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

現場カイゼン をサポート Time Prizm
製品カタログ

株式会社モリタ

工場 ミスト対策
ホワイトペーパー

株式会社モリタ

このカタログの内容

Page3

カウンタ機能付ライトレ(RTL-250B) 取扱説明書 1 製品概要 本装置は、サージカウント機能を持ったラインサージプロテクタ装置で、サージ入力をカウント表示す る事により、ラインサージのプロテクトとサージ入力の有無を確認する事を可能にした装置である。 サージカウント数により装置寿命を推察することも可能となる。 ただし、直撃雷サージについては、保護の対象としておりません。 2 各部説明 2-1 正面パネル部 サージカウント 2-1-1 サージカウント表示 表示 2 桁の LED 数字表示器で、サージ入 力の回数を表示する。 リセット 2-1-2 リセットスイッチ スイッチ サージカウントのリセットスイッチ で 5 秒間以上押すとカウント表示 を”00”にする。 2-2 端子台接続部 三相 3線 AC200Vの場合は、 『R』『S』『T』を『アース』と共に接続する。 単相の場合、もしくは AC100Vの場合は、 『R』『S』に『アース』と共に接続する。 1 / 4
Page4

3 設置 3-1 取付 4個のφ4取り付け穴で制御盤中板等にネジ止めする。 3-2 接続 下記結線図を参考に確実に配線し、使用電線は直径 1.6mm以上を使用のこと。 (ライトレは寿命などでショートモードとなる場合があるので切り離せること。 また、メガテストを実施する場合は取り外して下さい) 《三相3線の場合》 三相3線 配電盤 電子機器 R S T E Fuse D種(第3種接地) R S T E RTL-250B (本装置) 《単相3線の場合》 電子機器 単相3線 配電盤 AC100V AC100V AC200V R N T E Fuse D種(第3種接地) R S T E RTL-250B (本装置) 3-3 稼動 電源を投入し数字表示器の”00”表示を確認する。 数字表示器が”00”表示でない場合はサージカウントのリセットボタンを 5秒以上押し、 ”00”表示にリセットしておく。 3-4 運用 異常電圧が発生すると数字表示が加算するので異常電圧の有無、ライトレ寿命の参考となる。 2 / 4
Page5

4 サージサプレス特性 最大使用電圧 :AC250V(三相3線・単相3線) 最大電流 :2kA(8×20μs) 電圧防護レベル :ライン間 1.5kV :ライン・アース間 1.5kV 5 電源・環境条件 5-1 内部制御回路電源・消費電力 電源 :AC80-264V(内部的に三相の R・Sより給電) 消費電力 :10VA以下 5-2 使用温湿度 動作温度範囲 :0~40℃ 動作湿度範囲 :25~80%RH 6 重量 1,000g以下 7 外形寸法 100(W) × 120(D) × 75(H) ※突起部含まず。 8 外形図 3 / 4
Page6

9 保証期間および範囲 無償保証期間は、商品納品後1年間とします。 ただし次に該当する場合は、この保証の対象から除外いたします。 ●故障の原因が本製品以外の事由による場合。 ●当社以外の者による改造・修理による場合。 ●製品本来の使い方以外による場合。 ●本書「使用上の注意」による事項に反した場合。 10 使用上の注意 ●本製品を使用したことによって生じた、いかなる二次的損害に対しても一切の責任は負いません。 ●本製品を当社指定修理技術者以外が分解、修理、改造することは絶対に行わないで下さい。 ●本製品を落としたり、強い衝撃を与えたりしないでください。 ●本製品は防爆型ではありません。 ●本製品は防水仕様ではありませんので、雨、雪のあたる場所での使用は避けてください。また、結露 させないで下さい。 ●酸、アルカリ、有機溶剤、腐食性ガス等の影響を受ける環境では使用しないでください。 ●定められた電圧で使用して下さい。使用範囲外の電圧で使用すると、故障の原因になります。 ●機器の汚れは、柔らかい乾いた布で拭いてください。汚れがひどい時は、水に浸した布を固くしぼっ てから拭きます。ベンジン、シンナーなどは使用しないで下さい。 ●ご使用の前には「取扱説明書」を全て読み終わり熟知した後、ご使用ください。 中日電機工業株式会社 4 / 4