1/2ページ

このカタログをダウンロードして
すべてを見る

ダウンロード(1.1Mb)

低圧線用防護管送入機

製品カタログ

低圧線に防護管をらくらく送入できる製品をご紹介しております。
楽ちんな操作風景をご覧になりたい方は動画も一緒にお楽しみください!

関連メディア

このカタログについて

ドキュメント名 低圧線用防護管送入機
ドキュメント種別 製品カタログ
ファイルサイズ 1.1Mb
取り扱い企業 清水勧業株式会社 (この企業の取り扱いカタログ一覧)

この企業の関連カタログ

7レンジ絶縁抵抗計 HG561H
製品カタログ

清水勧業株式会社

2021-2022年 電気/各種測定器 総合カタログ
製品カタログ

清水勧業株式会社

このカタログの内容

Page1

防護管 送入機 285±10 ストッパー 防護管ロック用工具 (ローラー付き) 電線把持部 防護管送入口 ストッパーローラー ストッパー高さ変更レバー 落下防止 80±5 固定ハンドル
Page2

送入機・ストッパーセッティング方法 電線にストッパー(ローラー付き)と送入機を固定します。 ストッパーを引っ掛け、送入機の黒いハンドルを回すだけです。これでセッティングは完了です。 ストッパー取付 送入機取付 セッティング完了 参考写真① 使用方法 ストッパー高さ変更レバー 「ストッパー高さ変更レバー(参考写真①)」で防護管サイズに合わせた高さに調整して使用します。 手順①送入機・ストッパーをセッティング後、まず送入機に防護管を挿入していきます。 手順②送入機に通したら防護管をそのまま押し込んでいきます。 手順③最後にストッパー(ローラー付き)に通していきます。 手順① 手順② 手順③ 比較 ~低圧線防護管送入機の使用・未使用ではどう違うの?~ ■使用する ■使用しない ロック状態の防護管をそのまま挿入するだけで完了です。 防護管を開く作業から始まり、開いた状態で電線に取り付け ていきます。最後に防護管を手で閉じていきます。 最後に 開いて… パチッ…。 パチッ…。 作業時間が ポイント 40%削減っ!! 低圧線用防護管送入機セット (※検証済み) ■送入機本体の取付・取外しが簡単です。 (防護管をはめる作業を簡単にし、時間も短縮) セット内容 ●送入機本体 動画もご覧に ■低圧線用防護管のサイズ、φ30mm、φ15mmのどちらにも ●ストッパー なれます!! 対応できます。 ●落下防止コード ■防護管を手で開く作業、閉じていく作業がありません。 ■寒い冬でも防護管がスムーズに開いて閉じます。 (※特に冬になると指先が冷え、防護管も硬くなり、パチパチ止めていく 作業が困難です。) ■何本でも連続で手軽に入り疲れにくいです。